映画「七人の無頼漢」のランキング情報

総合評価C
3.57
評価数:11
全映画の平均
(評価:2.58、評価数84人)
TSUTAYA 0.00評価数人
YAHOO 3.91評価数11人
ぽすれん0.00評価数---人
DMM 0.00評価数---人
楽天 0.00評価数---人
ぴあ 0.00評価数---人
映画.com0.00評価数---人
七人の無頼漢
愛する妻を殺した七人のならず者を追って西部の大平原に火花する復讐の闘い!7人組のならず者たちが引き起こした強盗に巻き込まれ、愛妻を殺された元保安官ベン・ストライド(R・スコット)は、復讐のため彼らの行方を追っていた。その道中で幌馬車に乗ったジョン・グリアー(W・リード)と妻アニー(G・ラッセル)の夫婦と出会い、チリカウア族の襲撃を警戒して道連れになった。さびれた駅馬車中継所で、ストライドはかつて保安官時代に2度逮捕したことのあるマスターズ(L・マーヴィン)と再会した。ストライドが強盗犯の行方について心当たりがないか尋ねると、彼らは奪った金塊をフローラ・ビスタの町で換金するはずだとマスターズは答えた。翌朝、砂漠地帯でチリカウア族に襲われていた男を助けるが、その男はならず者たちの一味だった。ストライドに気付くと彼の背後から銃を撃とうとしたが、間一髪でマスターズが射殺した。監督バッド・ベティカー、脚本バート・ケネディ、主演ランドルフ・スコットの黄金トリオによる傑作西部劇。道中ものの1本で、大平原を舞台に元保安官の復讐劇が展開される。紅一点のゲイル・ラッセルや、脇役のリー・マーヴィンが印象深い演技を見せる。ジョン・ウェインが設立したバトジャック・プロの製作。

西部劇


「七人の無頼漢」のランキング情報

西部劇
第56位(678件中)
1956年
第25位(722件中)
洋画
第3406位(32754件中)
アメリカ
第2090位(20680件中)
1950年代
第307位(13004件中)
バッド・ベティカー監督が制作
第1位(20件中)
リー・マーヴィンが出演
第7位(37件中)
ゲイル・ラッセルが出演
第1位(11件中)
ランドルフ・スコットが出演
第2位(70件中)
ウォルター・リードが出演
第1位(3件中)

スポンサードリンク