スポンサーリンクあり

全4作品。ヴェントゥーラが出演した映画ランキング

  1. コロッサル・ユース
    • S
    • 4.50
    「骨」「ヴァンダの部屋」で世界に衝撃を与えたポルトガルの俊英ペドロ・コスタ監督が、再びリスポン郊外のスラム街フォンタイーニャス地区を舞台に、地元の人々をキャスティングして撮り上げた作品。アフリカ系移民が多く暮らすフォンタイーニャス地区では、土地開発に伴い住民たちの強制移住が行われていた。妻に見捨てられた老人ベントゥーラも、荒れ果てたフォンタイーニャス地区と近代的な集合住宅の間で新たな生き方を模索しており……。

    ネット上の声

    • 「家」と家族≒血の物語かな
    • 狭いフォンタイーニャス地区の中を延々回り続けるルーティン的な生活と、何度も繰り返
    • 馴染みが無さすぎるカーボ・ヴェルデという国からポルトガルへ移り住んだヴェントゥー
    • 椅子が窓から落とされるファーストショットから一貫して、フレームに切り取られる空間
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2006年
    • 製作国ポルトガル,フランス,スイス
    • 時間155分
    • 監督ペドロ・コスタ
    • 主演ヴェントゥーラ
  2. ホース・マネー
    • C
    • 3.60
    「ヴァンダの部屋」「コロッサル・ユース」などでリスボンのスラム街を描いてきたポルトガルの鬼才ペドロ・コスタ監督が、再び同地区を舞台に撮りあげたドラマ。主演にも「コロッサル・ユース」のベントゥーラを続けて起用した。山形国際ドキュメンタリー映画祭2015インターナショナル・コンペティション部門大賞受賞作。ポルトガルのカーネーション革命やアフリカ諸国の独立といった近代史を背景に、ポルトガルで暮らすアフリカ移民の苦難の歴史と記憶を、虚実入り混ぜた斬新なタッチで描き出す。ポルトガルの首都リスボンのスラム街で、年老いた移民の男が人生を終えようとしている。数十年前にアフリカの火山の島からやって来た彼は、レンガ工場などで日銭を稼ぎながらどうにか暮らしてきた。記憶が途切れ途切れになりながらも、男はかつて故郷で飼っていた1頭の馬のことを思い出す。

    ネット上の声

    • これが前衛的現代映画なのか?!
    • ペドロ・コスタ作品、実は観ていた😳というか、何故か板を持ってた😅家のDVD📀やB
    • 捉え方が解らない
    • 捉え方が解らない
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2014年
    • 製作国ポルトガル
    • 時間104分
    • 監督ペドロ・コスタ
    • 主演ヴェントゥーラ
  3. ヴィタリナ
    • C
    • 3.44
    「ヴァンダの部屋」の鬼才ペドロ・コスタが、カーボベルデからポルトガルにやって来たひとりの女性の過酷な人生を、暗闇と光の強烈なコントラストで描き、2019年ロカルノ国際映画祭で金豹賞と女優賞をダブル受賞した人間ドラマ。 アフリカのカーボベルデで暮らす女性ヴィタリナは、ポルトガルのリスボンへ出稼ぎに行った夫がいつか自分を呼び寄せてくれると信じ待ち続けていた。ある日、彼女は夫が危篤との報せを受けてリスボンにやって来るが、夫は既に亡くなっており、葬儀は3日前に終わっていた。亡き夫の面影をたどるように、移民街フォンタイーニャス地区にある、夫が住んでいた部屋で暮らし始めたヴィタリナは、部屋の暗がりで自らの波乱に満ちた半生を語りだす。 主人公ヴィタリナを役と同名のビタリナ・バレラ、彼女の夫を埋葬した司祭をコスタ作品の常連俳優ベントゥーラがそれぞれ演じた。

    ネット上の声

    • ポルトガルの植民地だったアフリカの島国カーボヴェルデからはリスボンへの移民が多く
    • カーボベルデって大西洋の島国なんですね
    • 暗がりの部屋で語るヴィタリナの辛い人生
    • 屋根の上で小鳥のキス。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2019年
    • 製作国ポルトガル
    • 時間130分
    • 監督ペドロ・コスタ
    • 主演ヴィタリナ・ヴァレラ
  4. ポルトガル、ここに誕生す ギマランイス歴史地区
    • E
    • 2.44
    多くの歴史的建造物が残るポルトガルの古都ギマランイスを題材に、ヨーロッパ映画界を代表する4人の名匠が競作したオムニバス作品。バーで働く男の1日を描いたアキ・カウリスマキ監督作「バーテンダー」、1974年の革命をモチーフにしたペドロ・コスタ監督作「スウィート・エクソシスト」、閉鎖された紡績工場が題材のビクトル・エリセ監督作「割れたガラス」、ギマランイス城を舞台に描いたマノエル・デ・オリべイラ監督作「征服者、征服さる」の4話で構成。2012年・第13回東京フィルメックスの特別招待作品として上映(映画祭上映時タイトル「ギマランイス歴史地区」)。13年、劇場公開。

    ネット上の声

    • ポルトガル発祥の地「ギマランイス歴史地区」を舞台に4人の巨匠が競演
    • カウリスマキの短編の続きが観たいよう~
    • カウリスマキは変わらない
    • 見るだけは見たけど、……
    ドキュメンタリー
    • 製作年2012年
    • 製作国ポルトガル
    • 時間96分
    • 監督アキ・カウリスマキ
    • 主演イルッカ・コイヴラ

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。