スポンサーリンクあり

映画「青、そして少しだけピンク」のランキング情報

A
4.34
評価数:138
青、そして少しだけピンク
製作
2013年 ベネズエラ・ボリバル,スペイン
時間
110分
監督
ミゲル・フェラーリ
出演
ギジェルモ・ガルシアイグナシオ・モンテス
種類
ヒューマンドラマ
ゲイの父親と久々に再会した息子が織り成す不器用な交流と親子の絆を描いた人間ドラマ。カメラマンの男性ディエゴは、同性の恋人ファブリツィオと一緒に暮らしている。ところがある日、別れた妻の元にいた10代の息子アルマンドを引き取ることに。自分が父親に捨てられたと思っていたアルマンドは、ゲイに対する偏見もありディエゴに反抗的な態度ばかり取ってしまう。ディエゴはそんな彼に父親として認められるべく奮闘するが……。ベネズエラ出身の俳優ミゲル・フェラーリが長編初メガホンをとった。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014で上映され、観客投票第1位を獲得。新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2015/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015」(15年5月16日~6月26日)上映作品。

「青、そして少しだけピンク」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第633位(30568件中)
2013年
第21位(1837件中)
洋画
第531位(39298件中)
スペイン
第10位(1009件中)
2010年代
第436位(19104件中)
ミゲル・フェラーリ監督が制作
第1位(1件中)
ギジェルモ・ガルシアが出演
第1位(1件中)
イグナシオ・モンテスが出演
第1位(1件中)

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。