映画「景子と雪江」のランキング情報

総合評価E
0.00
評価数:1
景子と雪江
東京タイムス等に連載された貴司山治の「愛の高原」より「お嬢さん社長と丁稚課長」の萩山輝男が「大学の龍虎」の津路嘉郎と共同してシナリオを書き、監督している。製作は市川哲夫、撮影は竹野治夫。主な出演者は「乙女の診察室」の大木実、北龍二、岸恵子、市川春代、「新東京行進曲」の小林トシ子などである。

「景子と雪江」のランキング情報

1953年
第219位(470件中)
邦画
第21614位(28310件中)
1950年代
第5856位(13068件中)
萩山輝男監督が制作
第1位(14件中)
岸恵子が出演
第50位(76件中)
小林トシ子が出演
第12位(23件中)
大木実が出演
第69位(125件中)
市川春代が出演
第19位(36件中)