スポンサーリンクあり

全10作品。濱口竜介監督が制作した映画ランキング

  1. ハッピーアワー
    • S
    • 4.71
    演技経験のない4人の女性を主演に、ごく普通の30代後半の女性たちが抱える不安や悩みを、総時間317分の緊迫感あふれるドラマとして描いた。映画学校の生徒たちを起用した4時間を超える大作「親密さ」や、東北記録映画3部作(「なみのおと」「なみのこえ」「うたうひと」)など挑戦的な作品作りを続ける濱口竜介監督が手がけ、スイスの第68回ロカルノ国際映画祭で、主演4人が最優秀女優賞を受賞した。30代も後半を迎えた、あかり、桜子、芙美、純の4人は、なんでも話せる親友同士だと思っていた。しかし、純が1年にわたる離婚協議を隠していたことが発覚。そのことで動揺した4人は、つかの間の慰めにと有馬温泉へ旅行にでかけ、楽しい時間を過ごすが……。

    ネット上の声

    • 昔、日本語ペラペラのイスラエル人に 「真っ白なカーペットに赤いイン...
    • ごついものにぶつかってしまったな、と。
    • 安易に涙を誘おうとしない潔さに感銘!
    • 5時間ちょっと、すぐ近くの別の世界へ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間317分
    • 監督濱口竜介
    • 主演田中幸恵
  2. 親密さ
    • S
    • 4.63
    映画や演劇、俳優養成の専門学校「ENBUゼミナール」の演技コース修了作品としてスタートした企画から生まれた、およそ4時間におよぶ長編作品。「親密さ」という演劇を作り上げていく過程を描いた劇映画の前半部分と、実際の舞台の上演を記録した後半部分の2部構成で、それぞれの中に虚構と現実が交錯する。新作舞台の上演を間近に控えた演出家の令子と良平は、コンビで演出を手がけているが、そのやり方に次第に限界が見え始めて……。

    ネット上の声

    • セリフが聞き取りにくい
    • 演じているのか、本音をさらけ出しているのか
    • この作品に追いつかれたくないと濱口監督が
    • 演劇好きにはたまらないかも
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間255分
    • 監督濱口竜介
    • 主演---
  3. 偶然と想像
    • S
    • 4.61
    「ハッピーアワー」「寝ても覚めても」の濱口竜介監督初の短編オムニバス。2021年・第71回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品され、銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞した。親友が「いま気になっている」と話題にした男が、2年前に別れた元カレだったと気づく「魔法(よりもっと不確か)」。50代にして芥川賞を受賞した大学教授に落第させられた男子学生が逆恨みから彼を陥れようと、女子学生を彼の研究室を訪ねさせる「扉は開けたままで」。仙台で20年ぶりに再会した2人の女性が、高校時代の思い出話に花を咲かせながら、現在の置かれた環境の違いから会話が次第にすれ違っていく「もう一度」。それぞれ「偶然」と「想像」という共通のテーマを持ちながら、異なる3編の物語から構成される。

    ネット上の声

    • 「ドライブ・マイ・カー」だけじゃない、濱口竜介監督の真骨頂
    • 愛・性・人生をめぐる空虚な会話劇に寄り添えるかどうか
    • 濱口監督らしい短編集にして堂々たるコント集
    • 人は日常で演じている生き物
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国日本
    • 時間121分
    • 監督濱口竜介
    • 主演古川琴音
  4. 悪は存在しない
    • S
    • 4.60
    「ドライブ・マイ・カー」でアカデミー国際長編映画賞、カンヌ国際映画祭脚本賞、「偶然と想像」でベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞するなど国際的に高く評価される濱口竜介監督が、カンヌ、ベルリンと並ぶ世界3大映画祭のひとつであるベネチア国際映画祭で銀獅子賞(審査員大賞)受賞を果たした長編作品。「ドライブ・マイ・カー」でもタッグを組んだ音楽家・シンガーソングライターの石橋英子と濱口監督による共同企画として誕生した。 自然豊かな高原に位置する長野県水挽町は、東京からも近いため近年移住者が増加傾向にあり、ごく緩やかに発展している。代々その地に暮らす巧は、娘の花とともに自然のサイクルに合わせた慎ましい生活を送っているが、ある時、家の近くでグランピング場の設営計画が持ち上がる。それは、コロナ禍のあおりで経営難に陥った芸能事務所が、政府からの補助金を得て計画したものだった。しかし、彼らが町の水源に汚水を流そうとしていることがわかったことから町内に動揺が広がり、巧たちの静かな生活にも思わぬ余波が及ぶことになる。 石橋がライブパフォーマンスのための映像を濱口監督に依頼したことから、プロジェクトがスタート。その音楽ライブ用の映像を制作する過程で、1本の長編映画としての本作も誕生した。2023年・第80回ベネチア国際映画祭では銀獅子賞(審査員大賞)を受賞したほか、映画祭本体とは別機関から授与される国際批評家連盟賞、映画企業特別賞、人・職場・環境賞の3つの独立賞も受賞した。

    ネット上の声

    • 銀獅子賞おめでとうございます🎉
    • 見た瞬間はマジで意味分かんなかったけど、ちょっと話してたらなるほど、となってきた
    • どんな感想にも映画の宣伝文句やキャッチコピーにも何にも納得できず、腑にも落ちない
    • フレディ・M・ムーラーの映画を思い出したり、他者の場所に立つことで映画を撮った佐
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2023年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督濱口竜介
    • 主演大美賀均
  5. PASSION
    • S
    • 4.54
    同級生の結婚を祝福する若者たち。しかしそこで男の浮気が発覚し、カップルは別々の夜を過ごすことになる。

    ネット上の声

    • 現実とは違う言葉遊び、でもなんかリアル。
    • こちらの心がえぐられるような作品
    • 自分の気持ちはどこにあるの!?
    • 参った、やられた、凄い作品
    • 製作年2008年
    • 製作国日本
    • 時間115分
    • 監督濱口竜介
    • 主演河井青葉
  6. ドライブ・マイ・カー
    • A
    • 4.26
    村上春樹の短編小説集「女のいない男たち」に収録された短編「ドライブ・マイ・カー」を、「偶然と想像」でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した濱口竜介監督・脚本により映画化。舞台俳優で演出家の家福悠介は、脚本家の妻・音と幸せに暮らしていた。しかし、妻はある秘密を残したまま他界してしまう。2年後、喪失感を抱えながら生きていた彼は、演劇祭で演出を担当することになり、愛車のサーブで広島へ向かう。そこで出会った寡黙な専属ドライバーのみさきと過ごす中で、家福はそれまで目を背けていたあることに気づかされていく。主人公・家福を西島秀俊、ヒロインのみさきを三浦透子、物語の鍵を握る俳優・高槻を岡田将生、家福の亡き妻・音を霧島れいかがそれぞれ演じる。2021年・第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、日本映画では初となる脚本賞を受賞したほか、国際映画批評家連盟賞、AFCAE賞、エキュメニカル審査員賞の3つの独立賞も受賞。また、2022年・第94回アカデミー賞では日本映画史上初となる作品賞にノミネートされる快挙を成し遂げたほか、監督賞、脚色賞、国際長編映画賞とあわせて4部門でノミネート。日本映画としては「おくりびと」以来13年ぶりに国際長編映画賞(旧外国語映画賞)を受賞した。そのほか、第79回ゴールデングローブ賞の最優秀非英語映画賞受賞や、アジア人男性初の全米批評家協会賞主演男優賞受賞など全米の各映画賞でも大きく注目を集めた。日本アカデミー賞でも最優秀作品賞はじめ、計8冠に輝いた。

    ネット上の声

    • 多言語の読み合わせで物語が少しずつ動いていくワークショップ
    • 演劇要素や多言語に没入できないもどかしさ
    • 2020年代を代表する、“事件”ともいえる1作
    • 付け髭を外す芝居にしびれた
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国日本
    • 時間179分
    • 監督濱口竜介
    • 主演西島秀俊
    • レンタル
    • 定額
  7. THE DEPTHS
    • B
    • 3.96

    ネット上の声

    • ファスビンダー『ペトラ・フォン・カントの苦い涙』的モデルに翻弄される大人を描いて
    • 自宅で鑑賞せず映画館で鑑賞すれば良かったとしつこく後悔してしまう程、濃密で心を掻
    • 観ていたはずなのに、大事なものを受け取れなかった気がしてすごい悔しかった
    • 東京藝大の映像研究科主催のオンライン配信+トーク付き
    • 製作年2010年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督濱口竜介
    • 主演---
  8. なみのおと
    • B
    • 3.86
    「PASSION」「THE DEPTHS」で注目を集める新鋭・濱口竜介と「ホームスイートホーム」の酒井耕が共同監督でで手がけた東北記録映画3部作の第1部で、東日本大震災で津波被害を受けた人々の「対話」を集めたドキュメンタリー。岩手県宮古市田老地区から福島県相馬郡新地町まで南下しながら、家族や仲間など親しい者同士が震災とその後について語り合う姿を映し出す。被災地の悲惨な映像ではなく人々の日常的な対話を捉えることで、そこから生まれる被災者たちの感情をすくい取っていく。

    ネット上の声

    • 故郷が震災により失われたりあるいは、鮮明に記憶に残る経験によって、あったとしても
    • 目の前の事だけを受け止めて生きる人たちが強く生きるという現実の残酷さを津波が明ら
    • 見終わった後くらくらしたしずっと泣きそうだったけど私が泣いたら嘘みたいだから我慢
    • それぞれの被災の経験や受け止め方は違っていること
    ドキュメンタリー
    • 製作年2011年
    • 製作国日本
    • 時間142分
    • 監督濱口竜介
    • 主演---
  9. 不気味なものの肌に触れる
    • C
    • 3.12
    「THE DEPTH」「親密さ」といった作品で注目を集め続ける映画作家・濱口竜介監督が、構想途中の長編映画「FLOODS」の前日譚として撮りあげた中編ドラマ。父を亡くした少年・千尋は、腹違いの兄である斗吾とその恋人・美里のもとで暮らすことに。斗吾と美里は千尋を温かく迎え入れるが、孤独感に苛まれる千尋は同じ年の直也とのダンスの練習にのめり込んでいく。そんな彼らの周囲で、不穏な出来事が起こりはじめ……。キャストには「ヒミズ」の染谷将太、「さまよう獣」の渋川清彦、「カナリア」の石田法嗣ら実力派俳優がそろう。

    ネット上の声

    • 怪しいダンスの雰囲気
    • あなたが「触れるのが怖いもの」は何?
    • Flood(洪水)
    • 濱口竜介監督が2014年公開した60分程の中編
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2013年
    • 製作国日本
    • 時間54分
    • 監督濱口竜介
    • 主演染谷将太
  10. 寝ても覚めても
    • D
    • 2.77
    4人の女性の日常と友情を5時間を越える長尺で丁寧に描き、ロカルノ、ナントなど、数々の国際映画祭で主要賞を受賞した「ハッピーアワー」で注目された濱口竜介監督の商業映画デビュー作。第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された。芥川賞作家・柴崎友香の同名恋愛小説を東出昌大、唐田えりかの主演により映画化。大阪に暮らす21歳の朝子は、麦(ばく)と出会い、運命的な恋に落ちるが、ある日、麦は朝子の前から忽然と姿を消す。2年後、大阪から東京に引っ越した朝子は麦とそっくりな顔の亮平と出会う。麦のことを忘れることができない朝子は亮平を避けようとするが、そんな朝子に亮平は好意を抱く。そして、朝子も戸惑いながらも亮平に惹かれていく。東出が麦と亮平の2役、唐田が朝子を演じる。

    ネット上の声

    • ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。
    • 映画が終えた時、いい映画だと思えました
    • 猫同士の恋愛を擬人化したようにも見える
    • 朝子の「変化」と「重心」の取り合い
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国日本
    • 時間119分
    • 監督濱口竜介
    • 主演東出昌大
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。