全10作品。会社を立て直す映画ランキング

  1. フラガール

    フラガール
    評価:S4.25
    昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描いた感動ドラマ。『69 sixty nine』の李相日監督がメガホンをとり、石炭から石油へと激動する時代を駆け抜けた人々の輝きをダンスを通じて活写する。

    ヒューマンドラマ、実話、会社再建

    ネット上の声

    声を大にして言いたい『フラガール最高!』
    TVスポンサーが無いとこれだけ良くなる
    そうだ!がんばる貴方に愛情一本!
    【☆5保証】本物の演技が涙を誘う
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:李相日
    主演:松雪泰子
    1
  2. 人生、ここにあり!

    人生、ここにあり!
    評価:A4.06
    1983年、ミラノ。正義感が強いが異端児扱いされる労働組合員のネッロ(クラウディオ・ビジオ)は、自著がきっかけで別の生活協同組合に異動させられてしまう。そこに集まっていたのは、法律の改定で廃止した精神病院を出され、行き場のない元患者たちだった。ネッロはしっかりと稼げるような仕事を彼らにさせようと思い立つが……。

    ヒューマンドラマ、コメディ、実話、会社再建、精神障害

    ネット上の声

    あなたの悩み解消します!一気に忘れて、新しい自分になれるかも??
    稼いで食べて恋をする人生。
    生きる意味、働く意味
    素晴らしいの一言
    製作年:2008
    製作国:イタリア
    監督:ジュリオ・マンフレドニア
    主演:クラウディオ・ビシオ
    2
  3. 陽はまた昇る

    陽はまた昇る
    評価:A3.96
    世界規格となったVHSの開発の裏で活躍した、名も無き技術者たちの姿を描いたヒューマン・ドラマ。監督は、本作が初監督作となる佐々部清。佐藤正明によるノンフィクション『映像メディアの世紀 ビデオ・男たちの産業史』を基に、「金田一少年の事件簿」(西尾大介監督作)の西岡琢也と佐々部監督が共同で脚色。撮影を「ホタル」の木村大作が担当している。主演は「釣りバカ日誌12」の西田敏行。第26回日本アカデミー賞優秀作品賞、優秀主演男優賞(西田敏行)、助演男優賞(渡辺謙)、優秀音楽賞受賞、第15回日刊スポーツ映画大賞石原裕次郎賞受賞作品。

    ヒューマンドラマ、実話、会社再建

    ネット上の声

    レビュー
    開発秘話ってやっぱりいい、苦労した人々の一生懸命さが心を打つ
    是非、「メーキング映像」は、本編鑑賞のあとに …
    陽はまた昇ったが・現在は?また昇るのか?
    製作年:2002
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:西田敏行
    3
  4. キンキーブーツ

    キンキーブーツ
    評価:A3.90


    ヒューマンドラマ、実話、会社再建
    製作年:2005
    製作国:アメリカ/イギリス
    監督:ジュリアン・ジャロルド
    主演:ジョエル・エドガートン
    4
  5. 海賊とよばれた男

    海賊とよばれた男
    評価:A3.86
    第10回本屋大賞を受賞した百田尚樹のベストセラー小説を、『永遠の0』の監督&主演コンビ、山崎貴と岡田准一のタッグで実写映画化。明治から昭和にかけて数々の困難を乗り越え石油事業に尽力した男の生きざまを、戦後の復興、そして世界の市場を牛耳る石油会社との闘いを軸に描く。

    ヒューマンドラマ、会社再建、ビジネス

    ネット上の声

    岡田准一、七変化
    どこまで事実かわからないけれど、いい話にしようとしてだいぶ盛っている感じがする。
    冒頭、特殊メイク岡田准一がどことなく違和感。 エピソードも俳優さん...
    上下巻読んでしまっていると2.5hでも短いなぁ。 それぞれの別れ、...
    製作年:2016
    製作国:日本
    監督:山崎貴
    主演:岡田准一
    5
  6. 幸せへのキセキ

    幸せへのキセキ
    評価:A3.85
    親子愛、そして諦めない心。泣いて笑って優しい気持ちなれる映画アメリカの閉園した動物園が舞台。父親の主人公は、愛する妻を亡くしたばかり。残された息子(14歳)と娘(7歳)。家庭を修復しようと郊外の「動物園付き」の家を買う。そこにはスタッフと沢山の動物がいた。しかし家庭はうまくいかない。さらには問題続きの動物園。資金繰りも悪化の一途。しかし家族のため、従業員のため、そして動物たちのため、不慣れな経営に奔走。従業員や地域の人々に支えられ、少しずつ再建は進んでいく。そしてついに開園の日を迎えるが…。

    ヒューマンドラマ、動物、実話、子供が生まれてから見たら大泣きする、会社再建、シングルファザー

    ネット上の声

    動物園の再興に準えた傷つく家族の再生物語
    「なんでこの映画観たの?」「いけない?」
    クソ邦題とクソ予告編に騙されるな
    優しくて、安心して観れる映画
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:キャメロン・クロウ
    主演:マット・デイモン
    6
  7. シルクウッド

    シルクウッド
    評価:B3.62
    ゴールデン・グローブ賞(1983年)プルトニウム工業で汚染し、謎の交通事故死を遂げたカレン・シルクウッド事件に材を取った社会派映画。製作はマイク・ニコルズとマイケル・ハウズマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはバズ・ハリスとラリー・キャノン、監督は「イルカの日」のマイク・ニコルズ、脚本はノラ・エフロンとアリス・アーレン、撮影はミロスラフ・オンドリチェク、音楽はジョルジュ・ドルリュー、美術はリチャード・ジェームズが担当。出演はメリル・ストリープ、シェール。

    ヒューマンドラマ、実話、会社再建

    ネット上の声

    失業や村八分を恐れずモラルに立向う勇気
    マイク監督、メリルストリープの労災
    社会正義VS《村社会》の【正義】
    安全神話はウソでつくられていた
    製作年:1983
    製作国:アメリカ
    監督:マイク・ニコルズ
    主演:メリル・ストリープ
    7
  8. 燃ゆるとき THE EXCELLENT COMPANY

    燃ゆるとき THE EXCELLENT COMPANY
    評価:C3.35
    アメリカ進出も果たした、東京・築地市場生まれの食品会社東輝水産は、安価なアジア企業に押され、工場の再生が不可欠となっていた。そんななか、特命を受けた資材担当の営業マンの川森潔(中井貴一)が単身渡米する。

    ヒューマンドラマ、実話、会社再建

    ネット上の声

    盛り上がりには欠けますが・・・なかなか
    方向を見失いつつある会社人に見てほしい
    テーマは「国際金融資本VS世界中の庶民」
    感動しましたよ!関係者じゃないですが
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:細野辰興
    主演:中井貴一
    8
  9. いらっしゃいませ、患者さま。

    いらっしゃいませ、患者さま。
    評価:C3.32
    経営不振の大病院に命を助けてもらった風俗界の救世主と呼ばれる男・恩地(大友康平)は、お礼に病院の立て直しを申し出る。「病院はサービス業、患者はお客様だ」をモットーにする恩地に、院長・近馬(渡部篤郎)もついそのペースに飲み込まれ……。

    コメディ、医師、会社再建、病院(医療モノ)
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:原隆仁
    主演:渡部篤郎
    9
  10. 暖流

    暖流
    評価:C3.32
    岸田国士の同名小説の再映画化(前回は昭和十四年、吉村公三郎監督、佐分利信、高峰三枝子、水戸光子主演)今回は「青空娘」のコンビ、白坂依志夫が脚色、増村保造が監督した。撮影は「透明人間と蠅男」の村井博。主演は「駐在所日記」の根上淳、「九人の死刑囚」の左幸子、「地上」の野添ひとみ、「駐在所日記」の船越英二、南左斗子、それに品川隆二、叶順子。大映カラー。

    会社再建、社会の裏側、群像劇、看護師(ナース)、病院(医療モノ)

    ネット上の声

    左幸子と野添ひとみ
    左幸子の怪演
    早回し?
    製作年:1957
    製作国:日本
    監督:増村保造
    主演:根上淳
    10

スポンサードリンク