スポンサーリンクあり

全16作品。ロベルト・ロッセリーニ監督が制作した映画ランキング

  1. 無防備都市
    • B
    • 3.82
    ロベルト・ロッセリーニがナチスドイツに抵抗するレジスタンスの戦いを描き、イタリア・ネオレアリズモの原点にして代表作となった記念碑的作品。第2次世界大戦末期。レジスタンスの指導者マンフレーディは資金調達のため、ナチス支配下にあるローマへやって来る。ゲシュタポに追われているマンフレーディは同志フランチェスコの家に匿ってもらい、神父ドン・ピエトロに連絡役を頼む。フランチェスコとピーナの結婚式の日、彼らはゲシュタポに襲われ、マンフレーディは逃げ延びるが……。若き日のフェデリコ・フェリーニが脚本に参加。1946年・第1回カンヌ国際映画祭で、当時の最高賞にあたるグランプリに輝いた。

    ネット上の声

    • 大女優バーグマンが夫も子供も捨てた映画!
    • 歴史の要請に応えた映画の底力を思う。
    • 「生きる」力強さには無条件降伏です
    • 『神よ、彼らを赦したまえ・・・。』
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1945年
    • 製作国イタリア
    • 時間106分
    • 監督ロベルト・ロッセリーニ
    • 主演アルド・ファブリッツィ
    • レンタル
  2. 戦火のかなた
    • C
    • 3.52
    「オープン・シティ」(一九四五)のロベルト・ロッセリーニが、これについて監督した一九四六年度作品で、イタリイ映画批評家、技術家団体による一九四七年度の最高作品賞、監督賞、作曲賞を獲得し、一九四六年度のヴェニス国際映画祭では最高賞、一九四七年度のブラッセル国際映画祭では特別賞、一九四八年度のニウ・ヨオク映画批評家団体による最優秀外国映画賞、ナショナル・ボード・オブ・レヴュウによる同年度最高作品賞を与えられた。製作に際してはO・F・I及びF・F・Pが共力に当った。脚色は「オープン・シティ」「靴みがき」のセルジオ・アミディ、アメリカ新進作家アルフレッド・ヘイス、「オープン・シティ」のフェデリコ・フェリーニ、マルセロ・パリエロ及びロッセリーニが各エピソオドを担任し、ドイツ語の科白はクラウス・マンが受け持った。撮影は「オープン・シティ」のオテロ・マルテリリ、助監督はE・ハンディミイルとA・リメンターニ、作曲はロッセリーニの弟に当る「オープン・シティ」のレンツォ・ロッセリーニである。出演俳優は「オープン・シティ」のマリア・ミキ以下四名の職業俳優を除き、イタリイ各地の市民のほか、米、英、独の将兵で構成されている。 映画は六つの挿話よりなり、米英軍がイタリイ本土上陸に先だつ一九四三年七月十日より一九四四年の冬、イタリイがドイツ支配下より解放されるまでの間に起った実際の出来事を扱っている。

    ネット上の声

    • 心も身体も犠牲にする価値が一体どこにある
    • ロベルト・ロッセリーニ戦争三部作第二弾!
    • 6つのエピソードからなるオムニバス映画
    • ネオレアリズモの名作が観たくて鑑賞
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1946年
    • 製作国イタリア
    • 時間114分
    • 監督ロベルト・ロッセリーニ
    • 主演マリア・ミーキ
  3. ドイツ零年
    • C
    • 3.52
    「無防備都市」のロベルト・ロッセリーニが「戦火のかなた」についでベルリン・ロケした一九四八年作品。同年ロカルノ国際映画祭に入賞した。ロッセリーニ自身のオリジナル脚本から、彼とカルロ・リッツァーニ、マックス・コルペットが脚色している。撮影はロベール・ジュイヤール、音楽は「戦火のかなた」のレンツォ・ロッセリーニ。出演者はすべて無名の素人俳優で、エドムンド・メシュケの少年を中心に、エルンスト・ピットシャウ、インゲトラウト・ヒンツ、フランツ・クリューゲル、エーリッヒ・ギュネらが共演する。なお本作品はイタリア語版で、その監修にはセルジオ・アミディが当っている。

    ネット上の声

    • ベルリンを舞台に少年の悲劇を描いたネオレアリズモの厳しさ
    • ロベルト・ロッセリーニ戦争三部作完結編!
    • 敗戦直後のドイツは日本と似て非!
    • 大戦終結直後のドイツ国民の現実
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1948年
    • 製作国イタリア
    • 時間75分
    • 監督ロベルト・ロッセリーニ
    • 主演エドムント・メシュケ
  4. ヨーロッパ一九五一年
    • C
    • 3.36
    「ドイツ零年」「七つの大罪」(第四話)のロベルト・ロッセリーニが製作監督に当った一九五二年作品。現代のヨーロッパに生きる一女性の苦悶を描くロッセリーニ自身の書卸しストーリーを、ロッセリーニ、サンドロ・デ・フェオ、マリオ・パンヌンツィオ、イーヴォ・ペリッリ、ブルネロ・ロンディの五人が協同脚色した。撮影は「ポー河の水車小屋」のアルド・トンティ、音楽は「ドイツ零年」のレンツォ・ロッセリーニの担当。渡伊したイングリッド・バーグマンの「ストロンボリ」につぐ主演作品で、彼女をめぐって、米国俳優アレクサンダー・ノックス、エットーレ・ジャンニーニ、ジュリエッタ・マシーナ、子役サンドロ・フランキーナ、テレーザ・ペッラーティらが出演。

    ネット上の声

    • 聖女か狂気か…
    • 本作は、決して資本主義批判であったり、社会主義プロパガンダであったり、キリスト教
    • イタリアに駐在している商社マンの夫人アイリーンは社交生活に忙殺されている内に息子
    • イングリッド・バーグマン出演のロッセリーニ監督作品は観たことがなかったのですが、
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1952年
    • 製作国イタリア
    • 時間118分
    • 監督ロベルト・ロッセリーニ
    • 主演イングリッド・バーグマン
    • 定額
    • レンタル
  5. 神の道化師、フランチェスコ
    • C
    • 3.34
    イタリア・ネオリアリズモの巨匠ロベルト・ロッセリーニが、アッシジの聖人フランチェスコと彼を慕う修道士たちの姿を描いたドラマ。 神の教えに従い、幼子のように生きるフランチェスコ。世間はそんな彼を嘲笑するが、教皇は彼を尊び教えを説くことを認める。フランチェスコとお人よしのジョバンニ、単純素朴なジネプロなど、日々をともにする“小さき兄弟”たちが、苦悩を抱えながらも伸びやかに生きる姿を、ユーモアを交えながらリアルに映し出す。 ロッセリーニ監督とフェデリコ・フェリーニが共同で脚本を手がけ、14世紀頃に精選された名詩選「聖フランチェスコの小さい花」と「兄弟ジネプロ伝」に着想を得て、1210年から18年までのエピソードを導入部と9つの章で構成。フランチェスコ役をはじめとする修道士たちを、実際のフランシスコ会修道士が演じる。2023年12月、デジタルリマスター版でリバイバル公開。

    ネット上の声

    • 「人間縄跳び」の衝撃! ホモソーシャルでマゾヒスティックな「聖なる愚者」の優しい寓話。
    • フランチェスコを見に行ったつもりが、 初めて知ったジネプロの存在に...
    • 「ブラザー・サン シスター・ムーン」鑑賞が楽しみになった
    • 小コント集でつづる、中世清教徒団のリアル
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1950年
    • 製作国イタリア
    • 時間85分
    • 監督ロベルト・ロッセリーニ
    • 主演ナザリオ・ジェラルディ
  6. イタリア旅行
    • C
    • 3.29
    結婚生活が危機にあるとある夫婦のイタリア旅行の道中を描く。製作はマリオ・デル・パパとマルチェロ・ダミーコ、監督・脚本はロベルト・ロッセリーニ、共同脚本はヴィタリアーノ・ブランカーティ、音楽はレンツォ・ロッセリーニが担当。出演はイングリッド・バーグマン、ジョージ・サンダースほか。

    ネット上の声

    • 日常あるあるの、心の機微を丹念に描いた映画。
    • 世界の監督たちに影響を与えたイタリア映画
    • こういう機会に『イタリア旅行』もいいね
    • ちょちょいのちょい。監督の手なぐさみ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1953年
    • 製作国イタリア
    • 時間75分
    • 監督ロベルト・ロッセリーニ
    • 主演イングリッド・バーグマン
  7. ローマで夜だった
    • C
    • 3.22
    「ロベレ将軍」につぐロベルト・ロッセリーニ監督作。セルジオ・アミディの原案をアミディ自身とディエゴ・ファブリ、ブルネロ・ロンディ、ロベルト・ロッセリーニが共同で脚色。撮影担当は「ロベレ将軍」のカルロ・カルリーニである。音楽を受けもったのはレンツォ・ロッセリーニ。出演するのは「ロベレ将軍」のジョヴァンナ・ラリ、英国俳優レオ・ゲン、「人間の運命」のソ連俳優セルゲイ・ボンダルチュク、「ロベレ将軍」のハンネス・メッセマー、「若者のすべて」のレナート・サルヴァトーリなどの国際的俳優陣。製作フランコ・マグリ。

    ネット上の声

    • 骨の髄までレジスタンス
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国イタリア
    • 時間135分
    • 監督ロベルト・ロッセリーニ
    • 主演ジョヴァンナ・ラッリ
    • 定額
  8. ロベレ将軍
    • C
    • 3.20
     第二次大戦末期、ナチスは一人の博奕打ちをイタリアのロベレ将軍に仕立てて、パルチザンのあぶり出しに利用しようとした。彼は命令のままに将軍としてミラノの刑務所に潜入したが……。

    ネット上の声

    • ヴィットリオ・デ・シーカ会心作
    • 主演はヴィットリオ・デ・シーカ
    • 運命が狂うと...
    • 詐欺師の尊厳
    戦争、 ヒューマンドラマ、 アクション
    • 製作年1959年
    • 製作国イタリア
    • 時間132分
    • 監督ロベルト・ロッセリーニ
    • 主演ヴィットリオ・デ・シーカ
    • 定額
    • レンタル
  9. ストロンボリ/神の土地
    • C
    • 3.12
    「ヨーロッパ一九五一年」と同じくロベルト・ロッセリーニが、製作・監督に当り、イングリッド・バーグマンが主演した一九四九年作品で、ストロンボリ島にオール・ロケした。ロッセリーニ自身が書いたストーリイを、アート・コーン、レンツォ・チェザーナ、セルジオ・アミディ、G・P・カレガリの四人が脚色し、撮影は「にがい米」のオテロ・マルテリ、作曲は「ヨーロッパ一九五一年」のレンツォ・ロッセリーニの担当。バーグマンをめぐる共演者は、マリオ・ヴィターレ、脚色者の一人レンツォ・チェザーナ、マリオ・スポンゾら。

    ネット上の声

    • 風とか波とか自然の音がする場面が良かった
    • 夫婦の火山ストロンボリ
    • 火山とマグロ漁
    • 俺にしては珍しくやけに忙かった時期に半分眠りながら見たのでデカすぎるマグロと火山
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1949年
    • 製作国イタリア,アメリカ
    • 時間109分
    • 監督ロベルト・ロッセリーニ
    • 主演イングリッド・バーグマン
  10. ロゴパグ
    • D
    • 2.77

    ネット上の声

    • 世界の終わりがテーマなオムニバス映画
    • 2022.10.30@ユーロスペース(ようこそ、はじめてのパゾリーニ体験へ)
    • 伊仏の新進気鋭の監督4人によるオムニバス映画
    • 1話目がわかりやすくて笑えるところが多かった
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1963年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間122分
    • 監督ロベルト・ロッセリーニ
    • 主演ロザンナ・スキャフィーノ
  11. アモーレ
    • D
    • 2.77
    ふたつのむくわれぬ愛のかたちを、アンナ・マニャー二がほとんど一人芝居で演じ切る。製作・監督はロベルト・ロッセリーニ、第一話「人間の声」はジャン・コクトーの戯曲を基にロッセリーニが脚本を、撮影はロベール・ジュイヤールが、第二話「奇蹟」はフェデリコ・フェリーニが自らの原案を基にトゥリオ・ピネリと共同で脚本を、撮影はアルド・トンティがそれぞれ担当し、音楽は両篇ともレンツォ・ロッセリーニ。

    ネット上の声

    • マリアマニャーニャ、愛を求む
    • 個人的に五指に入る映画
    • “演じる”という芸術
    • 第一部はちょっとノレなかった(とはいえアンナ・マニャーニはすごい)のだけど、第二
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1948年
    • 製作国イタリア
    • 時間79分
    • 監督ロベルト・ロッセリーニ
    • 主演アンナ・マニャーニ
  12. インディア
    • E
    • 2.59
    イタリアの巨匠、ロベルト・ロッセリーニが大まかな構想だけを持ってインドに渡り、現地で出会った人々や、体験した事件を取り入れながら作っていったドキュメンタリー。象使い、ダム建造者、猿回しの猿などの姿を捕らえながら文明と自然のせめぎ合うインドに人間の生と死を寓話的に描き込んだ作品。
    ドキュメンタリー
    • 製作年1958年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間88分
    • 監督ロベルト・ロッセリーニ
    • 主演---
  13. 殺人カメラ
    • E
    • 2.54
    人を殺すことのできるカメラが小さな漁村に巻き起こす騒動を描いた喜劇。監督はロベルト・ロッセリーニ、製作はロッセリーニとルイジ・ロヴェレ、エドゥアルド・デ・フィリッポとファブリッツィオ・サランザーニの原案を基に脚本はセルジオ・アミディ、ジャンカルロ・ヴィゴレッリ、フランコ・ブルザーティ、リアナ・フェッリとロッセリーニの共作、撮影はティノ・サントーニとエンリコ・ベッティ・ベルッティ、音楽をレンツォ・ロッセリーニが担当。出演はジェンナロ・ピサノ、マリリン・ビュフェルほか。

    ネット上の声

    • タイトルとは違ってコミカルな作品
    • ワイルド星人も持っていました
    • 善悪の判断
    • ロッセリーニ監督が同年の「アモーレ」と「ドイツ零年」の間に撮ったリアリズモ・ファ
    ファンタジー
    • 製作年1948年
    • 製作国イタリア
    • 時間83分
    • 監督ロベルト・ロッセリーニ
    • 主演ジェンナロ・ピサノ
  14. 14

    不安

    不安
    • E
    • 2.27
    不倫の恋に悩む人妻の姿を描く。ステファン・ツヴァイクの同名小説の映画化で、製作はヨッヘン・ゲンゾーとマリオ・デル・パパ、監督は「イタリア旅行」のロベルト・ロッセリーニ、脚本はセルジオ・アミディとフランツ・トロイベルクの共同、撮影はカルロ・カルリーニ、音楽はレンツォ・ロッセリーニが担当。出演はイングリッド・バーグマン、マチアス・ヴィーマンほか。

    ネット上の声

    • リンフーばれそうどうしよう・・・な人妻
    • バーグマンの不安なラブ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国イタリア,ドイツ
    • 時間81分
    • 監督ロベルト・ロッセリーニ
    • 主演イングリッド・バーグマン
  15. 十字架の男
    • E
    • 2.20
    戦争
    • 製作年1943年
    • 製作国イタリア
    • 時間71分
    • 監督ロベルト・ロッセリーニ
    • 主演アルベルト・タヴァッツィ
  16. 火刑台上のジャンヌ・ダルク
    • E
    • 1.99

    ネット上の声

    • 1999.ジョヴォヴィッチ主演作と比較
    • バーグンマン渾身の作品。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間70分
    • 監督ロベルト・ロッセリーニ
    • 主演イングリッド・バーグマン

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。