スポンサーリンクあり

全12作品。ミシェル・ボワロン監督が制作した映画ランキング

  1. 個人教授
    • B
    • 3.84
    クロード・ブリュレ、アネット・ワドマン、ミシェル・ボワロンの三人の共同になるシナリオを「お嬢さん、お手やわらかに!」のミシェル・ボワロンが監督した。撮影はジャン・マルク・リペール、音楽は「白い恋人たち」のフランシス・レイが担当している。出演は「サムライ」のナタリー・ドロン、新人ルノー・ベルレー、ロベール・オッセンなど。

    ネット上の声

    • 少年から青年への通過点を描くフランス映画の繊細さ
    • Amazon 14、800 yen → 6、900 yen やすっ(笑)
    • 追悼・ナタリー・ドロン
    • 年上の女性に憧れる時期
    青春
    • 製作年1968年
    • 製作国フランス
    • 時間90分
    • 監督ミシェル・ボワロン
    • 主演ルノー・ヴェルレー
  2. さらば夏の日
    • D
    • 2.95
    夏のバカンスを楽しむ若い恋人たちの胸を、そよ風のようにかすめていった甘くせつない恋。製作のフランシス・コーヌ、監督のミシェル・ボワロン、脚本のアネット・ワドマン、ミシェル・ボワロン、撮影のジャン・マルク・リペール、音楽のフランシス・レイは、共に「個人教授」のスタッフである。出演は「個人教授」のルノー・ベルレー、新人フロランス・ラフュマとジャネット・アグラン、「個人教授」のベルナール・ル・コック、「個人教授」のマルティーヌ・サルセイ、ほかに、ジャン・フェルニオ、カトリーヌ・ソラなど。

    ネット上の声

    • 全体的に上品で爽やかで美しくてGood(^-^)
    • フランス映画の名作を見たい
    • 1970年 フランス映画
    • 子供の頃大嫌いな野蛮な映画だと思っていたけど、曲と映像と俳優人生の美しさで南仏に
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1970年
    • 製作国フランス
    • 時間83分
    • 監督ミシェル・ボワロン
    • 主演ルノー・ヴェルレー
  3. お嬢さん、お手やわらかに!
    • D
    • 2.91
    「女は一回勝負する」のミレーヌ・ドモンジョ、「危険な曲り角」のパスカル・プティ、「三月生れ」のジャクリーヌ・ササールを共演させた青春恋愛コメディ。一人のドン・ファンにあやつられた親友同士の三人娘がかもしだすスマートな笑いの物語が展開する。女流作家ソフィー・カタラの原作小説「カナリヤの殺人」の映画化である。監督は「殿方ご免遊ばせ」のミシェル・ボワロン。脚色と台詞を担当しているのは、ミシェル・ボワロンと、同じく「殿方ご免遊ばせ」の協力者だった女流シナリオ作家アネット・ワドマン。撮影を「リラの門」のロベール・ルフェーヴルが受けもっている。音楽ポール・ミスラキ。他に出演するのは新人アラン・ドロン、ノエル・ロックヴェール、アンドレ・リュゲ、ピエール・モンディ、シモーヌ・ルナン、アニタ・ルフ等。製作ポール・グレーツ。

    ネット上の声

    • 『太陽がいっぱい』前夜のアラン・ドロンがプレイボーイぶりをこれでもかと発揮してい
    • あの頃君は若かった!
    • ジャクリーヌササールさんが見たくて見たけどミレーヌドモンジョさんがかわいすぎた
    • ジャケットは昭和の宝塚だけど、まあまあえげつない殺害プロジェクトがあったりする
    コメディ
    • 製作年1958年
    • 製作国フランス
    • 時間100分
    • 監督ミシェル・ボワロン
    • 主演アラン・ドロン
  4. この神聖なお転婆娘
    • E
    • 2.71
    フランスでも絶頂の人気のある“ベベ”ブリジット・バルドーの、今度はミュージカルをアレンジしたコメディ。ジャン・ペリルの原案を「素直な悪女」の監督ロジェ・ヴァディムと「殿方ご免遊ばせ」の監督ミシェル・ボワロンが合作してシナリオ化し、ヴァディムが台詞を担当、ボワロンが監督にあたった。撮影監督はジョゼフ・ブラン。音楽は「殿方ご免遊ばせ」のアンリ・クロラと、ユベール・ロスタン。主演は「殿方ご免遊ばせ」に次ぐバルドーと、「巴里の空の下セーヌは流れる」に特別出演していたシャンソン歌手ジャン・ブルトニエール、「火薬に火」のフランソワーズ・ファビアンの三人。助演には「リラの門」のレイモン・ビュシェール、「モンテカルロ物語」のミッシャ・オウア「幸福への招待」のダリー・カウル「巴里の気まぐれ娘」のベルナール・ランクレ等が顔を見せる。

    ネット上の声

    • BBファンて訳じゃないのに、何故かディスカスに登録しまくってて、もはやBB地獄、
    • 内容はあるようでないに等しい感じで、コメディーの空気感もフランス映画らしさが全面
    • タイトルのヤバさに思わず手に取ってみたらブリジット・バルドー主演で大当たり♡
    • "この神聖なお転婆娘"という、すごい邦題だし(笑)、BB推しみたいだし、おおよそ
    恋愛
    • 製作年1956年
    • 製作国フランス
    • 時間84分
    • 監督ミシェル・ボワロン
    • 主演ブリジット・バルドー
  5. アイドルを探せ
    • E
    • 2.60
    リシャール・バルデュッチのシナリオ、アネット・ワドマンの台詞を、「若奥様は仮免中」のミシェル・ボワロンが演出した音楽コメディ。撮影はレイモン・ルモワーニュ、音楽はジョルジュ・ガルヴァランツが担当した。出演はパリの歌手シルヴィ・バルタン、「若奥様は仮免中」のダニー・サヴァル、ベルデ・グランバル、ドミニク・ボシェロなど。ミレーヌ・ドモンジョや人気歌手、コーラス・グループがゲスト出演する。

    ネット上の声

    • ミシェル・ボワロン監督作品初鑑賞です
    • フランス三大歌手の共演
    • アイドルっていうタイトルに惹かれて観たけど、思ってたアイドルとは違った
    • ドモンジョの盗まれたダイヤをめぐって、5人の歌手が実名で登場!
    青春
    • 製作年1963年
    • 製作国フランス
    • 時間89分
    • 監督ミシェル・ボワロン
    • 主演シルヴィー・ヴァルタン
  6. 気分を出してもう一度
    • E
    • 2.58
    バルドーがセクシーな探偵を演じるミステリー・ドラマ。

    ネット上の声

    • ベベには振り回されるのを覚悟して惚れろ
    • ドタバタラブコメ & ちょっぴりサスペンス
    • BB(ベベ)の愛称で一時代を画す
    • 仏版アイドル映画
    サスペンス
    • 製作年1959年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間92分
    • 監督ミシェル・ボワロン
    • 主演ブリジット・バルドー
  7. 殿方ご免遊ばせ
    • E
    • 2.54
    「忘れえぬ慕情」のアネット・ワドマンと「乙女の館」のジャン・オーレルの共同原案をオーレルと「遥かなる国から来た男」のジャック・エマニュエル、それに監督ミシェル・ボワロンの三人が脚色したパリ娘お色気行状記。監督のボワロンはルネ・クレール門下の新鋭。なおワドマンが台詞を担当している。撮影監督は「野性の誘惑」のマルセル・グリニョン、音楽はいずれも新進のアンリ・クロラ、ユベール・ロスタン、アンドレ・オディールの三人。主演は「素直な悪女」のブリジット・バルドー、「幸福への招待」のシャルル・ボワイエ、「リラの門」のアンリ・ヴィダル。アンドレ・リュゲ、「巴里の不夜城」のナディア・グレイ、「遥かなる国から来た男」のマドレーヌ・ルボウ、それにクレール・モーリエなどが助演する。

    ネット上の声

    • 1にも2にもブリジット・バルドーの映画かと思っていた、けれども、シャルル・ボワイ
    • 女優を超えた存在、BBの魅力炸裂。
    • 若きセックスシンボル、魅力炸裂
    • 奮闘するバルドー♡
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国フランス
    • 時間88分
    • 監督ミシェル・ボワロン
    • 主演ブリジット・バルドー
  8. 学生たちの道
    • E
    • 2.33
    戦時中のパリの若い学生たちの生態と、父子の愛情を描いたドラマ。マルセル・エーメの原作を「禁じられた遊び」のコンビ、ジャン・オーランシュとピエール・ボストが脚色、「お嬢さん、お手やわらかに!」のミシェル・ボワロンが監督した。撮影は「モンパルナスの灯」のクリスチャン・マトラ、音楽はポール・ミスラキが担当。出演は「恋ひとすじに」のアラン・ドロン、「女猫」のフランソワーズ・アルヌール、「いとこ同志」のジャン・クロード・ブリアリ、他にサンドラ・ミーロ、リノ・ヴァンチュラ、アンドレ・ブールビル等。製作、ラルフ・ボーム。

    ネット上の声

    • 題名は地味だけどアラン・ドロン
    青春
    • 製作年1959年
    • 製作国フランス
    • 時間82分
    • 監督ミシェル・ボワロン
    • 主演フランソワーズ・アルヌール
  9. 麗しのカトリーヌ
    • E
    • 2.03
    金持ちの男たちを利用して金を儲けようという奔放でキュートな女性を描く。製作はレオ・L・フックス、監督は「さらば夏の日」のミシェル・ボワロン、脚本はカトリーヌ・ブレイヤ、撮影は「エマニエル夫人」のリシャール・スズキ、編集はジャック・ウィッタが各々担当。出演はジェーン・バーキン、パトリック・ドベール、ジャン・ピエール・オーモン、ジャン・クロード・ブリアリなど。
    コメディ
    • 製作年1975年
    • 製作国フランス
    • 時間101分
    • 監督ミシェル・ボワロン
    • 主演ジェーン・バーキン
  10. 素晴らしき恋人たち
    • E
    昔から知られたフランスのラブ・ロマンスのうちから四つをとり上げ、映画化したオムニバス映画。フランス・ローシェの脚本にもとずいて、マルセル・アシャール、ミシェル・オーディアール、フランソワーズ・ジルー、パスカル・ジャルダン、ジャック・プレヴェールの五人が台詞を書き、「お嬢さん、お手やわらかに!」のミシェル・ボワロンが演出した。撮影はロベール・ルフェーヴル、音楽はモーリス・ジャールの担当。出演者はアラン・ドロン、ブリジット・バルドー、マリー・ラフォレ、ジャン・ポール・ベルモンド、ジャン・クロード・ブリアリ、ダニー・ロバン、シモーヌ・シニョレ、アニー・ジラルド、エドウイジ・フィエールなど。
    • 製作年1961年
    • 製作国フランス
    • 時間---分
    • 監督ミシェル・ボワロン
    • 主演ジャン=ポール・ベルモンド
  11. 若奥様は仮免中
    • E
    「気分を出してもう一度」のアネット・ワドマンが脚本を書き「パリジェンヌ」第二話」のミシェル・ボワロンが監督したコメディ。撮影は「ヒッチ・ガール」のロベール・ルフェーヴル、音楽はジョルジュ・ガルヴァランツ。出演者は「新・七つの大罪」(羨み)のダニー・サヴァル、「パリジェンヌ」第二話のジャン・ポワレ、ジャクリーヌ・マイヤン、ミシェル・セローなど。
    コメディ
    • 製作年1962年
    • 製作国フランス
    • 時間89分
    • 監督ミシェル・ボワロン
    • 主演ダニー・サヴァル
  12. 背徳の性書 ザ・ポルノグラフティ
    • E
    • 製作年1989年
    • 製作国フランス
    • 時間---分
    • 監督ミシェル・ボワロン
    • 主演ダイアン・ニーダマン

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。