全8作品。ヤクザ映画「緋牡丹博徒」シリーズの映画ランキング

  1. 緋牡丹博徒 花札勝負

    緋牡丹博徒 花札勝負
    評価:A3.82
    石本久吉の原案に基き、「緋牡丹博徒 一宿一飯」の鈴木則文と「待っていた極道」の烏居元宏が英同で脚本化、監督は「みな殺しの霊歌」の加藤泰。撮影は「緋牡丹博徒 一宿一飯」の古谷伸があたったシリーズ第三作。

    時代劇、緋牡丹博徒

    ネット上の声

    ただ、主題歌は別の人に歌ってほしかった
    親分さん、おひかえなすって!
    仁侠映画に咲いた一輪の華
    芽生える前に終わる恋
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:加藤泰
    主演:富司純子
    1
  2. 緋牡丹博徒

    緋牡丹博徒
    評価:A3.81
    「兄弟仁義 関東兄貴分」の鈴木則文がシナリオを執筆し、「前科者」の山下耕作が監督した“緋牡丹”シリーズ第一作目。撮影は「産業スパイ」の古谷伸。

    時代劇、緋牡丹博徒

    ネット上の声

    主題歌も唄うが、あまりお上手とはいえない。
    そりゃ健さんに見つめられたら♪
    義理と仇
    久し振りに「お竜さん」に会いたくなって
    製作年:1968
    製作国:日本
    監督:山下耕作
    主演:富司純子
    2
  3. 緋牡丹博徒 お命戴きます

    緋牡丹博徒 お命戴きます
    評価:B3.75
    上州周辺を舞台に、不正を働く軍の上層部とヤクザを相手に、緋牡丹お竜の活躍を描く。シリーズ第七作目。脚本は「現代やくざ 盃返します」の大和久守正と「すいばれ一家 男になりたい」の鈴木則文の共同執筆。監督は、前作「緋牡丹博徒 お竜参上」の加藤泰。撮影は「関東テキヤ一家 喧嘩火祭り」のわし尾元也がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、緋牡丹博徒

    ネット上の声

    加藤泰の熟年の技です
    失敗作
    シリーズ最高作は拙者としてはこれ。
    どの角度から映画を見ますか。
    製作年:1971
    製作国:日本
    監督:加藤泰
    主演:富司純子
    3
  4. 緋牡丹博徒 一宿一飯

    緋牡丹博徒 一宿一飯
    評価:B3.69
    「産業スパイ」の野上龍雄と、前作「緋牡丹博徒」の鈴木則文が共同でシナリオを執筆し、鈴木則文が監督した“緋牡丹博徒”シリーズ第二作。撮影は同じ古谷伸。

    ヒューマンドラマ、緋牡丹博徒

    ネット上の声

    鈴木則文はソクブンと読む
    はまってしまいます
    かっこいいぞ!!
    藤純子
    製作年:1968
    製作国:日本
    監督:鈴木則文
    主演:富司純子
    4
  5. 緋牡丹博徒 鉄火場列伝

    緋牡丹博徒 鉄火場列伝
    評価:B3.65
    「おんな刺客卍」の鈴木則文と「前科者 縄張荒し」の笠原和夫がシナリオを共同執筆し、「日本女侠伝 侠客芸者」の山下耕作が監督した緋牡丹博徒シリーズ第五作。撮影は「やくざ刑罰史 私刑」の古谷伸。

    時代劇、緋牡丹博徒

    ネット上の声

    なんのかんの言っても東映映画は面白い。
    妖艶さ切なさかっこよさ
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:山下耕作
    主演:富司純子
    5
  6. 緋牡丹博徒 お竜参上

    緋牡丹博徒 お竜参上
    評価:C3.44
    「緋牡丹博徒 花札勝負」でコンビを組んだ鈴木則文と加藤泰が脚本を共同執筆し、加藤がメガホンをとった“緋牡丹博徒”シリーズ第六作。撮影は「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」の赤塚滋が担当した。

    ヒューマンドラマ、緋牡丹博徒

    ネット上の声

    松竹の文芸映画みたいな任侠映画。
    藤純子さんの美貌にシビれる
    殴り込みに萎えた
    つまらない
    製作年:1970
    製作国:日本
    監督:加藤泰
    主演:富司純子
    6
  7. 緋牡丹博徒 二代目襲名

    緋牡丹博徒 二代目襲名
    評価:E0.00
    火野葦平の原作「女侠一代」を「緋牡丹博徒 花札勝負」の鈴木則文が脚色し、「前科者 縄張荒し」の小沢茂弘が監督したシリーズ第四作。撮影はコンビの吉田貞次。

    ヒューマンドラマ、緋牡丹博徒

    ネット上の声

    新しい日本へ
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:小沢茂弘
    主演:富司純子
    7
  8. 緋牡丹博徒 仁義通します

    緋牡丹博徒 仁義通します
    評価:E0.00
    藤純子が映画界を引退するため「緋牡丹博徒」シリーズ最終篇となる。脚本は「悪親分対代貸」の高田宏治。監督、撮影も同作の斎藤武市と山岸長樹がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、緋牡丹博徒

    ネット上の声

    不世出の女優
    お名残り惜しや!!
    大爆笑
    製作年:1972
    製作国:日本
    監督:斎藤武市
    主演:富司純子
    8

スポンサードリンク