全10作品。第24回アカデミー賞(1952年開催)の映画ランキング

  1. 羅生門

    羅生門
    評価:B3.60
    アカデミー賞(1952年)芥川龍之介の小説「藪の中」を故・黒澤明監督が映画化した時代劇。ある侍の死に立ち会った、男女4人それぞれの視点から見た事件の内幕を生々しく再現する。

    時代劇

    ネット上の声

    「人間」を描く。
    考えさせられた
    解らない
    芥川龍之介原作。内容はほぼ小説「藪の中」、ほんの少し「羅生門」。映...
    製作年:1950
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    1
  2. 巴里のアメリカ人

    巴里のアメリカ人
    評価:C3.43
    アカデミー賞(1952年・6部門) パリで画家修業を続けるジェリーが、歌手のアンリと友情を結ぶ。やがてジェリーは、リズという美しい娘と出会い、恋に落ちてしまう。

    ミュージカル

    ネット上の声

    歌、タップダンス、ピアノ...とても芸術的な映画
    もう少し物語をしっかりして欲しかったなあ
    ミュージカルって理解するのが難しい
    好き嫌い分かれる 音楽とダンス
    製作年:1951
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィンセント・ミネリ
    主演:ジーン・ケリー
    2
  3. 欲望という名の電車

    欲望という名の電車
    評価:C3.37
    アカデミー賞(1952年・4部門)夫に先立たれ、妹夫婦のもとに身を寄せて人生を模索する未亡人の哀しき顛末を描く、ピューリッツァ賞を受賞したテネシー・ウィリアムズ原作の舞台劇を映画化したドラマ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ヴィヴィアン、演技うまっ!☆3つ
    綺麗ごと抜きの男と女の性
    最初から最後まで憂鬱
    Tennesee Williams
    製作年:1951
    製作国:アメリカ
    監督:エリア・カザン
    主演:ヴィヴィアン・リー
    3
  4. 陽のあたる場所

    陽のあたる場所
    評価:C3.22
    アカデミー賞(1952年)シオドア・ドラーサーの原作小説「アメリカの悲劇」の映画化(2度目。前作はジョゼフ・フォン・スタンバーグ監督)で、「ママの思い出」のジョージ・スティーヴンスが製作及び監督に当たった1951年作品。「勇者のみ」のハリー・ブラウンとマイケル・ウィルスンが脚色し、撮影はウィリアム・C・メラー(「シンガポール珍道中」)、作曲はフランツ・ワックスマン「青いヴェール」の担当。主演は「赤い河」のモンゴメリー・クリフト、「緑園の天使」の「その男を逃すな」のシェリー・ウィンタースの3人で、アン・リヴィア「永遠のアンバー」、新進キーフ・ブラッセル、フレッド・クラーク、レイモンド・バー、ハーバート・ヘイスらが助演す…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    M.クリフトの演技がうまい☆3つ
    愛憎サスペンスの古典
    名作だけどヘビーな話
    ラストが悔い残す結末
    製作年:1951
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・スティーヴンス
    主演:モンゴメリー・クリフト
    4
  5. アフリカの女王

    アフリカの女王
    評価:D3.17
    アカデミー賞(1952年・主演男優賞)ドイツ領東アフリカ。イギリス人宣教師ローズの兄がドイツ兵による略奪行為の際に命を落とす。妹ローズは飲んだくれの男チャーリーが操縦するオンボロ蒸気船“アフリカの女王”号に乗り込み、現地を脱出。川を下るチャーリーとローズは沿岸のドイツ砲艦を手製の魚雷で撃沈しようとたくらむ。しかしその途中、銃撃や急流といった数多の難関が待ち受けていた! 身分違いの男女が繰り広げる冒険とロマンスを描いた痛快娯楽作。ボギーとキャサリン・ヘップバーンの掛け合いが見もの。

    アドベンチャー(冒険)、戦争、アフリカ舞台、船上

    ネット上の声

    またもや時代のあだ花映画、面白くない
    ヨッパライ ボガート
    スリルとロマンス
    堂々たる
    製作年:1951
    製作国:イギリス
    監督:ジョン・ヒューストン
    主演:ハンフリー・ボガート
    5
  6. 地球最後の日

    地球最後の日
    評価:D2.73
    アカデミー賞(1952年・視覚効果賞)遊星衝突による地球壊滅の危機を描いたSF映画。科学者グループは地球を放棄し、ロケットで別の惑星へ移住する事を決定。その建造が急ピッチで進められる。やがて、接近する遊星の影響から世界各地で地震や津波などの天変地異が続発、遂に地球脱出のタイム・リミットがやって来た……。

    SF

    ネット上の声

    生き残ったのはアメリカ人だけです。
    古典だけどユニーク
    対策の方法
    アルマゲドン(終末)SFの偉大な古典
    製作年:1951
    製作国:アメリカ
    監督:ルドルフ・マテ
    主演:リチャード・デア
    6
  7. 戦慄の七日間

    戦慄の七日間
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1952年)ポール・デーンとジェームズ・ブランドの原案を、フランク・ハーヴェイとロイ・ブールティングが脚色し、ロイ及びジョン・ブールティング兄弟が製作、監督した一九五〇年度作品。ロイ及びジョンは双生児兄弟で独立プロを経営し、「ブライトン・ロック」等の作品がある。撮影はこのプロ付きのギルバート・テイラー、音楽はジョン・アディソンが担当している。主演は「フリイダ」のバリー・ジョーンズ、ダブリン・アベイ劇場のシーラ・マナハン、ブールティング作品に出演していたオリーヴ・スロウン、「舞台恐怖症」のアンドレ・モレルら。他にヒュー・クロス、ジョーン・ヒックソン、ロナルド・アダムらが共演する。

    サスペンス
    製作年:1950
    製作国:イギリス
    監督:ロイ・ボールティング
    主演:バリー・ジョーンズ
    7
  8. 花婿来たる

    花婿来たる
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1952年・歌曲賞)

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    時代遅れの感はあるものの、楽しめる要素も
    製作年:1951
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・キャプラ
    主演:ビング・クロスビー
    8
  9. 大自然の片隅

    大自然の片隅
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1952年)

    ドキュメンタリー
    製作年:1951
    製作国:アメリカ
    監督:ジェームズ・アルガー
    9
  10. 歌劇王カルーソ

    歌劇王カルーソ
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1952年) ヨーロッパで好評を得たオペラ歌手カルーソがニューヨークへやってくる。メトロポリタンの初演で、彼はアメリカの大衆の心を掴む。

    ネット上の声

    ちょっと覗かせてもらいましたが、
    ラストでふとよぎる想い
    オペラの世界を、ちょっとだけ覗ける
    製作年:1951
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・ソープ
    主演:マリオ・ランザ
    10

スポンサードリンク