映画「綴方教室」のランキング情報

総合評価D
2.68
評価数:78
綴方教室
執筆当時、無名の小学生だった豊田正子のベストセラー作文集を、山本嘉次郎監督のメガホンで映画化。東京下町のバラック街で、両親や兄弟と共に慎ましい生活を送る小学6年生の正子は、作文が得意でいつも先生からほめられていた。そんなある日、正子の作文が雑誌「赤い鳥」に掲載される。大喜びの正子だったが、この作文の内容が原因で、正子の父は職を失いかけてしまう。子役時代の高峰秀子が主人公を好演。

「綴方教室」のランキング情報

1938年
第37位(206件中)
邦画
第7408位(28310件中)
1950年代
第1911位(13068件中)
高峰秀子が出演
第48位(78件中)
徳川夢声が出演
第4位(28件中)
小高まさるが出演
第1位(8件中)
水谷史朗が出演
第1位(1件中)