全5作品。マリア・カザレスが出演した映画ランキング

  1. 天井桟敷の人々 第一部:犯罪大通り 第二部:白い男

    天井桟敷の人々 第一部:犯罪大通り 第二部:白い男
    評価:C3.53
     第一部――1840年代のパリ、タンプル大通り。パントマイム役者バティストは、裸に近い踊りで人気のガランスに恋をする。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    子供は子供を作ってはいけません。。。
    《午前十時》フランス映画の七不思議
    感情移入できない・・・
    金字塔であるはずもない
    製作年:1945
    製作国:フランス
    監督:マルセル・カルネ
    主演:アルレッティ
    1
  2. オルフェ

    オルフェ
    評価:C3.26
    ギリシャ神話のオルフォイス伝説から「恐るべき親達」のジャン・コクトーがシナリオを創造(コクトーには戯曲『オルフェ』もある)、自ら監督に当った一九五〇年度ヴェニス映画祭監督賞受賞作品。撮影は「密告(1943)」のニコラ・エイエ、音楽は「恐るべき親達」のジョルジュ・オーリックで装置はジャン・ドーボンヌ。最初装置を担当する予定で物故したクリスチアン・ベラアルに作品はデディケイトされている。主演は「恐るべき親達」のジャン・マレー「パルムの僧院」のマリア・カザレス「悪魔が夜来る」のマリー・デア「バラ色の人生」のフランソワ・ペリエ。以下、エドゥアール・デルミ、ロジェ・ブラン、アンリ・クレミエ、ジュリエッ…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    コクトーにしか作れない不思議な映画
    いろんな意味で忘れがたい映画
    逆回転のファンタジー
    美しすぎる妻
    製作年:1949
    製作国:フランス
    監督:ジャン・コクトー
    主演:ジャン・マレー
    2
  3. パルムの僧院

    パルムの僧院
    評価:E0.00
     文豪スタンダールの時代小説の映画化で、19世紀初頭を舞台に、一人の青年の波乱万丈の人生を描く。1815年、青年ファブリスがナポリからパルムへと戻ってきた。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ジェラール・フィリップの端正さに驚いた
    原作はスタンダール
    きれいでした!
    製作年:1947
    製作国:フランス
    監督:クリスチャン=ジャック
    主演:ジェラール・フィリップ
    3
  4. ブローニュの森の貴婦人たち

    ブローニュの森の貴婦人たち
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1944
    製作国:フランス
    監督:ロベール・ブレッソン
    主演:ポール・ベルナール
    4
  5. 読書する女

    読書する女
    評価:E0.00
    モントリオール世界映画祭(1988年・最優秀作品賞)

    ネット上の声

    そんなに面白いかな?
    ”朗読をする女”の方が良かったのでは?
    所々に性描写がある映画
    センセーショナル!?
    製作年:1988
    製作国:フランス
    監督:ミシェル・ドヴィル
    主演:ミュウ=ミュウ
    5

スポンサードリンク