スポンサーリンクあり

全41作品。ジュリアン・デュヴィヴィエ監督が制作した映画ランキング

  1. パニック
    • B
    • 3.76

    ネット上の声

    • 胸糞映画🎬
    • ジュリアン・デュヴィヴィエ監督作品であり、フレンチノワールというので観たのだが、
    • プライベートでも奇人であったというミシェル・シモンが奇人の中年男役にドンピシャで
    • 皆さん、コメントされているように胸糞悪く、最後はあの極悪男と彼の正体を見抜けなか
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1946年
    • 製作国フランス
    • 時間91分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ヴィヴィアーヌ・ロマンス
  2. 巴里の空の下セーヌは流れる
    • B
    • 3.71
    「神々の王国」につぐジュリアン・デュヴィヴィエの監督作品(一九五一年)で、デュヴィヴィエの原案を、彼とルネ・ルフェーヴルが脚色、ルフェーヴルが台詞を書いている。更に「神々の王国」のアンリ・ジャンソンがコメンタリイを執筆し「バラ色の人生」のフランソワ・ペリエがこの解説を口述する。撮影は「オルフェ」のニコラ・エイエ、音楽は「宝石館」のジャン・ヴィーネの担当。主題歌となるシャンソンが二曲、『巴里の空の下』は作詞ジャン・ドルジャク、作曲ユベール・ジロオ、『巴里の心臓』は作詞ルネ・ルーゾオ、作曲ジャン・ヴィーネである。出演者は、ブリジット・オーベエル、ジャン・ブロシャール、レイモン・エルマンチエ、ダニエル・イヴェルネル、クリスチアーヌ・レニエ、シルヴィー、ルネ・ブランカール、ポール・フランクール、ジャック・クランシー、ピエール・デタイユ、マリー・フランスら。パリを貫通するセーヌ河区域を中心舞台に、さまざまなパリジャンの織りなす人生図をエピソード風に綴った作品である。そのエピソードは個々に独立した形式をとらず、各々の時間的継起に従って撚り合わされ、全体でパリの二十四時間を描く仕組みになっている。その点これは、パリそのものを主人公としたユナニミスム(合一主義)映画とも言い得るであろう。

    ネット上の声

    • 音楽と雰囲気はいい・・・
    • パリの鼓動は止まない
    • パズルのような
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1951年
    • 製作国フランス
    • 時間120分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ブリジット・オーベール
    • 定額
    • レンタル
  3. 陽気なドン・カミロ
    • C
    • 3.39
    ジュリアン・デュヴィヴィエが「アンリエットの巴里祭」に先立って監督した諷刺喜劇。仏伊合作の一九五一年作品である。ジョヴァンニ・グアレスキの原作より、デュヴィヴィエと「女の獄舎」のルネ・バルジャヴェルが脚色と台詞執筆に当った。「パリの空の下セーヌは流れる」のニコラ・エイエが撮影を監督、音楽は「われら女性」のアレッサンドロ・チコニーニ。主演は「禁断の木の実」のフェルナンデルで「終着駅」のジーノ・チェルヴィが共演、以下「嘆きのテレーズ」のシルヴィー、「鉄格子の彼方」のヴェラ・タルキ、「靴みがき」のフランコ・インテルレンギ、「肉体の悪魔(1947)」のシャルル・ヴィシェールなどが出演。なお、映画中のキリストの声はジャン・ドビュクウルである。

    ネット上の声

    • 「どちらにも正しい所がある」
    • 革命と宗教と暴力
    • イエス様+マリア様+鐘楼+洗礼+牛+机+犬+脱帽+十字+サッカー+旗+結婚+メリ
    • 神様と話せる設定がそもそもすごい!!のにも関わらず、それには全く触れないで、それ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1951年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間110分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演フェルナンデル
    • 定額
    • レンタル
  4. ドン・カミロ頑張る
    • C
    • 3.28
    「陽気なドン・カミロ」の続篇として「埋れた青春」のジュリアン・デュヴィヴィエが一九五三年に監督した作品。前作同様ジョヴアンニ・グアレスキの原作からデュヴィヴィエとルネ・バルジャヴェルが脚本と台辞を執筆した。撮影は「わたしの罪ではない」のアンキーゼ・ブリッツィ、音楽は「ユリシーズ(1954)」のアレッサンドロ・チコニーニ。前作にひきつづいてフェルナンデル、ジーノ・チェルヴィ(「肉体の誘惑」)が出演するほか、「愛人ジュリエット」のエドゥアール・デルモン、「懐かしの日々」のパオロ・ストッパ、「赤と黒(1954)」のアレクサンダー・リニョオ、トミー・ブールデルなどが助演する。

    ネット上の声

    • 魂がないと思っているなら売ってくれないか?
    • フィル友さんのレビューを拝見して鑑賞
    • 公共工事と立ち退き問題
    • おとなしくなった司祭
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1953年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間111分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演フェルナンデル
    • 定額
    • レンタル
  5. 殺意の瞬間
    • C
    • 3.28
    自分だけが生きるために人を殺すのを何とも思わないような人生の裏面を怖しいまでに鋭く描いた「わが青春のマリアンヌ」に続くジュリアン・デュヴィヴィエ監督作。オリジナルストーリーはデュヴィヴィエが「我等の仲間」で使ったことのある俳優で、作家でもあるシャルル・ドラ及び映画評論家として知られるモーリス・ベッシイの二人と協力して書き、デュヴィヴィエとドラにP・A・ブレアルの三人が脚色と台詞を担当。撮影は「空と海の間に」のアルマン・ティラール。出演者は「その顔をかせ」のジャン・ギャバン、「賭はなされた」のダニエル・ドロルム、「神は人間を必要とす」のジェラール・ブラン、リュシエンヌ・ボガエル、「いとしのカロリーヌ」のジェルメーヌ・ケルジャン、「肉体の悪魔」のガブリエル・フォンタン。

    ネット上の声

    • 【望郷】のジュリアン・デュヴィヴィエ監督による、
    • 古きパリの下町風情あふれるサスペンス
    • 古い映画といってあなどれませんよ
    • 純情のウラが見えすぎて
    サスペンス
    • 製作年1955年
    • 製作国フランス
    • 時間114分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ジャン・ギャバン
  6. 我等の仲間
    • C
    • 3.25
     宝くじで10万フランの大金を当てた5人の仲間が、協力して小川のほとりに別荘を建てようとする。やがて完成したその家は“ベル・エキップ--我等の家”と名付けられ、5人は皆幸せそうに見えたのだが……。

    ネット上の声

    • 我等は仲間だったのに…
    • 友情を描いた作品ではNO1では
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1936年
    • 製作国フランス
    • 時間99分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ジャン・ギャバン
  7. 旅路の果て
    • C
    • 3.21
    一九三六年「幻の馬車」に先立ってジュリアン・デュヴィヴィエが監督制作した作品で、一九四二年に輸入され公開の予定であったが、戦時中のため未公開のまま今日にいたったものである。脚本はディヴィヴィエとジャック・フェーデの「女だけの都」をはじめ「地の果てを行く」「我等の仲間」などに彼と協力したシャルル・スパークの両名で、撮影には「格子なき牢獄」クリスチャン・マトラ、作曲には「パリ祭」のモーリス・ジョーベールが当っている。「戦いの前夜」「火の夜」「海のつわもの」のヴィクトル・フランサン、「女だけの都」「どん底」「フロウ氏の犯罪」のルイ・ジューヴェ、「上から下まで」「かりそめの幸福」「乙女の湖」のミシェル・シモン、「うたかたの恋」のガブリエル・ドルジア、「地の果てを行く」のガストン・モド、「モンパルナスの夜」のガストン・ジャッケらが顔をそろえている。

    ネット上の声

    • デュヴィヴィエ監督お得意の「最後に唐突にテーマのまとめに入る」方式から考えると、
    • 俳優専門の老人ホームを舞台に、老いと役者の人生を描いた作品で、やがて訪れる人生の
    • 隠居した役者が集う養老院を舞台に、彼らの旅路の果てを描く
    • La Fin Du Jours 1939年 フランス モノクロ 100分
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1939年
    • 製作国フランス
    • 時間108分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ヴィクトル・フランサン
  8. 運命の饗宴
    • C
    • 3.19
    「肉体と幻想」に先立つ1942年度ジュリアン・デュヴィヴィエ監督作品。原作書おろし及脚本は、ハンガリィ著名の文豪フィレンツ・モルナールをはじめ、同国文壇出身でハリウッド脚本陣に活躍中のラディスラス・フォドール、ラディスラウス・ヴァドナイ、あるいは最近製作監督を試みているベン・ヘクト、ドナルド、オグデン・スチュワート、サミュエル・ホッフェンシュタイン、ラマー・トロッティ、アラン・キャンベル等のヴェテランにラスロ・ゴログ、ヘンリイ・ブランクフォートが加わった賑やかさ、また共演には最近「凱旋門」を撮影中のシャルル・ボワイエと、戦時中非常に売出した「コンドル(1939)」「血と砂(1941)」「ギルダ」等のリタ・ヘイワース、「恋の10日間」「キティ・フォイル」等で音楽舞踊映画以外にも活躍しているジンジャー・ロジャース、「怒りの葡萄」「愛しのクレメンタイン」のヘンリー・フォンダ、近作「彼のひと故に」のチャールズ・ロートン、黒人粕バウル・ロブスン、同じくエセル・ウォータース、「肉体と幻想」その他のトーマス・ミッチェル、以下シーザー・ロメロ、ローランド・ヤング、ユージーン・パレット、ヴィクター・フランサン、ウァオジ・サンダァス、ゲイル・パトリック、ジェームズ・グリースン、エルザ・ランチェスター等、すこぶる賑やかな陣容である。なお著名なホール・ジョンソン合唱団も出演している。撮影はジョセフ・ウォーカー。音楽はソル・カプランの原曲、クラレンス・ウィーラー、チャアルス・ブラッド・ショウ及びヒューゴー・フリードホーファーの編曲、エドワード・ポールの指揮。小唄新作は斯界の一人者レオ・ロビン、ラルフ・レンジャアのコンビ、声楽編曲はホール・ジョンソンである。

    ネット上の声

    • ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の5話から成る小粋なオムニバス
    • 映画の魔法と運命の出会い
    • ある夜会服をめぐるジュリアン・デュヴィヴィエ(言いにくい)監督によるオムニバス作
    • 中学生の頃、TBSラジオで毎週月曜(確か)の夜に、淀川長治さんの番組があり、
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1942年
    • 製作国アメリカ
    • 時間118分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演シャルル・ボワイエ
  9. にんじん
    • C
    • 3.19
    「巴里-伯林」のジュリアン・デュヴィヴィエがジュール・ルナールの有名な小説並びに戯曲に基いて作った映画で、脚色もデュヴィヴィエ自身の手になるものである。主役の「にんじん」に扮するのは無名から抜擢された少年俳優のロベール・リナンで、これを助けてルピック氏にはフランス劇壇で名高いアリ・ボールが、ルピック夫人には舞台でこの役を屡々演じているカトリーヌ・フォントネーが、それぞれ扮して出演している外、なお、オペレット畑のクリスチアーヌ・ドールや、ルイ・ゴーチエ、子役のコレット・セガル、マキシム・フロミオ、等も顔を見せている。撮影はアルマン・ティラールとモニオとの二氏の担当。それからアレクサンドル・タンスマンが特にこの映画の為めに作曲を受持っている事を附記する。

    ネット上の声

    • デュヴィヴィエ監督が1925年に制作したサイレント版をトーキー版としてセルフリメ
    • デュヴィヴィエ版『大人は判ってくれない』
    • カボチャの馬車も出てこない
    • ニコラス・ケイジに!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1932年
    • 製作国フランス
    • 時間91分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ロベール・リナン
  10. フランス式十戒
    • C
    • 3.14
    サイレント時代から今日にいたるまで数々の名作を世におくったフランス映画界の代表的監督ジュリアン・デュヴィヴィエが、昔から伝わるキリスト教徒の「十戒」のそれぞれについて、独創的な考察を加え、現代風俗の中にえがきあげたもの。内容は八つのエピソードに分かれ、それぞれを蛇の姿をした“悪魔”の狂言まわしがつなぐという趣向。ルネ・バルジャベル、アンク・ジャンソン、ミシェル・オーディアール、パスカル・ジャルダンなど一流脚本家たちの協力のもとに、デュヴィヴィエ自身、脚本を執筆している。出演者は現代フランス映画界の代表的なスターのほとんどの者が、出演している。「太陽はひとりぼっち」のアラン・ドロン、「女猫」のフランソワーズ・アルヌール、「血とバラ」のメル・フェラー、ダニエル・ダリュー、ジャン・クロード・ブリアリ、ダニー・サヴァル、フェルナンデルなどが出演している。撮影は前作「火刑の部屋」でもデュヴィヴィエをたすけていたロジェ・フェルー。八つのエピソードを通じて新進のジョルジュ・ガルヴァランツ、ギイ・マジャンタ、ミシェル・マーニュの三人が音楽を分担している。フランスコープ。

    ネット上の声

    • 『ファンファン大佐の隠し財産』No.39
    • エスプリの効いた素敵な作品でした
    • 豪華キャストのオムニバス
    • 「モーセかよ」
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1962年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間144分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演アラン・ドロン
  11. アンリエットの巴里祭
    • C
    • 3.14
    「巴里の空の下セーヌは流れる」のジュリアン・デュヴィヴィエが一九五二年に監督した喜劇で、デュヴィヴィエと「花咲ける騎士道」のアンリ・ジャンソンが脚本、構成に当った。台辞はジャンソンがかいた。「七つの大罪」のロジェ・ユベールが撮影、音楽は「夜ごとの美女」のジョルジュ・オーリック。「恋路(1951)」のダニー・ロバン、「シンゴアラ」のミシェル・オークレール、「二つの世界の男」のヒルデガード・ネフ(ヒルデガルド・クネフ)が主演し、新人ミシェル・ルウ、「第三の接吻」のサテュルナン・ファーブル、「港のマリイ」のジュリアン・カレット、「快楽」のアンリ・クレミュー、「愛すべき御婦人たち」のルイ・セニエなどが出演する。

    ネット上の声

    • ユニークな展開
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国フランス
    • 時間118分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ダニー・ロバン
  12. 幻の馬車
    • D
    • 3.03
    「グレート・ワルツ」、の「人生の終」に次ぐジュリアン・デュヴィヴィエ監督作品で、セルマ・ラーゲレーヴ作小説『死神の馭者』に基づいてデュヴィヴィエ自ら脚本を書き、台詞は「ドン・キホーテ(1933)」と同じくアレクサンドル・アルヌーが執筆した。出演俳優は「大いなる幻影」「椿姫(1934)」のピエール・フレネー、「舞踏会の手帖」「外人部隊(1933)」のマリー・ベル、「舞踏会の手帖」「フロウ氏の犯罪」のルイ・ジューヴェ、新人ミシュリーヌ・フランセイ、「背信」「禁男の家」のヴァランティーヌ・テシエ、「イレ・シャルマン」で子役だったジャン・メルカントン、新人アリアーヌ・ボルグ、「憧れの君よ」のアンリ・ナッシェ、「南方飛行」のアレクサンダー・リニョオ、「ゴルゴダの丘」のロベール・ル・ヴィギャン、「フロウ氏の犯罪」のミラ・パレリー、「どん底」のジェナン其の他である。音楽は「ドン・キホーテ(1933)」「ゴルゴダの丘」のジャック・イベール、撮影は「望郷(1937)」「我等の仲間」のジュール・クリュージェが、セットは「望郷(1937)」「地の果てを行く」のジャック・クロースがそれぞれ担当している。なお、同原作はヴィクトル・シェーストレムにより、1920年に「霊魂の不滅」のタイトルで映画化されている。

    ネット上の声

    • '22 9/28 ジャケ写掲載していただきました
    • 幻の馬車の音が聞こえた人には死が迫っているという設定の使い方が見事
    • ブルターニュ地方に伝わる、死神の馬車の伝説
    • フランス映画コレクションの一作
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1939年
    • 製作国フランス
    • 時間90分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ルイ・ジューヴェ
  13. モンパルナスの夜
    • D
    • 2.96
    ジュリアン・デュヴィヴィエが「にんじん」に先んじて監督した映画で、ジョルジュ・シムノン作の犯罪小説『男の頭』により、デュヴィヴィエ自らルイ・ドゥラプレ及びピエール・カルマンと協力して脚色し、「にんじん」「商船テナシチー」のアルマン・ティラールがエミール・ピエールと共同して撮影したもの。主なる出演俳優は「にんじん」「ゴルダー」のアリ・ボール、「吼えろ!ヴォルガ」「アジアの嵐」のインキジノフ、「沐浴」「居酒屋(1933)」のアレキサンダー・リニョオ、「バラライカ」「テレーズ・ラカン」のジナ・マネス、「居酒屋(1933)」のリーヌ・ノロ、「ゴルダー」のガストン・ジャッケ、「にんじん」のルイ・ゴーチエ、コメディー・フランセーズのエシューラン等で、流行歌手のダミア及びミッシアが特別出演。

    ネット上の声

    • 【望郷】、【舞踏会の手帳】のジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 「モンパルナスの夜」
    • 前半はハッタリだけのスカスカな推理劇で犯人もわかりやすいが、そんなミステリーを真
    • アリ・ボールのメグレ警視がなかなか良いが、ヴァレリ・インキジノフの犯人が風貌含め
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1933年
    • 製作国フランス
    • 時間90分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演アリ・ボール
  14. 並木道
    • D
    • 2.91
    「自殺への契約書」のジュリアン・デュヴィヴィエが監督した、思春期の少年の目を通してパリの庶民を描いたドラマ。ロベール・サバチエの原作をデュヴィヴィエとルネ・バルジャヴェルが共同で脚色した。撮影は「ナポレオーン」のロジェ・ドルモワ、音楽をジャン・ヤトヴが担当。出演は「大人は判ってくれない」のジャン・ピエール・レオー、「甘い生活」のマガリ・ノエル、「艶ほくろ」のピエール・モンディ、ジャック・デュビーら。製作リュシアン・ビアール。

    ネット上の声

    • 世界の中心になりたい少年
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国フランス
    • 時間96分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ジャン=ピエール・レオ
  15. 神々の王国
    • D
    • 2.89
    「旅路の果て」のジュリアン・デュヴィヴィエが、自ら脚本を書卸し、監督した一九四九年作品。台詞はアンリ・ジャンソンが担当している。撮影はヴェテラン、ヴィクトル・アルムニーズ。「火の接吻」のセルジュ・レジアニ、新人のシュザンヌ・クルーティエを中心に、「我が父我が子」のシュジィ・プラン、モニーク・メリナン、ジャン・ダヴィらが出演する他、デュヴィヴィエの選んだニュウ・フェイス少女達が多数出演している。

    ネット上の声

    • 感化院という閉鎖的空間での少女の連帯(援護射撃)は、かの名作『制服の処女』を想起
    • 分かりやすい設定、分かりやすいテーマ、分かりやすい展開
    • 人が入れない領域を意味するのか
    青春、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1949年
    • 製作国フランス
    • 時間107分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演シュザンヌ・クルーティエ
  16. 埋れた青春
    • D
    • 2.86
    「アンリエットの巴里祭」のジュリアン・デュヴィヴィエがドイツ作家ヤコブ・ワッセルマンの小説から脚色・監督に当った一九五四年作品である。撮影は「青い麦」のロベール・ルフェーヴル、音楽は「たそがれの女心」のジョルジュ・ヴァン・パリスとピエエル・ラリウ。出演者は「愛情の瞬間」のダニエル・ジェラン・「真夜中まで」のマドレーヌ・ロバンソン、「人間魚雷」のエレオノーラ・ロッシ・ドラゴ、「恐怖の報酬」のシャルル・ヴァネル、「輪舞(1950)」のアントン・ウォルブルック、「洪水の前」のジャック・シャバッソール、ドニ・ディネス、ベルト・ボオヴィなど。

    ネット上の声

    • 息が長〜いせいで、後年はヌーベルヴァーグの連中にコテンコテンに貶されてしまったジ
    • 18年前に起こった殺人事件の真相を、当時検事だった男の息子が追う物語
    • 16歳の少年から見た男女の愛憎劇の人生訓で、前時代的ドラマツルギー
    • 少し重い印象
    冤罪、 裁判・法廷
    • 製作年1953年
    • 製作国フランス
    • 時間110分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ダニエル・ジェラン
  17. 自殺への契約書
    • D
    • 2.81
    『火薬に火を』を書いたジャック・ロベールの小説の映画化。脚色は原作者とジュリアン・デュヴィヴィエがあたり、監督は「私の体に悪魔がいる」のデュヴィヴィエ。撮影は「夜の騎士道」のロベール・ルフェーヴル、音楽はジャン・ヤトヴが担当。出演は「奥様にご用心」のダニエル・ダリュー、「レ・ミゼラブル」のベルナール・ブリエ、セルジュ・レジアニ、「死刑台のエレベーター」のリノ・ヴァンチュラ、他にポール・フランクール、ノエル・ロックヴェール等。

    ネット上の声

    • ◎フランスの名花ダニエルダリューの美貌!
    • 人間とは『ゆれる』ものである
    • ナチスへの密告者のためにレジスタンス運動のリーダーが殺害されたことを知り、15年
    • 1959年 ”自殺への契約書” 監督.脚本ジュリアン・デュヴィヴィエ
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1958年
    • 製作国フランス
    • 時間99分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ポール・ムーリス
  18. 舞踏会の手帖
    • D
    • 2.81
    「シュヴァリエの流行児」「望郷(1937)」に次ぐジュリアン・デュヴィヴィエ作品で、彼自ら脚本を書卸したものである。但し台詞は「或る映画監督の一生」のアンリ・ジャンソンがジャン・サルマン及び「女だけの都」のベルナール・ジンメルの協力を得て書いている。出演者は「外人部隊(1933)」のマリー・ベル、「巨人ゴーレム(1936)」のアリ・ボール、「生けるパスカル(1936)」のピエール・ブランシャール、「女だけの都」のルイ・ジューヴェ、「南方飛行」のピエール・リシャール・ウィルム、「ミモザ館」のフランソワーズ・ロゼー、「沐浴」のフェルナンデル、我国には初紹介の名優レイミュという素晴らしい顔触れで、助演者も「シュヴァリエの流行児」のロベール・リナン、「上から下まで」のミリー・マチス、「罪と罰(1936)」のシルヴィー、「どん底」のジェナン、「生けるパスカル(1935)」のアルコヴェー、新顔のベナール等が競演している。、キャメラは「赤ちゃん」のミシェル・ケルベがアゴスチニ、レヴァンと共に担任、装置は「リリオム」のポール・コランのデザインによってセルジュ・ピメノフ及びドゥーアルニヨンが設計した。音楽は「巴里祭」「最後の億万長者」のモーリス・ジョーベールが作曲している。

    ネット上の声

    • 16歳の舞踏会で踊った相手を20年後に訪ね歩きそれぞれの人生に触れ...
    • 素晴らしいビルドゥングス・ロマン映画です
    • 思い出の人を訪ねる旅
    • 人生の手帖
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1937年
    • 製作国フランス
    • 時間130分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演マリー・ベル
  19. 逃亡者
    • D
    • 2.78
    脱走した死刑囚がアフリカ戦線で活躍し、戦死する姿を描く戦争ドラマ。脚本はジュリアン・デュヴィヴィエとステフェン・ロングストリート、マーク・コネリー、リン・スターリングが共同で執筆。製作・監督はデュヴィヴィエ、撮影はポール・イヴァノ、音楽はディミトリ・ティオムキン、編集はポール・ランドレスが担当。出演はジャン・ギャバン、エレイン・ドルー、リチャード・ウォーフ、ピーター・ヴァン・アイクなど。

    ネット上の声

    • 追われながら真実を追究する困難さ
    • やはり何度観ても名作は名作
    • 執念の逃亡!
    • 死刑囚のギャバンがたまたま爆撃のため脱走することができてたまたまその場にあった制
    サスペンス
    • 製作年1944年
    • 製作国アメリカ
    • 時間95分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ジャン・ギャバン
  20. 商船テナシチー
    • D
    • 2.78
    シャルル・ヴィルドラックの代表的名作戯曲を映画化したもので、「にんじん」「巴里-伯林」のジュリアン・デュヴィヴィエが監督に当り、脚色にはデュヴィヴィエが原作者ヴィルドラックの協力を得て任じている。撮影は「バラライカ」のウィリーと「にんじん」のアルマン・ティラールがエイエ、クリスチャン・マトラと共同担当し、装置はジャック・クロース、音楽はジャン・ヴィーネが担任している。主演者は「幻の小夜曲」「金」のマリー・グローリー、「吼えろ!ヴォルガ」「トト」のアルベール・プレジャン及び舞台での持役を勤めるユベール・プレリエで、「ドン・キホーテ(1933)」のマディー・ベリー、ピエール・ローレル、ニタ・アルヴァレス、ジャンヌ・デュック等が助演している。

    ネット上の声

    • デュヴィヴィエの分かれ道
    • 2人の失業者バスチアンとセガール、仕事にありつけるカナダに渡ることをセガールに持
    • 友情より恋愛の優位性を描いたフランス映画らしいペシミズムのデュヴィヴィエ作品
    • 1930年代フランス詩的リアリズムのビッグ5に数えられるジュリアン・デュヴィヴィ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1934年
    • 製作国フランス
    • 時間74分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演アルベール・プレジャン
  21. 21

    望郷

    望郷
    • D
    • 2.75
    「シュヴァリエの流行児」に次いで「舞踏会の手帖」の前に作られたジュリアン・デュヴィヴィエ監督作品。アシェルベ探偵作の小説を素材としてデュヴィヴィエが原作者と協力してストーリーを書き、「ジェニイの家」のジャック・コンスタンが脚色、「舞踏会の手帖」「或る映画監督の一生」と同じくアンリ・ジャンソンが台詞を書いた。撮影は「地の果てを行く」「白き処女地」のジュール・クリュージェとマルク・フォサールが担当、音楽は「港の掠奪者」のヴァンサン・スコットとモハメド・イグルブーシャンとが作曲している。主演者は「我等の仲間」「地の果てを行く」のジャン・ギャバンで、「ドン・キホーテ(1933)」のミレーユ・バランを始め、「港の掠奪者」のリーヌ・ノロ、「パリの暗黒街」のガブリエル・ガブリオ、「我等の仲間」のシャルパン、「赤ちゃん」のジルベール・ジル、「ゴルゴダの丘」のリュカ・グリドゥー、「大いなる幻影」のマルセル・ダリオ、「熱風」のフレール及びフランス劇・映画壇の古参サテュルナン・ファーブルが助演している。

    ネット上の声

    • 異国情緒にワルの魅力タップリだったのに、腹切りして死を選ぶジャン・ギャバンにビックリガックリ
    • 悪名高い強盗のペペル•モコ、警察から追われる身でカスバという場所で...
    • 40年ぶりに二回目の鑑賞。ネタバレする訳にはいかないね。
    • 何故そこを出ていきたいのか、描き切れていない
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1937年
    • 製作国フランス
    • 時間94分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ジャン・ギャバン
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  22. 奥様ご用心
    • E
    • 2.68
    「殺人狂想曲」のジュリアン・デュヴィヴィエ監督が、エミール・ゾラが一八八二年に書いた「ごった煮」をもとに作った作品。意をこらした時代風俗絵巻のなかに、十九世紀パリ・プチブル階級の男女関係が、皮肉まじりに描かれる。脚色はデュヴィヴィエ、レオ・ジョアノン、「愛情の瞬間」のアンリ・ジャンソンの三人。台詞はジャンソン。撮影を「ノートルダムのせむし男」のミシェル・ケルベ、音楽をジャン・ヴィーネ、美術をレオン・バルザックがおのおの受けもっている。出演者は「モンパルナスの灯」のジェラール・フィリップとアヌーク・エーメ、「夜の放蕩者」のダニエル・ダリュー、「リラの門」のダニイ・カレルの他、クロード・ノリエ、ミシュリーヌ・リュシオニ等。製作ロベール及びレイモン・アキム。

    ネット上の声

    • 19世紀パリ、ブルジョワたちの恋模様
    • 19世紀パリ恋愛絵巻
    • 楽しさいっぱいです
    • 男心と女心
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間116分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ジェラール・フィリップ
  23. わが青春のマリアンヌ
    • E
    • 2.65
    「埋れた青春」「ドン・カミロ頑張る」に続いてのデュヴィヴィエ作品。ドイツのペーター・ド・メンデルスゾーンの『痛ましきアルカディア』の映画化でデュヴィヴィエ自身が脚色と台詞を書いている黒白映画。この幻想的な雰囲気を出すために、マリアンヌの住む謎の館にはオーストリア、フッシェル湖畔の旧家が選ばれ、少年達の屯する館には、バヴァリア地方に残っているリヒアルト・ワグナーに関係のある館を選んだ。音楽はフランスの作曲家ジャック・イベール、撮影はレオンス・H・ビュレルが当っている。映画はフランス語版とドイツ語の両国版が平行して作られ、二組の配役のもとに同じ場面の撮影が二度ずつ行われた。封切されるのはフランス語版の方で、ドイツ語版の方は少年達の顔振れもガラリと変っているがマリアンヌ・ホルトとイサベル・ピアの二人の少女は両国語版にわたって出演する。マリアンヌ・ホルトはドイツ映画二本に出演したことのある新人、イサベル・ピアは「虫も殺さぬ男」「デュバリイ夫人」に出演している。

    ネット上の声

    • 青春の悲愁~わが生涯の最良の一篇
    • 青春は盲目的で儚い
    • 多くのミュージシャンに影響を与えるミュージシャンを「ミュージシャンズ・ミュージシ
    • 寄宿学校に転入してきた少年が湖畔の幽霊屋敷に住む女性に恋をする幻想的な作品
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1955年
    • 製作国フランス,ドイツ
    • 時間106分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演マリアンヌ・ホルト
  24. めんどりの肉
    • E
    • 2.64
    ジェームズ・ハドリー・チェイスの原作を「フランス式十戒」のジュリアン・デュヴィヴィエがルネ・バルジャヴェルと共同で脚色、監督した、心理的サスペンスドラマ。撮影はアンリ・ビュレル、音楽は「突然炎のごとく」のジョルジュ・ドルリューが担当した。出演者は「太陽は傷だらけ」のロベール・オッセン「十七歳よさようなら」のジャン・ソレル、「草の上の昼食」のカトリーヌ・ルーヴェル、「フランス式十戒」のジョルジュ・ウィルソン、リュシアン・ランブール、「ピアニストを撃て」のニコール・ベルジェなど。

    ネット上の声

    • デュヴィヴィエ監督の晩年のフィルムノワール🌚✨
    • 金庫破りに失敗した錠前職人二人の一人ダニエル(ロベール・オッセン)は逃げ遅れて刑
    • ジェイムス・ハドレイ・チェイス原作
    • クセ者たちの心理サスペンス
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1963年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間108分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ロベール・オッセン
  25. 殺人狂想曲
    • E
    • 2.61
    イギリスの中堅探偵小説作家ジェームズ・ハドリー・チェイスの原作を「殺意の瞬間(1956)」のジュリアン・デュヴィヴィエと「陽気なドン・カミロ」のルネ・バルジャヴェルが脚色、台詞を担当、デュヴィヴィエが監督したスリラー・コメディ。撮影監督は「過去をもつ愛情」のロジェ・ユベール、音楽は「乙女の館」のジョルジュ・ヴァン・パリス。主演は「八十日間世界一周」のフェルナンデル、「罪と罰(1956)」のベルナール・ブリエ、「男の争い」のクロード・シルヴァン。ほかにジュディット・マーグル、アルマンド・ナヴァル、エディット・ジョルジュらの新人女優。

    ネット上の声

    • ジェームズ・ハドリー・チェイスのサスペンスの原作をJ・デュヴィヴィエがコメディ要
    • 7つの死体にまつわり犯人と疑われた男の話
    サスペンス
    • 製作年1957年
    • 製作国フランス
    • 時間112分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演フェルナンデル
  26. 肉體と幻想
    • E
    • 2.60
    夢や幻想の心理的現象が肉体に関連を及ぼす点においてそれぞれ一致したものを持つオスカー・ワイルド、ラスロ・ヴァドナイ、エリス・セント・ジョゼフの3人の短篇小説に基づき、3つの挿話よりなる映画で、製作はジュリアン・デュヴィヴィエとシャルル・ボワイエ、監督はジュリアン・デュヴィヴィエである。出演者はシャルル・ボワイエのほか「ステラ・ダラス(1937)」「母親」のバーバラ・スタンウィック、エドワード・G・ロビンソン、新星ベティ・フィールド、ロバート・カミングス、「駅馬車(1939)」「明日は来らず」「ハリケーン(1937)」等で知られている性格俳優トーマス・ミッチェル等である。

    ネット上の声

    • 第一話、内面が外見を変える、自分自身を愛していてこそ人を愛せる、みたいなメッセー
    • 夢や幻想の心理的現象が肉体に関連を及ぼす点においてそれぞれ一致したものを持つオス
    • 三話オムニバスの第二話目の主役がエドワード・G・ロビンソンで、先日観た「夜は千の
    • 古い映画ですが三話とも普遍的なストーリー ファンタジックでもありロマンチック
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1943年
    • 製作国アメリカ
    • 時間93分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演シャルル・ボワイエ
    • 定額
    • レンタル
  27. ゴルゴダの丘
    • E
    • 2.46
    「白き処女地」に次ぎ「地の果てを行く」に先んじて製作されてジュリアン・デュヴィヴィエ監督作品で、脚本はデュヴィヴィエが僧会会員ジョゼフ・レイモンと協力して書卸した。出演者は「罪と罰(1935)」のアリ・ボール、「地の果てを行く」のジャン・ギャバン及びロベール・ル・ヴィギャン、舞台出身の人気女優エドヴィージュ・フィエール、「白き処女地」のアンドレ・バッケ、「商船テナシチー」のユベール・プレリエ、「栄光の道」のジャン・フォーレ、「地の果てを行く」のシャルル・グランヴァル、舞台から来たリュカ・グリドゥー、ジュリエット・ヴェルヌイーユ其の他で、撮影は「地の果てを行く」「白き処女地」のジュール・クリュージェが主任として当たった。音楽は「ドン・キホーテ(1933)」「母性の秘密」のジャック・イベールが担当している。

    ネット上の声

    • キリスト教入門の好テキスト
    • キリストについて知りたい方は
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1935年
    • 製作国フランス
    • 時間95分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ジャン・ギャバン
  28. 巨人ゴーレム
    • E
    • 2.36
    ジュリアン・デュヴィヴィエが、「地の果てを行く」に次いで、「我等の仲間」の前に、プラーグのABフィルムで製作した映画で、プラーグの古い伝説とヴォーコヴェク及びウェリクの物語とに基づいている。脚本は「巴里の唄」のシナリオに協力したアンドレ・ポール・アントワーヌが、デュヴィヴィエと共作した。主役は「楽聖ベートーヴェン」「罪と罰(1935)」のアリ・ボールで、「巴里-伯林」のジェルメーヌ・オーセエ、「幻影」のロジェ・カール、その他、「我等の仲間」のシャルル・ドラ、同じくレイモン・エーモス、「隊長ブーリバ」のロジェ・デュシェーヌ、「モンパルナスの夜」のガストン・ジャッケ、「楽聖ベートーヴェン」のジャニー・オルト、巨人俳優フェルディナンド・ハルト、等が助演している。キャメラはチェッコの古参のヴァクラフ・ヴィッヒと「ながれ」「春の調べ」のヤン・スタルリックとが協力して担任。

    ネット上の声

    • パウル・ウェーゲナーの「ゴーレム」は観たことがありますが、このデュヴィヴィエ唯一
    • デュヴィヴィエ監督が「ゴルゴダの丘」(1935)と同年にチェコで制作した伝奇映画
    • 製作年1935年
    • 製作国チェコ
    • 時間95分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演アリ・ボール
  29. グレート・ワルツ
    • E
    • 2.35
    「望郷」「舞踏会の手帳」に次いでジュリアン・デヴィヴィエが渡米しての監督作品で、「大都会」「大地」のルイゼ・ライナー、「薔薇のワルツ」のフェルナン・グラヴェ、ウイーンから来た歌姫ミリッツァ・コリウスが主演するもの。ストーリーは「私の行状記」のゴットフリード・ラインハルトが書卸し、「真珠の首飾」「恋の凱歌」のサミュエル・ホッフェンシュタインと「女ひとり」「男は神に非ず」のウォルター・ライシュが協力して脚本を書いている。キャメラは「激怒(1936)」「大都会」のジョゼフ・ルッテンバークが当っている。ヨハン・シュトラウスの音楽を「わが家の楽園」「北海の子」のディミトリ・ティオムキンが編曲し、歌詞はオスカー・ハマースタイン2世2世が新たに書き、音楽指揮にはウイーンから来たアルツール・グットマンが当っている。舞踏、アンサンブルはアルバーチン・ラッシュが振りつけた。助演は「ハリウッドホテル」のヒュー・ハーバート及びカート・ボイス、「スペイン協奏曲」のライオネル・アトウィル、「将軍暁に死す」のレオニード・キンスキー、「忘れじの歌」のジョージ・ヒューストン、「サンフランシスコ」のアル・シーン、「君若き頃」のハーマン・ビング及びシグ・ルーマン、「アヴェ・マリア」のクリスチャン・ラブ、バート・ローチ、グレタ・マイヤー等である。

    ネット上の声

    • ハリウッド風ヨハン・シュトラウス2世物語
    • 音楽室にあった肖像と髭が違うなあ~
    • 映像から伝わる音楽の魅力
    • 偉大な作曲家の陰で・・・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1938年
    • 製作国アメリカ
    • 時間102分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演フェルナン・グラヴェ
    • レンタル
    • 定額
  30. リディアと四人の恋人
    • E
    • 2.30
    「巴里の空の下セーヌは流れる」のジュリアン・デュヴィヴィエが戦争中アメリカに渡つて監督した第一作一九四一年作品で、現在ロンドン・フィルムを主宰しているアレクサンダー・コルダのプロダクションで製作された。オリジナル・ストウリーをデュヴィヴィエ自身がハンガリー作家ラディスラス・ブシュ・フェケテと協同で書卸し、「死の接吻」のベン・ヘクトと「運命の饗宴」のサミュエル・ホフェンシュタインが脚色と台詞を担当した。撮影と協力プロデュースは「探偵物語」のリー・ガームズ、音楽は「殺人者」のミクロス・ローザ。主演者は「哀愁のモンテカルロ」のマール・オベロンで、「第三の男」のジョゼフ・コットン、「未完成交響楽(1933)」のハンス・ヤーライ、「ドーヴァの白い崖」のアラン・マーシャル、「風と共に去りぬ」のジョージ・リーヴス、「モホークの太鼓」のエドナ・メイ・オリヴァー、「別離」のジョン・ハリデイが共演する。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1941年
    • 製作国アメリカ
    • 時間110分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演マール・オベロン
    • 定額
  31. わが父わが子
    • E
    • 2.29
    「神々の王国」のジュリアン・デュヴィヴィエが製作、監督した一九四〇年作品で、劇作家マルセル・アシャール、「女だけの都」のシャルル・スパークがデュヴィヴィエと協力脚色した。台詞はアシャル、撮影はデュヴィヴィエとつねにコンビのジュール・クリュージェ、音楽は「商船テナシチー」のジャン・ヴィーネの担当。「犯罪河岸」のルイ・ジューヴェ、「求婚」のレイミュ、「神々の王国」のシュジィ・プラン、「想い出の瞳」のミシェル・モルガンの他、ルシアン・ナット、ダニエル・アンダイユ、トミイ・ブウルデエル、ルネ・ジュナン、ルネエ・デュヴィレエルらが共演する。なお本作品は完成直後進駐した独軍によって没収され、唯一本残っていたプリントをデュヴィヴィエがアメリカに持参し再編集の上、シャルル・ボワイエの解説を付けて公開したものである。
    • 製作年1940年
    • 製作国フランス
    • 時間93分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ルイ・ジューヴェ
    • 定額
    • レンタル
  32. 地の果てを行く
    • E
    • 2.28
    「にんじん」「商船テナシチー」「白き処女地」と同じくジュリアン・デュヴィヴィエの監督作品で、ピエール・マッコルランの小説に基づき、デュヴィヴィエ自身が「外人部隊(1933)」「ミモザ館」のシャルル・スパークと協力して脚本を書き卸した。主役は「白き処女地」「上から下まで」のジャン・ギャバンと「最後の戦闘機」「戦いの前夜」のアナベラとで、「白き処女地」のロベール・ル・ヴィギャンが重要な役を勤めて助演する。その他の出演者は「巴里祭」「最後の億万長者」のレイモン・エーモス、「最後の戦い」「栄光の道」のピエール・ルノワール、「上から下まで」のマルゴ・リオン、コメディー・フランセーズ座のシャルル・グランヴァル、「巴里の屋根の下」のガストン・モド、レーヌ・ポーレエ、助監督のカストロ・ブランコ等である。キャメラは「白き処女地」「戦いの前夜」のジュール・クリュージェ、が主として当たり、音楽は「商船テナシチー」「白き処女地」のジャン・ヴィーネとローラン・マニュエルとが担当した。スペイン領モロッコに出張撮影し、スペイン外国人部隊の援助を得て撮影された映画である。

    ネット上の声

    • 外人部隊・・・
    • 私的デュビビェ最高傑作。
    • とても印象に残る
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1935年
    • 製作国フランス
    • 時間102分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ジャン・ギャバン
    • 定額
    • レンタル
  33. 白き処女地
    • E
    • 2.14
    1934年度のフランスのシネマ大賞を獲得した名作で、「にんじん」「モンパルナスの夜」「商船テナシチー」に告ぐジュリアン・デュヴィヴィエの作品。ルイ・エモンの名作小説をデュヴィヴィエ自身脚色して、台詞にガブリエル・ボアシー、撮影に「乙女の湖」「夢見る唇」のジュール・クリュージェの協力を得て映画化したもの。主役はコメディー・フランセーズ座付きで「母の手」主演のマドレーヌ・ルノーと「はだかの女王」のジャン・ギャバンとが勤め、これを助けて舞台の老名優シュザンヌ・デュプレ、コメディー・フランセーズ座附きのアンドレ・バッケ、「モンパルナスの夜」「沐浴」のアレクサンドル・リニョオ、「乙女の湖」のジャン・ピエール・オーモン、「居酒屋(1933)」「モスコウの一夜」のダニエル・マンダイユ等の腕利きが共演する外、「巴里祭」のトミー・ブールデル、ル・ヴィギャン、「母の手」のヴァン・ダエル、子役のギャビー・トリケ、カナダの俳優たるフレッド・バリーとジャック・ランジュヴァン等が助演している。音楽は「商船テナシチー」「ジャンヌ」と同じくジャン・ヴィーネがロジェ・デゾルミエールの協力を得て担任した。

    ネット上の声

    • カナダの北ケベックの寒村地で暮らすフランスからの移住家族、厳しい土地を開墾しなが
    • 名匠デュヴィヴィエ監督と若き日のジャン・ギャバンの邂逅は残念ながら名作を生み出せ
    • カナダのケベック地方に移り住んだフランスの移民たちのお話です
    • 名匠ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の初期作品
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1934年
    • 製作国フランス
    • 時間120分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演マドレーヌ・ルノー
  34. アンナ・カレニナ
    • E
    • 2.09
    レオ・N・トルストイの傑作『アンナ・カレニナ』の第三回目の映画化(一九四八年)で、「神々の王国」のジュリアン・デュヴィヴィエが渡英して監督に当っている。製作者アレクサンダーア・コルダの性格を反映して、スタッフは著しく国際的、即ち脚色はフランス劇作家ジャン・アヌイ(「聖バンサン」)、イギリス・ライターのガイ・モーガン(「捕われた心」)及びデュヴィヴィエの協同、撮影は「海の牙」のアンリ・アルカン、音楽は英国でバレエ音楽を多く作曲するコンスタント・ランバート、装置はドイツ映画で活躍したアンドレ・アンドレイエフ、衣裳は英国のデザイナー/画家セシル・ビートンという顔触れである。アンナには「哀愁」のヴィヴィアン・リーが扮し、以下「女相続人」のサー・ラルフ・リチャードソン、アベイ劇場出身のキーロン・ムーア、ヒュウ・デソプスタア、メアリー・ケリッジ、マリー・ローア、サリー・アン・ハウズ、ナイアル・マクギニス、マーティタ・ハントらが共演する。

    ネット上の声

    • ビビアン・リーによるアンナ・カレニナは、やはりピタリとハマってる
    • ヴィヴィアン・リーのはまり役、物凄い見応え
    • いつだって愛を感じていたい女性の生涯を描く
    • ヴィヴィアン・リーの憂いを帯びた表情
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1948年
    • 製作国イギリス
    • 時間116分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ヴィヴィアン・リー
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  35. 悪魔のようなあなた
    • E
    • 2.06
    一九六七年十月二十九日の夜、パリ市内で自動車事故のため急死したジュリアン・デュヴィヴィエの遺作。ルイ・C・トーマの小説から、デュヴィヴィエと、「勝負をつけろ」などのプロデューサーをとめてきたローラン・ジロー、ジャン・ボルバリの三人が脚色。撮影は、「サムライ」のアンリ・ドカエ、音楽はフランソワ・ド・ルーベが担当した。出演は「サムライ」のアラン・ドロン、「ナポリと女と泥棒たち」のセンタ・バーガー、イタリアのセルジオ・ファントーニ、ドイツのピエール・モスバジェルほか。

    ネット上の声

    • 主演の二人は美しい
    • ドロン様を堪能💕髪をかきあげるドロン様 眉間に皺寄せ考え込むドロン様 コミカルに
    • うぉ…これは……ん゙ん゙ん゙……悩ましい、、アランドロンだから一見良く見える……
    • 記憶喪失になった男の元に妻と名乗る美女が表れ家に帰ってみたらめっちゃ豪邸だし召使
    サスペンス
    • 製作年1967年
    • 製作国フランス
    • 時間93分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演アラン・ドロン
    • 定額
  36. 私の体に悪魔がいる
    • E
    スペインのセヴィラを背景に、激しい男女の愛欲を描いたドラマ。ピエール・ルイスの原作『女と人形』をデュヴィヴィエ、マルセル・アシャール、アルベール・ヴァランタンが共同脚色し、「奥様にご用心」のジュリアン・デュヴィヴィエが監督、撮影は「殺人狂想曲」のロジェ・ユベール、音楽はジャン・ヴィーネとホセ・ロカの共同。バルドーの踊りの振付にカルドとレレ・ド・トリアナが協力している。出演は「可愛い悪魔」のブリジット・バルドー、スペインの二枚目スター・アントニオ・ヴィラール、他にジャック・モンクレール、ミシェル・ルウ、エスパニタ・コルテス、ダリオ・モレノ等。製作クリスチーヌ・グーズ・レナル。イーストマンカラー・ディアリスコープ。
    • 製作年1959年
    • 製作国フランス
    • 時間---分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演アントニオ・ヴィラール
  37. 資本家ゴルダー
    • E
    「にんじん」「商船テナシチー」を作ったジュリアン・デュヴィヴィエの第一回トーキー作品で、イレーヌ・ネミロフスキーの評判の小説をデュヴィヴィエ自身が脚色ならべに台詞づけて映画化したものである。主役は「にんじん」のアリ・ボールで、主なる助演者は舞台出のポール・アンドラル、「西部戦線一九一八年」のジャッキー・モニエ、「ラテン街の屋根裏」のガストン・ジャッケ、「ムーラン・ルージュ」のジャン・ブラダン、など。なお「外人部隊(1933)」のカミーユ・ベール、ジャン・コクラン、ジャック・グレティラ、シャルル・ゴールドブラット等も出演している。撮影は「パリ祭」のジョルジュ・ペリナール、「にんじん」のアルマン・ティラールの二人がワルターを補佐として協力担任した。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1930年
    • 製作国フランス
    • 時間---分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演アリ・ボール
  38. 火刑の部屋
    • E
    密室派探偵作家ジョン・ディクスン・カーの“火刑法廷”を「フランス式十戒」のジュリアン・デュヴィヴィエが監督したミステリー。シャルル・スパークが台詞を担当し、撮影はロジェ・フェルー、音楽はジョルジュ・オーリック。出演者は「悪の報酬」のナジャ・ティラー、「新・七つの大罪」のジャン・クロード・ブリアリ、「甘い暴力」のペレット・ブラディエ、「ヒッチ・ガール」のクロード・リッシュ、エレナ・マンソンなど。製作はラルフ・ボーム。
    サスペンス
    • 製作年1962年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間115分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ジャン=クロード・ブリアリ
  39. カイロの戦慄
    • E
    「ゴルダー」の次ぎ、「にんじん」の前に作られたジュリアン・デュヴィヴィエ監督映画のドイツ語版で、「たそがれの維納」「ワルツ合戦」のアドルフ・ウォールブリュックとかつて「ファウスト」に出演したカミルラ・ホルンが主演し、ジャック・トレヴァー、アラン・デュラント、ジョルジュ・ペクレ等が助演している。原作はアンドル・ルウズ作の小説で監督デュヴィヴィエが脚色した。撮影は「装へる夜」「にんじん」のアルマン・ティラールがモローと協力し、音楽は「母性の秘密」のジャック・イベールの担任。
    サスペンス
    • 製作年1931年
    • 製作国フランス
    • 時間---分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演カミルラ・ホルン
  40. 巴里-伯林
    • E
    ドイツの脚色者として「アスファルト」等によってその名を知られているロルフ・E・ヴァンローの原作によりフランス映画界の古参たりまた腕利きたるジュリアン・デュヴィヴィエが脚色且つ監督した映画である。出演者は独仏両国の俳優達であって、即ちドイツ側からはヴォルフガンク・クライン、カール・ステパネック、フランス側からは「自由を我等に」のジェルメーヌ・オーセエ、ジョゼット・デエ、シャルル・レッジー、ジョルジュ・ブーランジェ。等が出演している。撮影は「制服の処女(1931)」と同じくライマール・クンツェである。
    コメディ
    • 製作年1932年
    • 製作国ドイツ
    • 時間---分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演ジョゼット・デイ
  41. シュヴァリエの流行児
    • E
    「巨人ゴーレム(1936)」「我等の仲間」に次ぐジュリアン・デュヴィヴィエの監督作品で、モーリス・シュヴァリエにとっては「シュヴァリエの放浪児」に次ぐ主演映画で、彼のフランスに於ける第一回トーキー作品である。シナリオは「商船テナシチー」の劇作家シャルル・ヴィルドラック、「女だけの都」「我等の仲間」のシャルル・スパーク、及びデュヴィヴィエ自身の三人が協力書卸したもので、撮影は「ミモザ館」のロジェ・ユベールが担任した。シュヴァリエの相手役は、舞台の人気女優エルヴィール・ポペスコで、その他、「女だけの都」「不良青年」のアレルム、「巴里-伯林」「禁男の家」のジョゼット・デイ、新顔のルネ・ドヴィレールを始めとして「はだかの女王」のマルセル・ヴァレ、「地の果てを行く」のシャルル・グランヴァル、「にんじん」のロベール・リナン、「我等の仲間」のマルセル・ジェニア、セルジョル、ジャック・グレティラ、レイモン・エーモス、ロベール・ピザーニ、マルグリット・ドヴァル、マルセル・プランス、等多数出演している。歌はミレイユ、フランク・ノアン、ボレル・クレール、ジャン・ヴィーネが書き、音楽はジャン・ヴィーネが書いた。
    • 製作年1936年
    • 製作国フランス
    • 時間---分
    • 監督ジュリアン・デュヴィヴィエ
    • 主演モーリス・シュヴァリエ

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。