全50作品。1950年代の戦争映画ランキング

  1. 誓いの休暇

    誓いの休暇
    評価:S4.20
    一兵士の帰郷を軸に、戦争反対をうたいあげた作品。「女狙撃兵 マリュートカ」の新進グリゴーリ・チュフライが監督した。脚本は彼とその友人ワレンチン・イェジョフの共同。撮影もウラジミール・ニコラエフとエラ・サベリエフの二人。音楽はミハイル・ジフ。出演はともに映画初出演のウラジミール・イワショフ、ジャンナ・プロホレンコなど。一九六〇年カンヌ映画祭最優秀特別作品賞を受け、第三回全ソ映画祭でも最優秀作品賞、最優秀監督賞、映画評論家特別賞の三賞を受けた。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    この映画も凄い。
    雪解け期の奇跡的な作品
    製作年:1959
    製作国:ソ連
    監督:グリゴーリ・チュフライ
    主演:ウラジミール・イワショフ
    1
  2. 眼下の敵

    眼下の敵
    評価:A3.92
    イギリス海軍中佐D・A・レイナーが自分の体験にもとづいて書いた処女小説「水面下の敵」の映画化で、第二次大戦におけるイギリス駆逐艦とドイツ・Uボートとの戦いを描く戦記もの。「翼よ!あれが巴里の灯だ」の共同脚色者の1人、ウェンデル・メイスが脚色、「夜の乗合自動車」のディック・パウエルが監督した。撮影は「悪い種子」のハロルド・ロッソン、音楽は「気まぐれバス」のリー・ハーライン。主演は「海の荒くれ」のロバート・ミッチャム、「素直な悪女」のクルト・ユールゲンス、新人アル・ヘディソン、「アフリカの女王」のセオドア・バイケル。

    ヒューマンドラマ、アクション、戦争、リアルな戦闘シーンがある

    ネット上の声

    とてもよい
    オトコマエ!
    良い映画だと思います
    これぞ、ジェントルマンだ!
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:ディック・パウエル
    主演:ロバート・ミッチャム
    2
  3. 果てなき船路

    果てなき船路
    評価:A3.85
    第二次世界大戦初頭、貨物船グレンケーン号は乗組員にも極秘で爆薬輸送のための任務に就いた。目的も知らされることなく、危険だけを告げられての航海に、船員たちの不安と緊張は高まっていく。男たちはおし黙ってそれに耐えて日々の任務を遂行するが、次々に試練が訪れる。錨が外れる事故、一人の船員へのスパイ疑惑、敵機の攻撃。その度に人が死んだり犠牲を払わなければならない。やがて港に着いた彼らは二度と船に戻らぬというのだが……。ユージン・オニールの初期の戯曲をもとにJ・フォードが「わが谷は緑なりき」と同じ年に、戦争をにらみながら愛国心を発露させた作品。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    ユージン・オニールさんへ
    戦争に大義など無い、唯の災害である
    豪快な人間喜劇
    遠近法とジョン・ウェインの大きさ
    製作年:1940
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フォード
    主演:ジョン・ウェイン
    3
  4. 脱出

    脱出
    評価:B3.79
    1940年、フランス降伏直後、ビシー政権下のマルチニック島フォールド・フランス。釣り船の船長をしているアメリカ人ハリーは、ホテルの支配人ジェラールからフランス奪還を狙うドゴール派への協力を持ちかけられるが、ハリーは政治闘争への関与を拒み……。ホークスが長らく望んでいたヘミングウェイ原作の映画化。ホークスの妻が雑誌のモデルをしていたローレン・バコールを見つけて夫に推薦、主演に大抜擢したという。

    ヒューマンドラマ、アクション、戦争

    ネット上の声

    ローレン・バコール、19歳のデビュー作
    ローレンバコールとドロレスモランの2人の美人女優を楽しむ映画
    ヘミングウェイ原作
    ローレン・バコール様、改めて惚れ直しました
    製作年:1944
    製作国:アメリカ
    監督:ハワード・ホークス
    主演:ハンフリー・ボガート
    4
  5. 原爆の子

    原爆の子
    評価:B3.77
    世界で最初に原爆の洗礼を受けた広島の原爆の子供たちがつづった作文を編集したヒロシマ・ピースセンター理事長、広大教授長田新の「原爆の子」にヒントを得て、新藤兼人が「雪崩(1952)」に次いで自身脚色、演出を行っている。製作には吉村公三郎が当たり、近代映画協会と劇団民芸が資金の一切を作りだした。撮影には「山びこ学校」の伊藤武夫が当たっている。「安宅家の人々」の乙羽信子が好意的主演をする他、細川ちか子、清水将夫、滝沢修、北林谷栄、小夜福子、宇野重吉などの民芸の人々が出演している。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、戦争、夏休みが舞台

    ネット上の声

    なんでこうなったの ?
    決してこの出来事を忘れてはいけない。
    世界一美しい国・日本
    製作年:1952
    製作国:日本
    監督:新藤兼人
    主演:乙羽信子
    5
  6. 夜と霧

    夜と霧
    評価:B3.71
    アウシュビッツ強制収容所をめぐるレネ監督のドキュメント傑作。忘却され荒廃した現在のアウシュビッツのカラー映像と、戦争を再現するモノクロ映像を対比させて戦争を糾弾、その美しく厳しい映像と詩的なナレーションが胸に迫る1作。

    戦争、ドキュメンタリー、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    お届け率は3%です
    真実は嘘よりも残酷
    スクリーンを直視し難い“32分”
    “今もカポが、将校が、密告者が・・・・隣にいる”
    製作年:1955
    製作国:フランス
    監督:アラン・レネ
    6
  7. ビルマの竪琴 第一部

    ビルマの竪琴 第一部
    評価:B3.71


    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    「戦争」と「人間」
    今こそ 別れめ いざさらば
    製作年:1956
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:三國連太郎
    7
  8. 突撃

    突撃
    評価:B3.64
    原作「栄光の小径」は、第1次世界大戦中処刑されたフランス人兵士の実際の裁判をもとに書かれた。”蟻塚”と呼ばれるドイツ軍の要所を2日間で陥落させることを命じられたダックス大佐。部下を思うダックスは無謀な任務に反対するが、作戦は実行に移される。結果失敗に終わり、責任をなすりつけられた3人の兵士が軍法会議にかけられる。戦争の持つ不条理さと戦争下においての非人間的な感情を描いた反戦映画。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    なんと言う理不尽
    不条理を包み込む異色のキューブリック
    戦地の不条理
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:カーク・ダグラス
    8
  9. チャイナ・ゲイト

    チャイナ・ゲイト
    評価:B3.64
    第33回カンヌ国際映画祭パルムドール候補作の『最前線物語』などで知られるサミュエル・フラーが、1957年に製作した日本初公開となる戦争ドラマ。第1次インドシナ戦争を舞台に、危険な破壊工作任務を託されたフランス外国人部隊のアメリカ人兵の姿を描く。

    ヒューマンドラマ、アクション、戦争
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:サミュエル・フラー
    主演:ジーン・バリー
    9
  10. 第十七捕虜収容所

    第十七捕虜収容所
    評価:B3.63
     原作は、ナチス監視下のアメリカ軍捕虜収容所を舞台にしたブロードウェイのヒット劇。皆の協力のもと、脱走を試みた2人の捕虜が射殺される。仲間内から裏切り者がいるとの声が上がり、一匹狼のセフトンは真っ先に疑いの目を向けられる。なんとか疑惑を晴らそうと、ドイツ軍のスパイ探しをするセフトンだったが……。主演のウィリアム・ホールデンは、今作でオスカー俳優の仲間入りを果たし、その後も目覚ましい活躍を遂げる。しかし、1981年不慮の事故でこの世を去った悲劇の俳優である。

    戦争

    ネット上の声

    本来なら佳作
    ブラックユーモアあふれる収容所生活
    最後はスカッとしますよー。
    大脱走以上
    製作年:1953
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・ワイルダー
    主演:ウィリアム・ホールデン
    10
  11. 艦長ホレーショ

    艦長ホレーショ
    評価:B3.61
    「絶望の空路」のラウール・ウォルシュが監督に当たったテクニカラーの海洋活劇1951年作品、C・S・フォレスター(「アフリカの女王」)の原作小説を、著者自身映画用に潤色し、アイヴァン・ゴッフ、ベン・ロバーツ、イーニアス・マッケンジー(「黒騎士」)の3人が脚色した。撮影はガイ・グリーン、作曲はロバート・ファーノンの担当。主演は「愛欲の十字路」のグレゴリー・ペックと「ダニー・ケイの天国と地獄」のヴァージニア・メイヨで、ロバート・ビーティ(「邪魔者は殺せ」)、ジェームズ・R・ジャスティス(「四重奏」)、デニス・オディア(「邪魔者は殺せ」)らのイギリス俳優が助演している。

    ヒューマンドラマ、アクション、戦争

    ネット上の声

    ホーンブロワー
    懐かしい・・・
    製作年:1951
    製作国:イギリス
    監督:ラオール・ウォルシュ
    主演:グレゴリー・ペック
    11
  12. 西部戦線異状なし

    西部戦線異状なし
    評価:B3.61
    世界的な評判を得つつあるエリッヒ・マリア・レマルク氏の同名小説を映画化したユニヴァーサル社の特作品で「裏切者」「暴力団(1928)」のルイス・マイルストーン氏が監督に当たった。「楽屋行進曲」のジョージ・アボット氏と「暴力団(1928)」のデル・アンドリュー氏が協力して潤色脚色し、台詞はマクスウェル・アンダーソン氏とジョージ・アボット氏が筆をとり、キャメラは「薮睨みの世界」「娘乱暴記」のアーサー・エディソン氏が担任した。主なる出演者は新進のルイス・エイヤース氏を始め、「美人国二人行脚」のルイス・ウォルハイム氏、スリム・サマーヴィル氏、ベン・アレクサンダー氏、ベリル・マーサー夫人、ヨーラ・ダヴリ…

    ヒューマンドラマ、戦争、リアルな戦闘シーンがある

    ネット上の声

    前線の人々の思い
    第一次世界大戦の衝撃とは
    時の流れても、本物の映画の光は失われてはいないですね
    届かぬ想い
    製作年:1930
    製作国:アメリカ
    監督:ルイス・マイルストン
    主演:リュー・エアーズ
    12
  13. ビルマの竪琴

    ビルマの竪琴
    評価:C3.59
    竹山道雄の原作を、「青春怪談(1955 市川崑)」の和田夏十が脚色し、「こころ」の市川崑が監督、「銀座二十四帖」の横山実が撮影を担当した。主なる主演者は「悪の報酬」の三國連太郎、伊藤雄之助、「幼きものは訴える」の安井昌二、「あこがれ(1955)」の北林谷栄など。なお一部分はビルマにロケを行っている。

    ヒューマンドラマ、戦争
    製作年:1956
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:三國連太郎
    13
  14. 戦場にかける橋

    戦場にかける橋
    評価:C3.58
    ピエール・ブールの同名小説を名プロデューサー、サム・スピーゲルと巨匠デビッド・リーンのコンビで映画化した戦争大作。第2次世界大戦下の1943年、ビルマとタイの国境付近にある捕虜収容所を舞台に、捕虜となったイギリス人兵士と、彼らを利用して橋を造りたい日本軍人たちの対立と心の交流を描く。出演はウィリアム・ホールデン、アレック・ギネス、早川雪舟。57年度のアカデミー賞では作品賞、監督賞を含む7部門で受賞した。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    もはや伝説的一作
    イギリス、日本、アメリカの立場の違う3人の戦場での人間ドラマ
    最高!!!
    帰り道は口笛吹いて・・・
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:デヴィッド・リーン
    主演:アレック・ギネス
    14
  15. 山河遥かなり

    山河遥かなり
    評価:C3.57
    戦争の傷に心を閉ざした少年とアメリカ兵の心温まるやり取りを描く

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    子役が可愛い・・・
    人間の本来持っているやさしさに涙・・・
    製作年:1947
    製作国:アメリカ
    監督:フレッド・ジンネマン
    主演:イワン・ヤンドル
    15
  16. 私は貝になりたい

    私は貝になりたい
    評価:C3.54
    昨年度芸術祭文部大臣賞を受賞した同名のテレビドラマの映画化。「コタンの口笛」の橋本忍が、自身の原作を自ら脚色・監督する。撮影は「暗黒街の顔役」の中井朝一。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    よさこい節
    ひたすら切ない
    見終わった後、フゥーッと大きな溜め息 …
    重厚さがしっくりこない
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:橋本忍
    主演:フランキー堺
    16
  17. 大いなる幻影

    大いなる幻影
    評価:C3.52
    「南部の人」のジャン・ルノワールが「どん底」(1936)についで監督した仏・RAC一九三七年作品。(我邦には昭和十四年に入荷したが、当時の世界情勢により上映保留になっていた)ストゥリイと脚色はルノワールと「しのび泣き」「旅路の果て」のシャルル・スパークの共同執筆で、撮影は「格子なき牢獄」「旅路の果て」クリスチャン・マトラ、音楽は「ジェニイの家」のジョゼフ・コスマが担当している。主なる出演者は「愛欲」「珊瑚礁」のジャン・ギャバン、「帰郷(1928)」「東洋の秘密」「霧笛」などで古から知られているドイツ生れの女優ディタ・パルロ、「犯人は二十一番に住む」「六人の最後の者」のピエール・フレネー、「あ…

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

                「大いなる幻影」
    貴族の死に様
    いい演技です
    男の友情は男くさい
    製作年:1937
    製作国:フランス
    監督:ジャン・ルノワール
    主演:ジャン・ギャバン
    17
  18. 追撃機

    追撃機
    評価:C3.52
    「眼下の敵」を作ったディック・パウエルが、再び監督・製作した、朝鮮戦争に材をとった航空戦争映画。実際に朝鮮動乱に活躍したアメリカ空軍のジェット・パイロットが、ジェームズ・ソルターのペン・ネームで書いた原作の、「眼下の敵」のウェンデル・メイスによる脚本化で、撮影監督は「気まぐれバス」のチャールズ・G・クラーク。音楽はポール・ソーテル。出演者は「眼下の敵」のロバート・ミッチャム、「無法の王者ジェシイ・ジェイムス」のロバート・ワグナーに「若き獅子たち」のマイ・ブリットの他、「やさしく愛して」のリチャード・イーガン、リー・フィリップス等。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    「眼下の敵」を超えれなかった作品
    空軍パイロットの心情は
    ジェット戦闘機空戦映画の佳作
    製作年:1958
    製作国:アメリカ
    監督:ディック・パウエル
    主演:ロバート・ミッチャム
    18
  19. 独立愚連隊

    独立愚連隊
    評価:C3.52
    終戦近い北支戦線を舞台に、弟の死因を究明にやって来た元鬼軍曹の活躍を描いた日本版西部劇。「ある日わたしは」の岡本喜八が助監督時代に書いた脚本を自ら監督した。撮影は「青春を賭けろ」の逢沢譲。

    アクション、戦争

    ネット上の声

    今なら絶対作れない映画
    ウエスタン仕様のスペクタル
    世界の黒沢を凌駕した名人の仕事
    愉快、痛快
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:岡本喜八
    主演:佐藤允
    19
  20. 人間魚雷回天

    人間魚雷回天
    評価:C3.50
    回天特別攻撃隊員津村敏行の手記を、「若者よ! 恋をしろ」の須崎勝彌が脚色したもので「慈悲心鳥」の松林宗恵、西垣六郎が夫々監督、撮影に当っている。出演者は「億万長者(1954)」の岡田英次、木村功、「女性に関する十二章」の津島恵子、「慈悲心鳥」の和田孝、細川俊夫、高原駿雄、沼田曜一、宇津井健、信欣三、原保美などである。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    悲しい事実は受け入れるしかないが
    スナックゴンのマスターが。
    職人監督がとっただけに 見せる
    いいかげんにしてほしい
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:松林宗恵
    主演:岡田英次
    20
  21. ハワイ・マレー沖海戦

    ハワイ・マレー沖海戦
    評価:C3.49
    昭和十七年(1942)に海軍省の後援で製作された国策映画で、監督はこの前年、「馬」を発表した山本嘉次郎。1968年1月27日再映。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    軍隊はこんなにいいところですよ〜
    円谷特撮!
    円谷氏伝説の・・・・
    戦時中の作品で…。
    製作年:1942
    製作国:日本
    監督:山本嘉次郎
    主演:伊藤薫
    21
  22. 若き獅子たち

    若き獅子たち
    評価:C3.49
    戦争のために青春を空費する若者を描いた反戦ドラマ。ドイツ青年クリスチャンがアメリカ娘と出会って、その自由な考え方の片鱗を知った。やがて戦争が勃発、クリスチャンはナチス士官として、前線へ駆り出される。だが彼は、ナチズムをどうしても受け入れることは出来なかった…。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    マーロンの性格描写に感嘆
    アメリカ制作にしては素晴らしい考証
    点を線で結ぶ
    製作年:1958
    製作国:アメリカ
    監督:エドワード・ドミトリク
    主演:マーロン・ブランド
    22
  23. 撃墜王 アフリカの星

    撃墜王 アフリカの星
    評価:C3.48
    第二次大戦のアフリカ戦線で“アフリカの星”と呼ばれたハンス・ヨアヒム・マルセイユの生涯を描く反戦メロドラマ。脚本は「鉄条網」などのヘルベルト・ライネッカーで、「誰が祖国を売ったか!」のアルフレッド・ワイデンマンが監督した。撮影は「最後の戦線」のヘルムート・アシュレイ。音楽は「橋」のハンス・マルティン・マイエフスキー。出演は「最後の戦線」のヨアヒム・ハンセン、「パリの狐」のマリアンネ・コッホ、「鮫と小魚」のハンスイョルグ・フェルミーら。製作エルウィン・ギット。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    やや期待はずれ
    懐かしい!
    「アフリカの星のボレロ」いい曲ですね~!!
    ドイツの撃墜王
    製作年:1957
    製作国:西ドイツ
    監督:アルフレッド・ワイデンマン
    主演:ヨアヒム・ハンセン
    23
  24. 戦艦シュペー号の最後

    戦艦シュペー号の最後
    評価:C3.47
    第二次大戦中、全世界に衝動を与えたドイツ戦艦グラフ・シュペー号の自爆という悲壮な事件を事実にもとづいて描くもので、製作・脚本・監督は「美わしのロザリンダ」のマイケル・パウエルとエメリック・プレスバーガーの共同。撮影も同じくクリストファー・チャリス、音楽は「文化果つるところ」のブライアン・イースデル、特殊技術はビル・ウォリントンとジェームズ・スノウ。主演は「潜水戦隊帰投せず」のジョン・グレグソン、「美わしのロザリンダ」のアンソニー・クェイル、「台風圏」のピーター・フィンチなど。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    観る時間がもったいない
    海戦映画の雄
    実物の戦艦で海戦を再現
    結構見応えあり・・・
    製作年:1956
    製作国:イギリス
    監督:マイケル・パウエル
    主演:ピーター・フィンチ
    24
  25. サハラ戦車隊

    サハラ戦車隊
    評価:C3.47
    ソ連映画劇「十三人」の挿話よりフィリップ・マクドナルドが構成、ジョン・ハワード・ロウソンが「ジャングル・ブック(1942)」のゾルタン・コルダ監督と協同脚色した1943年作品。撮影は「打撃王」のルドルフ・マテ、音楽は「熱砂の秘密」のミクロス・ロジァ。「マルタの鷹(1941)」のハンフリー・ボガートを中心に、「黄金(1948)」のブルース・ベネット、ロイド・ブリッジス、レックス・イングラム、J・キャロル・ナイシュ、ダン・デュリエらが助演。

    ヒューマンドラマ、アクション、戦争

    ネット上の声

    戦時中の戦意高揚映画
    どうしてなかなか、コンバットしてます。
    傑作です。
    ボギーの人気におんぶした戦争娯楽作
    製作年:1943
    製作国:アメリカ
    監督:ゾルタン・コルダ
    主演:ハンフリー・ボガート
    25
  26. つばさ

    つばさ
    評価:C3.46
    長距離飛行の流行、航空熱の旺盛なるに鑑みて製作された空中戦映画でアメリカ陸軍省の後援を得てパラマウント社が完成した特作品である。ジョン・モンク・ソーンダース氏作の物語をホープ・ロアリング女史とルイス・D・ライトン氏が脚色し、「女心を誰か知る」「猫の寝巻」と同じくウィリアム・A・ウェルマン氏が監督したもの。主演俳優は「フラ」「あれ」「人罠」等出演のクララ・ボウ嬢、「青春の喜び」「デパート娘大学」等出演のチャールズ・バディー・ロジャース氏、「ブラッド・シップ」「オール持つ手に」出演のリチャード・アーレン氏及び「飛脚カンター」「田吾作ロイド一番槍」等出演のジョビナ・ラルストン嬢で、エル・ブレンデル…

    ヒューマンドラマ、戦争、サイレント、空中戦(ドッグファイト)、第一次世界大戦

    ネット上の声

    栄えある第一回アカデミー作品賞受賞作
    ハリウッド映画の原型
    大迫力の空中戦が必見!!
    綺麗な画像です。
    製作年:1927
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・A・ウェルマン
    主演:クララ・ボウ
    26
  27. 長い灰色の線

    長い灰色の線
    評価:C3.44
    「フォルウォスの黒楯」のロバート・アーサーが製作し、「コレヒドール戦記」のジョン・フォードが監督するシネマスコープで、ウェスト・ポイント陸軍士官学校を舞台としたマーティ・マーの自伝を映画化したものである。脚色はエドワード・ホープ。テクニカラー撮影は「彼等は馬で西へ行く」のチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽は「殺人者はバッジをつけていた」のモリス・W・ストロフ。「壮烈カイバー銃隊」のタイロン・パワーと「マラガ」のモーリン・オハラが主演し、以下「彼等は馬で西へ行く」のロバート・フランシス、「愛の決断」のドナルド・クリスプ、「ホンドー」のワード・ボンド、テレビ女優ベッツィ・パーマー、「彼等は馬で…

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    すがすがしい感動
    それは軍服そのものである。
    NO.141「な」のつく元気になった洋画2
    実在の人物のモニュメント映画
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フォード
    主演:タイロン・パワー
    27
  28. 潜水艦イ-57降伏せず

    潜水艦イ-57降伏せず
    評価:C3.43
    太平洋戦争末期、特殊任務をおびて行動した潜水艦とその乗組員のヒューマニズムを描いた川村六良の小説を原作に「娘の中の娘」の須崎勝弥と「眠狂四郎無頼控 魔剣地獄」の木村武(1)が脚本を書き「まり子自叙伝 花咲く星座」の松林宗恵が監督した。撮影は「大学のお姐ちゃん」の完倉泰一。パースペクタ立体音響。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    軍人の誇り
    意外と・・・
    「ローレライ」のモデルになった潜水艦映画
    心、洗われます…。
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:松林宗恵
    主演:池部良
    28
  29. 静かなる決闘

    静かなる決闘
    評価:C3.42
    戦争中、当時不治の病といわれた性病“梅毒”を真摯に取り上げたヒューマンドラマ。野戦病院で手術中に梅毒に感染した青年軍医藤崎。彼は復員後も恋人の美佐緒を遠ざけ、誰にも打ち明けることなく一生を病と戦いながら、独身のまま生きる決意をする。軍医として生命を救った兵士から不治の病をうつされるという皮肉に絶望しつつも、医師としてひとり静かに人生と闘っていく姿を描いた良心作。

    ヒューマンドラマ、戦争、医師

    ネット上の声

    なぜか大映
    友人に薦められて見ました。
    理性と欲望の【桶狭間】の戦い
    真っ直ぐな三船敏郎が格好いい
    製作年:1949
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    29
  30. 加藤隼戦闘隊

    加藤隼戦闘隊
    評価:C3.41
    第二次世界大戦中、新鋭戦闘機‘隼’を乗りこなし、軍神といわれた加藤建夫の伝記映画。1944年公開の全長版でDVD化!

    アクション、戦争

    ネット上の声

    大本営映画
    実機の隼が乱舞、国策戦争映画の双璧!
    陸・海軍用機
    国はぼろぼろでも陸軍だけは金があり・・・
    製作年:1944
    製作国:日本
    監督:山本嘉次郎
    主演:藤田進
    30
  31. ビスマルク号を撃沈せよ!

    ビスマルク号を撃沈せよ!
    評価:C3.38
    イギリス海軍省の作戦部長に就任したシェパード大佐は、不沈戦艦とさえ呼ばれていたドイツの軍艦ビスマルク号を撃沈せよと、首相チャーチルから命じられる。戦争で妻を失っていた彼は、ひとり息子が乗り込んでいた空母を含む主力艦隊を投入した。その息子が戦場で行方不明になる中、大佐はビスマルク号へと挑む。

    ヒューマンドラマ、アクション、戦争

    ネット上の声

    史実の海戦で当事イギリス海軍が大騒ぎしていたことは有名
    海戦の醍醐味は知的勝負
    懐かしかった
    大鑑巨砲時代最後の戦艦の勇姿。
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ルイス・ギルバート
    主演:ケネス・モア
    31
  32. ミスタア・ロバーツ

    ミスタア・ロバーツ
    評価:C3.37
    トーマス・ヘッゲンの同名の原作は、米国における第二次世界大 戦を扱った文学として1946年のベスト・セラーとなった。ついでブロードウエイのプロデューサー、ジョシュア・ローガンが原作者ヘッゲンと共同で劇化し1948年から1952年まで3シーズンに亘ってブロードウエイで続演された。製作は舞台と同様、ブロードウエイのヒット作「南太平洋」などのプロデューサー、リーランド・ヘイワード。監督は「長い灰色の線」のジョン・フォードと「荒野の貴婦人」のマーヴィン・ルロイが共同で当り、脚色も「静かなる男」でアカデミー賞を得たフランク・S・ニュージェントとジョシュア・ローガンが共同担当している。撮影は「楽園に帰る…

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    ジョン・フォード
    監督はJ・フォードですが…
    静かな名作です。
    ジョン・フォードが途中で投げ出した理由は・・・
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フォード
    主演:ジェームズ・キャグニー
    32
  33. 雷撃隊出動

    雷撃隊出動
    評価:C3.37
    “雷撃とは死ぬことなり“という海軍省報道部の企画による戦意昂揚映画。3人の海軍少佐を中心に、航空兵が魚雷を積んで敵空母に突入するまでが描かれる。公開は敗戦色濃い1944年12月7日。もはや戦勝ムードなど出せるわけもなく、ひたすら死臭漂うこの作品に観客さえも感傷的になっていたという。

    アクション、戦争

    ネット上の声

    意外と普通に見られる
    日米戦意高揚映画の比較(日本編)
    どうして高揚映画ーー
    戦争末期らしい映画
    製作年:1944
    製作国:日本
    監督:山本嘉次郎
    主演:大河内伝次郎
    33
  34. アンネの日記

    アンネの日記
    評価:C3.33
    日本でも翻訳出版されて好評を博したアンネ・フランクの『アンネの日記』の映画化。製作・監督は「ジャイアンツ」のジョージ・スティーヴンス。脚色は「ある微笑」のフランセス・グッドリッチとアルバート・ハケット。撮影を「ジャイアンツ」のウィリアム・C・メラーが担当し、音楽はアルフレッド・ニューマン。出演は新人ミリー・パーキンス、ジョゼフ・シルドクラウト、シェリー・ウィンタースら。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    事実だから余計に悲しい・・・
    割れた天窓から空を見上げるシーン
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・スティーヴンス
    主演:ミリー・パーキンス
    34
  35. 真空地帯

    真空地帯
    評価:C3.33
    日本軍隊生活を始めて本格的に描いて毎日出版文化賞を獲得した野間宏の長篇小説『眞空地帯』の映画化で新星映画の嵯峨善兵、岩崎昶の製作により北星映画の配給になるものである。山形雄策の脚本を「箱根風雲録」の山本薩夫が監督している。出演者の主なるものは「暴力」の木村功、「今日は会社の月給日」の利根はる恵、「泣虫記者」の岡田英次、「嵐の中の母」の沼田曜一のほかに、薄田研二、神田隆、下元勉など、民藝、新協、青年俳優グループが出演している。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    求心力の正体は?
    原作も読もう
    閉鎖的空間を圧倒的迫力で描く
    木谷一等兵の抵抗
    製作年:1952
    製作国:日本
    監督:山本薩夫
    主演:木村功
    35
  36. 雲ながるる果てに

    雲ながるる果てに
    評価:C3.32
    ベストセラーとなった学徒航空兵の手記集「雲ながるる果てに」を「山下奉文」の八木保太郎、他に家城巳代治、直居欽哉が共同脚色した。松竹退社以来はじめての家城巳代治監督作品である。「岸壁」の鶴田浩二、「プーサン」の木村功、「韋駄天記者」の沼田曜一、「魚河岸の石松」の金子信雄、「ひめゆりの塔(1953)」の岡田英次、「やっさもっさ」の山岡比佐乃、「赤穂城」の山田五十鈴その他が出演している。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    特攻映画の原点
    戦後未だ八年というが大きい映画
    製作年:1953
    製作国:日本
    監督:家城巳代治
    主演:鶴田浩二
    36
  37. 頭上の敵機

    頭上の敵機
    評価:C3.31
    「蛇の穴」と同じく、二十世紀フォックスの副社長ダリル・F・ザナックが自ら製作に当たった1950年度作品で、最近相ついで作られた第二次大戦を背景とした戦争映画の1つである。監督は「海の征服者」のヘンリー・キングで、第二次大戦に参加したバーン・レイ・ジュニアと、サイ・バートレット(「アラスカ珍道中」)の2人が自作の小説より脚本を書いたもの。撮影は「狐の王子」のレオン・シャムロイ、音楽は「私も貴方も」のアルフレッド・ニューマンの担当。主演は「仔鹿物語」のグレゴリー・ペックで「パーキントン夫人」のヒュー・マーロウ、この映画でアカデミー助演賞をうけた「西部魂(1941)」のディーン・ジャガー、舞台出身…

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    グレゴリー・ペックが信念に生きる孤高の男
    実機映像とちゃんとしたドラマ
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・キング
    主演:グレゴリー・ペック
    37
  38. 人間の條件 第1部純愛篇/第2部激怒篇

    人間の條件 第1部純愛篇/第2部激怒篇
    評価:C3.31


    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    感動の一言
    テレビの印象
    たしかに、スケール高く名作近いですが・・
    きれいごとすぎる!
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:小林正樹
    主演:仲代達矢
    38
  39. 渚にて

    渚にて
    評価:C3.29
    ネヴィル・シュートの原作に基づき、「手錠のままの脱獄」のスタンリー・クレイマーが製作・脚本した人類の未来の物語。脚色はジョン・パクストン。撮影担当は、ジュゼッペ・ロトゥンノ。音楽はアーネスト・ゴールド。出演するのは「勝利なき戦い」のグレゴリー・ペック、フレッド・アステア、エヴァ・ガードナー、アンソニー・パーキンスなど。製作スタンリー・クレイマー。

    ヒューマンドラマ、SF、戦争、人類滅亡後、世界崩壊前

    ネット上の声

    期待より下・・・
    ☆Mr.アステアの演技に注目!☆
    幸福の下に潜む絶望の哀しさ。
    雰囲気が好き
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・クレイマー
    主演:グレゴリー・ペック
    39
  40. 武器よさらば

    武器よさらば
    評価:C3.27
    第一次大戦下の1917年。オーストリア国境に近いイタリア戦線を舞台に、イタリア軍に身を投じたアメリカ青年が、戦争の残酷さに耐えかね軍を脱出、看護婦とともにスイスへ向かう。しかし、彼女はそこで帝王切開の手術の末死ぬ……。E・ヘミングウェイの名作の二度目の映画化(1回は1932年の「戦場よさらば」)。1950年代末に流行のように作られたヘミングウェイ映画(「陽はまた昇る」
    「老人と海」)の中で、名プロデューサー、セルズニックが得意のスペクタクル映画として製作した2時間半を超える大作。最初ジョン・ヒューストンがメガホンを執ったが、セルズニックは気に入らず、ヴィダーが…


    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    バカップリャア
    とっても凡作・・・
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:チャールズ・ヴィダー
    主演:ロック・ハドソン
    40
  41. 太平洋の鷲

    太平洋の鷲
    評価:C3.26
    連合艦隊司令長官山本五十六の悲劇を中心に太平洋戦争を描く戦記映画で、本木莊二郎の製作である。「加賀騒動」の橋本忍の脚本を、「続思春期」の本多猪四郎が監督している。撮影、音楽は「金さん捕物帖 謎の人形師」の山田一夫、古関裕而。なお「アナタハン」の円谷英二を中心に東宝特殊技術部が全面的に協力している。出演者は、「続丹下左膳」の大河内傳次郎、「幸福さん」の小林桂樹、伊豆肇、「ひまわり娘」の三船敏郎、「白魚」の二本柳寛等。

    アクション、戦争

    ネット上の声

    東宝、入魂の戦争映画
    山本五十六伝説を思う。
    製作年:1953
    製作国:日本
    監督:本多猪四郎
    主演:大河内伝次郎
    41
  42. ヨーク軍曹

    ヨーク軍曹
    評価:C3.24
    第1次大戦の西部戦線で、わずか7人の部下と共に132人のドイツ兵を捕虜にし、数々の名誉を得て、一躍全米のヒーローとなった゛テネシーの山男゛アルビン・カロム・ヨークの実話を映画化した。映画化までの道のりは険しく、撮影も予定を超過、製作費も大幅に増えたものの、主演のゲイリー・クーパーはオスカーを受賞し、熱狂的な反響を呼ぶ作品となった。

    ヒューマンドラマ、戦争、伝記、実話

    ネット上の声

    ジョーク軍曹、なのかもしれない
    G・クーパーが好演・・・
    NO.78「よ」のつく元気になった洋画
    コトバは恐い
    製作年:1941
    製作国:アメリカ
    監督:ハワード・ホークス
    主演:ゲイリー・クーパー
    42
  43. 明治天皇と日露大戦争

    明治天皇と日露大戦争
    評価:C3.23
    明治天皇と日露戦争をテーマにした歴史映画。新東宝社長大蔵貢の原案から「妖雲里見快挙伝・前後篇」の渡辺邦男が原作を書き、「黄色いからす」の館岡謙之助が脚色、渡辺邦男が総監督した。応援監督に「姫君剣法 謎の紫頭巾」の毛利正樹。撮影は「桂小五郎と近藤勇 竜虎の決戦」の渡辺孝。主演は「桂小五郎と近藤勇 竜虎の決戦」の嵐寛寿郎、「死刑囚の勝利」の天城竜太鄭、田崎潤、「リングの王者 栄光の世界」の宇津井健、中山昭二、「日米花嫁花婿入替取替合戦」の高島忠夫、「風雲急なり大阪城 真田十勇士総進軍」の小笠原竜三郎。そのほか藤田進、江川宇禮雄、阿部九洲男、沼田曜一など、新東宝オールスター・キャスト。シネパノラマ…

    ヒューマンドラマ、アクション、戦争

    ネット上の声

    一発大逆転
    鞍馬天狗のアラカンが、明治天皇
    生まれて初めて見た天然色(カラー)映画
    明治の日本人は・・
    製作年:1957
    製作国:日本
    監督:渡辺邦男
    主演:嵐寛寿郎
    43
  44. 地上(ここ)より永遠に

    地上(ここ)より永遠に
    評価:C3.23
    米国軍隊内部をリアルに描いたジェームズ・ジョーンズの小説(51年)を映画化した1953年作品で、「情炎の女サロメ」のバディ・アドラーが製作に当たり「真昼の決闘」のフレッド・ジンネマンが監督した。脚色はダニエル・タラダッシュ、撮影はバーネット・ガフィ、音楽は「情炎の女サロメ」のモリス・W・ストロフの担当。主演は「愛しのシバよ帰れ」のバートランカスター、「終着駅」のモンゴメリー・クリフト、「クオ・ヴァディス」のデボラ・カー、「ネバダ決死隊」のドナ・リード、「錨を上げて」のフランク・シナトラで、フィリップ・オーバー、アーネスト・ボーグナイン、ミッキー・ショウネシー、ハリー・ベラバー、ジョン・デニス…

    ヒューマンドラマ、恋愛、戦争、夏に見たくなる

    ネット上の声

    地上より永遠に
    焦点がボケた、散漫な作品だなあ …
    「視線の先」
    メロドラマ過ぎ。
    製作年:1953
    製作国:アメリカ
    監督:フレッド・ジンネマン
    主演:バート・ランカスター
    44
  45. さらばラバウル

    さらばラバウル
    評価:C3.22
    「太平洋の鷲」につづく東宝の戦争もの。スタッフは「太平洋の鷲」と大体同じ顔ぶれで、これに脚本の木村武(赤線基地)、西島大(花の中の娘たち)が新しく加わっている。「女心はひと筋に」の池部良、岡田茉莉子、「赤線基地」の三國連太郎、根岸明美、「続思春期」の久保明などが出演。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    ラバウル戦闘機隊の鬼隊長・・・渋い
    見所の多い良作
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:本多猪四郎
    主演:池部良
    45
  46. 戦艦バウンティ号の叛乱

    戦艦バウンティ号の叛乱
    評価:D3.21
    現実に起こった叛乱をなぞった作品。第8回アカデミー賞作品賞受賞。イギリスの港を発ちタヒチに向かった戦艦バウンティ号。艦長による過酷な重労働を強いられた船員たちの怒りはつのり、帰路とうとう艦長らを小船に置き去りにしてしまう…。

    ヒューマンドラマ、戦争、海で遭難する絶望的な

    ネット上の声

    マーロン・ブランド主演の作品はDVDになっていないのか …
    貴様ら全員縛り首にしてやる!
    第8回 アカデミー賞 作品賞 受賞
    製作年:1935
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・ロイド
    主演:チャールズ・ロートン
    46
  47. 人間魚雷出撃す

    人間魚雷出撃す
    評価:D3.21
    元艦長橋本以行、元軍医長斎藤寛、元回天搭乗員横田実らの手記を基にして「沖繩の民」の古川卓巳が脚本・監督した戦記物。撮影は「愛は降る星のかなたに」の横山実。主な出演者は、「月蝕」の石原裕次郎、「沖繩の民」の左幸子、長門裕之、「乳母車」の芦川いづみ、「泣け、日本国民 最後の戦闘機」の葉山良二、「夏の嵐」の津川雅彦、「愛は降る星のかなたに」の森雅之、「隣の嫁」の三島耕、他に二本柳寛、内藤武敏など。

    アクション、戦争

    ネット上の声

    なんかなぁー、中途半端だなぁ
    以外にも三じゅう丸でした
    「回天」に拘らず観てほしい
    暗いのは合わない。
    製作年:1956
    製作国:日本
    監督:古川卓巳
    主演:石原裕次郎
    47
  48. 深く静かに潜航せよ

    深く静かに潜航せよ
    評価:D3.20
    「成功の甘き香り」につぐヘクト=ヒル=ランカスター・プロ作品。米海軍中佐エドワード・L・ビーチの体験にもとづく原作を、TVで活躍しているジョン・ゲイが脚色、「重役室」「悪人への貢物」のロバート・ワイズが監督した対日本軍海戦映画。「炎の人ゴッホ」のラッセル・ハーランが撮影し、音楽は「青春物語」のフランツ・ワックスマン。「成功の甘き香り」のバート・ランカスター、「南部の反逆者」クラーク・ゲーブルの男性2スターが顔を合わせて競演。唯一の女性役として新人メリイ・ローシュが顔を見せる他、ジャック・ウォーデン、ブラッド・デクスター、ドン・リックルス等の男優陣が連なっている。製作ハロルド・ヘクト。

    戦争

    ネット上の声

    敵はインディアンで、日本軍で、ソ連
    設定は悪くないが・・・
    製作年:1958
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ワイズ
    主演:クラーク・ゲイブル
    48
  49. アフリカの女王

    アフリカの女王
    評価:D3.19
    ドイツ領東アフリカ。イギリス人宣教師ローズの兄がドイツ兵による略奪行為の際に命を落とす。妹ローズは飲んだくれの男チャーリーが操縦するオンボロ蒸気船“アフリカの女王”号に乗り込み、現地を脱出。川を下るチャーリーとローズは沿岸のドイツ砲艦を手製の魚雷で撃沈しようとたくらむ。しかしその途中、銃撃や急流といった数多の難関が待ち受けていた! 身分違いの男女が繰り広げる冒険とロマンスを描いた痛快娯楽作。ボギーとキャサリン・ヘップバーンの掛け合いが見もの。

    アドベンチャー(冒険)、戦争、アフリカ舞台、船上

    ネット上の声

    二人の苦難の旅が面白い
    もとのフィルムの状態があまりといえばあまりで・・・
    ヨッパライ ボガート
    二人とも、こういうハードな役を演じるには歳が …
    製作年:1951
    製作国:イギリス
    監督:ジョン・ヒューストン
    主演:ハンフリー・ボガート
    49
  50. トコリの橋

    トコリの橋
    評価:D3.17
    「失われた少年」のウィリアム・パールバーグとジョージ・シートンが1955年に製作した色彩戦争映画。ジェームズ・A・ミッチェナーの原作より「日曜日は鶏料理」のヴァレンタイン・デイヴィースが脚色、「楽園に帰る(1953)」のマーク・ロブソンが監督に当たった。テクニカラー撮影は「底抜け最大のショウ」のロイヤル・グリグス、音楽はリン・マレーである。出演者は「麗しのサブリナ」のウィリアム・ホールデン、「セールスマンの死」のフレドリック・マーチ、「裏窓」のグレイス・ケリー、「腰抜けM・P」のミッキー・ルーニー、「哀愁日記」の淡路恵子、アール・ホリマン、ロバート・ストラウスなど。

    ヒューマンドラマ、アクション、戦争

    ネット上の声

    主役は、F9F パンサー!
    朝鮮戦争を扱った映画では秀逸ですよ
    当時のアジア人(日本を含む)の扱い
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:マーク・ロブソン
    主演:ウィリアム・ホールデン
    50

スポンサードリンク