映画「「夢に罪あり」より 処女」のランキング情報

総合評価E
0.00
評価数:0
「夢に罪あり」より 処女
柴田錬三郎の原作『夢に罪あり』から「花は嘆かず(1957)」のコンビ田畠恒男が脚色・監督し、布戸章が撮影を担当した。主演は、東映をやめてこれがフリー第一回作品となる、松竹初出演の田代百合子、「嵐の中の抱擁 おもかげは遥かなり」の菅佐原英一、「赤城の血煙 国定忠治」の島崎雪子、「母と子の窓」の浅茅しのぶ、「わが胸に虹は消えず (二部作)」の上原謙、「異母兄弟」の中村賀津雄。ほかに、中川弘子、沢村貞子など。

「「夢に罪あり」より 処女」のランキング情報

1957年
第658位(692件中)
邦画
第27067位(28313件中)
1950年代
第12672位(13068件中)
田畠恒男監督が制作
第24位(24件中)
田代百合子が出演
第54位(55件中)
浅茅しのぶが出演
第17位(17件中)
菅佐原英一が出演
第19位(21件中)
中川弘子が出演
第8位(9件中)