映画「KANO ~1931 海の向こうの甲子園~」のランキング情報

総合評価S
4.49
評価数:894
KANO ~1931 海の向こうの甲子園~
日本統治下の1931年、台湾代表として全国高校野球選手権に出場し、準優勝を果たした嘉義農林学校(通称:嘉農=かのう)野球部の実話を描いた台湾映画。「海角七号 君想う、国境の南」や「セデック・バレ」2部作など、日本統治時代の台湾を舞台にした作品で大ヒットを生み出してきたウェイ・ダーション監督が製作、「セデック・バレ」にも出演した俳優マー・ジーシアンが初監督を務めた。1929年、嘉義農林学校の弱小野球部に、日本人の監督・近藤兵太郎がやってくる。甲子園進出を目指すという近藤の下、厳しい練習に励む部員たちは、次第に勝利への強い思いを抱くようになる。そして31年、台湾予選大会で大躍進し、常勝校を打ち負かして台湾代表チームとして甲子園へ遠征した嘉農野球部は、決してあきらめないプレイスタイルで日本中の注目を集める。野球部監督・近藤役で永瀬正敏が主演し、大沢たかお、坂井真紀ら日本人キャストも多数出演している。

「KANO ~1931 海の向こうの甲子園~」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第224位(23873件中)
2014年
第18位(1726件中)
アジア
第50位(3790件中)
2010年代
第227位(15714件中)
長編
第17位(426件中)
マー・ジーシアン監督が制作
第1位(1件中)
坂井真紀が出演
第1位(21件中)
大沢たかおが出演
第1位(34件中)
永瀬正敏が出演
第2位(57件中)
ツァオ・ヨウニンが出演
第1位(2件中)