スポンサーリンクあり

映画「カルロス:ザ・サンタナ・ジャーニー」のランキング情報

B
3.80
評価数:43
カルロス:ザ・サンタナ・ジャーニー
製作
2022年 アメリカ
時間
87分
監督
ルディ・バルデス
出演
カルロス・サンタナ
種類
ドキュメンタリー
<9月23日(土)、27日(水)TOHOシネマズ 日本橋ほか 2日限定公開>
5歳のとき、母国メキシコでヴァイオリンを習う。8歳でギターに生涯の情熱を傾ける。14歳の時、ストリート・ミュージシャンとしてギターのヴィルトゥオーゾ・スキルと演奏スタイルに磨きをかけ、10代のうちに自分のバンドを結成した。そして22歳の時、彼のファースト・アルバムがリリースされ賞賛を浴びる直前、カルロス・サンタナはウッドストックの大発見者の一人となり、1969年8月16日に開催された有名なフェスティバルの2日目の午後のアンカーを務めた。
50年にわたる音楽業界の伝説であり、グラミー賞を10回受賞し、ケネディ・センター名誉賞とビルボード・センチュリー賞を受賞した世界的なセンセーションでもあるサンタナは、ジャズ、ブルース、マリアッチ・サウンドにロックンロールのスピリチュアリティを融合させ、音楽の原始的なつながりと人間の最も深い感情とのつながりを感じさせる、音楽界屈指のアーティストであり続けている。
エレクトリック・ドキュメンタリー『CARLOS』は、サンタナと彼の家族への新たなインタビューに加え、サンタナ自身が撮影したホームビデオ、コンサート映像、舞台裏などの素晴らしい未公開アーカイブ映像を駆使し、エミー賞を2度受賞した監督ルディ・バルデス(『The Sentence』、『Through Our Eyes』、『We Are: The Brooklyn Saints』)が、サンタナの有名なタイトルのひとつである "How his rhythm goes"(彼のリズムの進み方)を愛するファンを魅了する彼のサウンドについて、親密でリッチなドキュメンタリーを作り上げた。

「カルロス:ザ・サンタナ・ジャーニー」のランキング情報

ドキュメンタリー
第1013位(5967件中)
2022年
第352位(1952件中)
洋画
第2863位(39275件中)
アメリカ
第1518位(24111件中)
2020年代
第1356位(7603件中)
U-NEXTレンタル視聴
第248位(997件中)
サンタナが出演
第2位(6件中)
ルディ・バルデス監督が制作
第1位(1件中)

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。