全42作品。リー・J・コッブが出演した映画ランキング

  1. 十二人の怒れる男

    十二人の怒れる男
    評価:A4.05
     既に法廷劇の代名詞となって久しい、アメリカ映画史に輝く傑作ドラマ。元々は高い評価を受けたTV作品で、その脚本・演出コンビによる映画版だが、そのいかにもTV向きの密室劇を上手くスクリーンに転化させた手腕は見事の一言。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    日本で陪審員制度導入するならまずこれ見て
    今さらながら、高評価だったので私も
    ディスカッション劇の古典的傑作。
    本当に凄い作品を観てしまった!
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:ヘンリー・フォンダ
    1
  2. エクソシスト/ディレクターズ・カット版

    エクソシスト/ディレクターズ・カット版
    評価:A3.82
    1970年代のオカルト映画ブームを牽引したホラー映画の金字塔「エクソシスト」(73)に15分間の未公開シーンを追加したディレクターズ・カット版。女優のクリスは、一人娘リーガンの12歳の誕生日を祝おうと友人達を招待した。夜更けまでパーティーが盛り上がっていると、突然、寝室から降りてきたリーガンが、客に汚い言葉を吐き、しかも、立ったまま放尿した。そしてその夜、リーガンの部屋から、突然大きな悲鳴が聞こえてきた。駆けつけたクリスが見たものは、激しく揺れるベッドと、その上で泣き叫ぶ娘の姿だった……。

    ホラー

    ネット上の声

    腐ったロールケーキを食べたような気分です
    追加場面に面白いシーンが!☆3つ
    たぶん世界一有名なホラー映画
    大作ホラー好きには・・・
    製作年:2000
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・フリードキン
    主演:エレン・バースティン
    2
  3. エクソシスト

    エクソシスト
    評価:B3.75
    アカデミー賞(1974年・2部門) 12才の少女リーガンに取り付いた悪魔パズズと二人の神父の戦いを描いたウィリアム・ピーター・ブラッティ(オスカーを受賞した脚色も担当)の同名小説を映画化したセンセーショナルな恐怖大作で一大オカルト・ブームを巻き起こした。

    ホラー

    ネット上の声

    背筋がゾワッとする。
    ホラー
    衝撃
    未だに色褪せることのない、ホラー映画の金字塔! ホラー映画好きなら...
    製作年:1973
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・フリードキン
    主演:エレン・バースティン
    3
  4. アンナとシャム王

    アンナとシャム王
    評価:B3.66
    アカデミー賞(1947年)ベストセラーとなったマーガレット・ランドン作の伝記の映画化で、「再会(1944)」「愛のアルバム」のアイリーン・ダン、英国の劇・映画界のスターで、「バアバラ少佐」「夜行列車」「城碧」のレックス・ハリソン及び「荒野の決闘」「永遠のアンバー」のリンダ・ダーネルが主演する。脚本は「ロミオとジュリエット」「大地」のタルボット・ジェニングスとサリー・ベンソンが協力執筆し、「エイブ・リンカン」「青春の宿」のジョン・クロムウェルが監督。「雨ぞ降る」「王国の鍵」のアーサー・ミラーが撮影した。助演は「影なき殺人」のリー・J・コッブ「クリスマスの休暇」のゲイル・ソンダーガード、「ベニーの勲章」の、ミハイル・ラズ…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    リメイク2作と比較するのも一興
    無色良品
    アイリーン・ダンの魅力
    最高のコメディ映画
    製作年:1946
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・クロムウェル
    主演:アイリーン・ダン
    4
  5. 聖処女

    聖処女
    評価:B3.64
    アカデミー賞(1944年) 聖処女マリアの姿を見たという実在の少女を描いたフランツ・ウェルフェルの小説を映画化。時はナポレオン3世統治下。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「ルルドの泉」で知られる聖女ベルナデット
    奇跡をめぐる政治
    人々に犠牲を捧げる為の生涯だったのかもしれない
    有名なルルドの泉にまつわる話
    製作年:1943
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・キング
    主演:ジェニファー・ジョーンズ
    5
  6. 波止場

    波止場
    評価:C3.40
    アカデミー賞(1955年・8部門)「アフリカの女王」のサム・スピーゲルが1954年に製作したホライズン・プロ作品。悪徳ボスに支配された紐育の波止場の実態を描くマルコーム・ジョンスンの探訪記事『波止場の犯罪』(サン紙連載)を小説家のバッド・シュールバーグが脚色し、「綱渡りの男」のエリア・カザンが監督した。撮影はフランス出身のボリス・カウフマン、音楽はレオナード・バーンスティンの担当。主演は「乱暴者」のマーロン・ブランドで、新人エヴァ・マリー・セイント、舞台俳優リー・J・コッブ「征服への道」、カール・マルデン「語らざる男」、ロッド・スタイガーらが共演する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    勇気が出た
    若かりし頃のマーロン・ブランド見たさに鑑賞。ストーリーにも今ひとつ...
    マーロン・ブランドの魅力に引き込まれます
    絆を支えに強くなる若者が格好いい!!
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:エリア・カザン
    主演:マーロン・ブランド
    6
  7. イブの三つの顔

    イブの三つの顔
    評価:C3.30
    アカデミー賞(1958年)謎の人格が平凡な主婦に宿る日本未公開ドラマ。3役を務めたジョアン・ウッドワードが57年アカデミー賞主演女優賞受賞。ごく普通の主婦・イブは、突然頭痛に悩まされ始める。そこで、大学の精神科を訪れたイブは、そこで驚愕の事実を知ることになる。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    思い出すんだ!と詰め寄る分析医w
    “多重人格もの”の元祖
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:ナナリー・ジョンソン
    主演:ジョアン・ウッドワード
    7
  8. 追跡者

    追跡者
    評価:D3.21
     行きがかり上、人を殺してしまった男を追って、主人公の保安官が町に乗り込んできた。事情を聞いた町の保安官は手を引くように言うが、法律絶対をとなえる彼は追及の手を緩めない。

    アクション

    ネット上の声

    情無用のマドック
    決闘二回
    孤高の男
    男の意地だね
    製作年:1970
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・ウィナー
    主演:バート・ランカスター
    8
  9. 電撃フリント・アタック作戦

    電撃フリント・アタック作戦
    評価:D3.14
     スマッシュ・ヒットとなったJ・コバーン主演のスパイ映画「電撃フリントGO!GO作戦」の続編。今回は要人をすり替えて世界征服を企む女だけの秘密組織アマゾン団がお相手。

    アクション

    ネット上の声

    近年作「オースティン・パワーズ」のネタ元
    もう少し続編が見たかった…
    ムーンレイカーを先取り
    007の亜流作品とは?
    製作年:1967
    製作国:アメリカ
    監督:ゴードン・ダグラス
    主演:ジェームズ・コバーン
    9
  10. 電撃フリントGO!GO作戦

    電撃フリントGO!GO作戦
    評価:D3.10
    ハル・フィンバーグのオリジナル・ストーリーを彼自身とベン・スターが共同で脚色、「僕のベッドは花ざかり」のダニエル・マンが監督したスパイ・アクション。撮影は「マドリードで乾杯」のダニエル・L・ファップ、音楽は「脱走特急」のジェリー・ゴールドスミスが担当した。出演は、「卑怯者の勲章」のジェームズ・コバーン、「脱走特急」のエドワード・マルヘアー、リー・J・コッブ、ベンソン・フォンダ、ギラ・ゴラン、ジアンナ・セラほか。

    アクション

    ネット上の声

    コバーンが、遂に主役の座を掴んだ記念作
    ジェームズ・コバーンといえばコレ!
    ライバルはやっぱり「あの男」?
    007への対抗意識過剰?
    製作年:1966
    製作国:アメリカ
    監督:ダニエル・マン
    主演:ジェームズ・コバーン
    10
  11. 栄光への脱出

    栄光への脱出
    評価:D3.04
    アカデミー賞(1961年・作曲賞)ユダヤ人国家イスラエルの建国物語とでもいうべき70ミリ作品。レオン・ユーリスの原作小説を「ポギーとベス」のオットープレミンジャーが製作・監督。シナリオを書いたのは「スパルタカス」のダルトン・トランボ。撮影を担当したのは「カルメン(1954)」のサム・リーヴィット。音楽はアーネスト・ゴールド。タイトル・デザインをソウル・バスが受けもっている。出演するのは「北北西に進路を取れ」のエヴァ・マリー・セイント、「熱いトタン屋根の猫」のポール・ニューマン、サル・ミネオなど。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    NO.9「え」のつく元気になった洋画
    NO.9「え」のつく元気になった洋画
    ポールニューマンのエクソダス
    大変さは伝わるけど話が分り辛い
    製作年:1960
    製作国:アメリカ
    監督:オットー・プレミンジャー
    主演:ポール・ニューマン
    11
  12. マンハッタン無宿

    マンハッタン無宿
    評価:D2.94
     アリゾナの保安官補クーガン(クリント・イーストウッド)が、凶悪犯の身柄引き渡しのためにニューヨークへやってきた。だが彼のミスで、犯人を逃してしまう。

    アクション

    ネット上の声

    70年代の刑事アクション映画ブームを触発
    カウボーイ、ニューヨークへ
    田舎な保安官。都会へ来る
    期待はずれ・・・
    製作年:1968
    製作国:アメリカ
    監督:ドン・シーゲル
    主演:クリント・イーストウッド
    12
  13. 西部の人

    西部の人
    評価:D2.92
    「秘めたる情事」のゲイリー・クーパーと「西部の旅がらす」のジュリー・ロンドンを主演に、「胸に輝く星」のアンソニー・マンが監督した西部劇。ウイル・C・ブラウンの原作をレジナルド・ローズが脚色し、「理由なき反抗」のアーネスト・ホーラーが撮影を担当している。カリフォルニアのレッド・ロック・キャニオンにロケが行なわれた。音楽リー・ハーライン。他に「カラマゾフの兄弟」のリー・J・コッブ、「モンテカルロ物語」のアーサー・オコンネル、ジャック・ロード等が出演する。ジュリー・ロンドンがラストシーンのバックに1曲歌っている。製作はウォルター・M・ミリッシュ。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    ゲイリー・クーパー悪ぶるも・・・。
    スカッとしない西部劇
    わかりやすい勧善懲悪。 とはいえ、簡単に勧善懲悪とは切り捨てられな...
    西部の男
    製作年:1958
    製作国:アメリカ
    監督:アンソニー・マン
    主演:ゲイリー・クーパー
    13
  14. 緑の館

    緑の館
    評価:D2.91
    南米アマゾンを舞台に冒険好きな青年と、野性の少女の幻想的なめぐり逢いから始る、熱帯林のロマンス。原作はイギリスの博物学者として名高い、文豪ウィリアム・H・ハドソンが、1904年に発表した長篇小説。脚色は「Z旗あげて」のドロシー・キングスレイ。監督は俳優でも有名なメル・ファーラー、彼の監督作品としてはこれが3番目。主演は「楡の木陰の欲望」のアンソニー・パーキンス、「昼下りの情事」のオードリー・ヘップバーン、「拳銃の罠」のリー・J・コッブ、「戦場にかける橋」の早川雪洲、他にヘンリー・シルヴァ、ネーミエ・パーソフ、エッセル・ヘルムズレイら。製作エドモンド・グレインジャー。

    ヒューマンドラマ、恋愛
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:メル・ファーラー
    主演:オードリー・ヘプバーン
    14
  15. 暗黒街の女

    暗黒街の女
    評価:E0.00
    「にがい勝利」のニコラス・レイ監督がアメリカに帰って作った、ミュージカル的要素を加味したラヴ・ロマンス映画。禁酒法時代のシカゴ暗黒街を背景にして、中年の弁護士とショウ・ガールの物語が展開する。レオ・カッチャーの原作を、「バラの肌着」のジョージ・ウェルズが脚色し、撮影を「縄張り」のロバート・ブロナーが担当。音楽はジェフ・アレクサンダー。主題歌“パーティ・ガール”をサミー・カーンが作曲、ニコラス・ブロドスキーが作詞している。出演するのは「絹の靴下」のシド・シャリース、「ゴーストタウンの決斗」のロバート・テイラー、「拳銃の罠」のリー・J・コッブ、ジョン・アイアランド、クレア・ケリー、コリー・アレン…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ギャングもの定型で変節ミュージカルだが…
    天才監督ニコラス・レイのギャング映画!
    Party girl
    製作年:1958
    製作国:アメリカ
    監督:ニコラス・レイ
    主演:リー・J・コッブ
    15
  16. 影なき殺人

    影なき殺人
    評価:E0.00
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1947年) コネチカットのある村で、一人の神父が射殺されるという事件が起こった。当局の調べによって、やがて一人の復員兵が容疑者として浮かび上がる。

    サスペンス、実話、冤罪

    ネット上の声

    実話を忠実に再現
    コネチカット
    製作年:1947
    製作国:アメリカ
    監督:エリア・カザン
    主演:ダナ・アンドリュース
    16
  17. ゴールデン・ボーイ

    ゴールデン・ボーイ
    評価:E0.00
    「歌へ陽気に」「虚栄の市(1935)」のルーベン・マムーリアンが監督したもので、クリフォード・オデッツ作同名の戯曲の映画化である。脚本は「ステラ・ダラス(1937)」「愛と光」のサラ・Y・メイソン、ヴィクター・ヒアマン組が更にルイス・メルツァー及びダニエル・タラダッシュと協力して書いている。主演者は「ステラ・ダラス(1937)」「膝にバンジョウ」のバーバラ・スタンウィック、「オーケストラの少女」「ステージ・ドア」のアドルフ・マンジュウ及び新人ウィリアム・ホールデンで、「悪漢の町」のジョセフ・カレイア、「夕陽特急」のサム・レヴィーン、新顔のリー・J・コッブ、ベアトリス・ブリン、「暗黒王マルコ」…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    この時代の映画って…
    題の意味するもの
    製作年:1939
    製作国:アメリカ
    監督:ルーベン・マムーリアン
    主演:バーバラ・スタンウィック
    17
  18. モロッコ慕情

    モロッコ慕情
    評価:E0.00
    激動のダマスカスを舞台に、1人の女をめぐって対立する男同士の葛藤と友情を描く。製作はロバート・ロード、監督は「彼氏はトップレディ」のカーティス・バーンハート。ジョセフ・ケッセルの原作を基にA・I・ベゼリデスとハンス・ジャコビーが脚色。撮影はバーネット・ガフィが各々担当。出演はハンフリー・ボガート、マルタ・トーレン、リー・J・コッブ、エヴェレット・スローン、ジェラルド・モアなど。日本語版監修は山崎剛太郎。白黒スタンダード。1951年作品。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    誰がどう見ても・・・
    カサブランカほどでは?
    製作年:1951
    製作国:アメリカ
    監督:カーティス・バーンハート
    主演:ハンフリー・ボガート
    18
  19. 深夜復讐便

    深夜復讐便
    評価:E0.00
    『日曜はダメよ』『死んでもいい』の名匠、ジュールス・ダッシン監督が重厚な演出で魅せるフィルムノワール。自分の商売の邪魔をした仲買人の男が、父親を騙して両足を失わせた張本人だと知ったニックは、復讐を誓ってサンフランシスコへ向かう。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    今年3月、ある名監督が亡くなりました
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:ジュールス・ダッシン
    主演:リチャード・コンテ
    19
  20. ナイスガイ・ニューヨーク

    ナイスガイ・ニューヨーク
    評価:E0.00
    原作はニール・サイモンのブロードウェイでヒットした舞台劇。TV出身のノーマン・レアがシナリオを担当、同じくTVで活躍しているバッド・ヨーキンが演出、この2人が「影なき狙撃者」のハワード・W・コッホと協力して撮影した。撮影はウィリアム・ダニエルス、音楽と歌曲にアカデミー賞チームのサミー・カーンとジミー・バン・ヒューゼンにシナトラのレコード会社プリーズ・レコードの音楽監督ネルソン・リドルが協力している。出演者には「秘密殺人計画書」のフランク・シナトラ、「都会のジャングル」のバーバラ・ラッシュ、「栄光への脱出」のリー・J・コッブ、ブロードウエイからモリー・ピコン、ファッションモデルのジル・セント・ジョンなどの他、ゲストスターにディーン・マーチン、“マクガイア・シスターズ”の1人で人気歌手のフィリス・マクガイア、TV「ボナンザ」のダン・ブロッカーなどが出演している。
    製作年:1963
    製作国:アメリカ
    監督:バッド・ヨーキン
    主演:フランク・シナトラ
    20
  21. L・B・ジョーンズの解放

    L・B・ジョーンズの解放
    評価:E0.00
     弁護士のもとに、ジョーンズという黒人が離婚訴訟の相談にやってきた。彼の妻が、白人の悪徳警官と浮気しているのだという。

    ヒューマンドラマ、人種差別

    ネット上の声

    差別と恨みはなくならないのか
    最後に息切れ
    製作年:1969
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・ワイラー
    主演:リー・J・コッブ
    21
  22. 黙示録の四騎士

    黙示録の四騎士
    評価:E0.00
     アルゼンチンの大地主の孫が、妹の遺志を継いで、レジスタンスに身を投じた。そんな彼の前に、ドイツ軍将校になった従兄が現われる。
    製作年:1961
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィンセント・ミネリ
    主演:グレン・フォード
    22
  23. 西部番外地

    西部番外地
    評価:E0.00
    “マチョ”というのはスペイン語で「--な奴」という意味で、原題の“マチョ・カラハン”はカラハンの野郎といった意味である。“逃げる男”ジャンセンの娯楽ウェスタン。製作総指揮は「ソルジャー・ブルー」のジョセフ・E・レヴィン、製作はマーティン・C・シュット、バーナード・L・コワルスキー、監督は「USAブルース」のバーナード・L・コワルスキー、脚本はクリフ・グールド、撮影はジェラルド・フィッシャー、音楽はパット・ウィリアムスがそれぞれ担当。出演はデイヴィッド・ジャンセン、ジーン・セバーグ、リー・J・コッブ、ジェームズ・ブース、ペドロ・アルメンダリス・ジュニア、デイヴィッド・キャラダインなど。テクニカラー、パナビジョン。1970年作品。
    製作年:1970
    製作国:アメリカ
    監督:バーナード・L・コワルスキー
    主演:デヴィッド・ジャンセン
    23
  24. 拳銃の罠

    拳銃の罠
    評価:E0.00
    「ダニー・ケイの黒いキツネ」のノーマン・パナマ監督が、コンビのメルヴィン・フランクと組んで作ったアクション・ドラマ。脚本はリチャード・アラン・シモンズとノーマン・パナマ。撮影を「楡の木陰の欲望」のダニエル・L・ファップ、音楽をアーヴィン・タルボットが受けもった。出演するのは「赤い空」のリチャード・ウィドマーク、「西部の人」のリー・J・コッブ、新人ティナ・ルイス、「雨を降らす男」のアール・ホリマン、カール・ベントン・リード、ローン・グリーン等。製作ノーマン・パナマとメルヴィン・フランク。テクニカラー・スタンダードサイズ。1958年作品。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    発掘良品を観る #457
    製作年:1958
    製作国:アメリカ
    監督:ノーマン・パナマ
    主演:リチャード・ウィドマーク
    24
  25. カレー大空襲

    カレー大空襲
    評価:E0.00
    ドイツ占領下フランスの軍需工場を破壊するため、単独で侵入したイギリス情報部のゲリラ隊員。愛国心の強い農夫の協力を得て、一家の息子のふりをするが……。ジョン・ブラーム監督が第二次大戦を舞台に描いた傑作戦争映画。

    戦争
    製作年:1943
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・ブラーム
    主演:アナベラ
    25
  26. 奇跡の鐘

    奇跡の鐘
    評価:E0.00
     宣伝屋ビルは、製作中の映画の主役に、アイオワの田舎劇団にいたオルガという娘を抜擢した。彼女は懸命に演じたが、完成間際に過労で死んでしまう。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ラッセル・ジャニー原作の心温まるドラマ!
    もう一度観たい作品
    製作年:1948
    製作国:アメリカ
    監督:アーヴィング・ピシェル
    主演:フレッド・マクマレイ
    26
  27. 大砂塵の男

    大砂塵の男
    評価:E0.00
    雄大な西部の大牧場で牛をめぐってくりひろげられるあらくれ男たちの闘いを描く。製作はハリー・テートルマン、ジェームズ・ダフ・マクアダムズ、監督はポール・スタンリーとジェリー・ホッパー、脚本はリチャード・フィルダーとドン・インガルス、撮影はベンジャミン・クライン、編集はジーン・パーマーが各々担当。出演はチャールズ・ブロンソン、リー・J・コッブ、ブライアン・キース、ロイス・ネットルトン、ジョージ・ケネディ、ゲイリー・クラーク、ベン・ジョンソンなど。
    製作年:1968
    製作国:アメリカ
    監督:ポール・スタンレー
    主演:チャールズ・ブロンソン
    27
  28. 征服への道

    征服への道
    評価:E0.00
    サミュエル・シェラバーガーの小説から「廃墟の群盗」のラーマ・トロッティが脚色、製作も担当した1948年度色彩活劇。監督は「愛欲の十字路」のヘンリー・キング、撮影は「大空輸」のチャールズ・G・クラークに、アーサー・E・アーリングが協力する。音楽監督はアルフレッド・ニューマン。主演は「黒ばら」のタイロン・パワー、「女海賊アン」のジーン・ピータース、「銀の靴」のセザア・ロメロ、以下、リー・J・コッブ、アントニオ・モレノ、トーマス・ゴメス、アラン・モーブレイ、バーバラ・ローレンス、ロイ・ロバーツ、マーク・ロウレンスらが助演する。

    ヒューマンドラマ、アドベンチャー(冒険)

    ネット上の声

    J・ピータースのデビューと音楽の魅力
    製作年:1947
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・キング
    主演:タイロン・パワー
    28
  29. 出獄

    出獄
    評価:E0.00
    シカゴ・タイムス紙の記者ジェイムス・マッガイアが経験した事実を書いた手記を映画化した、セミ・ドキュメンタリーで「94番地の家」「マドレーヌ街13番」「死の接吻(1947)」に次いで「海の魂」「北海の子」のヘンリー・ハサウェイが監督したもの。マッガイアの手記をレナード・ホフマンとクエンティン・レイノルズか改作し「ローラ殺人事件」のジェーイ・ドラツトラーがジェローム・キャディと協力して脚本を書いている。撮影監督は「荒野の決闘」のジョー・マクドナルドである。主役は「美人劇場」「桃色の店」のジェイムス・ステュアートで「影なき殺人」のリー・J・コップ、新人リチャード・コンティ、ベティー・ガード、ジョーン・て・バーグ、カジア・オルザゼウスキ等の新しい顔ぶれが助演者の主なものである。1948年作品。
    製作年:1948
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・ハサウェイ
    主演:ジェームズ・スチュワート
    29
  30. 殺人光線

    殺人光線
    評価:E0.00
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:ルー・ランダース
    主演:オンスロー・スティーヴンス
    30
  31. 銃弾

    銃弾
    評価:E0.00
     カンサスに鉄道が敷かれることになった。だが、馬車輸送によって利益を上げていた、輸送会社のジェプサ・マーはこれに反発する。
    製作年:1943
    製作国:アメリカ
    監督:レスリー・セランダー
    主演:リチャード・ディックス
    31
  32. スピードに命を賭ける男

    スピードに命を賭ける男
    評価:E0.00
    「デジレ」のジュリアン・ブロースタインが1955年に製作した、オート・レイサーの物語。ハンス・リューシュの原作から「楽園に帰る(1953)」のチャールズ・カウフマンが脚色、「悪の花園」のヘンリー・ハサウェイが監督、「折れた槍」のジョー・マクドナルドが撮影を、「デジレ」のアレックス・ノースが音楽を担当した。「星のない男」のカーク・ダグラス、「エジプト人」のベラ・ダーヴィ、「海底の黄金」のギルバート・ローランド、「ヴェラクルス」のシーザー・ロメロ、「波止場」のリー・J・コッブ、「折れた槍」のカティ・フラドー、「情事の終り」のチャールズ・ゴールドナー、「楽園に帰る(1953)」のジョン・ハドソン、ジョージ・ドレンツなどが出演する。
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・ハサウェイ
    主演:カーク・ダグラス
    32
  33. 僕は御免だ

    僕は御免だ
    評価:E0.00
    「先生のお気に入り」のウィリアム・パールバーグとジョージ・シートンのコンビが製作した都会喜劇。監督は「王様と私」のウォルター・ラング。サムソン・ラファエルソンの戯曲を、ジョン・マイケル・ヘイズが脚色し、撮影を受け持ったのは「めまい」のロバート・バークス。音楽はレイス・スティヴンス。出演するのはクラーク・ゲーブル、「奇蹟」のキャロル・ベイカー、リリー・パルマーなど。
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ウォルター・ラング
    主演:クラーク・ゲイブル
    33
  34. ラスベガス強奪作戦

    ラスベガス強奪作戦
    評価:E0.00
     カジノの現金輸送車を襲撃して射殺された男がいた。彼の弟は復讐のため、新たに周到な計画を立てる。

    アクション
    製作年:1968
    製作国:イタリア/フランス/スペイン
    監督:アントニオ・イサシ
    主演:ゲイリー・ロックウッド
    34
  35. カラマゾフの兄弟

    カラマゾフの兄弟
    評価:E0.00
     ドストエフスキーの古典を、ハリウッドの面々で撮りあげた作品。物欲のかたまりのような父親が殺されたところから起こる騒動を描く。
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・ブルックス
    主演:ユル・ブリンナー
    35
  36. ガーメント・ジャングル

    ガーメント・ジャングル
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィンセント・シャーマン
    主演:リー・J・コッブ
    36
  37. 幸福の森

    幸福の森
    評価:E0.00
    「幽霊と未亡人」のフレッド・コールマーが製作、「星は輝く」のヘンリー・コスターが監督した1948年度作品。「彼と人魚」と同様ガイ及コンスタンス・ジョーンズ夫妻作の小説の映画化で、「ボストン物語」のフィリップ・ダンが脚色、「私も貴方も」のジョセフ・ラシェルが撮影、シリル・モックリッジが音楽を担当している。主演は「狐の王子」のタイロン・パワー、「帰郷(1948)」のアン・バクスターで、「嵐ケ丘」のセシル・ケラウェイ、「出獄」のリー・J・コッブ、ジェームズ・トッド、ジェーン・メドウス、J・M・ケリガン、フィル・ブラウン等が助演。
    製作年:1948
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・コスター
    主演:タイロン・パワー
    37
  38. 刑事マルク

    刑事マルク
    評価:E0.00


    アクション
    製作年:1975
    製作国:イタリア
    監督:ステルヴィオ・マッシ
    主演:フランコ・ガスパリ
    38
  39. キャット・ダンシング

    キャット・ダンシング
    評価:E0.00
     「バニシング・ポイント」のR・C・サラフィアン監督が、人気セクシー男優レイノルズを主演とし1880年代アメリカのワイオミングを舞台に描いた大西部ロマン。東部から西部へ嫁いできたキャサリンは鉱山技師の夫との生活に疲れ果て、別れを覚悟し一路東部を目指し旅立つ。

    ヒューマンドラマ、コメディ、西部劇
    製作年:1973
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・C・サラフィアン
    主演:バート・レイノルズ
    39
  40. 背高きテキサス人

    背高きテキサス人
    評価:E0.00
    インディアンの墓に眠る金を求めて砂漠に集まった人々を描く西部劇。短縮版。オリジナルは84分。脚本はサミュエル・ロエッカとエリザベス・ラインハートが共同で執筆。製作はT・F・ウッズ、ロバート・L・リッパート・ジュニア、監督はエルモ・ウィリアムズ、撮影はジョゼフ・ビロック、音楽はバート・シェフターが担当。出演はロイド・ブリッジス、リー・J・コップ、マリー・ウィンザー、ルーサー・アドラーなど。
    製作年:1953
    製作国:アメリカ
    監督:エルモ・ウィリアムズ
    主演:ロイド・ブリッジス
    40
  41. 拳銃を撃つな

    拳銃を撃つな
    評価:E0.00
    TV「オール・スター・シアター」の第70話。脚本はバーン・ギラーが執筆。監督はフィル・カールソンが担当。出演はアーサー・ケネディ、リー・J・コップ、マーサ・ヴィカースなど。
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:フィル・カールソン
    主演:アーサー・ケネディ
    41
  42. デンヴァーの狼

    デンヴァーの狼
    評価:E0.00
    開拓期の西部を舞台にラヴ・ロマンスを彩って、拳銃名手の兄弟愛を描いている。週間雑誌“サタディ・イヴニング・ポスト”に掲載されたビル・ガリックの原作を、「明日に別れの接吻を」のホレース・マッコイと「レイテ沖海空戦 永遠の海原」のアレン・リヴキンが脚色し、「野性地帯」のジョセフ・ケインが製作・監督した。撮影監督は「レイテ沖海空戦 永遠の海原」のレジー・ラニング、音楽は「サンタフェへの道」のR・デイル・バッツ。主な出演者は、「サンタフェへの道」のジョン・ペイン、「愛欲と戦場」のモナ・フリーマンをはじめ、「波止場」のリー・J・コッブ、「暗黒街の王者」のレイ・ミドルトン、往年の「少年の町」で主役を演じた「拳銃王」のスキップ・ホメイヤー、「白昼の対決」のリー・ヴァン・クリーフなど。

    西部劇
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:ジョセフ・ケイン
    主演:ジョン・ペイン
    42

スポンサードリンク