全4作品。第25回ニューヨーク映画批評家協会賞(1959年開催)の映画ランキング

  1. ベン・ハー

    ベン・ハー
    評価:A3.97
    アカデミー賞(1960年・11部門) ユダヤの豪族の息子、ベン・ハーの数奇な運命を通してローマの圧政とキリストの最期を6年半の製作期間と54億円の巨費を投じて描いた一大スペクタクル。些細な出来事から旧友メッサラの裏切りにあい、奴隷船送りとなったベン・ハーはそこで命を救ったローマの将軍の養子となる。

    アクション

    ネット上の声

    まさに伝説となった映画
    長いので2時間半経ってから観るとよいかも
    イエスが生まれて死ぬまでの別の人の人生
    映画的にワクワクするシーンが詰まってる
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・ワイラー
    主演:チャールトン・ヘストン
    1
  2. 或る殺人

    或る殺人
    評価:B3.67
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1959年・脚本賞)

    サスペンス
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:オットー・プレミンジャー
    主演:ジェームズ・スチュワート
    2
  3. 大人は判ってくれない

    大人は判ってくれない
    評価:B3.64
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1959年)ヌーヴェル・ヴァーグの新鋭フランソワ・トリュフォーの第一回監督作品。脚色はマルセル・ムーシーとトリュフォーの共同で、撮影を「いとこ同志」のアンリ・ドカエ、音楽をジャン・コンスタンタンが担当。出演は主役に扮する十二歳のジャン・ピエール・レオーの他に、クレール・モーリエ、アルベール・レミ、ギイ・ドコンブル、パトリック・オーフェイ等。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ここまでタイトルそのままな映画も珍しい
    大人は子供の何をわかっているの??
    そして、僕は大人になった。
    これを観て育った大人として
    製作年:1959
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・トリュフォー
    主演:ジャン=ピエール・レオ
    3
  4. 尼僧物語

    尼僧物語
    評価:C3.57
    ゴールデン・グローブ賞(1959年) ベルギーの尼僧ガブリエラは、コンゴの植民地で医療活動を行なっていた。彼女は生きる糧を神の道に見出していたのだが、第二次大戦で父を失った彼女は、次第に教会のあり方と対立を深めていく……。

    ヒューマンドラマ、シスター

    ネット上の声

    カトリック修道院をベースにして
    美しい主人公と葛藤・・・
    妖精から天使へ・・・
    彼女のイメージ
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:フレッド・ジンネマン
    主演:オードリー・ヘプバーン
    4

スポンサードリンク