全50作品。ジャン=ポール・ベルモンドが出演した映画ランキング

  1. いぬ

    いぬ
    評価:S4.12
    “いぬ“とは警察に仲間を密告する者のことで、ギャングの世界ではそれは死をもって制裁される卑劣な行為を意味する言葉。刑務所帰りのモーリスは、出所するやすぐに裏切り者を射殺する。彼は仲間のシリアンを誘って金庫破りの計画に手をつける。が、その計画は警察に漏れてしまった。シリアンが“いぬ“だという噂が流れる。果たして、本当の“いぬ“は誰なのか……。ゴダールが敬愛してやまないフランスのフィルム・ノワールの巨匠J・P・メルヴィルがクールでダンディーに撮り上げた強烈な作品で、J・P・ベルモンドの魅力も十分に引き出された傑作。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    フィルム・ノワール仕立てのミステリー
    クール&スタイリッシュな傑作
    フィルムノワールの傑作
    クールな生き様
    製作年:1963
    製作国:フランス
    監督:ジャン=ピエール・メルヴィル
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    1
  2. 冬の猿

    冬の猿
    評価:A4.01
    フランス映画界を誇る2大スター、ジャン=ポール・ベルモンド×ジャン・ギャバン幻の競演!名匠アンリ・ヴェルヌイユが謳いあげる人間ドラマの秀作!

    ヒューマンドラマ、花火が印象的

    ネット上の声

    ジャン・ギャバン、ベルモンド共演の映画。
    世の中の迷える“猿”どもよ
    これがアルベールの生きる道
    地味な秀作
    製作年:1962
    製作国:フランス
    監督:アンリ・ヴェルヌイユ
    主演:ジャン・ギャバン
    2
  3. 大頭脳

    大頭脳
    評価:A4.00
    列車強盗のプロと脱獄犯のチンピラ二人が列車輸送される軍事資金の強奪を思いつき、さっそく情報収集を開始した。まずは輸送責任者である大佐を尾行するが、どうも彼の挙動に不審な点が多い。実は、この大佐こそ有名な英国の列車強盗の首謀者だったのだ。

    アクション

    ネット上の声

    ユーモアサスペンスジャンポールベルモンド
    発掘良品に入れてほしい傑作
    ニーヴン!ベルモンド!ウォラック!
    こういうのが、”面白い”と言う!
    製作年:1968
    製作国:イタリア/フランス/アメリカ
    監督:ジェラール・ウーリー
    主演:デヴィッド・ニーヴン
    3
  4. モラン神父

    モラン神父
    評価:A3.98
    ジャン=ピエール・メルヴィル監督がジャン=ポール・ベルモンド主演で描いた恋愛ドラマ。第二次世界大戦下、アルプスの村に逃げ込んだコミュニストの闘志・バルニーは、小さな教会の若い神父・モランと出会い…。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    慈悲深く残酷な愛
    イタリア兵の帽子って確かに可愛い!
    神学論争としての愛の会話
    モラン神父
    製作年:1961
    製作国:フランス/イタリア
    監督:ジャン=ピエール・メルヴィル
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    4
  5. おかしなおかしな大冒険

    おかしなおかしな大冒険
    評価:B3.73
     いつも自作のヒーロー小説の主人公を自分にダブらせて夢想にふけっている、しがない中年作家の前に美人学生が越して来た……。現実の生活と夢のアクション・シーンが並行で描かれ、やがて主人公の奮起につながっていくという構成が楽しく、ベルモンドの魅力も充分に発揮された娯楽編に仕上がっている。

    コメディ

    ネット上の声

    肩肘張らずに、思いっきり楽しめるコメディ
    このめちゃくちゃが楽しいの♡
    大好きな大好きな映画
    製作年:1973
    製作国:フランス/イタリア
    監督:フィリップ・ド・ブロカ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    5
  6. 薔薇のスタビスキー

    薔薇のスタビスキー
    評価:B3.72
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1974年) 30年代初頭のフランス。実業家スタビスキーは、サギまがいの行為で大金を稼いでいた。

    ヒューマンドラマ、アクション、サスペンス、ヤクザ・ギャング

    ネット上の声

    ジェラール・ドパルデュー映画出演二作目
    山田康雄の吹替えが良く似合う。
    人生は芝居のように
    国外へ逃亡
    製作年:1973
    製作国:フランス
    監督:アラン・レネ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    6
  7. レ・ミゼラブル

    レ・ミゼラブル
    評価:B3.70
    ゴールデン・グローブ賞(1995年) ベルギーに亡命中のヴィクトル・ユーゴーが1862年に発表した19世紀文学を代表する一編をベースにし、現代史のなかで同作品の意図をみつめたダイナミックな大河ロマン。物語は、日本でも『ああ無情』で馴染みのあるユーゴーの同名小説に登場する人物と同じ宿命を背負ったキャラクターたちが多彩な人間関係を織りなす形で進行し、彼らの運命を壮大なスケールで描いてゆく。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    数あるレ・ミゼラブルの中でも秀作!
    第二次大戦中のフランスに置きかえ
    ずっしり・・でも感動
    成熟した演技
    製作年:1995
    製作国:フランス
    監督:クロード・ルルーシュ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    7
  8. ふたりの女

    ふたりの女
    評価:B3.69
    アカデミー賞(1962年・主演女優賞) 第二次大戦下、夫を失った母娘が空襲を避けるために疎開した。そこで彼らは、一人の青年と親しくなるが、彼はドイツ兵に道案内として連れ去られる。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    こんな展開が待っていようとは・・・。
    衝撃
    戦争の本質とは
    アルベルト モラビア
    製作年:1960
    製作国:イタリア
    監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
    主演:ソフィア・ローレン
    8
  9. パリの確率

    パリの確率
    評価:C3.54
     明日から21世紀という大晦日。全員がSFファッションに身を包んだパーティにガールフレンドのリュシーと出かけた24歳のアルチュール。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ナゼか未来のパリ?は砂に埋もれている
    未来は、どうなっているのか想像する
    コレ観て 迷わず 子を作れ
    さすがはフランス映画
    製作年:1999
    製作国:フランス
    監督:セドリック・クラピッシュ
    主演:ロマン・デュリス
    9
  10. ライオンと呼ばれた男

    ライオンと呼ばれた男
    評価:C3.48
     実業家として成功した男サムが、ある日突然失踪した。彼は仕事を離れ、自然の中で暮らし始めたのだ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    サーカスに拾われ
    合理的に動く男
    クロード・ルルーシュ、フランシス・レイ
    懐かしの人たち 哀愁
    製作年:1988
    製作国:フランス/ドイツ
    監督:クロード・ルルーシュ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    10
  11. ラ・スクムーン

    ラ・スクムーン
    評価:C3.47
     暗黒街育ちのジョヴァンニが自身の獄中生活で知った男をモデルに書いた小説を映画化にしてジョヴァンニの最高傑作。ベルモンドがいぶし銀の魅力を放つ。

    アクション

    ネット上の声

    カッコいい・・・
    ちょっと新しいフィルム・ノワールの傑作
    男の映画ならやっぱりフィルム・ノワール!
    ジャン=ポール・ベルモンドの傑作
    製作年:1972
    製作国:フランス
    監督:ジョゼ・ジョヴァンニ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    11
  12. パリは燃えているか

    パリは燃えているか
    評価:C3.44
    第二次大戦末期、ドイツ軍占領下のパリ。パリ市民側では、ドゴール将軍の部下たちと過激派が街の防衛計画をめぐって対立していた。そこへ双方とも期待していた連合国軍が、パリを通らないという情報が入り……。パリ市民によるレジスタンス活動から、連合国軍によるパリ解放までの最後の2週間を、当時の映像も交えたドキュメンタリー・タッチで描いた超大作。英米仏独から、まさに“超豪華“と呼ぶにふさわしい俳優陣が結集している割に、誰も個性を発揮できなかったきらいがあるが、それがかえって中心となるヒーローがいない戦争の現実を表している。なお脚本には若きF・F・コッポラが参加している。

    ヒューマンドラマ、アクション、戦争

    ネット上の声

    パリ解放の一部始終
    パリの音を聴けっ!
    忠実なる戦争映画
    超大作
    製作年:1966
    製作国:フランス/アメリカ
    監督:ルネ・クレマン
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    12
  13. 雨のしのび逢い

    雨のしのび逢い
    評価:C3.41
    カンヌ国際映画祭(1960年・女優賞)殺された女性の最後の声を聞いてしまったアンヌ。変化のない毎日を送っていた彼女は、この事件のことをある男性に相談するのだが……。モローはこの演技でカンヌ映画祭の主演女優賞を獲得。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    絶叫★何事もない日常という非情さが…
    牢獄としての結婚
    モデラート・カンタービレ
    女の生き方が変わったんだねえ。
    製作年:1960
    製作国:フランス
    監督:ピーター・ブルック
    主演:ジャンヌ・モロー
    13
  14. 気狂いピエロ

    気狂いピエロ
    評価:C3.40
    ジャン・リュック・ゴダールが、破滅へと逃避行を続ける男女の末路をアナーキーに描いた名作。ミュージカルやロードムービーなど、様々な要素が盛り込まれている。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ゴダールシルクハットマジック
    ヌーヴェルバーグって、えっ、えぇ〜!?
    映画とは一言で言えばエモーションだ
    天才映画作家だから勝手にしやがれ
    製作年:1965
    製作国:フランス/イタリア
    監督:ジャン=リュック・ゴダール
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    14
  15. 勝手にしやがれ

    勝手にしやがれ
    評価:C3.33
    ベルリン国際映画祭(1960年・銀熊賞 最優秀監督賞)各界に影響を与えることとなったジャン・リュック・ゴダール監督の不朽の名作。警官殺しのミシェルは、逃亡先のパリでアメリカ人のガールフレンド・パトリシアと自由な愛を楽しむ。ところが警察の追っ手が近づき…。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    肩の力を抜いて感覚で観ればいい
    じゃ、お言葉に甘えて
    退屈で美しい。
    人生最大の野心
    製作年:1959
    製作国:フランス
    監督:ジャン=リュック・ゴダール
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    15
  16. 女は女である

    女は女である
    評価:C3.33
    ベルリン国際映画祭(1961年・銀熊賞 審査員グランプリ)「勝手にしやがれ」で一躍名をあげた若いヌーベル・バーグの監督ジャン・リュック・ゴダールが自ら脚本を書き演出したコメディ。撮影はラウール・クタール、美術はべルナール・エヴァンと新進の技術者が担当。音楽はべテランのミシェル・ルグラン。出演者は新人アンナ・カリーナと、ジャン・クロード・ブリアリ、ジャン・ポール・べルモンドなど。イーストマンカラー・フランスコープ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    男と女の意見の不一致をコミカルに描く佳作
    コメディのルーツは、ここになるのかな
    ☆☆ゴダール学校に入学しよっ☆☆
    ゴダールリズムのアンナ・カリーナ
    製作年:1961
    製作国:フランス/イタリア
    監督:ジャン=リュック・ゴダール
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    16
  17. リオの男

    リオの男
    評価:C3.29
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1964年) 主人公の婚約者が何者かに誘拐された。婚約者の父親はアマゾンで石像を発掘したことがあったが、その石像も、パリの美術館から消え失せている。

    アクション

    ネット上の声

    この物語の持つ緊張感と実際の雰囲気のずれ
    牛がなく 列車で軍隊休暇
    古典アクション
    ルパン?世?
    製作年:1963
    製作国:フランス
    監督:フィリップ・ド・ブロカ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    17
  18. コニャックの男

    コニャックの男
    評価:C3.25
     妻から逃げ出したニコラという男が、アメリカに渡って再婚をしようとした。だがその為には、正式に離婚しなくてはならない。

    アクション、コメディ

    ネット上の声

    フランスの軍服
    楽しめる
    痛快!アクションもラブコメも超楽しい!☆
    製作年:1970
    製作国:フランス/イタリア
    監督:ジャン=ポール・ラプノー
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    18
  19. ハーフ・ア・チャンス

    ハーフ・ア・チャンス
    評価:D3.16
    高級外車窃盗常習犯のアリスは、母親の遺品であるカセットテープで2人の父親候補がいることを知る。2人は共にアリスの父親だと言い張るが、そんな中、3人はマフィアの抗争に巻き込まれていくのだった。フランスを代表する2大俳優アラン・ドロンとジャン=ポール・ベルモンドが競演したパトリス・ルコント監督のアクション・ドラマ。「白い婚礼」で映画デビューを果たしたフランス人歌手バネッサ・パラディがアリスを演じる。

    アクション

    ネット上の声

    もしもアラン・ドロンがパパだったら(^O^)
    同窓会の雰囲気
    渋くて、潔くて、かっこいい、二人のパパ
    健康的なドロンってどうなんだろう
    製作年:1998
    製作国:フランス
    監督:パトリス・ルコント
    主演:アラン・ドロン
    19
  20. 暗くなるまでこの恋を

    暗くなるまでこの恋を
    評価:D3.07
    ウィリアム・アイリッシュ原作の「暗闇へのワルツ」を基に、フランス映画界の巨匠フランソワ・トリュフォーがメガホンを取ったラブサスペンス。フランス領の島にやって来た、美貌の花嫁をめぐる愛憎劇を映し出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    彼女は本当に悪女だったのだろうか
    男は馬鹿だとつくづく思える作品。
    誰もヒッチコックにはなれない。
    ドラマチックだが、辛くなる
    製作年:1969
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・トリュフォー
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    20
  21. カトマンズの男

    カトマンズの男
    評価:D2.83
    ジュール・ヴェルヌの小説『中国での中国人の苦難』(Tribulations of a Chinese in China)をダニエル・ブーランジェとフィリップ・ド・ブロカが脚色、「リオの男」のフィリップ・ド・ブロカが監督したアクション編。撮影はエドモン・セシャン、音楽は「柔らかい肌」のジョルジュ・ドルリューが担当した。出演は「リオの男」のジャン・ポール・ベルモンド、「何かいいことないか子猫チャン」のウルスラ・アンドレスのほかに舞台出身のジャン・ロシュフォール、ヴァレリー・インキジノフなど。製作はアレクサンドル・ムヌーシュキンとジョルジュ・ダンシジェール。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    ドタバタ感がまた最高です!(*`▼´*)b
    エキゾチックな雰囲気がお洒落な作品
    ベルモンドの前髪
    同情
    製作年:1965
    製作国:フランス/イタリア
    監督:フィリップ・ド・ブロカ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    21
  22. 華麗なる大泥棒

    華麗なる大泥棒
    評価:D2.82
     地中海の街を舞台に展開する泥棒アクションで、ジャン=ポール・ベルモンド率いるエメラルド強盗団と、彼らを追跡して宝石を奪取しようと企むオマー・シャリフの悪徳警官が、熾烈な争奪戦を繰り広げる。

    アクション

    ネット上の声

    観客も参加して楽しめ!
    ちょっと ルパン三世
    観客も参加して楽しめ!
    ちょっと ルパン三世
    製作年:1971
    製作国:フランス
    監督:アンリ・ヴェルヌイユ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    22
  23. ダンケルク

    ダンケルク
    評価:D2.72
    R・メルルの小説『ズイドコートの週末』の映画化。1940年6月、北フランスのダンケルクに近い海岸に40万人近くの兵士たちがいた。その中の3人の男たちが出会った娘をめぐるエピソードを中心に、戦争による悲劇を厳しく見つめている。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    戦争は厭だ
    映画館のスクリーンで是非
    史上最大の撤退作戦ダンケルクの風景
    醒めた目で見た戦争は…。
    製作年:1964
    製作国:フランス/イタリア
    監督:アンリ・ヴェルヌイユ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    23
  24. 追悼のメロディ

    追悼のメロディ
    評価:E0.00
    町の実力者の娘と恋仲になった男が、無実の罪で刑務所に送られた。刑期を終えて帰ってきた彼は、娘の協力を得て真犯人を探しはじめる。そして、その犯人が娘の父親だと判明したとき、彼は巧妙な復讐を図る……。軽快なテンポで進むサスペンス劇。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    フィルム・ノワールの雰囲気も生きた佳曲
    生まれ育った街は好きですか
    製作年:1976
    製作国:フランス
    監督:アンリ・ヴェルヌイユ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    24
  25. 黙って抱いて

    黙って抱いて
    評価:E0.00
     パリの宝石商からエメラルドが強奪された。捜査を開始した刑事の前に一人の女性が現れるが……。

    サスペンス、コメディ

    ネット上の声

    奥様は18才
    製作年:1959
    製作国:フランス
    監督:マルク・アレグレ
    主演:アンリ・ヴィダル
    25
  26. ベルモンドの怪盗二十面相

    ベルモンドの怪盗二十面相
    評価:E0.00
     主人公ヴィクトールは、変装好きの大怪盗である。ところが、仕事はいつも失敗続きで、得意の変装もみんなに見破られてしまう。

    コメディ

    ネット上の声

    ベルモンドの変装詐欺百連発
    変装好き
    製作年:1975
    製作国:フランス
    監督:フィリップ・ド・ブロカ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    26
  27. パリの大泥棒

    パリの大泥棒
    評価:E0.00
    ジャン・ジャック・ポヴェールの原作を、「ビバ!マリア」のコンビ、ルイ・マルとジャン・クロード・カリエールが脚色し、台詞をダニエル・ブーランジェが書き、ルイ・マルが製作・監督したアクション・コメディ。撮影はアンリ・ドカエ、音楽はアンリ・ラノエが担当した。出演は、「気狂いピエロ」のジャン・ポール・ベルモンド、「戦争は終った」のジュヌビエーブ・ビュヨルド、ほかにマリー・デュボア、フランソワーズ・ファビアン、ジュリアン・ギオマールなど。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    十九世紀末の巴里、ベル・エポックを背景に
    超べっぴん揃い!
    観て楽しむ作品
    製作年:1966
    製作国:フランス
    監督:ルイ・マル
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    27
  28. オー!

    オー!
    評価:E0.00
     ギャングのボスのお抱え運転手から“ルパン+カポネ=オー”とまで呼ばれるようにまで上りつめる一匹狼の元レーサーのタフガイを、ベルモンドが純に演じて、アンリコ監督らしい青春の哀切をじんと感じさせる、ノスタルジックなアクション・コメディ作品。

    アクション

    ネット上の声

    この小粋さ!ベルモンドがはまってる
    怪盗ルパンではありません
    この作品もいい
    製作年:1968
    製作国:フランス
    監督:ロベール・アンリコ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    28
  29. 二重の鍵

    二重の鍵
    評価:E0.00
    ヒッチコックに傾倒するシャブロルがヒッチコック・タッチで撮ったサスペンス映画。南フランスの広い邸宅にマルク一家が住んでいた。一家の主アンリと隣人レダは愛人関係だったが、ある日、レダは何者かに殺されてしまい……。ドカエのあざやかな色彩撮影が印象的。

    サスペンス

    ネット上の声

    サスペンス以外に見どころあり
    才気!
    製作年:1959
    製作国:フランス
    監督:クロード・シャブロル
    主演:アントネッラ・ルアルディ
    29
  30. ジャン=ポール・ベルモンドの 恐怖に襲われた街

    ジャン=ポール・ベルモンドの 恐怖に襲われた街
    評価:E0.00

    ネット上の声

    補導されそうになりました。
    パリの街中でのアクション
    製作年:1973
    製作国:フランス
    監督:アンリ・ヴェルヌイユ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    30
  31. 墓場なき野郎ども

    墓場なき野郎ども
    評価:E0.00
    実在のギャング、アベル・ダノスを主人公にした小説の映画化である(原作ジョゼ・ジョヴァンニ)。監督は、ジョルジュ・フランジュの「顔のない眼」で助監督をつとめたクロード・ソーテ。脚色はソーテ、ジョバンニ、パスカル・ジャルダンの三人。台詞もジョバンニ。撮影はギスラン・クロッケ。音楽は「やるか、くたばるか」のジョルジュ・ドルリュー。出演は「野獣は放たれた」のリノ・ヴァンチュラ、「二重の鍵」のジャン・ポール・ベルモンド、「両面の鏡」のサンドラ・ミーロのほか、シモーヌ・フランス、スタン・クロールら。

    アクション

    ネット上の声

    クロード・ソーテ監督が描くギャングの日常
    製作年:1960
    製作国:フランス/イタリア
    監督:クロード・ソーテ
    主演:リノ・ヴァンチュラ
    31
  32. 相続人

    相続人
    評価:E0.00
     J=P・ベルモンド主演のサスペンス・アクションで、公開当時そのスピーディな演出が話題になった。ベルモンドの映画にしては珍しく法曹界が舞台になっており、ある殺人事件を発端に法律の世界に巣くう巨悪が暴かれていく。

    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    一皮向けたベルモンド
    重みのある内容
    製作年:1973
    製作国:フランス
    監督:フィリップ・ラブロ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    32
  33. 勝負(かた)をつけろ

    勝負(かた)をつけろ
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「ラ・スクムーン」は、この映画の撮り直し
    ラ・スクムーンの原版
    アウトロー
    製作年:1961
    製作国:フランス/西ドイツ
    監督:ジャン・ベッケル
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    33
  34. あの愛をふたたび

    あの愛をふたたび
    評価:E0.00
     アメリカにロケにやってきたフランスの女優が、音楽家とつかの間の愛を育む。彼女は夫と別れる決心をし、再び会うことを約束してフランスへ帰っていったが……。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1970
    製作国:フランス
    監督:クロード・ルルーシュ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    34
  35. ソフィー・マルソー/恋にくちづけ

    ソフィー・マルソー/恋にくちづけ
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    中年夫婦のコメディー
    製作年:1984
    製作国:フランス
    監督:ジョルジュ・ロートネル
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    35
  36. 警部

    警部
    評価:E0.00
    マルセイユとモンテカルロの間のある街を舞台に、暗黒街と汚れた関係をもつ警察官を監督する一人の警部の活躍を描くアクション映画。製作はアラン・ポワレ、監督は「チェイサー」のジョルジュ・ロートネル。ミシェル・グリリアの原作を基にジャン・エルマンが脚色。撮影はアンリ・ドカエ、音楽はフィリップ・サルドが各々担当。出演はジャン・ポール・ベルモンド、マリー・ラフォレ、ミシェル・ガラブリュ、ジョルジュ・ジェレなど。

    アクション

    ネット上の声

    出世よりも事件解決に心血を注ぐ変人警部殿
    なかなかの秀作
    製作年:1978
    製作国:フランス
    監督:ジョルジュ・ロートネル
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    36
  37. ムッシュとマドモアゼル

    ムッシュとマドモアゼル
    評価:E0.00
     スタントマンの恋と仕事にかける情熱を描いた、J=P・ベルモンド主演によるアクションコメディ。アメリカの大スターの代役を受ける事になった男が、八面六臂の大活躍。

    アクション、コメディ

    ネット上の声

    ベルモンドの魅力
    製作年:1978
    製作国:フランス
    監督:クロード・ジディ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    37
  38. 太陽の下の10万ドル

    太陽の下の10万ドル
    評価:E0.00
     モロッコのある運送会社に、ナイジェリアまで荷物を運ぶ仕事が舞い込んだ。主人公は、その荷物が10万ドルの武器であることを知り、強奪をはかる。

    アクション
    製作年:1964
    製作国:フランス
    監督:アンリ・ヴェルヌイユ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    38
  39. パリ警視J

    パリ警視J
    評価:E0.00
     パリ警視庁内で“J”というコードネームを持つ男。特殊犯罪解決のために密かに行動するこの警視を主人公にしたアクション・ドラマ。

    アクション

    ネット上の声

    何様?オレ様だよ!映画ってのも悪くない
    J・Pベルモンド命がけのアクション
    ファン以外の方にはキツイかも?
    マルジナル
    製作年:1984
    製作国:フランス
    監督:ジャック・ドレー
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    39
  40. 黄金の男

    黄金の男
    評価:E0.00
     主人公は密輸品の運び屋である。密輸組織の依頼で、監視役の女性と共に仕事することになった。

    アクション
    製作年:1964
    製作国:フランス
    監督:ジャン・ベッケル
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    40
  41. ボルサリーノ

    ボルサリーノ
    評価:E0.00
    ジャン=ポール・ベルモンドとアラン・ドロンというフランス映画界きってのスターが初めて共演を果たし、話題を呼んだ伝説のギャングムービー。1930年代のマルセイユを舞台に、街を手中に収めようと野心を燃やす二人のギャングの抗争と友情を描く。

    アクション

    ネット上の声

    ドロンとベルモンドが手を握った名作!
    こういう映画に浸りきって暮らしたい
    ベルモンドのような男に憧れていた!
    J=P・ベルモンドの魅力が勝る
    製作年:1970
    製作国:フランス/イタリア
    監督:ジャック・ドレー
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    41
  42. 大盗賊

    大盗賊
    評価:E0.00
     主人公のカルトーシュは、チンピラを束ねる盗賊団のリーダーである。彼は仲間と共にギャングのボスと対決、見事、その座を奪い取るが……。

    アクション、アドベンチャー(冒険)

    ネット上の声

    国内版DVD 出してください
    冒険活劇を気軽に楽しむ
    製作年:1961
    製作国:フランス
    監督:フィリップ・ド・ブロカ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    42
  43. シャルロットとジュール

    シャルロットとジュール
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1960
    製作国:フランス
    監督:ジャン=リュック・ゴダール
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    43
  44. ジャン=ポール・ベルモンドの 道化師/ドロボー・ピエロ

    ジャン=ポール・ベルモンドの 道化師/ドロボー・ピエロ
    評価:E0.00
    刑務所から出所してきたばかりの泥棒アレキサンドルは、さっそくいつもの悪い癖で新しい獲物を探した。アタッシュ・ケースを奪ったのはいいが、これが原因で追いつ追われつの大混戦が始まって……。アクション以外にコメディ作品でも味を見せるベルモンド面目躍如の娯楽作品。

    コメディ

    ネット上の声

    楽しめる
    製作年:1980
    製作国:フランス
    監督:ジョルジュ・ロートネル
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    44
  45. ジャン=ポール・ベルモンドの交換結婚

    ジャン=ポール・ベルモンドの交換結婚
    評価:E0.00

    ネット上の声

    キャストの割には
    製作年:1972
    製作国:フランス
    監督:クロード・シャブロル
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    45
  46. ビアンカ

    ビアンカ
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1961
    製作国:イタリア
    監督:マウロ・ボロニーニ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    46
  47. タヒチの男

    タヒチの男
    評価:E0.00


    コメディ
    製作年:1966
    製作国:フランス
    監督:ジャン・ベッケル
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    47
  48. 波止場

    波止場
    評価:E0.00
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1954年・作品賞)
    製作年:1963
    製作国:イタリア
    監督:レナート・カステラーニ
    主演:ジーナ・ロロブリジーダ
    48
  49. ある晴れた朝突然に

    ある晴れた朝突然に
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1964
    製作国:フランス/スペイン/イタリア
    監督:ジャック・ドレー
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    49
  50. 地上最笑の作戦

    地上最笑の作戦
    評価:E0.00


    コメディ
    製作年:1962
    製作国:イタリア
    監督:セルジオ・コルブッチ
    主演:フランコ・フランキ
    50

スポンサードリンク