スポンサーリンクあり

全50作品。勝新太郎が出演した映画ランキング

  1. 無法松の一生
    • B
    • 3.85
    岩下俊作の原作から故伊丹万作の脚色で「鼠小僧次郎吉」の三隅研次が監督した文芸もの。撮影はコンビの牧浦地志。

    ネット上の声

    • 地に足のついたような強さ、浮き足立つのとはまた違う画面の楽しさ、勝新のためもある
    • 勝新太郎のクロースアップで光る瞳の美しさ、切り返される宮口精二の表情の素晴らしさ
    • 三隅氏は、女妖、女系家族(これが4本中ベスト)、雪の喪章からの4本目で、未だ得意
    • 最近倫理観がおかしい映画ばかり見てたので心が洗われるようであった
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1965年
    • 製作国日本
    • 時間96分
    • 監督三隅研次
    • 主演勝新太郎
  2. 座頭市血笑旅
    • B
    • 3.83
    「眠狂四郎女妖剣」の星川清司と「ど根性一代」でコンビの吉田哲郎、松村正温が共同でシナリオを執筆「悪名太鼓」の三隅研次が監督した座頭市シリーズ八作目。撮影もコンビの牧浦地志。

    ネット上の声

    • ☆座頭市シリーズの中では一番好きかも!
    • 赤ん坊で泣きを取るのはどうだろう?
    • 座頭市第8弾!子連れの座頭市!
    • ザ・座頭市?〜市のタカラモノ
    座頭市、 時代劇
    • 製作年1964年
    • 製作国日本
    • 時間87分
    • 監督三隅研次
    • 主演勝新太郎
  3. 座頭市物語
    • B
    • 3.82
    勝新太郎が盲目の居合抜きの達人・座頭市を演じ、彼の代表作となった人気シリーズの第1作。子母沢寛の随筆集「ふところ手帖」に収録された短編を基に、犬塚稔が脚色を手がけ、「大菩薩峠」の名匠・三隅研次がメガホンをとった。博打のツボ振りと居合抜きの達人である盲目の男・座頭市は、下総飯岡の貸元・助五郎の食客となる。市は肺を患う浪人・平手造酒と知り合い友情の念を抱くが、平手は助五郎と対立する笹川一家の食客だった。やがて市と平手は、運命的な対決へと導かれていく。

    ネット上の声

    • 初っ端の博打のシーンで我々はこの映画そして市に引き込まれるであろう...
    • やっぱりキャラが最高の座頭市☆3つ
    • ザ・座頭市?〜束の間の男の友情
    • 人間臭さに惹かれる盲目の剣士
    座頭市、 時代劇
    • 製作年1962年
    • 製作国日本
    • 時間96分
    • 監督三隅研次
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
    • レンタル
  4. 不知火檢校
    • B
    • 3.83
     悪の限りをつくす盲目の按摩師・徳の市を主人公としたピカレスク時代劇。

    ネット上の声

    • 「座頭市」に昇華する勝新太郎の主演作
    • 勝新の眼はつむっていても開眼
    • 座頭市はここから生まれた
    • なんと素敵なピカレスク
    時代劇
    • 製作年1960年
    • 製作国日本
    • 時間91分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
  5. 兵隊やくざ
    • B
    • 3.70
    有馬頼義の原作“貴三郎一代”より「世界詐欺物語」の菊島隆三がシナリオを執筆「黒の超特急」の増村保造が監督した兵隊もの。撮影は「ごろつき犬」の小林節雄。

    ネット上の声

    • 男同士の「恋」 増村版ゲイムービー! 
    • 強烈キャラクター&深く静かなメッセージ
    • 異常な世界で義理と人情をはぐくむ男達
    • ドライにみつめる《戦争》という行為
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1965年
    • 製作国日本
    • 時間103分
    • 監督増村保造
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  6. 鬼の棲む館
    • B
    • 3.68
    谷崎潤一郎の戯曲『無明と愛染』を「触角」の新藤兼人が脚色、「座頭市喧嘩太鼓」の三隅研次が監督した文芸もの。撮影は「殺し屋をバラせ」の宮川一夫が担当した。

    ネット上の声

    • 「女王様」にひざまずく勝新。
    • 映画製作を志す人には、脚本展開・カメラワーク・照明・演出など、大変参考になる作品
    • 昨日買ってきたので早速観賞💿
    • 新珠三千代の悪女が素敵♡
    時代劇
    • 製作年1969年
    • 製作国日本
    • 時間76分
    • 監督三隅研次
    • 主演勝新太郎
  7. 7

    顔役

    顔役
    • B
    • 3.64
    勝新太郎が製作・脚本・監督・主演する刑事映画。脚本は「明日また生きる」の菊島隆三。撮影は「狐のくれた赤ん坊(1971)」の牧浦地志がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 35年経っても鮮度は衰えず
    • はみ出しデカの勝新太郎がヤクザ組織を壊滅に追い込む!という単純筋書きだが、演出の
    • 配信に無い作品という事と、メルマガで上映することを知ったので、見て来ました
    • この物語で「顔役」と呼ぶに相応しいのは、終盤に登場する若山アニキだよな
    サスペンス、 アクション
    • 製作年1971年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督勝新太郎
    • 主演勝新太郎
  8. 座頭市血煙り街道
    • C
    • 3.61
    子母沢寛の原作を、「兵隊やくざ殴り込み」の笠原良三が脚色、「なみだ川」の三隅研次が監督した“座頭市”シリーズ第十七作目。撮影はコンビの牧浦地志。

    ネット上の声

    • これぞ殺陣!殺陣を見よ!殺陣だ!
    • 使命を帯びた侍の強さに勝てるのか
    • ザ・座頭市?〜1vs市では一番!!
    • 近衛十四郎VS勝新の夢の対決!!
    座頭市、 時代劇
    • 製作年1967年
    • 製作国日本
    • 時間87分
    • 監督三隅研次
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
    • レンタル
  9. 御用牙 かみそり半蔵地獄責め
    • C
    • 3.58
    “御用牙”シリーズ二作目。板見半蔵こと“かみそり半蔵”がその正義感から彼が考え出した拷問術と鍛えあげたセックスなどを駆使して権力の恥部を掴み、体制の壁を突き崩す活躍を描く。小池一雄・作、神田たけ志・画の劇画「御用牙」の映画化。脚本・監督は「音楽」の増村保造。撮影は「子連れ狼 親の心子の心」の宮川一夫がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • エログロバイオレンスな江戸時代劇
    • お色気時代劇第二弾
    • 増村だから買った訳だけど勝新プロデュースの続編ではそういう問題ではなかった
    • 黒沢年男 髪ふさふさ
    時代劇
    • 製作年1973年
    • 製作国日本
    • 時間89分
    • 監督増村保造
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
  10. 座頭市地獄旅
    • C
    • 3.56
    子母沢寛の原作を、「徳川家康」の伊藤大輔が脚色、「剣鬼」の三隅研次が監督した“座頭市”シリーズ第十二作目。撮影もコンビの牧浦地志。

    ネット上の声

    • 伊藤×三隅×成田で、ただの市じゃない!
    • 自分が誰よりも自分を知っている。
    • 屈指の傑作となったシリーズ12作目
    • 入り混じる伏線たちが出会う場所
    座頭市、 時代劇
    • 製作年1965年
    • 製作国日本
    • 時間87分
    • 監督三隅研次
    • 主演勝新太郎
  11. 御用牙
    • C
    • 3.56
    “かみそり半蔵”と異名を取る北町奉行所同心・板見半蔵の、悪には悪をと、体制側にありながら権力に対して牙をむくそのラジカルな行動を描く。週刊“ヤング・コミック”連載の小池一雄・原作、神田たけ志・画の同名劇画の映画化。脚本は原作と同じく「子連れ狼 死に風に向う乳母車」の小池一雄、監督は同作の三隅研次、撮影も同作の牧浦地志がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • お、おもしろい!おもしろ過ぎる!!
    • 勝新演じるアウトロー同心が、
    • 劇画を映画化した異色時代劇
    • 今日は勝さんの誕生日です。
    時代劇
    • 製作年1972年
    • 製作国日本
    • 時間108分
    • 監督三隅研次
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
  12. 座頭市あばれ火祭り
    • C
    • 3.52
    座頭市シリーズ二十一本目。脚本は「忍びの衆」の山田隆之と脚本初執筆の勝新太郎が共同であたり、監督は「兇状流れドス」の三隅研次。撮影は「座頭市と用心棒」の宮川一夫が担当。

    ネット上の声

    • 座頭市第21作 仲代達矢、ピーターも登場
    • 説明的な会話を廃止した実験映画
    • 座頭市祭り〜特別編 市vs闇公方
    • ラストの大立ち回りがすべて!
    座頭市、 時代劇
    • 製作年1970年
    • 製作国日本
    • 時間96分
    • 監督三隅研次
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
  13. 新座頭市物語 折れた杖
    • C
    • 3.51
    “座頭市”シリーズ二十四作目。今作は勝新太郎がこのシリーズ初めて、「顔役(1971)」に引き続き二本目の監督作。脚本は犬塚稔、撮影は「座頭市御用旅」の森田富士郎がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 座頭市第24作 主演・監督 勝新太郎
    • 座頭市が斬った! 勝新が撮った!
    • 勝新太郎監督作、新座頭市
    • 娯楽映画の完成品
    座頭市、 時代劇
    • 製作年1972年
    • 製作国日本
    • 時間92分
    • 監督勝新太郎
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
    • 定額
  14. いのちぼうにふろう
    • C
    • 3.48
    昭和四十四年七月、黒澤明、木下恵介、市川崑監督と「四騎の会」を結成した小林監督がならず者の世界に材を得て放つ時代劇。山本周五郎原作『深川安楽亭』の映画化。脚本は仲代達矢夫人で女優の宮崎恭子が隆巴(りゅう・ともえ)のペンネームで執筆。監督は「怪談」の小林正樹、撮影は「無頼漢」の岡崎宏三がそれぞれ担当。1971年10月16日全国公開。第45回キネマ旬報ベスト・テン第5位。

    ネット上の声

    • 最近とんと見ないなんとも青臭くてムズムズしちゃう邦題に惹かれてポチ♪
    • 小林・仲代コンビの隠れた大傑作!
    • ◎仲代が霞む中村翫右衛門の凄み!
    • 山本周五郎原作「深川安楽亭」
    時代劇
    • 製作年1971年
    • 製作国日本
    • 時間121分
    • 監督小林正樹
    • 主演仲代達矢
    • レンタル
  15. 座頭市
    • C
    • 3.46
    居合い斬りの得意な按摩・座頭市と五右衛門一家との戦いを描く。子母沢寛の同名小説の映画化で、脚本・監督は「新座頭市物語 折れた杖」の勝新太郎、共同脚本は「森の向う側」の中村努と市山達巳、脚色は「この胸のときめきを」の中岡京平、撮影は「クレージーボーイズ」の長沼六男がそれぞれ担当。主題歌は、JONNY(「THE LONER」)。

    ネット上の声

    • 真剣を使って死者を出してしまった曰くつきの作品
    • 旧シリーズとは違った意味でスゴいです
    • スプラッター・チャンバラの決定版!!
    • 強烈な迫力と力強さがあるが、惜しい!
    座頭市、 盲目、 ホームレス、 時代劇、 アクション
    • 製作年1989年
    • 製作国日本
    • 時間116分
    • 監督勝新太郎
    • 主演勝新太郎
  16. 弁天小僧
    • C
    • 3.38
    「地獄花」以来一年四カ月ぶりに伊藤大輔が監督した娯楽時代劇。脚本は「日蓮と蒙古大襲来」の共同執筆者・八尋不二、撮影は「炎上」の宮川一夫。「濡れ髪剣法」の市川雷蔵を筆頭に、「赤胴鈴之助 新月塔の妖鬼」の黒川弥太郎、青山京子・勝新太郎・近藤美恵子などが出演している。

    ネット上の声

    • 白浪五人男
    • 般若の入れ墨の鉄火場
    • 時代劇の定石の積み重ねに歌舞伎の一場面を挿入して尚このまとまりの美しさ
    • これ日本映画の傑作のひとつじゃないのかな
    時代劇
    • 製作年1958年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督伊藤大輔
    • 主演市川雷蔵
  17. 狐のくれた赤ん坊
    • C
    • 3.34
    昭和二〇年に、丸根賛太郎監督、故阪東妻三郎主演で製作され、その再映画化。監督は「新女賭博師 壷ぐれ肌」の三隅研次。撮影は「新座頭市・破れ!唐人剣」の牧浦地志がそれぞれ担当。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1971年
    • 製作国日本
    • 時間89分
    • 監督三隅研次
    • 主演勝新太郎
  18. 忠臣蔵
    • C
    • 3.32
    大映創立十八年を記念して作られた忠臣蔵。渡辺邦男、八尋不二、民門敏雄、松村正温と四人で共同執筆した脚本を「アンコール・ワット物語 美しき哀愁」の渡辺邦男が監督、渡辺孝が撮影をそれぞれ担当した。出演は内蔵助の長谷川一夫を筆頭に、鶴田浩二、菅原謙二、山本富士子、京マチ子、市川雷蔵、根上淳、淡島千景、三益愛子、川口浩等々のオールスター・キャスト。色彩は大映カラー。

    ネット上の声

    • 「天の巻・地の巻」での立花左近のシーンが垣見五郎兵衛になっていた...
    • 忠臣蔵…いまさらアラスジを書くこともないでしょうが、ちょっとだけ
    • わりとあっさりとしたつくりになっていました
    • 大映版忠臣蔵、教科書的な作風
    時代劇
    • 製作年1958年
    • 製作国日本
    • 時間166分
    • 監督渡辺邦男
    • 主演長谷川一夫
    • レンタル
    • レンタル
  19. 座頭市鉄火旅
    • C
    • 3.30
    子母沢寛の原作を、「赤い天使」の笠原良三が脚色、「殺人者」の安田公義が監督した“座頭市”シリーズ第十五作目。撮影は「兵隊やくざ大脱走」の武田千吉郎。

    ネット上の声

    • 若い頃の水前寺清子。演技力はそれほどでもないが、「いっぽんどっこの唄」の歌がかなりいい。
    • ザ・座頭市(15)~ボロは着てても心の錦
    • 想いの込められた刀で市は今日も行く
    • 昔から老人役だった人
    時代劇、 座頭市
    • 製作年1967年
    • 製作国日本
    • 時間93分
    • 監督安田公義
    • 主演勝新太郎
  20. 人斬り
    • C
    • 3.30
    「首」の橋本忍がシナリオを執筆し、「御用金」の五社英雄がメガホンをとった。撮影は「関東おんな悪名」の森田富士郎。

    ネット上の声

    • 哀しきテロリストの自我の目覚めと自由への渇望。
    • しっかり堪能するには最低限の歴史的知識は必要
    • 三島由紀夫の右腕の筋肉がとにかくすごい!
    • 名演技に「息を呑む」とはこの映画のこと
    幕末、 時代劇
    • 製作年1969年
    • 製作国日本
    • 時間139分
    • 監督五社英雄
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  21. とむらい師たち
    • C
    • 3.29
    野坂昭如の同名小説(講談社刊)を、「勝負犬」の藤本義一が脚色し、「座頭市血煙り街道」の三隅研次が監督したコメディ。撮影は「ある殺し屋の鍵」の宮川一夫。

    ネット上の声

    • 黒い笑いの後に訪れる驚愕の結末!
    • たまにはこんな映画も・・
    • 万博直前の空気感
    • 恐怖の博覧会(笑い)
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1968年
    • 製作国日本
    • 時間89分
    • 監督三隅研次
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
  22. 兵隊やくざ 脱獄
    • C
    • 3.28
    有馬頼義の原作「貴三郎一代」を、「処女が見た」の舟橋和郎が脚色し、「ほんだら捕物帖」の森一生が監督した“兵隊やくざ”シリーズ第四作目。撮影は「若親分乗り込む」の今井ひろし。

    ネット上の声

    • 脱走で満州の陸軍刑務所に入れられ、たまたま知り合いの上官のはからいで兵隊に戻る
    • 大宮と有田のコンビ、急死に一生の連続を知恵と度胸で何とか乗り切る相棒二人
    • なにげなーくお父さんがテレビで見てたこのシリーズめっちゃ面白かった!!
    • 日本版フルメタル・ジャケットとパピヨン!こっちの方が面白いけど。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1966年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
  23. 水戸黄門漫遊記
    • C
    • 3.26
    「花の遊侠伝」の小国英雄のオリジナル・シナリオを、「執念の蛇」の三隅研次が監督したコメディ。撮影は「消えた小判屋敷」の今井ひろし。「日蓮と蒙古大襲来」の中村鴈治郎、「血文字船」の勝新太郎、「濡れ髪剣法」の中村玉緒に、品川隆二・千葉敏郎・島田竜三・三田登喜子・小川虎之助らが出演。

    ネット上の声

    • TVと似た展開
    • ちょっと捻った“水戸黄門”
    • 58年の時点で水戸黄門をニセ助さん角さん、本物黄門様が虚実入り乱れてるメタフィク
    • 黄門様御一行の偽者の話は良くあるけれど、助さん格さんだけ偽者なのは珍しい
    時代劇
    • 製作年1958年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督三隅研次
    • 主演勝新太郎
  24. 座頭市あばれ凧
    • C
    • 3.22
    子母沢寛の原作を「座頭市兇状旅」の犬塚稔が脚色「座頭市千両首」の池広一夫が監督した座頭市シリーズの七作目。撮影は「日本名勝負物語 講道館の鷲」の竹村康和。

    ネット上の声

    • ザ・座頭市?〜悲しみの花火
    • 超人化予算をかけたB級感
    • これが座頭市の本質では?
    • シリーズ中、低いレベル
    座頭市、 花火が印象的、 時代劇
    • 製作年1964年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督池広一夫
    • 主演勝新太郎
  25. 海軍横須賀刑務所
    • C
    • 3.22
    大担不敵で反逆精神旺盛な男が、海軍海兵団に入隊して、上官や刑務所監守を相手に大暴れする姿を描く。原作は青山光二の小説『喧嘩一代・帝国海軍なんのその』。脚本は「現代任侠史」の石井輝男、監督は「山口組三代目」の山下耕作、撮影は「やくざと抗争 実録安藤組」の仲沢半次郎。

    ネット上の声

    • 反戦映画の範疇
    • 強盗放火殺人囚の山下耕作監督!豪華キャストも集結😊
    • 荷物小走り運び、サボりバレ殴られ、旗揚げ、オール漕ぎ、米よそい、体罰、飯落とし仲
    • 母ちゃんの願いも虚しく、辛抱できないって云う東映面子に囲まれる勝新
    刑務所、 アクション
    • 製作年1973年
    • 製作国日本
    • 時間100分
    • 監督山下耕作
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
    • 定額
  26. 座頭市喧嘩太鼓
    • C
    • 3.21
    「座頭市牢破り」の猿若清方、「二匹の用心棒」の杉浦久「尼くずれ」の吉田哲郎の三人が共同で脚本を執筆し、「二匹の用心棒」の三隅研次が監督した座頭市シリーズ第十九作。撮影は「兵隊やくざ強奪」の森田富士郎が担当した。

    ネット上の声

    • 三田佳子さん みとれてしまいました
    • 座頭市の簀巻(すまき)ファイトは必見
    • ザ・座頭市?〜とりあえず”完”です
    • 見えないからこそ、見えるもの。
    座頭市、 時代劇
    • 製作年1968年
    • 製作国日本
    • 時間83分
    • 監督三隅研次
    • 主演勝新太郎
  27. 大阪物語
    • C
    • 3.20
    井原西鶴の『日本永代蔵』『当世胸算用』『萬の文反古』などのエピソードから故溝口健二が原作を書き依田義賢が脚色、これを溝口監督が手がけるところ、同監督の急逝により「四十八歳の抵抗」の吉村公三郎が変って監督する。撮影担当は「月形半平太(1956)」の杉山公平。主な出演者は「編笠権八」の市川雷蔵、「信号は赤だ」の勝新太郎、林成年、「嵐の中の男」の香川京子、「鼠小僧忍び込み控 子の刻参上」の小野道子、「君を愛す」の三益愛子など。

    ネット上の声

    • 放蕩息子は世界を救う
    • なかなかいいが・・・
    • 大阪物語違いで間違ってレンタルしてきてしまった、、、🙈💦
    • 『雨月物語』より面白いかも……
    大阪が舞台、 時代劇
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間96分
    • 監督吉村公三郎
    • 主演市川雷蔵
  28. 町奉行日記 鉄火牡丹
    • C
    • 3.18
    山本周五郎の原作を「濡れ髪三度笠」の八尋不二が脚色し、「四谷怪談(1959)」の三隅研次が監督した娯楽時代劇。「ジャン・有馬の襲撃」の今井ひろしが撮影した。
    時代劇
    • 製作年1959年
    • 製作国日本
    • 時間90分
    • 監督三隅研次
    • 主演勝新太郎
  29. 座頭市牢破り
    • C
    • 3.17
    子母沢寛の原作を、「花を喰う蟲」の中島丈博、新人の松本孝二と猿若清方の三人が共同で脚色にあたり、「にせ刑事」の山本薩夫が監督した“座頭市”シリーズ第十六作目。撮影は「ある殺し屋」の宮川一夫で、勝プロ第一回作品である。

    ネット上の声

    • 誰かが居なければ理想は実現出来ぬ
    • 山本監督、宮川カメラなのに凡作
    • めくらで居合いの達人という業
    • 勝新は少し張り切りすぎ。
    座頭市、 時代劇
    • 製作年1967年
    • 製作国日本
    • 時間95分
    • 監督山本薩夫
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
  30. 座頭市千両首
    • C
    • 3.15
    子母沢寛の原作を「怪談 鬼火の沼」の浅井昭三郎と太田昭和が共同で脚色、「ど根性一代」の池広一夫が監督した仁侠もの。撮影は「越前竹人形」の宮川一夫。

    ネット上の声

    • ザ・座頭市④~赤城の山も今宵限り
    • プログラム・ピクチャーってこと?
    • ずるさも強さの内と知れ、なのか
    • お色気と顔面ドアップがちらほら
    座頭市、 時代劇
    • 製作年1964年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督池広一夫
    • 主演勝新太郎
  31. 31

    王将

    王将
    • D
    • 3.10
    明治四十年から大正八年にかけて一介の雪駄作りの職人から裸一貫で身をおこし、後に日本の将棋界を東西に二分し、名人位の覇を競い、人をして関西に王将ありといわしめた将棋の鬼、坂田三吉の波乱にとんだ半生を描く。北条秀司の同名小説の映画化。脚本は「紙芝居昭和史 黄金バットがやって来る」の笠原良三、監督は「激動の昭和史 軍閥」の堀川弘通、撮影は「恋の夏」の逢沢譲がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 西條八十作詞、船村徹作曲
    • 息が合った夫婦共演
    • さすが、演技はうまい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1973年
    • 製作国日本
    • 時間101分
    • 監督堀川弘通
    • 主演勝新太郎
  32. 座頭市の歌が聞える
    • D
    • 3.06
    子母沢寛の原作を「若親分喧嘩状」の高岩肇が脚色、「新・兵隊やくざ」の田中徳三が監督した“座頭市”シリーズ第十三作目。撮影は「刺青(1966)」の宮川一夫。

    ネット上の声

    • 開巻早々から「見えてるんじゃないの?」という座頭市の所作が目立つ、全26作品の折
    • ザ・座頭市?〜彼女の歌が聞こえない
    • 座頭市の歌は聞こえなかった
    • 逆光で魅せる殺陣が圧巻
    座頭市、 時代劇
    • 製作年1966年
    • 製作国日本
    • 時間83分
    • 監督田中徳三
    • 主演勝新太郎
  33. 悪名太鼓
    • D
    • 3.04
    今東光の原作を「宿無し犬」の藤本義一が脚色「駿河遊侠伝 賭場荒し」の森一生が監督した悪名シリーズ九作目。撮影もコンビの今井ひろし。

    ネット上の声

    • 気楽に面白い
    • 主人公の男前度は現代ヤサ男のバイブル☆
    • 朝吉、西へ
    • 朝吉、西へ
    時代劇
    • 製作年1964年
    • 製作国日本
    • 時間85分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
  34. 酔いどれ博士
    • D
    • 3.03
    「刺青(1966)」の新藤兼人がシナリオを執筆、「処女が見た」の三隅研次が監督したアクションもの。撮影は「若親分喧嘩状」の森田富士郎。

    ネット上の声

    • 一番好きな勝新
    • ドスで手術は難しそうだなあ~
    • 貧しい人々や訳ありの人々が集う粗末な集落があって、若者同士の争いで平泉征がお腹を
    • 三隅研次と新藤兼人の割には普通のプログラムピクチャーだなと思ってしまったけど、こ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1966年
    • 製作国日本
    • 時間82分
    • 監督三隅研次
    • 主演勝新太郎
  35. 薄桜記
    • D
    • 3.01
    五味康祐の産経新聞連載小説の映画化で、赤穂浪士の仇討を背景とした時代劇。「ジャン・有馬の襲撃」の伊藤大輔が脚色し、「次郎長富士」の森一生が監督した。撮影も「次郎長富士」の本多省三。

    ネット上の声

    • 真城千都世の破壊力がすさまじい
    • 大映時代劇という芸術(アート)
    • 見応えある殺陣の美しさ
    • 修羅妄執の世界じゃのう
    時代劇
    • 製作年1959年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督森一生
    • 主演市川雷蔵
  36. 兵隊やくざ 大脱走
    • D
    • 3.00
    有馬頼義が文芸春秋に連載した「貴三郎一代」を、「殺人者」の舟橋和郎が脚色し、「脂のしたたり」の田中徳三が監督した“兵隊やくざ”シリーズ第五作目。撮影は「座頭市海を渡る」の武田千吉郎。

    ネット上の声

    • 皇軍の空気が、なかなか良く出ている
    • 女とバクチとケンカ
    • 戦車と命の交換なんて馬鹿げた死に方はしたくない!どうせ死ぬならお前の腹の上で死に
    • 前線から女性に手紙を書く事になった大宮二等兵、とにかくお前の体は良かったと猥褻な
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1966年
    • 製作国日本
    • 時間89分
    • 監督田中徳三
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
  37. 続 兵隊やくざ
    • D
    • 3.00
    有馬頼義の原作“貫三郎一代”より「花実のない森」の舟橋和郎が脚色、「悪名幟」の田中徳三が監督した兵隊やくざの続篇。撮影は「若親分」の武田千吉郎。

    ネット上の声

    • 勝新太郎主演!兵隊やくざ2🪖
    • 二作目は女性をめぐって
    • より面白く
    • 有田が大宮に大将呼びを提案されてまんざらでもなさそうに笑うシーンでそれまでなんか
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1965年
    • 製作国日本
    • 時間92分
    • 監督田中徳三
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
    • レンタル
  38. 新・座頭市物語
    • D
    • 2.98
    子母沢寛原作から「続・座頭市物語」の犬塚稔と梅林貴久生が共同で脚本を執筆、「続・新悪名」の田中徳三が監督したやくざもの。撮影は「地獄の刺客」の牧浦地志。

    ネット上の声

    • ラストのセリフがなんとも切なかった
    • シリーズ、文句無しNO.1!大傑作!!
    • 堅気になれるならすでになってるさ
    • ザ・座頭市?〜義理と人情と愛情
    座頭市、 時代劇
    • 製作年1963年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督田中徳三
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
  39. 悪名一番
    • D
    • 2.98
    今東光の同名小説より、「悪名波止場」の依田義賢が脚色「眠狂四郎殺法帖」の田中徳三が監督したアクション・ドラマ。撮影は、「続忍びの者」の武田千吉郎。

    ネット上の声

    • 懐かしい。けど、微妙。
    • 力のあるセリフと展開で一気に見られる秀作
    • 悪名シリーズは勝新と田宮の最高傑作です。
    • 戦後の日本の空気が実感できる
    ヤクザ・ギャング、 時代劇
    • 製作年1963年
    • 製作国日本
    • 時間89分
    • 監督田中徳三
    • 主演勝新太郎
  40. 千代田城炎上
    • D
    • 2.97
    長崎謙二郎の原作を「愛情不動」の依田義賢が脚色したもので、男子禁制の大奥内を舞台にした悲恋物語。「紅あざみ」の安田公義が監督し、「若き日の信長」の相坂操一が撮影した。

    ネット上の声

    • 大奥出世物語
    時代劇
    • 製作年1959年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督安田公義
    • 主演新珠三千代
  41. 41

    悪名

    悪名
    • D
    • 2.97
    この作品は、現在、全国のあらゆる新聞、雑誌の連載小説中でも最も人気高く、「週刊朝日」に連載中の今東光の同名小説の映画化で、「小太刀を使う女」の依田義賢が脚色。「鯉名の銀平(1961)」の田中徳三が監督。撮影は「沓掛時次郎(1961)」の宮川一夫。

    ネット上の声

    • 素敵なピカレスク大映映画
    • なぜ、これほどの名作を
    • 若き勝新のスター性よ!
    • 河内弁こそが主人公です
    大阪が舞台、 時代劇
    • 製作年1961年
    • 製作国日本
    • 時間94分
    • 監督田中徳三
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
    • レンタル
  42. やくざ絶唱
    • D
    • 2.95
    「兵隊やくざ」以来五年ぶりに顔を合わせた増村保造と勝新太郎がやくざの世界を背景に、異父兄妹の愛情を描いた作品。脚本は「女体(1969)」の池田一朗、監督は「でんきくらげ」増村保造。撮影は同作の小林節雄が担当。

    ネット上の声

    • 勝新太郎主演 増村保造監督作品
    • 怒涛の近親相姦的愛憎劇
    • 迫力満天!
    • 過剰とも狂気とも取れるレベルで種違いの妹を可愛がり、なに不自由なく育てる為ヤクザ
    • 製作年1970年
    • 製作国日本
    • 時間94分
    • 監督増村保造
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
    • 定額
  43. 新座頭市物語 笠間の血祭り
    • D
    • 2.94
    “座頭市”シリーズ第25作目。初めて生れ故郷の笠間へ帰った座頭市が、土地のヤクザと悪代官を相手に大暴れする。脚本は服部佳子、監督は「新座頭市・破れ!唐人剣」の安田公義、撮影は「御用牙」の牧浦地志がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 年代を重ねても色あせない世界。輝き。
    • 血祭りの終わり。+【総括】
    • ◉市が故郷に帰るという理想的な最終作だが佳作程度の残念な出来
    • 女性のペンでの脚本
    座頭市、 時代劇
    • 製作年1973年
    • 製作国日本
    • 時間88分
    • 監督安田公義
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
    • 定額
  44. 新・兵隊やくざ
    • D
    • 2.93
    有馬頼義の原作を「続・兵隊やくざ」でコンビの舟橋和郎が脚色、田中徳三が監督した“兵隊やくざ”シリーズ第三作目。撮影は「青い性(1964)」の中川芳久。

    ネット上の声

    • ますます図にのる大宮。
    • 大いなる失速
    • 変化が多すぎる〜!そういう意味で「新」か
    • 兵隊ヤクザ第3弾!また脱走!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1966年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督田中徳三
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
    • レンタル
  45. まらそん侍
    • D
    • 2.93
    伊馬春部の放送劇を「虚無僧変化」の八木隆一郎が脚色し、「俺は藤吉郎」の森一生が監督、「帰って来た幽霊」の本多省三が撮影を担当した。主なる出演者は「花の渡り鳥」の勝新太郎、「又四郎喧嘩旅」の瑳峨三智子、三田登喜子、「新・平家物語 義仲をめぐる三人の女」の夏目俊二、「チャッカリ夫人とウッカリ夫人 (夫婦御円満の巻)」の大泉滉など。

    ネット上の声

    • 大泉滉の走る姿が笑えます。
    • 始めの方に出てくる、褒美として巨大キセルの煙草を回し吸いする絵面がチーチ&チョン
    • 勝新太郎等、キャストに頼りすぎていて物語自体はあまり面白くない
    • 家老の娘に惚れた若い武士がマラソンで勝負する話
    時代劇
    • 製作年1956年
    • 製作国日本
    • 時間90分
    • 監督森一生
    • 主演勝新太郎
  46. 座頭市喧嘩旅
    • D
    • 2.92
    子母沢寛の原作より、「江戸無情」の犬塚稔が脚色、「対決(1963)」の安田公義が監督した仁侠もの。撮影は、「悪名波止場」の本多省三。

    ネット上の声

    • 座頭市の5作目、今回も市が活躍する。
    • 金にうるさいのはその価値を知るから
    • 遺言を守ったり守らなかったりする
    • 食事のシーンに哀愁を感じました。
    座頭市、 花火が印象的、 時代劇
    • 製作年1963年
    • 製作国日本
    • 時間87分
    • 監督安田公義
    • 主演勝新太郎
  47. 燃えつきた地図
    • D
    • 2.89
    「他人の顔」の安部公房が彼自身の原作を脚色し、勅使河原宏が監督した。撮影は「夜の縄張り」の上原明。

    ネット上の声

    • 映画を観て暫く経ってから小説を読みました
    • 勅使河原、一切の未見で代表作から観ていきたいモチベあったが、タイミング合わず、特
    • これまでの勅使河原宏作品と比べるとかなり見劣りする作品であった
    • やられてもやりかえさない勝新…これで安部公房との4本は観た
    探偵、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1968年
    • 製作国日本
    • 時間115分
    • 監督勅使河原宏
    • 主演勝新太郎
  48. 新座頭市 破れ!唐人剣
    • D
    • 2.89
    日本の豪剣、魔剣と対決してきた座頭市が、はじめて異国の唐人剣と対峙する。脚本は安田公義と「忍びの衆」の山田隆之。監督は「怪談累が淵(1970)」の安由公義。撮影も同作の牧浦地志がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 市っつぁんの握り飯をまっぷたつに斬って仲良く半分こする王羽ジミさん
    • ある意味カルト映画です。アメリカ向き!
    • ザ・座頭市?〜片腕カンフーvs居合い斬り
    • これは「片腕必殺剣」シリーズだ!?
    座頭市、 時代劇
    • 製作年1971年
    • 製作国日本
    • 時間94分
    • 監督安田公義
    • 主演勝新太郎
    • レンタル
  49. 迷走地図
    • D
    • 2.87
    次期政権を狙う首相候補のもくろみが、夫人から秘書に宛てたラブレターによって崩れていくさまを、謎の死をからませ権力に群がる人間たちを介在させて描く。松本清張原作の同名小説の映画化で、脚本は「逃がれの街」の古田求と、本作品で監督も兼ねている「疑惑」の野村芳太郎の共同執筆。撮影も同作の川又昂がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 映画監督 野村芳太郎生誕101年 @シネヌーヴォ
    • 松本清張としては気概を持って政治批判・風刺ってことで書いた話なんだろうに、勝新を
    • 80年代の大作というのは概ねそうだが、とにかく登場人物が多く、且つ各々がメインキ
    • 超豪華キャストかつ松本清張原作と死ぬまでに観たかった映画のひとつをついに観た
    サスペンス
    • 製作年1983年
    • 製作国日本
    • 時間136分
    • 監督野村芳太郎
    • 主演勝新太郎
  50. 座頭市兇状旅
    • D
    • 2.84
    シリーズの第四作。子母沢寛原作を「新・座頭市物語」の犬塚稔が潤色、「第三の影武者」の星川清司が脚色、「新・座頭市物語」についで田中徳三が監督。撮影もコンビの牧浦地志。

    ネット上の声

    • 国定忠冶とも顔見知りの市。見えないけどね
    • 私は、脚本に演出が負けているように思う。
    • 結末を追うも兼ねるもおたけさん
    • こんな最後を見たくなかった
    座頭市、 時代劇
    • 製作年1963年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督田中徳三
    • 主演勝新太郎

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。