映画「スパニッシュ・プリズナー」のランキング情報

総合評価D
3.06
評価数:99
スパニッシュ・プリズナー
詐欺師たちの罠に巻き込まれたエリート会社員の苦闘を描くサスペンス。題名は古典的な詐欺の手口で、「自称亡命貴族の男が“国に財産と妹を置いてきた残してきた”と言って美しい妹の肖像を見せ、成功したら妹と財産をやろうと救出資金を頼む」というもの。監督・脚本は現代アメリカ演劇を代表する劇作家デイヴィッド・マメットで、『スリル・オブ・ゲーム』(V)『週末はマフィアと!』(V)「殺人課」『Oleana』に続く監督第5作。製作は「世界中がアイ・ラブ・ユー」はじめウディ・アレン作品で知られるのジーン・ドゥメイニアンで、製作総指揮も同作のJ・E・ボーケーア。撮影は「黙秘」のガブリエル・ベリステイン。音楽は「ビッグ・リボウスキ」はじめコーエン兄弟作品の常連のカーター・バーウェル。美術はティム・ガルヴィン。編集はバーバラ・タリヴァー。衣裳はスーザン・ライオール。出演は「ミセス・パーカー ジャズ・エイジの華」のキャンベル・スコット、「花嫁のパパ1、2」のスティーヴ・マーティン、監督夫人でもある「殺人課」のレベッカ・ピジョン、「ビッグ・リボウスキ」のベン・ギャザラほか。

「スパニッシュ・プリズナー」のランキング情報

サスペンス
第1599位(9262件中)
1997年
第136位(828件中)
洋画
第7133位(34223件中)
アメリカ
第3772位(20989件中)
1990年代
第1483位(7348件中)
デヴィッド・マメット監督が制作
第1位(5件中)
スティーヴ・マーティンが出演
第9位(35件中)
ベン・ギャザラが出演
第9位(22件中)
キャンベル・スコットが出演
第5位(18件中)
レベッカ・ピジョンが出演
第1位(3件中)