スポンサーリンクあり

全6作品。サンタナが出演した映画ランキング

  1. ディレクターズカット ウッドストック/愛と平和と音楽の祭典
    • A
    • 4.09
     1969年の8月15日から17日かけてニューヨークのベセルの丘で開催された、愛と平和のロック・コンサート『ウッドストック』を追ったドキュメンタリー映画。ジョ-ン・バエズ、ジョー・コッカー、ジミ・ヘンドリックス、サンタナ、カントリー・ジョー&ザ・フィッシュなどのアーチストが熱唱する。

    ネット上の声

    • 水浴び女子に釘付け、極上のドキュメント
    • かっこいいサンタナ!
    • 伝説感は感じる!!
    • 愛と平和の祭典!
    ドキュメンタリー
    • 製作年1994年
    • 製作国アメリカ
    • 時間224分
    • 監督マイケル・ウォドレー
    • 主演ジョー・コッカー
  2. カルロス:ザ・サンタナ・ジャーニー
    • B
    • 3.74
    <9月23日(土)、27日(水)TOHOシネマズ 日本橋ほか 2日限定公開> 5歳のとき、母国メキシコでヴァイオリンを習う。8歳でギターに生涯の情熱を傾ける。14歳の時、ストリート・ミュージシャンとしてギターのヴィルトゥオーゾ・スキルと演奏スタイルに磨きをかけ、10代のうちに自分のバンドを結成した。そして22歳の時、彼のファースト・アルバムがリリースされ賞賛を浴びる直前、カルロス・サンタナはウッドストックの大発見者の一人となり、1969年8月16日に開催された有名なフェスティバルの2日目の午後のアンカーを務めた。 50年にわたる音楽業界の伝説であり、グラミー賞を10回受賞し、ケネディ・センター名誉賞とビルボード・センチュリー賞を受賞した世界的なセンセーションでもあるサンタナは、ジャズ、ブルース、マリアッチ・サウンドにロックンロールのスピリチュアリティを融合させ、音楽の原始的なつながりと人間の最も深い感情とのつながりを感じさせる、音楽界屈指のアーティストであり続けている。 エレクトリック・ドキュメンタリー『CARLOS』は、サンタナと彼の家族への新たなインタビューに加え、サンタナ自身が撮影したホームビデオ、コンサート映像、舞台裏などの素晴らしい未公開アーカイブ映像を駆使し、エミー賞を2度受賞した監督ルディ・バルデス(『The Sentence』、『Through Our Eyes』、『We Are: The Brooklyn Saints』)が、サンタナの有名なタイトルのひとつである "How his rhythm goes"(彼のリズムの進み方)を愛するファンを魅了する彼のサウンドについて、親密でリッチなドキュメンタリーを作り上げた。

    ネット上の声

    • 出生からデビューするまでの道程はそれなりに興味深いのだが、どうしてこのような特異
    • 2日間限定の日本特別上演は見逃せないですが、もっともっと彼の音楽が聴きたかった、
    • こんなに饒舌な人だとは!割と知られた話が多いが、10代の頃に男性からの性被害にあ
    • 2日しか上映しないので、危うく見逃しそうになりました
    ドキュメンタリー
    • 製作年2022年
    • 製作国アメリカ
    • 時間87分
    • 監督ルディ・バルデス
    • 主演カルロス・サンタナ
    • レンタル
  3. ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間
    • B
    • 3.73
    1969年に開催された伝説の野外ロックフェス「ウッドストック・フェスティバル」の模様を記録したドキュメンタリー。1969年8月15日から3日間にわたり、ニューヨーク郊外のベセルで開催された“愛と平和と音楽の祭典”ウッドストック。開催当日、会場には予想を大幅に上回る40万人もの若者たちが集まり、ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョプリン、ザ・フー、サンタナら人気アーティストたちが昼夜を通して熱演を繰り広げた。後世にまで語り継がれることとなった彼らの伝説的パフォーマンスをはじめ、会場の様子や関係者へのインタビューを交えながら、当時の熱狂を映し出す。マーティン・スコセッシが編集を担当。1971年・第43回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞した。2009年には、貴重なパフォーマンス映像を追加した「ディレクターズ・カット版」がリリースされた。

    ネット上の声

    • マツタクさんレビューの12-12-12 The concert for sand
    • 70年代カルチャーからの熱きメッセージ
    • 3時間の長尺を感じないドキュメンタリー
    • 音楽に力がある事を証明した集大作!
    ドキュメンタリー
    • 製作年1970年
    • 製作国アメリカ
    • 時間185分
    • 監督マイケル・ウォドレー
    • 主演ジョー・コッカー
  4. パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト
    • B
    • 3.73
    2014年に66歳で急逝したスペインの天才ギタリスト、パコ・デ・ルシアの軌跡をたどるドキュメンタリー。7歳でギターを手にしてから60年間ギターとともに生きたパコ。12歳でプロのギタリストとしてデビューしたパコは、フラメンコの世界に大きな革命をもたらし、フラメンコにとどまらず、ジャズやフュージョンの世界でも広く知られる存在となった。本作では貴重な演奏映像や、カルロス・サンタナ、チック・コリアらギター界のレジェンドたちのインタビューなどによって構成。監督はパコの実の息子であるクーロ・サンチェス。監督の姉妹もプロデューサー、脚本として参加し、亡き父の魅力に肉迫していく。

    ネット上の声

    • ギタリストとして名前は知っていて、サブスクで曲を聞いたりしていたパコ・デ・ルシア
    • 天才パコ・デ・ルシアを語るお宝映像
    • ホントにスゴイ人だったんですね〜
    • 天才を知ることの喜び。
    ドキュメンタリー
    • 製作年2014年
    • 製作国スペイン
    • 時間90分
    • 監督クーロ・サンチェス
    • 主演パコ・デ・ルシア
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  5. MY GENERATION マイ・ジェネレーション
    • C
    • 3.49
    20世紀のサブカルチャーの象徴である伝説の音楽イベント・ウッドストックを、あらゆる角度から捉え、分析したドキュメンタリー・フィルム。監督は2度のアカデミー賞受賞歴を持つドキュメンタリー作家、バーバラ・コップル。2001年フィラデルフィア国際映画祭のベスト・ドキュメンタリー賞作品。

    ネット上の声

    • 60年代後半に起こったフラワームーヴメントの最中に生まれた、伝説的な音楽フェスの
    • 1969年、94年、99年と3度にわたって開催された伝説的音楽イベント“ウッド・
    • 1969年、1994年、1999年と3回に渡り開催された"愛と平和の祭典"ウッド
    • どの回もみんなとっても楽しそうでした!ドロドロもいいね!
    ドキュメンタリー
    • 製作年2000年
    • 製作国アメリカ
    • 時間104分
    • 監督バーバラ・コップル
    • 主演ジミ・ヘンドリックス
  6. フィルモア/最后のコンサート
    • E
    • 2.25
    ロック・ミュージックの育成と向上に情熱を傾けた名興行主ビル・グレアムが、1965年にサンフランシスコと、ニューヨークに創設したロックの殿堂フィルモア・ウエストとフィルモア・イーストが71年に閉鎖されたことを記念して開かれた、一週間にわたる特別コンサートの模様を生々しくとらえたドキュメンタリー。製作総指揮はクロード・ジャーマン、製作はハーバート・F・デッカー、監督はリチャード・T・へフロン、撮影はアラン・キャップス、アル・キン、ポール・ローマン、エリック・サアーリネンの四人。編集はリチャード・クラーク、ダニエル・ヘーラス、チャールズ・タイトーン。出演はサンタナ、ピル・グレアム、ラム・コールド・ブラツド、ボズ・スキャッグス、ホット・ツナ、ローワン・ブラザーズ、クイックシルパー・メッセンジャー・サービス、ジェファーンン・エアプレーン、ニュー・ライダーズ・オブ・ザ・パーブル・セージ、グレートフル・デッド、イツツ・ア・ビューティフル・デイ、エルビン・ビショップ・グループなど。

    ネット上の声

    • 1975年9月16日、スクリーンで鑑賞
    • ビル・グレアムの生き様
    ドキュメンタリー
    • 製作年1972年
    • 製作国アメリカ
    • 時間97分
    • 監督リチャード・T・ヘフロン
    • 主演サンタナ

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。