映画「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」のランキング情報

総合評価E
2.13
評価数:940
ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男
「太陽がいっぱい」「キャロル」などの作家パトリシア・ハイスミスのミステリー小説「妻を殺したかった男」を、「死霊館」「リトル・チルドレン」のパトリック・ウィルソン主演で映画化。1960年、ニューヨーク。神経質すぎる妻クララとの生活に息苦しさを感じていた建築家のウォルターは、パーティで出会った女性に心惹かれるが、嫉妬したクララに自殺未遂騒ぎを起こされてしまう。ついに妻に嫌気が差したウォルターは、妻殺しの完全犯罪を実行したという男の記事を思い出し、その男に接触を図る。数日後、森の中でクララの死体が発見される。自殺の可能性が強まる中、1人の刑事がウォルターに疑いの目を向け……。妻クララを「トータル・リコール」のジェシカ・ビール、ウォルターが惹かれる女性を「マグニフィセント・セブン」のヘイリー・ベネットがそれぞれ演じた。監督はテレビシリーズ「ダウントン・アビー」のアンディ・ゴダード。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2017」上映作品。

「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」のランキング情報

サスペンス
第6328位(9262件中)
2016年
第1139位(1605件中)
洋画
第20367位(34223件中)
アメリカ
第11876位(20989件中)
2010年代
第10971位(15715件中)
Amazonレンタル視聴
第11499位(14559件中)
U-NEXT定額
第9241位(11885件中)
アンディ・ゴダード監督が制作
第1位(2件中)
ジェシカ・ビールが出演
第15位(18件中)
パトリック・ウィルソンが出演
第23位(24件中)
ヴィンセント・カーシーザーが出演
第6位(6件中)
ヘイリー・ベネットが出演
第8位(9件中)