全4作品。タル・ベーラ監督が制作した映画ランキング

  1. ヴェルクマイスター・ハーモニー

    ヴェルクマイスター・ハーモニー
    評価:A3.99
    ハンガリーのタル・ベーラ監督の日本初登場作品。どこからともなく移動サーカス団がやってきた町を舞台に、幻想とバイオレンスが渦巻くモノクロームの異様な映像世界が繰り広げられる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    白夜
    死せる大いなる者への挽歌。黙祷せよ。
    巨大なクジラが横たわる風景
    こんな映画観たことない!
    製作年:2000
    製作国:ハンガリー/ドイツ/フランス
    監督:タル・ベーラ
    主演:ラルス・ルドルフ
    1
  2. ニーチェの馬

    ニーチェの馬
    評価:C3.53
    『倫敦(ロンドン)から来た男』などのハンガリーの異才タル・ベーラが監督を務め、たった二人の父娘の孤独な日々を描いた深遠なドラマ。世界から取り残されたような場所で、重労働に追われつつ単調な暮らしを繰り返す彼らの姿をモノクロームの映像で描き切る。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    気まずさの後に
    ニーチェは出てきません。お気をつけて。
    タル・ベーラ監督が描くこの世の終焉
    つまらないのに、胸にぐさっとくる。
    製作年:2011
    製作国:ハンガリー/フランス/スイス/ドイツ
    監督:タル・ベーラ
    主演:ボーク・エリカ
    2
  3. 倫敦(ロンドン)から来た男

    倫敦(ロンドン)から来た男
    評価:E0.00
    とある港町、毎晩ガラスの檻のような制御室から漆黒の港と駅を見下ろしている鉄道員のマロワン(ミロスラヴ・クロボット)。ある夜、彼はロンドンから来たブラウン(デルジ・ヤーノシュ)が殺人を犯した現場を目撃してしまう。そして、殺された男が持っていたトランクをマロワンが海中から見つけ出すと、中には大量の札束が入っていた……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    芸術的「センス」が必要な作品
    全く面白くない
    必ず眠れる
    なんていえばいいか・・・
    製作年:2007
    製作国:ハンガリー/ドイツ/フランス
    監督:タル・ベーラ
    主演:ミロスラヴ・クロボット
    3
  4. サタンタンゴ

    サタンタンゴ
    評価:E0.00
    クラスナホルカイ・ラースローの小説を、『ニーチェの馬』などのタル・ベーラ監督が映画化。ハンガリーの小さな村に死んだはずの男が戻ってきたことから始まる物語を、モノクロ映像で描く。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1994
    製作国:ハンガリー,ドイツ,スイス
    監督:タル・ベーラ
    主演:ヴィーグ・ミハーイ
    4

スポンサードリンク