映画「地獄のかけひき」のランキング情報

総合評価E
0.00
評価数:1
全映画の平均
(評価:2.58、評価数84人)
TSUTAYA 0.00評価数人
YAHOO 5.00評価数1人
ぽすれん0.00評価数---人
DMM 0.00評価数---人
楽天 0.00評価数---人
ぴあ 0.00評価数---人
映画.com0.00評価数---人
地獄のかけひき
目が覚めると恐怖が待っていた!戦慄すべき暗殺組織―殺しに巻き込まれた善良な男!危機一髪の脱出!グラマースクールを中退後、気楽なその日暮らしのジェリー・オトリー(トム・コートネイ)。大家と男女の仲になることで家賃を3ヶ月滞納していたが、ついに追い出されてしまう。一夜の宿を求めて友人のホームパーティで泊めてくれる知り合いを探し、何とかエリック(エドワード・ハードウィック)の家にもぐりこむが、その夜エリックはキッチンで何者かに殺され、オトリーは空港の中で目を覚ます。二人組の男に拉致されたオトリーは、諜報機関のヘンドリクソン(ジェームズ・ヴィリアーズ)とイモジン(ロミー・シュナイダー)の尋問を受ける。犯人ではないとされたオトリーは、イモジンの運転でその場を離れるが、途中、いかつい男に追いかけられ、捕まってしまう。ICSという通信社に連れて行かれたオトリーは、責任者プラウドフットに、エリックから何か聞いたか、と尋ねられる。その場で含みを持たせてしまったオトリーは、縛られた上でフリーの殺し屋ジョンストンの元へ送られてしまう。しかし、エリックの部屋でパクったタバコ入れにマイクロテープが仕掛けられており、そこにはヘンドリクソンの裏切りをネタに脅迫するエリックの会話が録音されていた・・・シリアスな役柄が多いトム・コートネイが、二重スパイをめぐる争いに巻き込まれていく男を軽妙洒脱に演じたコメディタッチのスパイアクション。

コメディ


「地獄のかけひき」のランキング情報

コメディ
第7935位(7751件中)
1968年
第305位(559件中)
洋画
第21547位(32754件中)
イギリス
第2447位(3314件中)
1960年代
第2996位(5757件中)
ディック・クレメント(リチャード・クレメント)監督が制作
第1位(2件中)
ロミー・シュナイダーが出演
第22位(32件中)
トム・コートネイが出演
第16位(18件中)
アラン・ベーデルが出演
第2位(2件中)
ジェームズ・ヴィリアーズが出演
第1位(1件中)