スポンサーリンクあり

全39作品。大竹しのぶが出演した映画ランキング

  1. 1

    GO

    GO
    • A
    • 4.24
    高校3年の杉原の国籍は韓国だが、普段はまったく気にしない。桜井という少女とつきあうようになり、いつか自分の国籍を告白しなくてはならないと思っていたある日、同じ国籍をもつ親友に悲劇が起こる。原作は金城一紀の直木賞受賞作「GO」。監督は、昨年の釜山映画祭で国際批評家連盟賞を受賞した「ひまわり」の行定勲。脚本はTV「池袋ウエストゲートパーク」の宮藤官九郎。同番組に出演した窪塚洋介、「バトル・ロワイアル」の柴咲コウら若手人気俳優が共演。

    ネット上の声

    • すべてがカッコイイ。そして深い。オススメ
    • 行け杉原!人類の敵「憎悪」をぶっとばせ
    • ようやく観れたけど、本当に観てよかった
    • 国籍がなんだってんだ、バカヤロォォォ!!
    ヤンキー、 青春
    • 製作年2001年
    • 製作国日本
    • 時間122分
    • 監督行定勲
    • 主演窪塚洋介
    • 定額
  2. 麻雀放浪記
    • B
    • 3.82
    阿佐田哲也のベストセラー小説「麻雀放浪記」の第1部「青春編」を実写映画化。敗戦直後の東京を舞台に、勝負師たちとの出会いを通して人生を学んでいく青年を描く。イラストレーターの和田誠が初メガホンをとり、「野菊の墓」の監督・澤井信一郎と共同で脚色。終戦後も学校へ戻らず無為な日々を過ごす青年・哲は、勤労動員の工場で働いていた時に博打を教えてくれた上州虎と再会する。虎に連れられてチンチロ集落を訪れた哲は、そこで出会ったプロの勝負師・ドサ健に、強烈な対抗心と奇妙な友情を抱く。数日後、哲はドサ健と共にアメリカ兵相手の秘密カジノへ繰り出すが……。真田広之が主演を務め、鹿賀丈史、高品格、大竹しのぶらが個性豊かな登場人物たちを演じる。

    ネット上の声

    • 「恋空」を見るくらいならこれを見ろ!
    • 社会の底辺で黒光り☆いぶし銀な世界観
    • 実録! コソボが雀荘で働いた二ヶ月間
    • 「博打うちが油断したら終わりだ」
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1984年
    • 製作国日本
    • 時間109分
    • 監督和田誠
    • 主演真田広之
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  3. 鉄道員(ぽっぽや)
    • C
    • 3.53
    名優・高倉健が主演を務め、第117回直木賞を受賞した浅田次郎の短編小説を実写映画化。「駅 STATION」「あ・うん」など数々の作品で高倉とタッグを組んだ降旗康男監督がメガホンをとり、定年間際の孤独な鉄道員に訪れる小さな奇蹟を詩情豊かに描いた。廃線間近となった北海道のローカル線・幌舞線の終着駅で駅長を務める佐藤乙松。今年で定年を迎える彼は、不器用なほどまっすぐに鉄道員(ぽっぽや)一筋だった自身の人生を振り返る。幼い一人娘を亡くした日も、愛する妻を亡くした日も、乙松は休むことなくずっと駅に立ち続けた。そんな彼の前に、ひとりの少女が現れる。愛らしい少女に、亡き娘・雪子の面影を重ねる乙松だったが……。共演には大竹しのぶ、広末涼子、志村けんら豪華な顔ぶれが揃った。2020年11月6日~、東京のT・ジョイPRINCE品川ほかにて4Kデジタルリマスター版をリバイバル公開。

    ネット上の声

    • 追悼・高倉健 (ほとんど映画のレビューじゃありませんが…)
    • 高倉映画史上唯一泣ける感動映画。
    • また違った感じで。
    • 後半ちょうど飽きてきたところでめちゃくちゃ可愛い広末涼子、やっぱこの時代の若手女
    北海道が舞台、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1999年
    • 製作国日本
    • 時間112分
    • 監督降旗康男
    • 主演高倉健
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  4. 旅立ちの島唄 〜十五の春〜
    • C
    • 3.48
    「Seventeen」専属モデルでアイドルグループ「さくら学院」のメンバーとしても活躍した若手女優・三吉彩花の映画初主演作。沖縄本島から東へ360キロ離れた南大東島には高校がなく、中学を卒業して進学する若者は、必ず島を出てひとり立ちしていく。島唄グループでリーダーを務める中学3年生の優奈も、あと1年で生まれ育った島を出なければならない。家族と離れ離れになることへの不安や、未知の世界への好奇心を抱きながら、優奈は最後に島唄を歌いきって旅立とうと前進していく。両親役で大竹しのぶ、小林薫が共演。

    ネット上の声

    • 成長、絆、感謝、伝統を丹念に描いた秀作。
    • 現地に媚びず、観客に媚びず、家族を描く
    • 南大東島観光映画ではありません
    • 素直な直球勝負に好感度大
    沖縄、 青春
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間114分
    • 監督吉田康弘
    • 主演三吉彩花
    • 定額
    • 定額
  5. 死んでもいい
    • C
    • 3.47
    気ままな旅を続けていた青年が人妻にひと目惚れしたことから始まる愛憎入り交じる三角関係を描く。西村望の『火の蛾』を原作に、「天使のはらわた 赤い眩暈」の石井隆が脚本・監督を担当。撮影は「喜多郎の十五少女漂流記」の佐々木原保志。

    ネット上の声

    • もしサイレントでもわかる石井映画の凄さ
    • 「シーラカンスみたいな部屋だな」
    • 男女3人の修羅場が静かになるとき
    • 土砂降りの日に、運命の歯車は回る
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1992年
    • 製作国日本
    • 時間117分
    • 監督石井隆
    • 主演大竹しのぶ
  6. 漁港の肉子ちゃん
    • C
    • 3.45
    明石家さんまの企画・プロデュースで、直木賞作家・西加奈子の同名ベストセラー小説をアニメ映画化。漁港で暮らす食いしん坊で脳天気な肉子ちゃんは、情に厚くて惚れっぽく、すぐ男に騙されてしまう。しっかり者でクールな11歳の娘キクコは、そんな母のことが少し恥ずかしい。やがて母娘の秘密が明らかになり、2人に最高の奇跡が訪れる。底抜けに明るくパワフルな主人公・肉子ちゃんの声を大竹しのぶが担当。木村拓哉と工藤静香の長女でモデルのCocomiがキクコ役で声優に初挑戦し、「鬼滅の刃」の花江夏樹らが共演する。「海獣の子供」が高い評価を受けた渡辺歩監督とSTUDIO4℃が手がけ、スタジオジブリ出身の小西賢一がキャラクターデザイン・総作画監督、「サヨナラまでの30分」の大島里美が脚本を担当。

    ネット上の声

    • 原作小説を軽やかにアニメ化、肉子ちゃんの変幻自在なビジュアルと声の芝居を堪能
    • 明石家さんまがプロデュースしたのは、笑いでなく、「リアルジブリ」の世界観。
    • 驚くべきアニメの芝居の力
    • 笑って泣ける家族の物語
    アニメ
    • 製作年2021年
    • 製作国日本
    • 時間97分
    • 監督渡辺歩
    • 主演大竹しのぶ
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  7. 男はつらいよ 寅次郎頑張れ!
    • C
    • 3.36
    シリーズも二十作目を迎えた今回は、ヒロインの他に青年が登場し、寅さんと共に騒動をまきおこす。脚本は「幸福の黄色いハンカチ」の山田洋次と同作の朝間義隆、監督も同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 下宿人のワット君と幸子さんの恋のサポートやワット君の姉・藤子さんへの恋心を描いた
    • 男はつらいよ 寅さんDVDマガジンより
    • あれから32年。自分はいったい・・・
    • 恋の情熱が爆発!のシリーズ20作目
    ヒューマンドラマ、 男はつらいよ
    • 製作年1977年
    • 製作国日本
    • 時間95分
    • 監督山田洋次
    • 主演渥美清
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  8. 学校III
    • C
    • 3.22
    東京の下町にある職業訓練校に通い始めたひとりの中年女性を中心に、人生の再出発をかけてそこに集った人々の心の触れ合いを描いたヒューマン・ドラマ。監督は「虹をつかむ男南国奮斗篇」の山田洋次。脚本は、山田監督自身による原作と鶴島緋沙子の『トミーの夕陽』を基に、「釣りバカ日誌10」の朝間義隆と山田監督が共同執筆。撮影を「てなもんや商社」の長沼六男が担当している。主演は「GONIN2」の大竹しのぶと「あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE」の小林稔侍。日本テレビ放送網開局45年記念作品。キネマ旬報日本映画ベスト6位。

    ネット上の声

    • 本作学校Ⅲと1991年の作品息子は表裏一体なのかもしれません
    • 職業訓練校行ったことあります
    • 社会の冷たさや厳しさを描く中で人の温かい触れ合いや優しさが凄く心に残る映画でした
    • 学校IとIIを絶妙にミックスさせながら一番やりたいのは稔侍としのぶの中年の恋愛
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1998年
    • 製作国日本
    • 時間133分
    • 監督山田洋次
    • 主演大竹しのぶ
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  9. 式日-SHIKI-JITSU-
    • D
    • 3.09

    ネット上の声

    • 庵野ブランドを網羅したかったので見ました
    • イロトリドリノ見方があってもいい
    • 何故こんなにも心が揺れる
    • 鳥居みゆき+碇シンジ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2000年
    • 製作国日本
    • 時間128分
    • 監督庵野秀明
    • 主演岩井俊二
  10. 波光きらめく果て
    • D
    • 3.07
    心と体のおもむくままに生きる奔放な女性の姿を描く。高樹のぶ子原作の同名小説の映画化で、脚本は「片翼だけの天使」の田村孟、監督は「海燕ジョーの奇跡」の藤田敏八、撮影は「結婚案内ミステリー」の鈴木達夫がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 制御の利かない性欲と孤独の耐えられなさ故に何処にも居場所を持てない、端的に言えば
    • 魚やアワビを使って生(性?)のナマナマしさを表現した辺りは面白かったし、大竹しの
    • 夫の部下と不倫関係となり離婚したものの、その相手の男にも結局は捨てられ、母の住む
    • 牛たちがいる崖に洞窟の底に、そんなところ行くかというところにお構いなしで車でぐん
    • 製作年1986年
    • 製作国日本
    • 時間128分
    • 監督藤田敏八
    • 主演松坂慶子
  11. 阿修羅のごとく
    • D
    • 2.83
    79年の冬、70歳を越える父の愛人に子供がいることを知った竹沢家の四姉妹は大騒ぎ。この事件を契機に、長女の不倫、二女の夫の浮気、三女の嫁ぎ遅れ、四女の同棲とそれぞれの抱える問題が顕わになっていく。四姉妹役は大竹しのぶ、黒木瞳、深津絵里、深田恭子。79年にNHKで放映されて人気を博した向田邦子原作・脚本の同名ドラマを、「模倣犯」(02)の森田芳光が監督、「失楽園」(97)の筒井ともみの脚本で映画化。

    ネット上の声

    • 下着一つ買えない人よ〜ジジイよ〜なんて言われていたが仲代達也さんカッコ良すぎん?
    • 大竹しのぶ vs 桃井かおり が観たくて鑑賞した向田邦子原作ファミリードラマ
    • 夫婦でみるべきか・・一人で見るべきか・・
    • 姉妹はただ幸せになりたかっただけ・・・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2003年
    • 製作国日本
    • 時間135分
    • 監督森田芳光
    • 主演大竹しのぶ
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  12. 一枚のハガキ
    • D
    • 2.82
    撮影当時98歳という日本最高齢監督の新藤兼人が、自らの実体験をもとに引退作として製作した戦争ドラマ。出演に豊川悦司、柄本明、大竹しのぶ、大杉漣らベテラン俳優が顔をそろえる。戦争末期に召集された中年兵士の啓太は、1人の兵士から「自分は戦死するだろうから生き残ったらハガキは読んだと妻を訪ねてくれ」と一枚のハガキを託される。終戦後、啓太はわずかな生き残り兵士となり故郷に戻るが、妻は父と出奔し、村で彼を待つ者は誰もいなかった。ハガキを書いた友子を訪ねると、彼女は家族を亡くし、貧しい農家でひとり懸命に生きていた。

    ネット上の声

    • 生き残った人への労いの言葉にも聞こえる「あんたはなんで死なないんじゃ!!」
    • くじ引きで決まった生と死なんだが、、、
    • 99歳、新藤監督が懇切伝えようとしたもの
    • 終戦記念日なので・・・。でも・・・。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2010年
    • 製作国日本
    • 時間114分
    • 監督新藤兼人
    • 主演豊川悦司
  13. この子を残して
    • D
    • 2.78
    長崎の原爆で妻を失くし、自らも被爆した医学博士が、自分の体験を後世に残すため書き綴る姿を描く。永井隆原作のノンフィクションの映画化で、脚本は山田太一と「父よ母よ!」の木下恵介の共同執筆。監督も木下恵介、撮影は「南十字星」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 覚悟して見ましょう
    • ラスト3分の衝撃
    • ラスト3分の衝撃
    • 衝撃のラスト
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1983年
    • 製作国日本
    • 時間128分
    • 監督木下恵介
    • 主演加藤剛
  14. 青春かけおち篇
    • D
    • 2.72
    結婚を反対されたわけでもなく、障害があるわけでもないのに“かけおち”という古典的な愛の行為に出た恋人たちを描く。脚本は原作者でもある「熱海殺人事件」のつかこうへいが執筆。監督は「なんとなく、クリスタル」の松原信吾、撮影は「KIDS」の長沼六男がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 古典的な恋の行為を現代風にするとこうなる
    • 銀河テレビ小説でもやってた
    • 直近の人生の目標を「風間杜夫にバッタリ会って握手してもらう」に設定したらそれだけ
    • 演技してる人に対して演技で返せる主人公はすごい 誰にでもできるヤツじゃ無いかっこ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1987年
    • 製作国日本
    • 時間96分
    • 監督松原信吾
    • 主演風間杜夫
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  15. 季節風
    • E
    • 2.71
    田舎から単身上京しモデルに憧れたり、働くことの厳しさに直面したり、先輩の死に遭遇する中で、さまざまな体験を経て大人への旅立ちをはじめる青年を描く。脚本は「裸足のブルージン」の長野洋、監督は「憧憬 あこがれ」の斎藤耕一、撮影も同作の坂本典隆がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 先ほどふっと思い出しまして!
    • 偶々みにいったがトークがあり、上映後関係者の話がきけて当時流行り言葉で「自立する
    • 演技に異常な安定感のある野口五郎にラストの海岸は斉藤耕一の独壇場、中村敦夫の撮影
    • 砂浜で駆け寄ってくる美女にボクですか?ってキョトンする仕草がやっぱりゴロちゃん
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1977年
    • 製作国日本
    • 時間89分
    • 監督斎藤耕一
    • 主演野口五郎
  16. シュンマオ物語 タオタオ
    • E
    • 2.67
    “男はつらいよ”シリーズの山田洋次原案による初の日中合作長編アニメーション。脚本は高橋健、田中康義の共同執筆、アニメ監督は島村達雄がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • タオタオ😢かわいそすぎた😢こういうの見ると、人間が憎くなるなぁ😵81年の作品です
    • パンダのタオタオは母を射殺され、ヨーロッパに連れてこられる
    • 山田洋次原案監修の日中友好企画で作られたパンダアニメ
    • こんな名作やのに何でレビューが少ないのか!?
    アニメ
    • 製作年1981年
    • 製作国日本
    • 時間87分
    • 監督---
    • 主演大竹しのぶ
  17. 17

    事件

    事件
    • E
    • 2.66
    姉妹で一人の青年を愛し奪い合ったことからおこった殺人事件を中心に、現代の不安な青春の姿を描く、大岡昇平原作の同名小説の映画化。脚本は「危険な関係(1978)」の新藤兼人、監督は「八つ墓村(1977)」の野村芳太郎、撮影は「夜が崩れた」の川又昂がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 映画が終わってみると印象の半分以上大竹しのぶは物凄い!ということで占められてしまっているのです 本作を観ずに大竹しのぶは語れません
    • 小賢しいトリック絡みなどではなく三角関係痴情のもつれを発端とするヒューマン法廷劇
    • 「砂の器」ぽいのを期待して観たんだけど
    • 女優2人の演技が全てを支えている。
    サスペンス
    • 製作年1978年
    • 製作国日本
    • 時間138分
    • 監督野村芳太郎
    • 主演松坂慶子
    • レンタル
  18. 黒い家
    • E
    • 2.66
    古都・金沢。昭和生命北陸支社に勤務する若槻慎二は、保険金の請求書類に埋もれ苦闘する日々を送っていた。ある日、若槻は中年女性の声で「自殺でも保険金は下りるのか」という問い合わせの電話を受ける。思いつめたその声の様子に、思わず自殺を思いとどまるようなだめたが、相手は彼の名前を確認すると電話を切った。そして翌日、菰田と名乗る契約者から若槻名指しのクレームを持ち込まれる。

    ネット上の声

    • 久々にすごく怖い邦画ホラーみちゃいました
    • 原作ファンにとっては最低、最悪の映画化
    • 「保険金、いつ払うてもらえますの?」
    • 惜しいような惜しくないような‥
    ホラー
    • 製作年1999年
    • 製作国日本
    • 時間118分
    • 監督森田芳光
    • 主演内野聖陽
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  19. 女たちの都〜ワッゲンオッゲン〜
    • E
    • 2.55
    熊本県天草市牛深を舞台に、衰退した町を活性化するべく町おこしに挑む女性たちの奮闘を、大竹しのぶら実力派女優出演で描いた人情喜劇。かつては漁業と色街で栄えていたが、現在は少子化や経済状況の悪化ですっかり寂れてしまった牛深の町。うつぼ屋の女将である弓枝や漁師の妻・俊恵、スナックのママ・ゆり子らは、情けない男たちに代わって町おこしに乗り出すことを決意。解体が決まった築100年の元遊郭を改装して料亭にすることを思いつくが……。

    ネット上の声

    • 女性の逞しさや活力がひたすら空回り
    • 元気になれる映画!!
    • 最高の映画でした!
    • これはいただけない
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間103分
    • 監督祷映
    • 主演大竹しのぶ
    • 定額
  20. 生きたい
    • E
    • 2.54
    日本の古い民話「姨捨て伝説」と、現代の老人問題を交錯させて描く人間ドラマ。監督・原作・脚色は、「午後の遺言状」の新藤兼人。撮影に「午後の遺言状」の三宅義行があたっている。主演は、「花のお江戸の釣りバカ日誌」の三國連太郎と「学校III」の大竹しのぶ。芸術文化振興基金助成作品。

    ネット上の声

    • 大変だよね、お互い。溜め息出るよね。
    • 生きることへの執着・超本物の演技
    • 上ニ段活用連用形「生き」たい
    • ただ者ではない大竹しのぶ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1999年
    • 製作国日本
    • 時間119分
    • 監督新藤兼人
    • 主演三國連太郎
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  21. 後妻業の女
    • E
    • 2.52
    直木賞作家・黒川博行の「後妻業」を、大竹しのぶと豊川悦司の共演で映画化。「愛の流刑地」「源氏物語 千年の謎」の鶴橋康夫監督がメガホンをとり、資産を持つ独身男性の後妻に収まり、多額の金品を貢がせる「後妻業」を生業とする女の姿を描く。結婚相談所主催のパーティで知り合い、結婚した小夜子と耕造。2年後に耕造は死去するが、娘の朋美と尚子は、小夜子が全財産を受け継ぐという遺言証明書を突きつけられる。小夜子は、裕福な独身男性の後妻となり、財産を奪う「後妻業の女」で、その背後には結婚相談所所長の柏木の存在があった。一方、父親が殺害されたと考える朋美は、裏社会の探偵・本多を雇い、小夜子と柏木を追いつめていく。小夜子役を大竹、柏木役を豊川が演じ、尾野真千子、長谷川京子、永瀬正敏らが共演する。

    ネット上の声

    • 新旧女優壮絶バトル最高。が映画結末に不満
    • すっごく面白くて、つづけて2度見ました!
    • 関西弁の上手な俳優、もっとおらんか!
    • 大竹しのぶと鶴瓶の性交はオゾマシイ
    サスペンス
    • 製作年2016年
    • 製作国日本
    • 時間128分
    • 監督鶴橋康夫
    • 主演大竹しのぶ
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  22. 岬のマヨイガ
    • E
    • 2.49
    児童文学作家・柏葉幸子が東北の民話を盛り込みながらつづった同名ファンタジー小説をアニメーション映画化。ある事情から家を出た17歳のユイと、両親を事故で亡くしたショックで声を失った8歳のひより。それぞれ居場所を失った2人は、不思議なおばあちゃん、キワさんと出会い、岬に建つ古民家「マヨイガ」で暮らすことに。そこは“訪れた人をもてなす”という、岩手県に伝わる伝説の家だった。マヨイガとキワさんの温もりに触れ、2人の傷ついた心は次第に解きほぐされていく。そんなある日、「ふしぎっと」と呼ばれる優しい妖怪たちがキワさんを訪ねてマヨイガにやって来る。主人公ユイの声を芦田愛菜が演じる。アニメ「のんのんびより」シリーズの川面真也が監督を務め、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」シリーズの吉田玲子が脚本を担当。

    ネット上の声

    • 被災地の復興と心のドラマを抑制されたトーンで描く
    • しばし、民話の世界観に酔う・・
    • 傷ついた心をもてなしてくれる
    • おばあちゃんは何者。
    アニメ
    • 製作年2021年
    • 製作国日本
    • 時間105分
    • 監督川面真也
    • 主演芦田愛菜
    • 定額
    • レンタル
    • レンタル
  23. わたくしどもは。
    • E
    • 2.43
    小松菜奈と松田龍平が共演し、新潟・佐渡島を舞台に記憶を失った男女の謎めいた過去と運命を描いたドラマ。 佐渡島の金山跡地で目を覚ました女。過去の記憶がない彼女は清掃員の女キイに助けられ、キイがアカとクロという女の子と暮らす家に運ばれる。自分の名前すら思い出せない女はミドリと名付けられ、キイと一緒に清掃員として働き始める。そこで警備員の男と出会ったミドリは、彼もまた過去の記憶がないことを知り、次第に惹かれ合っていくが……。 「Blue Wind Blows」で注目を集めた富名哲也が監督・脚本を手がけ、江戸時代に佐渡金山で過酷な労働を強いられて命を落とした無国籍者の人々を埋葬した「無宿人の墓」に着想を得て撮りあげた。2023年・第36回東京国際映画祭コンペティション部門出品。

    ネット上の声

    • 東京国際映画祭2023にて
    • 生と死なんてよくわからないし、わからないまま死んでいくのだろうけど、彷徨う魂たち
    • アート作品なのはわかりますが、キャストと画が良いから見てられました
    • 日本映画では久しぶりに静かでピュアで美しいART作品を観ました
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2023年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督富名哲也
    • 主演小松菜奈
  24. 世界名作童話 森は生きている
    • E
    • 2.41
     ソビエトの詩人サムエル・マルシャークの戯曲を原作に、東映動画(現・東映アニメーション)が製作した劇場アニメ。

    ネット上の声

    • アニメのEDのイメージに使われていたため気になって
    • 元は旧ソビエトの童話なんだそうな
    • 初めて映画館で観た映画
    • 久しぶりに再見
    アニメ
    • 製作年1980年
    • 製作国日本
    • 時間65分
    • 監督---
    • 主演大竹しのぶ
    • レンタル
    • 定額
  25. 危険な女たち
    • E
    • 2.40
    南紀・白浜の別荘でおきた殺人事件をもとに、女の愛憎のドラマを描く。アガサ・クリスティー原作「ホロー荘の殺人」の映画化で、脚本は竹内銃一郎と「ねずみ小僧怪盗伝」の古田求の共同執筆。監督は同作の野村芳太郎、撮影も同作の川又昂がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • とってもふるくさ~~い感じがした。
    • 大竹しのぶ若い 主題歌好き 昔の芦屋が舞台のシーンが何回か出てきてテンション上が
    • グダグタながらラストはメアリ・ウエストマコット風仕上げ、キミコのイニシエーション
    • アガサ・クリスティ原作「ホロー荘の殺人」だけど、それを日本流?松竹流?にまとめる
    サスペンス
    • 製作年1985年
    • 製作国日本
    • 時間122分
    • 監督野村芳太郎
    • 主演大竹しのぶ
  26. 復活の朝
    • E
    • 2.40
    大学病院の外科病棟を舞台に、若き看護婦たちの格闘を描くヒューマン・ドラマ。監督はこれがデビュー作となる吉田剛。江川晴の『外科東病棟』(小学館刊)を原作に、脚本は「四万十川」の古田求、撮影は「黒い雨」の川又昂が担当。

    ネット上の声

    • いのちの現場から
    • 時代なのか描かれる世界が嘘くさい
    • 気が滅入るほど重たい医療ドラマ
    • 和久井映見目当てで借りてみた
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1992年
    • 製作国日本
    • 時間111分
    • 監督吉田剛
    • 主演大竹しのぶ
  27. 借りぐらしのアリエッティ
    • E
    • 2.39
    イギリスの女流作家メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を、スタジオジブリが映画化。監督は「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」で原画、「ゲド戦記」で作画監督補を務めた米林宏昌。企画・脚本に宮崎駿。身長10センチの小さなアリエッティ一家は、人間が住む家の床下で、さまざまな生活品をこっそり借りて暮らしていた。彼らの掟は「決して人間に見られてはいけない」ということ。しかし、アリエッティはその家に引越してきた少年・翔に自分の姿を見られてしまう。

    ネット上の声

    • 10年以上前から観よう観ようと思ってずーっと観れなかった作品
    • 昔から小人物語に込められてきたメッセージ
    • お話が貧弱で人間キャラへの突っ込みも不足
    • うわぁ・・・これは・・・微妙・・・。
    アニメ、 ジブリ
    • 製作年2010年
    • 製作国日本
    • 時間94分
    • 監督米林宏昌
    • 主演志田未来
  28. きんぴら
    • E
    • 2.38
    毎週金曜の夜にTVを電波ジャックする一味の女リーダーと冴えない電波取締官との奇妙な関係を描くコメディ。脚本は「ウォータームーン」の丸山昇一が執筆。監督は「悲しきヒットマン」の一倉治雄。撮影は「3-4x10月」の柳島克己がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 吉祥寺が舞台って言うから見てみたけどそれっぽいシーンちょっとしかない凄いゴチャゴ
    • 大竹しのぶと仲村トオルが主演を務めた、電波ジャック団と違法電波取締官との追いつ追
    • ぶっ飛んでる脚本に置いてかれそうになったけれど、大竹しのぶさんのお芝居が引っ張っ
    • 吉祥寺を舞台に元極道の娘が電波ジャックで荒稼ぎするというハチャメチャなストーリー
    コメディ
    • 製作年1990年
    • 製作国日本
    • 時間95分
    • 監督一倉治雄
    • 主演大竹しのぶ
    • レンタル
    • 定額
  29. 永遠の1/2
    • E
    • 2.37
    婚約者と喧嘩し市役所を辞めた青年が自分とそっくりな男によってトラブルに巻き込まれていくさまを、出戻り娘との恋をダブらせながら描く。佐藤正午原作の同名小説の映画化で、脚本は「ロビンソンの庭」に脚本協力の内田栄一、監督は「ウホッホ探険隊」の根岸吉太郎、撮影は「愛はクロスオーバー」の川上皓市がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • ドッペルゲンガーを見た人は…
    • ちょっと不思議な世界
    • 公開当時 二十歳
    • 婚約者に付きまとわれ市役所を辞めた青年が、詐欺行為を働く男に間違われたり、離婚女
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1987年
    • 製作国日本
    • 時間101分
    • 監督根岸吉太郎
    • 主演時任三郎
  30. 天国までの百マイル
    • E
    • 2.37
    心臓病の母を名医の元へ送り届ける為、百マイルの旅に出た男と彼を巡る人々の心の交流を描いた人情ドラマ。監督は「父危篤、面会謝絶」の早川喜貴。浅田次郎の自伝的小説を基に、「新 居酒屋ゆうれい」の田中陽造が脚色。主演は「緑の街」の時任三郎。スーパー16ミリからのブローアップ。

    ネット上の声

    • 亡くなってから後悔するのではなく・・・。
    • キャスティング・イメージって大事だよね!
    • 普通の作品でしたが、泣けました・・・
    • わたしのなかの浅田 ★感動の作品★
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2000年
    • 製作国日本
    • 時間104分
    • 監督早川喜貴
    • 主演時任三郎
  31. ふくろう
    • E
    • 2.36
    時代の波に翻弄された不幸な身の上の母娘が、飢えの苦しみから解放されるべく次々に殺人を犯していく様を描いたブラック・コメディ。監督は「三文役者」の新藤兼人。自らの原作を、新藤監督自身が脚色。撮影を「三文役者」の三宅義行と林雅彦が担当している。主演は、「伝説のワニ ジェイク」の大竹しのぶと「さよなら、クロ」の伊藤歩。第25回モスクワ国際映画祭最優秀女優賞(大竹しのぶ)受賞、特別功労賞(新藤兼人)受賞、平成14年度文化庁芸術団体重点支援事業作品。

    ネット上の声

    • 久しぶりに視聴した。初見の時より冷静に観れた。 妖艶な大竹しのぶさ...
    • 雄なる野ネズミを食らう、ふくろう
    • 期待しないで見たら良かった。
    • 1980年と2000年
    サスペンス
    • 製作年2003年
    • 製作国日本
    • 時間119分
    • 監督新藤兼人
    • 主演大竹しのぶ
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  32. オカンの嫁入り
    • E
    • 2.34
    咲乃月音原作の小説「さくら色 オカンの嫁入り」(宝島社文庫)を、 宮崎あおい&大竹しのぶのダブル主演で映画化。陽子(大竹)と月子(宮崎)は母一人子一人で大阪の下町で暮らしていた。ある晩遅く、陽子は若い金髪の男を連れて帰宅し「この人と結婚することにしたから」と言い放つ。いきなりのことに困惑し、怒る月子は、隣に住む大家のところに居候することにするが、やがて陽子の事情を知り……。監督は「酒井家のしあわせ」の呉美保(オ・ミポ)。

    ネット上の声

    • 泣いてても、笑ってても、時間は同じだけ過ぎていくねん。
    • 完成された女優と前途有望な女監督との結晶
    • それぞれの想い。母から娘へ、娘から母へ。
    • 食事はね、栄養を取るためじゃないんですよ
    大阪が舞台、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2010年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督呉美保
    • 主演宮崎あおい
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  33. あゝ野麦峠
    • E
    • 2.29
    明治中期、長野県岡谷市にある製系工場に、岐阜県飛騨地方から野麦峠を越えて働きに出た少女達の姿を描く。昭和四十三年に発表された山本茂実の同名小説を映画化したもので、脚本は服部佳、監督は「皇帝のいない八月」の山本薩夫、撮影は「曽根崎心中」の小林節雄がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • なんでこんな名画のDVDが出ないんでしょ
    • さすが巨匠監督、唸る一本です。
    • 県の人権啓発イベントにて
    • もう一度 見たいです。
    青春、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1979年
    • 製作国日本
    • 時間154分
    • 監督山本薩夫
    • 主演大竹しのぶ
  34. 34

    GONIN2

    GONIN2
    • E
    • 2.22
    たまたま居合わせた宝石店で宝石強盗事件に巻き込まれた5人の女たちが、強盗犯や暴力団に追いつめられながら逆襲していく様を描いた異色バイオレンス・アクション。転落した5人の男たちを描いた95年の「GONIN」のパート2だが、話としては独立した一本である。監督・脚本は前作と同じ石井隆。撮影は「ゲレンデがとけるほど恋したい。」の佐々木原保志が担当している。主演に「さよならニッポン!」の緒形拳。5人の女たちには、かつての石井作品でヒロイン・名美を演じた女優のうち「死んでもいい」の大竹しのぶ、「ヌードの夜」の余貴美子、「夜がまた来る」の夏川結衣の3人と、「罠(1996)」の喜多嶋舞、「XII-1118_PROMISE_THE_MOON」の西山由海がふんしている。R指定。

    ネット上の声

    • 「GONIN2」あっての「GONIN」
    • 裏バージョン・フラワーズ。
    • 監督石井隆、おそるべし
    • 大竹しのぶのセーラー服
    アクション
    • 製作年1996年
    • 製作国日本
    • 時間108分
    • 監督石井隆
    • 主演緒形拳
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  35. 青春の門 自立篇
    • E
    • 2.03
    前作「筑豊編」に続く第二作目。新しい世界に自由を求めて上京し、貧しい学生生活と友情の中で育つ信介を描く。脚本は「青春の門(1975)」の早坂暁と浦山桐郎の共同、監督も同作の浦山桐郎、撮影は「喜劇 百点満点」の村井博がそれぞれを担当。

    ネット上の声

    • なんだこの典型的ハーレムアニメ(主人公好きになれないタイプ)みたいな映画!!!!
    • 『シンスケ』は、地に足が、付いてない感じ
    • 幼い頃に映画館で観た
    • 青春の門 自立編
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1977年
    • 製作国日本
    • 時間161分
    • 監督浦山桐郎
    • 主演田中健
    • レンタル
    • 定額
  36. いこか もどろか
    • E
    • 2.02
    女好きのサラリーマンとギャンブル好きの女が大金をめぐって暴力団や警察と争う様子を描く。原作・脚本はTV「男女7人夏/秋物語」の鎌田敏夫、監督はTBSのディレクターの生野慈朗で映画はこれが第一作。撮影は「ラブ・ストーリーを君に」の仙元誠三がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 1億という金なのに、二人で山分けしても足りないらしい。どんだけ借金してまんのや!
    • サンチャンシーチャンロードムービー
    • 和製ロードムービーの傑作。
    • 大人になってからみたらまた
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1988年
    • 製作国日本
    • 時間105分
    • 監督生野慈朗
    • 主演明石家さんま
  37. 夜逃げ屋本舗
    • E
    • 1.96
    借金苦の人々を救うべく活躍する夜逃げ屋の面々の姿を描いた社会派コメディ。脚本・監督は「べっぴんの町」の原隆仁。共同脚本は真崎慎と長崎行男。撮影は「バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ」の前田米造がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • トンチンカンな時代の空気の缶詰
    • ただのコメディとしてなら
    • 一億総中流意識の崩壊が始まっていた
    • 社会派コメディ。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1992年
    • 製作国日本
    • 時間106分
    • 監督原隆仁
    • 主演中村雅俊
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  38. REX 恐竜物語
    • E
    • 1.92
    現代に甦った恐竜の赤ちゃんと少女との触れ合いを描くSFファンタジー。畑正憲の原作『恐竜物語』(角川書店・刊)をもとに「天と地と」の角川春樹が監督。脚本は角川と「いつかギラギラする日」の丸山昇一。ダイアローグライターを内館牧子。撮影は「遠き落日」の飯村雅彦。恐竜製作を『E.T.』などのカルロ・ランバルディが担当。テレビCFなどで人気の11歳の安達祐実が映画初出演で主人公の少女・千恵役を演じた。

    ネット上の声

    • どうしてこんなに評価が低いの!?
    • 「E.T.」のカルロ・ランバルディ
    • 子供向けとしてもチャチすぎる
    • 子猫物語は越えられない!
    恐竜、 ファンタジー
    • 製作年1993年
    • 製作国日本
    • 時間106分
    • 監督角川春樹
    • 主演安達祐実
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  39. 極楽家族
    • E
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1978年
    • 製作国日本
    • 時間80分
    • 監督---
    • 主演ミヤコ蝶々

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。