映画「肉体の遺産」のランキング情報

総合評価E
0.00
評価数:0
全映画の平均
(評価:2.58、評価数84人)
TSUTAYA 0.00評価数人
YAHOO 0.00評価数0人
ぽすれん0.00評価数---人
DMM 0.00評価数---人
楽天 0.00評価数---人
ぴあ 0.00評価数---人
映画.com0.00評価数---人
肉体の遺産
南部の名家を舞台にした家族の叙事詩。血と憎しみ、そして愛情をヴィンセント・ミネリが情感豊かに描く。テキサスで広大な土地を所有するウェード・ハニカット(ロバート・ミッチャム)。女好きとして知られる彼と妻のハンナ(エリノア・パーカー)の仲は冷え切っていた。17歳になった息子のセロン(ジョージ・ハミルトン)にウェードは狩りを教えようとする。使用人のレイフ(ジョージ・ペパード)に教えられ銃の訓練を始めたセロンは、瞬く間に腕を上げ、狩りに夢中になる。ウェードから土地に被害をもたらしている大イノシシを退治するよう命じられたセロンは、ひとりで獲物を仕留める。自信をつけたセロンは、気になっていたリビー(ルアナ・パットン)という娘と付き合い始めるが、彼女の父親からひどく拒絶されていた。その事実を聞いたハンナは、ウェードが町中の女に手を出していること、レイフが腹違いの兄弟であることをセロンに話してしまう。ショックを受けたセロンは家を出て、綿加工場で働き始める。結婚はできないとリビーに伝えるが、彼女は既にセロンの子供を身篭っていた。思い悩む彼女に対して、レイフは手を差し伸べ、二人は結婚することになる。父と息子、男と女のうつろいやすい愛と憎しみ、そして許しを円熟期のヴィンセント・ミネリが骨太に描きだす。

ヒューマンドラマ


「肉体の遺産」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第26634位(26368件中)
1959年
第567位(729件中)
洋画
第28937位(32754件中)
アメリカ
第18507位(20680件中)
1950年代
第10330位(13004件中)
ヴィンセント・ミネリ監督が制作
第28位(28件中)
エリノア・パーカーが出演
第20位(21件中)
ロバート・ミッチャムが出演
第61位(64件中)
ジョージ・ハミルトンが出演
第20位(20件中)
ジョージ・ペパードが出演
第17位(26件中)

スポンサードリンク