スポンサーリンクあり

全15作品。キャンベル・スコットが出演した映画ランキング

  1. スパニッシュ・プリズナー
    • C
    • 3.47
    詐欺師たちの罠に巻き込まれたエリート会社員の苦闘を描くサスペンス。題名は古典的な詐欺の手口で、「自称亡命貴族の男が“国に財産と妹を置いてきた残してきた”と言って美しい妹の肖像を見せ、成功したら妹と財産をやろうと救出資金を頼む」というもの。監督・脚本は現代アメリカ演劇を代表する劇作家デイヴィッド・マメットで、『スリル・オブ・ゲーム』(V)『週末はマフィアと!』(V)「殺人課」『Oleana』に続く監督第5作。製作は「世界中がアイ・ラブ・ユー」はじめウディ・アレン作品で知られるのジーン・ドゥメイニアンで、製作総指揮も同作のJ・E・ボーケーア。撮影は「黙秘」のガブリエル・ベリステイン。音楽は「ビッグ・リボウスキ」はじめコーエン兄弟作品の常連のカーター・バーウェル。美術はティム・ガルヴィン。編集はバーバラ・タリヴァー。衣裳はスーザン・ライオール。出演は「ミセス・パーカー ジャズ・エイジの華」のキャンベル・スコット、「花嫁のパパ1、2」のスティーヴ・マーティン、監督夫人でもある「殺人課」のレベッカ・ピジョン、「ビッグ・リボウスキ」のベン・ギャザラほか。

    ネット上の声

    • あちこちに張り巡らされた罠に悉くハマって誰も信じられなくなる90年代サスペンス・
    • 情報をシャットアウトして
    • 自分以外は信じるな!
    • 気持ちよく騙される。
    サスペンス
    • 製作年1997年
    • 製作国アメリカ
    • 時間105分
    • 監督デヴィッド・マメット
    • 主演キャンベル・スコット
  2. シェフとギャルソン、リストランテの夜
    • C
    • 3.44
    イタリア人の移民兄弟が開いたリストランテ(レストラン)を流行らせるために奮闘する様を描いた人情喜劇。共同監督・共同製作は「死の接吻」などの個性派俳優スタンリー・トゥッチで、脚本も従兄弟で本作がデビューとなるジョゼフ・トロピアーノと共同で執筆。「ミセス・パーカー/ジャズ・エイジの華」の俳優キャンベル・スコットが共同監督・共同製作としてクレジットされ、出演もしている。製作は「ブロードウェイと銃弾」のジョナサン・フィリー。撮影は「アディクション」ほかアベル・フェラーラ作品で知られるケン・ケルシュ。出演は「アダムス・ファミリー2」などのトニー・シャループ、「スリーパーズ」のミニー・ドライヴァー、「裸のランチ」のイアン・ホルム、「フューネラル」のイザベラ・ロッセリーニほか。

    ネット上の声

    • 8 1/2が傑作なら、それよりは穏やかではあるが、これも間違いなく
    • 今まで見逃していたのが、残念、無念(笑)
    • 「楽」を肯定するイタリア人気質。
    • 楽しい映画ですけど、シビアです
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1996年
    • 製作国アメリカ
    • 時間109分
    • 監督スタンリー・トゥッチ
    • 主演スタンリー・トゥッチ
  3. ドゥーマ
    • C
    • 3.40
    南アフリカを舞台に、一人の少年と幼いチーターの心の絆を描く感動アドベンチャー。原作は、実際に愛情を注いで世話したチーターが亡くなり悲しみに暮れる息子キサンを励まそうと、母キャロルがキサンと一緒に創作し、全米でベストセラーとなった写真絵本『ぼくのともだちドゥームズ』。監督は「グース」「ワイルド・ブラック/少年の黒い馬」のキャロル・バラード。

    ネット上の声

    • チータ(水前寺清子じゃない)にオスカーを
    • 大自然と動物は 見ているだけで癒されるね
    • ネコ科動物好きは必見、英語の勉強にも
    • チーターの鳴き声を初めて聞きました
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2005年
    • 製作国アメリカ
    • 時間101分
    • 監督キャロル・バラード
    • 主演アレクサンダー・ミハルトス
    • レンタル
    • 定額
  4. リトル・ランナー
    • C
    • 3.26
    昏睡状態の母に奇跡が起きるように願い、14歳の少年が周囲の反対を押し切りボストンマラソンに挑戦する感動作。監督・脚本は1985年デトロイトマラソンの勝者でもある、「My Dog Vincent」のマイケル・マッゴーワン。出演はTV作品『ペンタゴン文書/合衆国の陰謀』のアダム・ブッチャー、「愛の選択」「シェフとギャルソン、リストランテの夜」のキャンベル・スコット、「ブロードウェイと銃弾」「ホーンテッドマンション」のジェニファー・ティリーほか。ロンドン・カナディアン映画祭観客賞、パリ映画祭グランプリ受賞。

    ネット上の声

    • ニーチェ(超人)VS キリスト(カトリック)
    • 珠玉は、心の宝箱にしまって置くとして…
    • いい映画久しぶりに観ました。
    • 少年の思いが心にしみ渡ります
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2004年
    • 製作国カナダ
    • 時間98分
    • 監督マイケル・マッゴーワン
    • 主演アダム・ブッチャー
  5. エミリー・ローズ
    • D
    • 2.84
    悪魔にとり憑かれた女子大生エミリー・ローズにムーア神父が悪魔祓いを施すが、エミリーは死亡。ムーアは過失致死罪の容疑で裁判にかけられ、野心的な女性弁護士エリンが彼の弁護を担当するが……。実話を基に描いたオカルト・ホラーで、全米初登場ナンバーワンを記録。監督は「ヘルレイザー/ゲート・オブ・インフェルノ」のスコット・デリクソン。撮影は「ブラッド・ワーク」以降のクリント・イーストウッド作品を手がけるトム・スターン。

    ネット上の声

    • うぉおおおおーーちくしょうベイベー(泣)
    • けっして見る前には読まないでください。
    • ホラーを超えた真実に触れられる映画
    • ローラ・リニの熱演が光りました。
    実話、 ホラー
    • 製作年2005年
    • 製作国アメリカ
    • 時間120分
    • 監督スコット・デリクソン
    • 主演ローラ・リニー
    • レンタル
    • 定額
  6. ロングタイム・コンパニオン
    • D
    • 2.80
    あるゲイのグループを、エイズが発見された81年から9年間にわたって描くドラマ。監督は「キスへのプレリュード」のノーマン・ルネ、製作はスタン・ヴロドコウスキー、エグゼクティヴ・プロデューサーはリンゼイ・ロウ、脚本は「キスへのプレリュード」のクレイグ・ルーカス、撮影はトニー・ジャネリィ、音楽はグレッグ・デベルスが担当。

    ネット上の声

    • はじめて見たときは、知人にLGBTモノの傑作と勧められて、何も内容知らんと見て、
    • 80年代のゲイコミュニティ内でのエイズ禍を描いたドラマ
    • とりたてて。
    • この時代に生きたゲイの方達の間で起こっていたのであろう現実の一部分をそのまま観て
    同性愛、 AIDS(エイズ)、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1990年
    • 製作国アメリカ
    • 時間100分
    • 監督ノーマン・ルネ
    • 主演キャンベル・スコット
  7. シングルス
    • E
    • 2.70
    シアトルを舞台に、結婚に踏み切れないカップルの行く末、失恋したばかりの女性、スーパー・トレインの設計を夢見る若者、デビューを目指すロック歌手と彼に片想い中のウェイトレスなど、6人の恋模様を描く群像劇。

    ネット上の声

    • 多少難あっても、素敵なパートナーは大切に
    • くしゃみをしたら・・・「お大事に」
    • 気持ち良いほど溶け込めない緑色。
    • グランジシーンを知る上でも必見
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1992年
    • 製作国アメリカ
    • 時間99分
    • 監督キャメロン・クロウ
    • 主演キャンベル・スコット
    • レンタル
    • 定額
  8. ジェット274
    • E
    • 2.59

    ネット上の声

    • パイロットの隠された謎
    • ★Filmarks鑑賞500回記念作品★
    • タイトルを変えるべき
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2001年
    • 製作国カナダ
    • 時間90分
    • 監督ロバート・マーコウィッツ
    • 主演クリスティーン・ラーチ
  9. 愛の果てに
    • E
    • 2.49
    東西冷戦が統く分割統治下のベルリンを舞台に、各国間の諜報戦の波に翻弄される男女の悲恋をサスペンス・タッチで描いたメロドラマ。英国の作家イアン・マキューアンの小説『イノセント』を原作者自身が脚色、「パシフィック・ハイツ」のジョン・シュレシンジャーが監督して映画化。製作はノーマ・へイマン、クリス・ジーヴァーニッヒ、ヴィーランド=シュルツ・カイル。撮影は「ウェドロック」のディートリヒ・ローマン、音楽は「マダム・スザーツカ」でも監督とコンビを組んだジェラード・グーリエイ、美術は「ハワーズ・エンド」のルチアーナ・アギリ、編集は「ハムレット」(91)のリチャード・マーデンがそれぞれ担当。主演は「シングルス」のキャンベル・スコット、「フィアレス」のイザベラ・ロッセリーニ、「日の名残り」のアンソニー・ホプキンス。

    ネット上の声

    • 手に汗握る諜報合戦が展開されるのかと思いきや、くだらない痴情のもつれに付き合わさ
    • カサブランカのような映画だと思ったら、イングリットバーグマンの娘が主演でした
    • 原作はイアン・マキュ-アンの「イノセント」
    • 今まで見た映画のリストを作っています
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1993年
    • 製作国アメリカ
    • 時間119分
    • 監督ジョン・シュレシンジャー
    • 主演イザベラ・ロッセリーニ
  10. エイリアン・インパクト ザ・ビギニング
    • E
    • 2.47

    ネット上の声

    • サブタイトルがザ・ファイナルの続編あり
    • なるほど続きがあるんだ。
    • 面白いです!
    • サスペンスタッチのシナリオは楽しめる
    アクション
    • 製作年2006年
    • 製作国アメリカ
    • 時間85分
    • 監督ロバート・リーバーマン
    • 主演ダリル・ハンナ
  11. ミセス・パーカー/ジャズエイジの華
    • E
    • 2.47
    1920年代のニューヨーク。ドロシー・パーカーと友人ロバート・ベンチリー、そして文士仲間たちはアルゴンキン・ホテルのラウンジにある大きな丸テーブルを囲み、そこで交流を温めていた。ドロシーは最初の結婚に失敗した後、チャールズという演劇記者と恋に落ちるが、幸せは長く続かなかった。自殺を図り、酒に溺れる彼女を支えるベンチリー。しかしふたりは最後まで一線を越えることはなかった……。華やかな時代に生きた女流作家の恋と苦悩を実話に基づいて描く。

    ネット上の声

    • 伝記映画ってのは人生の節目節目をエピソードにして膨らませそれらを繋げて物語にして
    • 長かったけど、でもいつものアラン・パーカーで、なんかすごい絶妙に眠くならない雰囲
    • Jenifer Jason Leighにハマった時期あったな
    • JJリーのドロシーパーカー
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1994年
    • 製作国アメリカ
    • 時間125分
    • 監督アラン・ルドルフ
    • 主演ジェニファー・ジェイソン・リー
    • レンタル
  12. エイリアン・インパクト ザ・ファイナル
    • E
    • 2.46

    ネット上の声

    • 前作を見て...
    • ダリルハンナが
    • 前編後編を2作に分ける必要は無い
    • いちばんインパクトがあるのは
    アクション
    • 製作年2006年
    • 製作国アメリカ
    • 時間87分
    • 監督ロバート・リーバーマン
    • 主演ダリル・ハンナ
  13. アメリカン・シビル・ウォー
    • E
    • 2.30

    ネット上の声

    • 実在の小説家・作家・ジャーナリストのアンブローズ・ビアスが、自らの著書を通して南
    • 米国の南北戦争におけるアンブローズ・ビアスの実体験に基づく(と言われる)原作を映
    • 短編やったんやな
    アクション
    • 製作年2006年
    • 製作国アメリカ
    • 時間---分
    • 監督ブライアン・ジェームズ・エゲン
    • 主演キャンベル・スコット
  14. 愛の選択
    • E
    • 2.13
    白血病の青年と看護に雇われた女性の愛の軌跡を描くドラマ。監督は「フラットライナーズ」のジョエル・シューマカー。製作はアカデミー賞女優のサリー・フィールドとケヴィン・マコーミック。原作はマーティ・ラインバックの一人称視点の小説で、脚本はリチャード・フリーデンバーグ。撮影は「ネイキッド・タンゴ」のスペイン出身のファン・ルイス・アンシア。音楽はジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。

    ネット上の声

    • 愛してる傍にいて。ありがとう離れない。
    • ジュリア・ロバーツが観たかったから鑑賞
    • 愛の選択ではなく人生の選択のドラマ!
    • 看護師でないから実った愛のかたち
    白血病、 恋愛、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1991年
    • 製作国アメリカ
    • 時間111分
    • 監督ジョエル・シューマカー
    • 主演ジュリア・ロバーツ
    • レンタル
    • レンタル
  15. スウィーニー・トッド
    • E
    • 2.12
    18世紀の大英帝国に実在した殺人鬼の肖像を描いたドラマ。監督は「マラソンマン」「愛の果てに」のジョン・シュレシンジャー。脚本は「死海殺人事件」のピーター・バックマン。製作はテッド・スワンソン。製作総指揮はロバート・ハルミ・Jr.、ピーター・ショウ、ゲーリー・ダートナル。撮影は「オスカー・ワイルド」のマーティン・フューラー。音楽は「フォー・ウェディング」のリチャード・ロドニー・ベネット。美術はマルコム・ソーントン。編集はマーク・デイ。衣裳は「ボクサー」のジョーン・バーギン。出演は「スピーシーズ種の起原」のベン・キングスレー、「ジャイアント・ピーチ」のジョアンナ・ラムリー、「スパニッシュ・プリズナー」のキャンベル・スコットほか。

    ネット上の声

    • 1997年作のトッドさん
    • こっちも悪くないよ。
    • ティム・バートン版を観た時も思ったのだけどこの雰囲気だけは嫌いじゃない
    • シリアス過ぎない重厚さ
    サスペンス
    • 製作年1997年
    • 製作国アメリカ
    • 時間92分
    • 監督ジョン・シュレシンジャー
    • 主演キャンベル・スコット

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。