スポンサーリンクあり

全27作品。ダグラス・サーク監督が制作した映画ランキング

  1. 悲しみは空の彼方に
    • A
    • 4.10
    1934年にクローデット・コルベール主演で映画化されたファニー・ハーストのベスト・セラーの再映画化で、暗い宿命に泣く女の悲しみを描くメロドラマ。脚色はエリノア・グリフィンとアラン・スコットの共同。監督は「愛する時と死する時」のダグラス・サーク。撮影は「暴れ者」のラッセル・メティ。主演は「青春物語」のララナ・ターナー、「愛する時と死する時」のジョン・ギャビン、それに新人のサンドラ・ディー、「地獄の戦線」のスーザン・コーナー、「南部の反逆者」のファンタ・ムーア、「黄昏に帰れ」のダン・オハーリー等。製作はロス・ハンター。

    ネット上の声

    • 「ドリーム」と共に、黒人の方々の苦難の時代に更なる想いを寄せ…
    • 人生を歩む時に必要な「幸せのものさし」
    • 久々に、ラストまで一気に見れました
    • 誰が見ても泣くのではないだろうか
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1959年
    • 製作国アメリカ
    • 時間124分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演ラナ・ターナー
  2. 天はすべて許し給う
    • A
    • 4.00
     夫に先立たれ喪に服す2人の子持ちの主人公。やっと気を取り直して新たな生活に望む彼女の前に、年下で明るい庭師のロンが現れ、いつしか二人は恋に落ちるが……。

    ネット上の声

    • ファスビンダーが魅了されるのがわかります
    • よろめかない未亡人
    • 愛の敵は誰なのか
    • 家柄のよい未亡人が家の庭の手入れをしてくれていた年下の庭師と付き合い始めると、自
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1955年
    • 製作国アメリカ
    • 時間89分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演ジェーン・ワイマン
  3. 翼に賭ける命
    • B
    • 3.91
    現代アメリカ文学の代表的作家ウィリアム・フォークナーの小説「パイロン」(飛行標塔)の映画化で、曲芸飛行に命を賭ける男を中心に、人間の愛情と運命を描いた文芸篇。「風と共に散る」のジョージ・ザッカーマンが脚色、「間奏曲」のダグラス・サークが監督した。撮影監督は「東京特ダネ部隊」のアーヴィング・グラスバーグ、音楽は作曲が「間奏曲」のフランク・スキナー、指揮が「悪魔に支払え!」のジョセフ・カーシェンスン。主演は「大空の凱歌」のロック・ハドソン、「硝煙」のロバート・スタック、「千の顔を持つ男」のドロシー・マローン。「脱獄囚」のジャック・カーソン、「友情ある説得」のロバート・ミドルトンが助演する。

    ネット上の声

    • クールで赤裸々な人間関係
    • 欲望より理性、そして愛
    • 分かりやすさの拒絶
    • そつのない堅実な造り
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間91分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演ロバート・スタック
  4. 愛する時と死する時
    • B
    • 3.81
    かつてリュイス・マイケルストンによって「西部戦線異常なし」が映画化されたことのあるエリッヒ・マリア・レマルクの同名原作小説の、「翼に賭ける命」のダグラス・サーク監督による映画化。第二次大戦に従軍した一ドイツ青年兵士の物語で、総ての場面は西ドイツで、ドイツ側スタッフ・キャストの協力によって撮影された。脚色はオリン・ヤニングス、原作者レマルクは教授に扮して自ら出演している。撮影監督は「黒い罠」のラッセル・メティ。音楽はミクロス・ローザ。出演者は一挙に主役に抜擢された新人ジョン・ギャビン、欧州映画界からの「怪盗ルパン」のリゼロッテ・パルヴァー、「生まれながらの無宿者」のジャック・マホニー、「大空の凱歌」のドン・デフォー、「Z旗あげて」のキーナン・ウィン、かつてのドイツ映画「制服の処女」のドロテア・ヴィーク等。製作はロバート・アーサー。

    ネット上の声

    • 戦争もので、いつもの鮮やかなカラーは封印され、メロドラマ要素も少なめ
    • 愛と悲劇(戦争)が反発し、互いに際立つ
    • 戦争は格好のメロドラマネタですね
    • 50年代、ハリウッドの反戦映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1958年
    • 製作国アメリカ
    • 時間132分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演ジョン・ギャヴィン
  5. 心のともしび
    • B
    • 3.76
    「戦うロビン・フッド」のロス・ハンターが製作した1954年作色彩メロドラマで、かつて1935年にも映画化されたことのあるロイド・C・ダグラス(「聖衣」)の小説と当時のシナリオからウェルズ・ルートが潤色、ロバート・ブリースが脚色した。監督はダグラス・サークである。テクニカラー撮影は「すべての旗に背いて」のラッセル・メティ、音楽はフランク・スキナーの担当。主演は「青いヴェール」のジェイン・ワイマンで、「王者の剣」のロック・ハドソンが共演、ほかに「フォルウォスの黒楯」のバーバラ・ラッシュ、「三つの恋の物語」のアグネス・ムーアヘッド、「真昼の決闘」のオットー・クルーガーらが出演。

    ネット上の声

    • 総天然色の絵は綺麗ですが、それだけ
    • ダグラス・サークの出世作
    • 愛の継承、男たちの変容
    • 借りを返すとは?
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間108分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演ロック・ハドソン
  6. 間奏曲
    • B
    • 3.74
    古都ザルツブルグとミュンヘンを舞台にした哀愁メロドラマ。ジェームズ・ケイン「(郵便配達は二度ベルをならす)」の原作小説を「島の女」のドワイト・テイラーが映画脚本に書き直し、これをイネツ・コックが翻案、さらにダニエル・フックスとフランクリン・コーエンがこれを脚色した。監督は「大空の凱歌」のダグラス・サーク、撮影監督は「夜の道」のウィリアム・ダニエルス、音楽は作曲が「三人のあらくれ者」のフランク・スキナー、指揮を「東京特ダネ部隊」のジョセフ・ガーシェンソンがとった。主演は「旅情」のロッサノ・ブラッツィ、「夜の乗合自動車」のジューン・アリソン。「バルテルミーの大虐殺」のフランソワーズ・ロゼエ。

    ネット上の声

    • 異国ドイツを舞台に、波乱の予感がプンプンするアナーキーな天才指揮者と安泰な医師と
    • ダグラスサークの作品はいつもベタなメロドラマなのに切り捨てられない力強さがあって
    • ラスト15分まで典型的なラブドラマだなと思ってみてたら、予想外の展開笑 さすがサ
    • 生きてるだけで周りを不幸にしている女を演じるマリアンネ・コッホ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間89分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演ジューン・アリソン
  7. ショックプルーフ
    • B
    • 3.70

    ネット上の声

    • 1949年 アメリカ🇺🇸
    • 人殺しの罪で服役中のジェニーが仮釈放でシャバに出て監視役の保護観察官と元恋人の間
    • ノワール仕立てでノワールではありませんが、そこらへんのノワールよりよほどきっちり
    • 保護観察官のグリフ・マラットは仮釈放されたジェニー・マーシュを担当することになる
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1949年
    • 製作国アメリカ
    • 時間81分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演コーネル・ワイルド
  8. 眠りの館
    • B
    • 3.68

    ネット上の声

    • 1947年 アメリカ🇺🇸
    • 美しき人妻が意識を失っているうちに見知らぬ列車に乗っていた…という冒頭の導入が完
    • 芸達者な配役で固められているので、いわゆる「倒叙ミステリー」としては、なかなか素
    • バッチリの掴みから全体像が見えてくるまでのストロークが最高に楽しい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1948年
    • 製作国アメリカ
    • 時間97分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演クローデット・コルベール
  9. わたしの願い
    • B
    • 3.63
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1953年
    • 製作国アメリカ
    • 時間79分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  10. いつも明日がある
    • C
    • 3.58
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1956年
    • 製作国アメリカ
    • 時間84分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  11. 風と共に散る
    • C
    • 3.58
    石油富豪の邸に巻き起る激しい愛情の四角関係を描写したメロドラマ。ロバート・ワイルダーの小説から「四角いジャングル」のジョージ・ザッカーマンが脚色し、「自由の旗風(1955)」のダグラス・サークが監督する。撮影は「死の脱獄者」のラッセル・メティ、音楽はフランク・スキナー。フォア・エイセズ四重唱団によって歌われる主題歌は、サミー・カーン、作曲ヴィクター・ヤング。主演は「自由の旗風(1955)」のロック・ハドソン、「中共脱出」のローレッン・バコール、「紅の翼(1954)」のロバート・スタック、「復讐に来た男」のドロシー・マローン。

    ネット上の声

    • ドロシー・マローンがすべてを持っていく!
    • 映画の良さはストーリー良さじゃない
    • 「飛行機を 運が飛ぶ」
    • 「飛行機は速すぎる」
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1956年
    • 製作国アメリカ
    • 時間99分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演ロック・ハドソン
  12. 世界の涯てに
    • C
    • 3.52
    スウェーデンの大女優ツァラー・レアンダーのドイツ第一回作品。デトレフ・ジールク監督の古風なメロドラマ。

    ネット上の声

    • 死者の魂が帰っていく“世界の涯て”
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1936年
    • 製作国ドイツ
    • 時間103分
    • 監督デトレフ・ジールク
    • 主演ツァラー・レアンダー
  13. 誘拐魔
    • C
    • 3.48
    食満利彦の原案を「新女性問答」の長谷川公之が脚色し、水野治が監督、「母笛子笛」の宗川信夫が撮影、「三つの顔」の伊福部昭が音楽を担当した。主なる出演者は「浅草の鬼」の北原義郎、高松英郎、藍三千子、杉田康、「娘の人生案内」の品川隆二、近藤美恵子、大浜千鶴子など。

    ネット上の声

    • ルシル・ボール七変化♡
    • 【詳述は、『ステキなパパの作り方』欄で】これが、リメイクだなんて今回の催し迄知ら
    • 同伴踊子や象のブレスレットって状況、最近観てるぞこれって思ったらシオドマク『罠』
    • シオドマク「罠」のリメイクだけど、「罠」は主人公がクールなイメージだったのに対し
    サスペンス
    • 製作年1947年
    • 製作国アメリカ
    • 時間102分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演ジョージ・サンダース
  14. 突然の花婿
    • C
    • 3.46

    ネット上の声

    • トニー&パイパー&サーク
    • 例えばスピード結婚式場の牧師の面倒くさそうな仕草とか、夫の家に居候する(妻の)親
    • 1952年 アメリカ🇺🇸
    • コメディで好きな感じ!細かい演出凝ってるし、演者変えて反復してたり、サークの中で
    コメディ
    • 製作年1952年
    • 製作国アメリカ
    • 時間82分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演トニー・カーティス
  15. パリのスキャンダル
    • C
    • 3.28

    ネット上の声

    • 意外にも時代物、ナポレオン時代に盗賊から上流階級にまで上り詰めた実在の人物ヴィド
    • 話が巧み過ぎて説明を省くが要するにヤンキー母校に帰るのおしゃれカサノバ版の様な感
    • 映画は道徳の教科書ではないのだけど、ここまで仁義に反するデタラメなお話だと唖然と
    • ケイパーものやるのかなーと思ってボーっと観てたらわけわからない方向に全てが進んで
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1946年
    • 製作国アメリカ
    • 時間100分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演ジョージ・サンダース
  16. 僕の彼女はどこ?
    • C
    • 3.26

    ネット上の声

    • お金持ちの苦い認識
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1952年
    • 製作国アメリカ
    • 時間89分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演パイパー・ローリー
  17. 夏の嵐
    • D
    • 3.04

    ネット上の声

    • 誰もロシア語を話さないし、ロシア人に見えない俳優陣だけど、リンダ・ダーネルの悪魔
    • 出版社を訪ねた没落貴族が電話中の編集長の目を盗み見ながらタバコを数本こっそりと鞄
    • 【詳述は、『ステキなパパの作り方』欄で】歴史⋅階級、時制、ファムファタール、やや
    • ジョージ・サンダース演じる判事の弱さと保身ゆえの行動(できなさ)の果てに行き着く
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1944年
    • 製作国アメリカ
    • 時間106分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演ジョージ・サンダース
  18. ヒットラーの狂人
    • D
    • 3.03
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1943年
    • 製作国アメリカ
    • 時間84分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演パトリシア・モリソン
  19. 思ひ出の曲
    • D
    • 2.98
    「第九交響楽」でデビューしたデトレフ・ジールクが監督したミュージカル物で「ハンガリア夜曲」「未完成交響楽(1933)」のマルタ・エゲルトが「乞食学生」のヨハネス・ヘースタースを相手に主演する映画。助演俳優は「女ひとり」「未完成交響楽(1933)」のオットー・トレスラー、「北京の嵐」のハーバート・ヒュブナー、「怪人マブゼ博士(1932)」のルドルフ・クライン・ロッゲ「会議は踊る」のアルフレット・アベル、「第九交響楽」のクルト・マイゼル、「囁きの木蔭」のエドウィン・ユルゲンセン、ハンス・リヒター、フロキーナ・フォン・プラーテン其の他である。原作はパウル・フェアヘーフェンとトニ・イムペコーフェン合作の舞台劇で、ジールクとフランツ・ワルナー・バステが協力して脚色した。キャメラはフランツ・ワイマイヤーの担当。音楽はエトムント・ニックが書いているが、ロベルト・シューマン、フェレンツ・フェッセイの曲が各一曲取り入れられている。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1936年
    • 製作国ドイツ
    • 時間85分
    • 監督デトレフ・ジールク
    • 主演マルタ・エゲルト
  20. 南の誘惑
    • D
    • 2.96
    スウェーデンの歌劇壇で人気の高かったツァラー・レアンダーが主演する映画で、「第九交響楽」「思い出の曲」のデトレフ・ジールクが監督に当たったもの。脚本は「ジャンダーク」「モスコーの夜は更けて」のゲルハルト・メンツェルの書きおろしである。音楽はロタール・ブリューネ、撮影は「思い出の曲」のフランツ・ヴィマイル、がそれぞれ担当した。レアンダを助けて本邦には新顔のフェルディナンド・マリアン、カール・マルテルを始め、「ひめごと」のユリア・セルダ、パウル・ビルト、「マヅルカ」のエドウィン・ユルゲンセン等舞台畑の人々が出演している。

    ネット上の声

    • ハバネラ、サーク、ドイツ時代の名作!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1937年
    • 製作国ドイツ
    • 時間96分
    • 監督デトレフ・ジールク
    • 主演ツァラー・レアンダー
  21. ちょっとフランス風
    • D
    • 2.77

    ネット上の声

    • なんてことないシーンだけど楽屋を教えてくれた男が受け取った端金を数えるために指を
    • 映画内映画を演出する視点から映画内映画に入り込むときのカット割にハッした
    • これ監督がサークじゃなかったら評価4.0じゃないでしょ❕❕❕
    • 映画監督の弟とその姉、この二人どう見ても歳が逆に思える
    コメディ
    • 製作年1948年
    • 製作国アメリカ
    • 時間81分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演ドロシー・ラムーア
  22. 第九交響楽
    • E
    • 2.70
    「会議は踊る」「ハンガリア狂想曲」のリル・ダゴファーと、「愛国の騎士(1936)」「スパイ戦線を衝く」のウイリー・ビルゲルが主演する映画で、舞台の演出家出身の新人デトレフ・ジールクが監督した処女作品である。脚本もジールクがクルト・ホイザーと協力執筆したオリジナル。舞台出身のマリア・フォン・タスナディが共演するほか、「嘆きの木蔭」のマリア・コッペンヘーファー、「スパイ戦線を衝く」のテオドル・ロース、「モスコーの夜は更けて」のアレクサンダー・エンゲル、子役ペーター・ボッセ少年、アルバート・リッパート、クルト・マイゼル等が助演している。音楽指揮及び作曲は「白鳥の舞」のクルト・シュレーダーが担当し、ベルリン国立オペラ座管弦団が演奏し、独唱は、エルナ・ベルガー、ルイゼ・ウイラー、ルドルフ・ワッツケ及びヘルムート・メルハートの四歌手である。なお、カメラは「今宵こそは」のロベルト・バベルスケ、セットはエリッヒ・ケッテルフートがそれぞれ担当している。

    ネット上の声

    • 「悲しみは空の彼方に」のダグラス・サーク監督による劇的展開と勧善懲悪の前時代的ドラマツルギー
    • オーケストラの指揮者の夫を持つ妻は音楽嫌い
    • 海を越えた音楽に救われた実の母と、近くにいるのに音楽を聴けなかった指揮者の妻が迎
    • 噂に違わぬ、出てくる人が全員不幸になる結末
    恋愛
    • 製作年1935年
    • 製作国ドイツ
    • 時間98分
    • 監督デトレフ・ジールク
    • 主演マリア・フォン・タスナディ
  23. 丘の雷鳴
    • E
    • 2.69

    ネット上の声

    • 修道女の素人探偵もの
    • 「修道女なら奇跡を起こしなさいよ」

ダグラス・サーク監督による、【サスペンス】
    • 楽しみにしていた一作😊
    • “尼僧探偵もの”の嚆矢
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1951年
    • 製作国アメリカ
    • 時間84分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演クローデット・コルベール
  24. 自由の旗風
    • E
    • 2.68
    「心のともしび」のロス・ハンターが1955年に製作した活劇。「アロウヘッド」のW・R・バーネットと「異教徒の旗印」のオスカー・ブロドニーの共同脚本から「心のともしび」のダグラス・サークが監督に当たった。撮影は「フォルウォスの黒楯」のアーヴィング・グラスバーグである。出演者は「心のともしび」のロック・ハドソン、「フォルウォスの黒楯」のバーバラ・ラッシュ、「タンガニイカ」のジェフ・モロー、「コンクリートの中の男」のキャスリーン・ライアン、デニス・オディア、フィンレイ・カリーなどである。

    ネット上の声

    • メインで何を描きたかったか、どの要素も中途半端で訴えかけるものはなかった印象
    • メロドラマとしての政治
    • アイルランドの青年がイギリス支配に抵抗すべくレジスタンスとして活動し、ボスの娘と
    • アクション多めの時代ものというダグラス・サークにしては珍しい作品だったが、それ故
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1955年
    • 製作国アメリカ
    • 時間91分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演ロック・ハドソン
  25. 大空の凱歌
    • E
    • 2.54
    米国空軍省勤務のディーン・ヘス大佐が自らの経験を綴った同名の著書をチャールズ・グレイソンとヴィンセント・B・エヴァンスが共同脚色、「風と共に散る」のダグラス・サークが監督した朝鮮戦争をめぐる人間愛の物語。主演は「ジャイアンツ」のロック・ハドソン、「山」のアンナ・カシュフィ。「裏切りの町角」のダン・デュリエ、「ボスを倒せ!」のマーサ・ハイヤーが助演する。

    ネット上の声

    • ロック・ハドソンがあまりにもシームレスに戦線復帰するのでなんか見落としたのかと思
    • テーマ曲はリパブリック賛歌なる音楽らしいが、どっからどう聞いてもヨドバシカメラの
    • 第二次世界大戦から朝鮮戦争にかけて戦った実在の空軍大佐を描く戦争映画です
    • 「大空の凱歌 」
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1956年
    • 製作国アメリカ
    • 時間108分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演ロック・ハドソン
  26. 異教徒の旗印
    • E
    • 2.22
    「タンガニイカ」のアルバート・J・コーエンが1954年に製作した古代ローマを舞台とするシネマスコープで、「フォルウォスの黒楯」のオスカー・ブロドニーと「地上最大のショウ」のバリー・リンドン合作の脚本を「心のともしび」のダグラス・サークが監督した。撮影は「心のともしび」のラッセル・メティ、音楽は「心のともしび」のフランク・スキナーとハンス・J・サルター。「戦いの矢」のジェフ・チャンドラー、「アロウヘッド」のジャック・パランス、「ホフマン物語」のリュドミラ・チェリーナ、「夜の人々(1954)」のリタ・ガム、ジェフ・モロー、ジョージ・ドレンツらが出演する。
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間92分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演ジャック・パランス
  27. アパッチの怒り
    • E
    • 1.90
    ジェラルド・ドレイソン・アダムスの原作をジョージ・ザッカーマンが脚色、「悲しみは空の彼方に」のダグラス・サークが監督したアパッチ・インディアンが主人公の西部劇。撮影監督はラッセル・メッティ、音楽は「裏街(1941)」のフランク・スキナー。出演は「恋人よ帰れ」のロック・ハドソン、「逢うときはいつも他人」のバーバラ・ラッシュ、それにグレッグ・パーマーなど。製作はロス・ハンター。テクニカラー、スタンダードサイズ。1954年作品。

    ネット上の声

    • 往年のハリウッド二枚目男優の代表格で、死因に於いて世界的なセンセーションを巻き起
    • 白人との共生を目指すアパッチ族長ターザ(ロック・ハドソン)は白人、抗戦派のジェロ
    • 当時の作品にしてはけっこう今に近い感覚で先住民インディアンを描いているのでは、今
    • サークのおかげでネイティブアメリカンメイクのロック・ハドソンが見れるってのがピー
    西部劇
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間79分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演ロック・ハドソン

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。