映画「殴られた石松」のランキング情報

総合評価E
0.00
評価数:2
殴られた石松
野坂和馬と受川策太郎の共同による製作で、長谷川伸の原作から「剣難女難 剣光流星の巻」の木下藤吉が脚色に当たり、「のど自慢三羽烏」の渡辺邦男が監督、同じく渡辺孝が撮影を受持っている。出演者は「八つ墓村(1951)」の片岡千恵蔵が、初めて新東宝に出演し、「暁の急襲」の田崎潤の森の石松に、「真説 石川五右衛門」の花柳小菊、「剣難女難 剣光流星の巻」の黒川弥太郎、その他山口勇、尾上菊太郎、澤村國太郎などが主な顔ぶれである。

「殴られた石松」のランキング情報

1951年
第170位(358件中)
邦画
第20306位(28268件中)
1950年代
第5277位(13069件中)
渡辺邦男監督が制作
第28位(136件中)
片岡千恵蔵が出演
第93位(153件中)
黒川弥太郎が出演
第31位(93件中)
田崎潤が出演
第36位(66件中)
花柳小菊が出演
第17位(71件中)