全11作品。第24回ロサンゼルス映画批評家協会賞(1998年開催)の映画ランキング

  1. セントラル・ステーション

    セントラル・ステーション
    評価:S4.10
    ゴールデングローブ賞(1998年・外国語映画賞)南米、リオのターミナル・ステーションで出会った初老女性と少年の、孤独な心を通わせる旅を叙情豊かに描出。両者の心を解きほぐす、ブラジルの田舎の美しい風景が印象深い。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ひとすじの“希望”という光明がさしてきて
    子供と性悪おばさんのブラジル貧乏旅行
    他人の関係を通して、家族の意味を問う
    ☆始まりがあれば必ず終わりがある☆
    製作年:1998
    製作国:ブラジル
    監督:ヴァルテル・サレス
    主演:フェルナンダ・モンテネグロ
    1
  2. プライベート・ライアン

    プライベート・ライアン
    評価:A4.03
    アカデミー賞(1999年・5部門) 1944年6月。ノルマンディ上陸作戦は成功に終わったものの、激戦に次ぐ激戦は多くの死傷者を出していた。

    ヒューマンドラマ、戦争、リアルな戦闘シーンがある

    ネット上の声

    プライベート・ライアン:ムダにするな しっかり生きろ【洋画名言名セリフ】
    本当のライアン二等兵とは誰のことか? それが本作のテーマだ
    戦争シーンのリアリティーが在りすぎて評価かな。
    私的戦争映画の最高傑作!君は時の涙を見る
    製作年:1998
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・スピルバーグ
    主演:トム・ハンクス
    2
  3. カラー・オブ・ハート

    カラー・オブ・ハート
    評価:B3.67
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1998年・美術賞)往年の人気テレビドラマの中に入り込んでしまった現代っ子高校生兄妹が、その世界に異変をもたらしていく様を描いたファンタジー。白黒の世界に生きるドラマの町の人々が主人公らの感化を受けてカラーに色づいていく様が、デジタル加工を駆使した凝ったヴィジュアル・エフェクトで表現されるというユニークな映像処理が見どころ。監督は「ビッグ」「デーヴ」の脚本家であるゲーリー・ロスで、本作が監督デビューとなる。製作はロスと「アウト・オブ・サイト」の監督スティーヴン・ソダーバーグ、「バスキア」のジョン・キリツク、ロバート・J・デガス。製作総指揮はマイケル・デ・ルーカ、メアリー・ペアレント。撮影はジョン・リンドレイ。音…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    良い色に染まるか悪い色に染まるか・・・
    ふとした時に思い出す
    変化は止められない
    なかなかどうして…
    製作年:1998
    製作国:アメリカ
    監督:ゲイリー・ロス
    主演:トビー・マグワイア
    3
  4. ブルワース

    ブルワース
    評価:C3.51
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1998年・脚本賞) 上院議員の再選挙を間近に控えたベテラン議員・ブルワース。腐り切った政治の世界にどっぷり漬かった人生に嫌気が差していた彼は、自分自身の暗殺をヒットマンに依頼。

    コメディ

    ネット上の声

    ある意味アメリカの懐の深さか?
    ちょっと気取ってはいるけれど
    確かに日本ではありえない!!
    日本にも忍び寄る格差社会
    製作年:1998
    製作国:アメリカ
    監督:ウォーレン・ベイティ
    主演:ウォーレン・ベイティ
    4
  5. 天才マックスの世界

    天才マックスの世界
    評価:C3.49
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1998年) ラッシュモア校に通う少年マックスは、人並み外れた才能を持ちながらも落第を繰り返す落ちこぼれ。だがそんな彼が学園の美人教師に恋に落ちたことから奇想天外なドラマが始まって行く…。

    コメディ

    ネット上の声

    やっぱりウェス・アンダーソン監督は優しい
    並外れた好奇心・行動力&クズっぷり!
    成績の悪い天才
    高校生にありがちな、先生への片思い
    製作年:1998
    製作国:アメリカ
    監督:ウェス・アンダーソン
    主演:ジェイソン・シュワルツマン
    5
  6. バグズ・ライフ

    バグズ・ライフ
    評価:C3.41
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1998年・アニメ映画賞)大ヒット作「トイ・ストーリー」のスタッフが再結集し、虫の世界を舞台に描いたピクサー製CGアニメ映画。アント・アイランドのアリたちは、凶暴なホッパー率いるバッタ軍団に貢物を納めるため重労働を強いられていた。ある日、発明好きな働きアリ、フリックの失敗が原因で、苦労して収穫した貢物が台無しになってしまう。責任を感じたフリックは、激怒するバッタたちから仲間を守るため用心棒を探しに出かけるが、街で出会ったサーカスの一団をヒーローと勘違いして連れ帰ってしまう。「トイ・ストーリー」のジョン・ラセター監督と脚本家アンドリュー・スタントンが共同監督を務めた。

    アニメ

    ネット上の声

    「勝ったのはわしらではない。蟻たちだ」
    アリの世界がこんなだったら楽しいかも
    悪役がかっこいい映画にハズレなし
    無限の彼方へいざ行かん!
    製作年:1998
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・ラセター
    主演:デイヴ・フォーリー
    6
  7. ゴッド・アンド・モンスター

    ゴッド・アンド・モンスター
    評価:C3.41
    アカデミー賞(1999年・脚色賞)ハリウッド黄金期の尾映画監督ジェームズ・ホエールの最晩年を描くドラマ。製作総指揮に「ヘルレイザー」のクライヴ・バーカー、監督・脚本は「キャンディマン2」のビル・コンドン、出演は「ゴールデンボーイ」のイアン・マッケラン、「ハムナプトラ」のブレンダン・フレイザー。1998年度アカデミー賞脚色賞はじめ世界の映画賞全22部門を受賞している。日本では内容の地味さにより未公開となっていたが、ファンの要望により2000年2月25日に渋谷東急3にて1日1回だけの劇場公開となった。その限定公開が盛況で迎えられたことから、その年の暮れ12月23日より一般公開となっている。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「フランケンシュタイン」を見たくなる。
    ブレンダン・フレイザー君、頑張る!
    モンスターはどこにいる?
    怪物を作った男
    製作年:1998
    製作国:アメリカ
    監督:ビル・コンドン
    主演:イアン・マッケラン
    7
  8. シンプル・プラン

    シンプル・プラン
    評価:C3.36
    放送映画批評家協会賞(1998年・脚色賞) 大ヒットとなった同名のミステリー小説の映画化。田舎で平凡な暮らしを送るハンクは、雪に覆われた森の中に墜落した自家用飛行機の中から現金440万ドルを発見する。

    サスペンス

    ネット上の声

    お金を好きといえるには相当の自覚が必要です
    ビリー・ボブ・ソーントン版『ファーゴ』
    変化に気づけない「欲」という怖いもの
    ただ幸せになりたかっただけなのに
    製作年:1998
    製作国:アメリカ
    監督:サム・ライミ
    主演:ビル・パクストン
    8
  9. ワイルドシングス

    ワイルドシングス
    評価:C3.35
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1998年)

    サスペンス、どんでん返し
    製作年:1998
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・マクノートン
    主演:ケヴィン・ベーコン
    9
  10. ハイ・アート

    ハイ・アート
    評価:E0.00
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1998年)

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    三題噺
    見たくても見られない名作
    一番好きな映画
    不思議な雰囲気
    製作年:1998
    製作国:アメリカ
    監督:リサ・チョロデンコ
    主演:アリー・シーディ
    10
  11. セレブレーション

    セレブレーション
    評価:E0.00
    カンヌ国際映画祭(1998年・審査員賞) 鉄鋼王ヘルゲの還暦を祝うパーティが催された日。長男クリスチャン、次男ミケルをはじめ、親戚の者たちが続々と広大な屋敷に集まった。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    映画をどうやって面白くつくるのかの見本。
    一夜の悪夢と,そこからの解放
    この映画は呪われている
    暗っ…
    製作年:1998
    製作国:デンマーク
    監督:トマス・ヴィンターベア
    主演:ヘニング・モリツェン
    11