映画「江戸一寸の虫」のランキング情報

総合評価E
0.00
評価数:2
江戸一寸の虫
幕末、新徴組の結成を背景として時世を憤慨する一人の江戸ッ子侍の皮肉な行動を描く。サンデー毎日に連載された中野実の小説を「六人の暗殺者」の菊島隆三が新人大塚道夫と共同脚色し、「おしゅん捕物帖 謎の尼御殿」の滝沢英輔が監督、「大岡政談 人肌蝙蝠」の永塚一栄が撮影を担当した。主なる出演者は「自分の穴の中で」の三國連太郎、「青銅の基督」の滝沢修、「こころ」の安井昌二、新珠三千代、「下郎の首」の瑳峨三智子、「王将一代」の辰巳柳太郎など。

「江戸一寸の虫」のランキング情報

1955年
第255位(620件中)
邦画
第20163位(28313件中)
1950年代
第5156位(13068件中)
滝沢英輔監督が制作
第19位(46件中)
滝沢修が出演
第32位(46件中)
三國連太郎が出演
第120位(136件中)
新珠三千代が出演
第55位(67件中)
瑳峨三智子が出演
第38位(88件中)