全6作品。ハリー・ベラフォンテが出演した映画ランキング

  1. カンザス・シティ

    カンザス・シティ
    評価:C3.48
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1996年・作曲賞) 異才アルトマンが、ジャズ華やかりし時--30年代の、自身の生まれ故郷カンザスを舞台に描く、このところ連発した群像劇とは一味違ったノスタルジックかつクールな作品。ブロンディは、黒人マフィアを手玉に取ろうとして失敗し捕われの身の夫を救おうと、大統領顧問夫人のキャロリンを誘拐するのだが……。

    アクション、サスペンス、誘拐

    ネット上の声

    音楽に酔いしれる
    製作年:1996
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・アルトマン
    主演:ジェニファー・ジェイソン・リー
    1
  2. ボビー

    ボビー
    評価:C3.40
    1968年のロバート・F・ケネディ暗殺事件当夜、アンバサダーホテルに集った22人に焦点を当てた人間ドラマ。“ボビー”の愛称で国民に愛されたアメリカ大統領候補が凶弾に倒れるまでの一日を、彼に希望を託した人々の人生を通して描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    シンプルだが心に響く演説がこの映画の柱だ
    最後のボビーのスピーチこそすべて!
    拝啓 ロバート・ケネディ様
    ボビーが存在したという事実
    製作年:2006
    製作国:アメリカ
    監督:エミリオ・エステヴェス
    主演:アンソニー・ホプキンス
    2
  3. ブラック・ライダー

    ブラック・ライダー
    評価:D2.84

    ネット上の声

    黒人と先住民が善玉で、白人が悪玉の西部劇
    なかなか楽しい・・・
    政治色ありな西部劇
    黒人カウボーイ
    製作年:1971
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ポワチエ
    主演:シドニー・ポワチエ
    3
  4. カルメン

    カルメン
    評価:E0.00
    ゴールデン・グローブ賞(1954年)ビゼーの歌劇『カルメン』を、O・プレミンジャーがオール黒人キャストで映画化した異色ミュージカル。第二次大戦中、黒人部隊の伍長ジョーは、近くのパラシュート工場で働くカルメンに誘惑され、その情熱の虜になっていく。O・ハマースタイン
    II世の舞台劇が下敷きとなっている。


    ヒューマンドラマ、ミュージカル
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:オットー・プレミンジャー
    主演:ドロシー・ダンドリッジ
    4
  5. 拳銃の報酬

    拳銃の報酬
    評価:E0.00
     刑務所から出所した元警官のバークは、銀行強盗を計画し仲間として二人の男を選んだ。一人は前科者、もう一人は黒人のクラブ歌手である。

    アクション

    ネット上の声

    ロバート・ワイズのフィルム・ノワール
    差別映画の傑作。
    ちょっと期待外れ
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ワイズ
    主演:ハリー・ベラフォンテ
    5
  6. 日のあたる島

    日のあたる島
    評価:E0.00
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ロッセン
    主演:ジェームズ・メイソン
    6

スポンサードリンク