スポンサーリンクあり

映画「第九交響楽」のランキング情報

E
2.70
評価数:47
第九交響楽
製作
1935年 ドイツ
時間
98分
監督
デトレフ・ジールク
出演
マリア・フォン・タスナディヴィリ・ビルゲルリル・ダゴファー
種類
恋愛
「会議は踊る」「ハンガリア狂想曲」のリル・ダゴファーと、「愛国の騎士(1936)」「スパイ戦線を衝く」のウイリー・ビルゲルが主演する映画で、舞台の演出家出身の新人デトレフ・ジールクが監督した処女作品である。脚本もジールクがクルト・ホイザーと協力執筆したオリジナル。舞台出身のマリア・フォン・タスナディが共演するほか、「嘆きの木蔭」のマリア・コッペンヘーファー、「スパイ戦線を衝く」のテオドル・ロース、「モスコーの夜は更けて」のアレクサンダー・エンゲル、子役ペーター・ボッセ少年、アルバート・リッパート、クルト・マイゼル等が助演している。音楽指揮及び作曲は「白鳥の舞」のクルト・シュレーダーが担当し、ベルリン国立オペラ座管弦団が演奏し、独唱は、エルナ・ベルガー、ルイゼ・ウイラー、ルドルフ・ワッツケ及びヘルムート・メルハートの四歌手である。なお、カメラは「今宵こそは」のロベルト・バベルスケ、セットはエリッヒ・ケッテルフートがそれぞれ担当している。

「第九交響楽」のランキング情報

恋愛
第2113位(5172件中)
1935年
第39位(336件中)
洋画
第12873位(39298件中)
ドイツ
第926位(2393件中)
1950年代
第2210位(13184件中)
ダグラス・サーク監督が制作
第22位(27件中)
ヴィリ・ビルゲルが出演
第2位(11件中)
リル・ダゴファーが出演
第4位(15件中)
マリア・フォン・タスナディが出演
第1位(1件中)

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。