スポンサーリンクあり

映画「PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~」のランキング情報

C
3.30
評価数:438
PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~
製作
2024年 日本
時間
122分
監督
古厩智之
出演
奥平大兼鈴鹿央士山下リオ
種類
青春ヒューマンドラマ
日本の劇映画で初めて「eスポーツ」を本格的に取り上げた作品で、実在の男子学生をモデルにeスポーツの全国大会を目指す学生たちを描いた青春ドラマ。「MOTHER マザー」の奥平大兼と「蜜蜂と遠雷」の鈴鹿央士が主演を務めた。

徳島県の高等専門学校に通う翔太は、「全国高校eスポーツ大会メンバー大募集」という校内に貼り出された勧誘ポスターに興味を持ち、ポスターを作った一学年先輩の達郎に連絡を取る。達郎は1チーム3人編成のeスポーツ大会「ロケットリーグ」出場のため、翔太に加えて、Vtuberに夢中の亘に声をかけ、なかば強引に出場チームを結成。最初はまったく息の合わない3人だったが、次第にeスポーツの魅力にハマっていき、東京で開催される決勝戦を目指すこととなる。

翔太を奥平、達郎を鈴鹿が演じた。亘役は子役時代に「20世紀少年」などに出演した小倉史也。そのほか山下リオ、花瀬琴音、三浦誠己らが脇を固める。監督は「ロボコン」「のぼる小寺さん」の古厩智之。人気ゲーム「サクラ大戦シリーズ」で知られるマルチクリエイターの広井王子が企画・プロデュース。

「PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第6794位(30713件中)
青春
第937位(4702件中)
邦画
第4482位(31865件中)
2020年代
第2411位(7750件中)
古厩智之監督が制作
第4位(15件中)
山下リオが出演
第3位(14件中)
鈴鹿央士が出演
第3位(7件中)
奥平大兼が出演
第3位(6件中)

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。