スポンサーリンクあり

全50作品。カトリーヌ・ドヌーヴが出演した映画ランキング

  1. ペルセポリス
    • A
    • 4.08
    イラン出身でパリ在住のマルジャン・サトラピによる自伝的グラフィック・ノベルを、サトラピ自身のメガホンでアニメ映画化。70~90年代のイランを舞台に、自分らしく生きようとする少女マルジの成長と3代に渡る母娘の愛を描く。マルジとその母の声を務めるのは、実生活でも母娘であるカトリーヌ・ドヌーブとキアラ・マストロヤンニ。2007年のカンヌ国際映画祭でアニメーション作品としては30数年ぶりに審査員賞を受賞した。

    ネット上の声

    • genarowlands様のレビューを読んでから、ずっと見たかったアニメ作品
    • イラン知識、上流階層の恵まれた女性の場合
    • イラン少女の半生記と勘違いしてはいけない
    • ルーツを見失わず生きていく事の大切さ。
    アニメ
    • 製作年2007年
    • 製作国フランス
    • 時間95分
    • 監督マルジャン・サトラピ
    • 主演キアラ・マストロヤンニ
  2. ロシュフォールの恋人たち
    • A
    • 4.01
    カトリーヌ・ドヌーブとドヌーブの実姉フランソワーズ・ドルレアックが双子の姉妹役を演じた、1967年製作のミュージカル映画。監督は「シェルブールの雨傘」のジャック・ドゥミで、ジーン・ケリー、ジョージ・チャキリスもアメリカから参加。年に一度のお祭りで賑わうロシュフォールの街で、美しい双子の姉妹ソランジュとデルフィーヌは運命の恋人の出現を待っていた。日本では1967年に劇場初公開。

    ネット上の声

    • 魔性の女F・ドルレアックの魅力に陶酔する
    • La La Land がオマージュしているのに納得。
    • フレンチ・ミュージカルを召し上がれ
    • 「ジャック・ドゥミは少女である。」
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1966年
    • 製作国フランス
    • 時間123分
    • 監督ジャック・ドゥミ
    • 主演フランソワーズ・ドルレアック
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  3. ダンサー・イン・ザ・ダーク
    • B
    • 3.88
    「奇跡の海」のラース・フォン・トリアーが、アイスランドの歌手ビョークを主演に撮り上げた人間ドラマ。過酷な運命に翻弄されながらも、息子のためにすべてを投げ打つ主人公セルマの姿をミュージカルの手法を導入して描き、2000年・第53回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞。その歌声を披露しながらセルマ役を熱演したビュークも女優賞を受賞した。アメリカの片田舎。チェコ移民のセルマは息子ジーンと2人暮らし。つつましい暮らしだが、隣人たちの友情に包まれ、生きがいであるミュージカルを楽しむ幸せな日々。しかし彼女には悲しい秘密があった。セルマは遺伝性の病で視力を失いつつあり、手術を受けない限りジーンも同じ運命をたどることになる。2000年の公開時は日本でも興行収入24.2億円の大ヒットを記録。2021年12月、4Kデジタルリマスター版でリバイバル公開。

    ネット上の声

    • 鬱映画と言われているけどそうは思わない。観終わったあとすぐは衝撃で...
    • 劇場で観て「これが歴史に残る映画の力か…」と思った
    • 観なきゃよかったと思うのに、いつかまた観ると思う
    • 素晴らしい映画。美しく芸術的な作品。
    不幸な結末のバッドエンド、 どんでん返し、 ミュージカル、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2000年
    • 製作国デンマーク
    • 時間140分
    • 監督ラース・フォン・トリアー
    • 主演ビョーク
  4. 4

    家路

    家路
    • B
    • 3.87
    老境を生きる舞台俳優が自らの人生について思いを巡らせる人間ドラマ。監督・脚本は「クレーヴの奥方」のマノエル・ド・オリヴェイラ。出演は「ボーマルシェ」のミシェル・ピコリ、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「シャドウ・オブ・ヴァンパイア」のジョン・マルコヴィッチ、「クレーヴの奥方」のアントワーヌ・シャペーほか。

    ネット上の声

    • ただ人生を理解するだけ、それが映画!
    • ちょっと良さが分からなかった・・・
    • 変化のきっかけを逃し続けること
    • オリヴェイラ監督92歳の作品
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2001年
    • 製作国ポルトガル,フランス
    • 時間90分
    • 監督マノエル・ド・オリヴェイラ
    • 主演ミシェル・ピッコリ
  5. ピストン野郎
    • B
    • 3.78
    アンドレ・クートーの風刺小説『そしてそれから君と結婚します』を「素晴らしい風船旅行」のアンリ・ラノエが脚色、「リオの男」のフィリップ・ド・ブロカが監督したファンタスティックなピンク・ドラマ。撮影は「女は女である」のラウール・クタール、音楽は「リオの男」のジョルジュ・ドルリューが担当した。出演は「素晴らしきヒコーキ野郎」のジャン・ピエール・カッセル、同じくイリーナ・デミック、「シェルブールの雨傘」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「いっちょう頂き」のアニー・ジラルド、「輪舞」のヴァレリー・ラグランジュ、ほかにサンドラ・ミーロ、ジャン・クロード・ブリアリ、アンドレ・リュゲなど。
    コメディ
    • 製作年1964年
    • 製作国フランス
    • 時間92分
    • 監督フィリップ・ド・ブロカ
    • 主演ジャン=ピエール・カッセル
  6. 女たちのテーブル
    • B
    • 3.74
    さまざまな問題に直面しながら自立してゆくそれぞれの世代の女の生きざまを描く。製作はジョヴァンニ・ディ・クレメンテ、監督は「ボッカチオ'70」のマリオ・モニチェリ、トゥリオ・ピネリの原案を基にピネッリ、スーゾ・チェッキ・ダミーコ、レオ・ベンヴェヌーティ、ピエロ・デ・ベルナルディ、ジャクリース・ル・フェブラ、マリオ・モニチェリが脚本、撮影はカミロ・バッツオーニ、音楽はニコラ・ピオヴァーニが担当。出演はリヴ・ウルマン、カトリーヌ・ドヌーヴ、フィリップ・ノワレほか。

    ネット上の声

    • 中古VHSあり
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1985年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間114分
    • 監督マリオ・モニチェリ
    • 主演リヴ・ウルマン
  7. イースト/ウェスト 遙かなる祖国
    • B
    • 3.74
    冷戦時代のソ連で祖国を思い、激しく生きたフランス人女性の姿を壮大なスケールで描く。監督・脚本は「フランスの女」のレジス・ヴァルニエ。共同脚本は「サムバディ・トゥ・ラブ」のセルゲイ・ボドロフ、「キャラバン」のルイ・ガルデルほか。撮影は「ヴァンドーム広場」のローラン・ダイヤン。音楽は「ブリジット・ジョーンズの日記」のパトリック・ドイル。美術は「フルスタリョフ、車を!」のウラジミール・スヴェトザロフ。出演は「嘘の心」のサンドリーヌ・ボネール、「シベリアの理髪師」のオレグ・メンシコフ、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「コーカサスの虜」のセルゲイ・ボドロフ・ジュニアほか。

    ネット上の声

    • (社会主義の)独裁の歴史を忘れないために
    • この監督、女性を上手く描く
    • 大祖国戦争の痛手から立ち直るべく、国外に避難・亡命していた白軍関係者を呼び戻そう
    • サンドリーヌ・ボネール主演に惹かれて観たら、「太陽に灼かれて」のオレグ・メンシコ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2000年
    • 製作国ブルガリア,フランス,ロシア,スペイン
    • 時間121分
    • 監督レジス・ヴァルニエ
    • 主演サンドリーヌ・ボネール
  8. 8

    反撥

    反撥
    • B
    • 3.65
    ジェラール・ブラッシュの協力を得て「水の中のナイフ」のロマン・ポランスキーがシナリオを執筆、自ら監督した心理ドラマ。撮影は「博士の異常な愛情」のギルバート・テイラー、音楽はチコ・ハミルトンが担当した。出演は、「シェルブールの雨傘」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「女ともだち(1956)」のイヴォンヌ・フルノー、他にイアン・ヘンドリー、ジョン・フレーザー、バトリック・ワイマークほか。

    ネット上の声

    • ポランスキーがイギリスで撮った長編第二作は、前作でわずかに感じられたヒッチコック
    • スタイリッシュ・ホラーの傑作
    • 今の視点でもおしゃれに見えるカットや演出が豊富で前衛的な、男性からの性的眼差しを
    • 色目使う男たちも気持ち悪いが、現実との区別がつかなくなってるキャロルもヤバい
    精神障害、 ホラー
    • 製作年1965年
    • 製作国イギリス
    • 時間105分
    • 監督ロマン・ポランスキー
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  9. 愛する人に伝える言葉
    • C
    • 3.60
    フランスを代表する名優カトリーヌ・ドヌーブと「ピアニスト」のブノワ・マジメルが共演し、ガンで余命宣告を受けた男とその母が穏やかに死と対峙していく姿を描いたヒューマンドラマ。 人生半ばにして膵臓ガンを患ったバンジャマンは、母クリスタルとともに、名医として知られるドクター・エデのもとを訪れる。ステージ4の膵臓ガンは治せないと告げられ自暴自棄になるバンジャマンに対し、エデは病状を緩和する化学療法を提案。エデの助けを借りながら、クリスタルはできる限り気丈に息子の最期を見守ることを決意するが……。 主人公に愛情を寄せる看護師を「モンテーニュ通りのカフェ」のセシル・ドゥ・フランス、主治医のドクター・エデを実際にガンの専門医であるガブリエル・サラが演じる。監督は「太陽のめざめ」のエマニュエル・ベルコ。2022年・第47回セザール賞でマジメルが最優秀主演男優賞を受賞。

    ネット上の声

    • 先日、学生時代の後輩で余命宣告を受けて緩和ケア病棟に入院した友人の見舞いに行った
    • 『インドシナ』『シェルブールの雨傘』に続いて、こちらもカトリーヌ・ドヌーヴ出演作
    • カトリーヌ・ドヌーヴ様、お痩せになられてなんだか若返った‥?!魔女?
    • 「太陽のめざめ」Emmanuelle Bercot監督が、死が確実に訪れる末期癌
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国フランス
    • 時間122分
    • 監督エマニュエル・ベルコ
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
    • レンタル
    • 定額
  10. 夢追い
    • C
    • 3.59
    高級コールガールの女と泥棒稼業の男が出会い、互いに警察から追われる身で愛を深めていくという恋愛ドラマ。製作はクロード・ルルーシュ、デニス・エローとジョゼフ・ボビアン、監督・脚本は「愛よもう一度」のクロード・ルルーシュ、撮影はべルナール・ジツェルマン、音楽はフランシス・レイ、編集はソフィー・ボーとユーグ・ダルモワ、製作マネージャーはダニエル・デシャンが各々担当。出演はカトリーヌ・ドヌーヴ、ジャック・デュトロン、ジャック・ヴィルレ、ジェラール・ケロー、ポール・プレボワ、ジルべルト・ジニア、べルナール・ル・コックなど。

    ネット上の声

    • クロード・ルルーシュのレトロスペクティヴ上映企画があったら、絶対入れて欲しい作品
    • 縁起なんて気にしない!
    • 綺麗な映像で見てみたい
    • 縁起を担ぐ
    恋愛
    • 製作年1979年
    • 製作国フランス,カナダ
    • 時間110分
    • 監督クロード・ルルーシュ
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  11. 城の生活
    • C
    • 3.59
    「地下鉄のザジ」等の脚本で名を馳せ、のちに「シラノ・ド・ベルジュラック」で成功をおさめたジャン=ポール・ラプノーの監督作。長編デビュー作ながら、フランスの権威あるルイ・デリュック賞を受賞。ノルマンディ上陸作戦下、カトリーヌ・ドヌーブ演じる人妻を軸にドイツ兵の恋のさやあてが展開する。「シェルブールの雨傘」でスターの座を射止めたカトリーヌは、製作当時22歳だった。

    ネット上の声

    • Dディ前夜のノルマンディーで、お城に住む大地主フィリップ・ノワレの女房カトリーヌ
    • 『パリに行きたいの!』と 我儘お転婆娘ドヌーヴが夫(フィリップ・ノワレ)とフラン
    • パリに行きたいマリーを演じるカトリーヌ・ドヌーヴの美しいこと!
    • カトリーヌ・ドヌーヴがお城に飽きる話! お金目当てはかなしい!
    恋愛、 コメディ
    • 製作年1966年
    • 製作国フランス
    • 時間95分
    • 監督ジャン=ポール・ラプノー
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  12. 8人の女たち
    • C
    • 3.53
    舞台は50年代のフランス。クリスマス・イブの朝、雪のため密室となった大邸宅で、主人の死体が発見される。邸宅にいるのは8人の女たち。果たして犯人は誰なのか。フランソワ・オゾン監督の最新作はフランス映画界が誇る新旧8人の名女優の豪華共演も話題のミュージカル。17年生まれの「うたかたの恋」のダニエル・ダリューから、79年生まれの新星リュデビーヌ・サニエまで、全員に歌って踊るシーンがあるサービスぶり。

    ネット上の声

    • 女は誰だって、秘密を持っているのです
    • ミュージカル×「キサラギ」×女×8=∞
    • フランソワ・オゾンより愛をこめて
    • 映画を見てて一番衝撃的な瞬間
    クリスマス、 サスペンス
    • 製作年2002年
    • 製作国フランス
    • 時間111分
    • 監督フランソワ・オゾン
    • 主演ダニエル・ダリュー
    • 定額
  13. 終電車
    • C
    • 3.47
    フランスの名匠フランソワ・トリュフォーが、ナチス占領下のパリで文化の灯を守るため奮闘する演劇人たちの姿を、ロマンスを絡めながらサスペンスフルに描いたドラマ。1981年・第6回セザール賞で作品賞・監督賞など10部門を総なめし、トリュフォー最大のヒット作となった。1942年、ドイツ軍に占領されたパリ。モンマルトル劇場の看板女優マリオンは、ユダヤ人であるため国外へ逃れた支配人兼演出家の夫ルカに代わって劇場を切り盛りしている。実はルカは劇場の地下に身を潜めており、毎夜のマリオンの訪問を心待ちにしていた。しかしマリオンは、新作舞台で相手役に起用された新人俳優ベルナールに惹かれていく。ヒロインのマリオンをカトリーヌ・ドヌーブ、新人俳優ベルナールをジェラール・ドパルデューが演じた。

    ネット上の声

    • 38歳のカトリーヌ・ドヌーヴ、貫禄の美しさ
    • 上品でお洒落で格好良くてGoodな作品
    • 埋没から浮上へ、そして、希望へ
    • 女ざかりのドヌーヴにうっとり。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1980年
    • 製作国フランス
    • 時間131分
    • 監督フランソワ・トリュフォー
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
    • 定額
  14. 14

    別離

    別離
    • C
    • 3.44
    フランソワーズ・サガンの小説『熱い恋』を、「さすらいの狼」のアラン・カヴァリエが監督した。脚色はサガンとカヴァリエの共同。撮影はピエール・ロム、音楽はモーリス・ルルー、編集はピエール・ジレットの担当。なおドヌーブの衣裳をイヴ・サンローランがデザインしている。出演はカトリーヌ・ドヌーヴ、ミシェル・ピッコリ、新人ロジェ・ヴァン・オール、イレーネ・テュンクほか。製作はオスカル・ダンシヘルス。

    ネット上の声

    • 「昼顔」と互角に並ぶ程だいすき
    • 原作読み終えてからもう一度観る
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1968年
    • 製作国フランス
    • 時間103分
    • 監督アラン・カヴァリエ
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  15. ポーラX
    • C
    • 3.43
    「ポンヌフの恋人」のレオス・カラックスが、「白鯨」で知られるアメリカ人作家ハーマン・メルビルの「ピエール」を映画化。才能に溢れた小説家ピエールは、豊かなノルマンディの自然に囲まれた城に住み、美しい婚約者を持つ青年。しかし、ある日姉と名乗る長い黒髪のジプシー女に惹かれた彼は、すべてを失っていくのだった。出演は、ギョーム・ドパルデュー、カトリーヌ・ドヌーブ、カテリーナ・ゴルベワほか。

    ネット上の声

    • レオス・カラックスにとってのla femme fatale としてのカテリーナ・ゴルべワのための映画
    • 潜在意識に遡行する仕掛けはいつも・・・
    • 映像芸術としてのカラックス映画
    • わけ解らないフランス映画の頂点
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1999年
    • 製作国フランス,ドイツ,スイス,日本
    • 時間134分
    • 監督レオス・カラックス
    • 主演ギョーム・ドパルデュー
  16. キングス&クイーン
    • C
    • 3.40
    約5年ぶりとなるデプレシャン監督の新作は悲劇と喜劇を行き来しながら、一組の自由奔放な男女とその周辺を描く2部構成のコメディドラマ。パリで画廊を営むノラは、死別した夫との間の子供エリアスを自分の父親のところに預けているが、その父親がガンで余命幾ばくも無いことを知る。そこで、ノラは1年前まで同棲していた恋人イスマエルにエリアスを養子にしてもらおうと頼みに行くが……。

    ネット上の声

    • いろいろあるけど人生っていいね。
    • マチュー・アマルリックに尽きる
    • 生きることって素晴らしい!
    • そして僕たちは生きつづける
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2004年
    • 製作国フランス
    • 時間150分
    • 監督アルノー・デプレシャン
    • 主演エマニュエル・ドゥヴォス
  17. 哀しみのトリスターナ
    • C
    • 3.36
    両親が亡くなったトリスターナは、初老の没落貴族、ドン・ロぺに引き取られる。ドン・ロペはトリスターナを女性として捉え、彼女を組み敷く。ある日、外出したトリスターナは絵を描く青年・オラーシオと出会い、互いに惹かれていく。2人は駆け落ちし…。

    ネット上の声

    • どこか見覚えのある街だなと思ったらマリオカートWii で走ったことあるかも
    • カトリーヌ・ドヌーヴが無垢な女から変身!
    • 昼顔より格段にいいと思う(^-^)b
    • 無垢な心は脆く、崩れやすい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1970年
    • 製作国イタリア,フランス,スペイン
    • 時間99分
    • 監督ルイス・ブニュエル
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
    • 定額
  18. 18

    昼顔

    昼顔
    • C
    • 3.35
    昼は娼婦、夜は貞淑な妻の顔を持つ若き人妻の二重生活をカトリーヌ・ドヌーブ主演で描き、1967年・第28回ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した作品。「アンダルシアの犬」のルイス・ブニュエル監督が、ジョセフ・ケッセルの同名小説を映画化した。セブリーヌは裕福な医者の夫と何不自由ない暮らしを送っていたが、その一方でマゾヒスティックな妄想にとらわれていた。そんなある日、パリにある娼館の噂を聞いた彼女は、好奇心から足を運び、「昼顔」という偽名で働くことに。封印してきた性を解放することで夫への愛情も深まり、満ち足りた気分を味わうセブリーヌだったが……。

    ネット上の声

    • ホラー映画を見ているようなハラハラ感あり
    • サンローランに包まれた美しいドヌーヴ
    • YSLイヴ・サンローランを着た悪魔!
    • 何処までも遠のいていく無人の馬車
    文芸・史劇
    • 製作年1967年
    • 製作国フランス
    • 時間100分
    • 監督ルイス・ブニュエル
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
    • 定額
  19. ロバと王女
    • C
    • 3.34
    「シェルブールの雨傘」「ロシュフォールの恋人たち」のジャック・ドゥミ監督が、シャルル・ペローの童話「ロバの皮」をカトリーヌ・ドヌーブ主演で実写映画化し、フランスでドゥミ監督最大のヒットを記録したミュージカル映画。病床の王妃は夫である王に、再婚するなら自分より美しい女性を選ぶように言い残してこの世を去った。世継ぎを望む王が求婚したのは、なんと実の娘である王女だった。困った王女はリラの妖精に相談し、結婚の条件として様々な無理難題を王に突きつける。しかし王はすべてを受け入れ、財宝を生むロバすらも殺して皮を王女に与えてしまう。王女はロバの皮をまとって王宮を抜け出し、森の小屋で下女として働き始めるが……。ミシェル・ルグランが音楽を担当。

    ネット上の声

    • 咳をする度にカエルを吐き出すばあさん。そのカエルは何に使うんでしょ・・・
    • シャルル・ペローの童話『ロバの皮』を、監督ジャック・ドゥミが映画化
    • カトリーヌ・ドヌーブのコスプレを楽しもう
    • 夢の世界の集大成、時を越えてここにありき
    ミュージカル
    • 製作年1970年
    • 製作国フランス
    • 時間90分
    • 監督ジャック・ドゥミ
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  20. シェルブールの雨傘
    • C
    • 3.29
    ジャック・ドゥミ監督&カトリーヌ・ドヌーブ主演で第17回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した1964年の傑作ミュージカル。フランス北西部の港町シェルブール。自動車修理工の青年ギイと傘屋の娘ジュリビエーブは結婚を誓い合った恋人同士だったが、ギイに送られてきたアルジェリア戦争の徴兵令状が2人の人生を大きく翻弄する。音楽を、同じくドゥミ監督&ドヌーブ主演の「ロシュフォールの恋人たち」や「ロバの女王」も手がけたミシェル・ルグランが担当。

    ネット上の声

    • 結果幸せならいいじゃない!! もちろん途中は切ないけど。 若いんだ...
    • ストーリーと音楽と映像が素晴らしい名作ミュージカル映画
    • 当時の女性は相当この映画に支えられたことと思う。
    • 当時は画期的な演出、でも自分は好きではない
    恋愛
    • 製作年1963年
    • 製作国フランス
    • 時間91分
    • 監督ジャック・ドゥミ
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  21. 哀しみの終るとき
    • C
    • 3.25
    他人には起り得ても、まさか自分たちに、と思っていた夫婦を襲った突然の出来事。製作総指揮はクロード・ピノトー、監督、脚本はジャン・ルイの妻ナディーヌ・トランティニャン、撮影はウィリアム・ルプシャンスキー、音楽はミシェル・ポルナレフ、編集はニコール・ルプシャンスキーが各々担当。出演はカトリーヌ・ドヌーヴ、マルチェロ・マストロヤンニ、ダニエル・ルブランなど。

    ネット上の声

    • 今作が存在を知らなかった事
    • よく日本映画が無駄に泣き叫びすぎって非難されるけど、フランス映画も負けじとギャン
    • ドヌーヴの髪の色がいつもと違ってブロンドよりかなり暗めだった
    • トランティニャンと監督夫妻の次女は9ヶ月で亡くなった
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1971年
    • 製作国フランス
    • 時間88分
    • 監督ナディーヌ・トランティニャン
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  22. 真実 特別編集版
    • C
    • 3.20
    「万引き家族」「海街diary」の是枝裕和監督が自身初の国際共同製作で手がけた日仏合作映画「真実」の特別編集版。フランスの大御所女優ファビエンヌとアメリカで脚本家をしている娘のリュミエールという母娘が、ファビエンヌの出版した自伝本をきっかけに向き合い、2人の間に隠されていた愛憎渦巻く真実が明らかにされていく様子を描いたファミリードラマ。ファビエンヌ役はカトリーヌ・ドヌーブ、リュミエール役はジュリエット・ビノシュがそれぞれ務めた。特別編集版は、ファビエンヌとリュミエールの母娘の脇で彼女たちを支え、見守り、時に助言する男性陣にもよりスポットを当てた編集になっており、イーサン・ホークが演じたリュミエールの夫ハンクの出番などが増えたものになっている。

    ネット上の声

    • カトリーヌ・ドヌーヴくくりで
    • 主役は女 脇役は男
    • 「万引き家族」の是枝監督作品と言えばそれまでだが、はっきり言って幻滅この上ない作品!
    • プロ意識もプライドも高い大女優が、久しぶりに娘と会ってちょっと人間味を取り戻す話
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2019年
    • 製作国フランス,日本
    • 時間117分
    • 監督是枝裕和
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
    • 定額
  23. 愛よもう一度
    • C
    • 3.16
    暗い獄窓に不毛の歳月を数えた一女性の出獄後の第二の人生に賭ける生きざまを描く。製作・監督・脚本は「男と女の詩」のクロード・ルルーシュ、撮影はジャック・ルフランソワ、音楽はフランシス・レイが各々担当。出演はカトリーヌ・ドヌーヴ、アヌーク・エーメ、ジャン・ジャック・ブリオ、ニエル・アレストラップ、コレット・ボードなど。

    ネット上の声

    • 16 年も獄中にいた過去ある女性をカトリーヌ・ドヌーヴが主演
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1976年
    • 製作国フランス
    • 時間99分
    • 監督クロード・ルルーシュ
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  24. 哀しみの伯爵夫人
    • C
    • 3.15
    今世紀初頭、ヴェニスで実際に起こったスキャンダラスな殺人事件の裏に隠された兄妹の愛を描く。製作はレイモン・ダノン、監督は「愛すれど哀しく」のマウロ・ボロニーニ、脚本はセルジオ・バッジーニ、撮影はエンニオ・グァルニエリ、音楽はエンリオ・モリコーネ、衣裳はカブリエラ・ペスキュッチが各々担当。出演はカトリーヌ・ドヌーヴ、ジャンカルロ・ジャンニーニ、フェルナンド・レイ、ティナ・オーモン、パオロ・ボナチェリ、マルセル・ボズフィなど。

    ネット上の声

    • 魔性の女ドヌーヴが妖しく激しく美しい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間112分
    • 監督マウロ・ボロニーニ
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  25. メフィストの誘い
    • C
    • 3.12
    「アブラハム渓谷」「階段通りの人々」のポルトガル映画界の巨匠、マノエル・デ・オリヴェイラ監督がファウスト伝説をモチーフに善悪の観念を交錯させる暗黒喜劇。製作は『フランチェスカ』(映画祭上映・TV放映のみ)以来オリヴェイラの全長編作品を手がける「リスボン物語」のパオロ・ブランコ。小説家アグシティナ・ベッサ=ルイーシュがゲーテの詩劇『ファウスト』から着想した物語を基に、オリヴェイラが脚本・台詞を執筆。撮影は「アブラハム渓谷」「階段通りの人々」のマリオ・バロッソ、美術は「階段通りの人々」「リスボン物語」のゼ・ブランコ、編集はオリヴェイラと「神曲」以来オリヴェイラ作品に参加するヴァレリー・ロワズルーがそれぞれ担当。使用曲はソフィア・グバイドゥリーナの『ヴァイオリンと管弦楽のための協奏曲“オフェルトリウム”』と『チェロ、バイアン、弦楽のためのパルティータ“キリスト最期の七つの言葉”』の終曲、イゴール・ストラヴィンスキーの歌劇『放蕩児の遍歴』の第三幕への前奏曲、そして黛敏郎の『弦楽四重奏のための前奏曲』。オリヴェイラは本作で初めて国際的なスターを起用し、「私の好きな季節」の仏女優カトリーヌ・ドヌーヴ、「シェルタリング・スカイ」などの演技派の米国人男優ジョン・マルコヴィッチが主演。共演はポルトガルの名優でオリヴェイラ作品の常連、「階段通りの人々」のルイス・ミゲル・シントラ、「アブラハム渓谷」のヒロインのレオノール・シルヴェイラほか。

    ネット上の声

    • ただただマルコヴィッチ様が観たくてレンタルしてみたけど、28年前制作だからなのか
    • 誘惑できないメフィストフェレス
    • えぇ、、、っと?
    • 豊穣なる老い
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1995年
    • 製作国フランス,ポルトガル
    • 時間90分
    • 監督マノエル・ド・オリヴェイラ
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  26. リスボン特急
    • D
    • 3.04
    銀行砲撃に端を発し、かたい友情の絆で結ばれながらも、対決の運命に向っていくパリ警察の鬼刑事と、夜のパリに君臨する顔役の二人の男と、その蔭で生きる哀しい女の運命を描く、フィルム・ノワール。製作はロベール・ドルフマン、監督・脚本・台詞・編集は「仁義」のジャン・ピエール・メルヴィル。撮影はワルター・ウォティッツ、音楽はミシェル・コロンビエ、美術はテオバール・ムーリッスが各々担当。出演はアラン・ドロン、カトリーヌ・ドヌーヴ、リチャード・クレンナ、リカルド・クッチョーラ、マイケル・コンラッド、ポール・クローシェ、アンドレ・プス、シモーヌ・ヴァレール、ジャン・ドザイなど。

    ネット上の声

    • アラン・ドロンとカトリーヌ・ドヌーヴ共演
    • あのシーン あの感動を もう一度‥(?)
    • メルヴィル監督作では今の所一番好き!!
    • 面白いと言い切れない私はダメですか?
    サスペンス
    • 製作年1972年
    • 製作国フランス
    • 時間100分
    • 監督ジャン=ピエール・メルヴィル
    • 主演アラン・ドロン
    • レンタル
    • 定額
  27. La Verite(仏題・仮)
    • D
    • 3.02
    国民的女優のファビエンヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)の自伝本「真実」の出版を祝うため、家族が集まる。アメリカで脚本家として活躍する娘のリュミール(ジュリエット・ビノシュ)、ファビエンヌのパートナーと元夫、秘書らが集まっていて、皆彼女が何をつづったのかが気になっていた。自伝は、隠されていた母と娘の間の愛憎渦巻く真実を明らかにする。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2019年
    • 製作国日本,フランス
    • 時間108分
    • 監督是枝裕和
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  28. 太陽のめざめ
    • D
    • 2.97
    親の愛を知らず非行を繰り返す少年と、少年を助けるために奮闘する大人たちの姿を描いたカトリーヌ・ドヌーブ主演作。母親に置き去りにされた6歳の少年マロニーを保護した家庭裁判所の判事フローランスは、10年後、16歳になったマロニーと再会する。しかし、母親の育児放棄により心に傷を負ったマロニーは、学校にも通えずに非行を繰り返していた。フローランスは、マロニーと似た境遇にありながら更正した教育係のヤンとともに、マロニーにやさしく手を差し伸べる。フローランス役をドヌーブが、マロニー役を本作が映画初出演となるロッド・パラドが演じる。女優として「Mon roi」(日本未公開)で第68回カンヌ国際映画祭の最優秀女優賞を獲得したエマニュエル・ベルコの監督作品。

    ネット上の声

    • 暴力的だが繊細な少年の心の機微が丁寧に表現されている。最後に光が見えた。
    • ドヌーヴを鑑賞する作品ではありません
    • 言いたいことはわかるが説得力がない。
    • できることは信じ続けることだけ。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国フランス
    • 時間119分
    • 監督エマニュエル・ベルコ
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
    • レンタル
  29. 私の好きな季節
    • D
    • 2.96
    まだ美しいが中年にさしかかった女性と、姉を慕って独身を守る弟を中心に、三つの世代の共存する家族の行く末を見つめる家庭ドラマ。監督・脚本は「深夜カフェのピエール」のアンドレ・テシネ。共同脚本は「ブロンテ姉妹」「ジャンヌ」などの脚本を手掛けたパスカル・ボニツェール。撮影は「深夜カフェのピエール」「レオン」のティエリー・アルボガスト。製作は「深夜カフェのピエール」「ピストルと少年」などのアラン・サルド、音楽は監督の実弟で彼とのコンビ作が多い「ヌーヴェルヴァーグ」などのフィリップ・サルド。編集はテシネ作品の常連マルティーヌ・ジオルダノ、美術はカルロス・コンティがそれぞれ担当。主演は「インドシナ」のカトリーヌ・ドヌーヴ。その弟役に「王妃マルゴ」の演技派ダニエル・オートゥイユ。またドヌーヴとマルチェロ・マストロヤンニの娘キアラ・マストロヤンニ がドヌーヴの娘役でデビューを飾っている、ほかにチャールズ・チャップリンの孫娘カルメン・チャップリン、「季節のはざまで」のイングリッド・カーフェンらが共演。

    ネット上の声

    • 昔何かで鑑賞した記憶がある
    • なんともはやです。
    • 家族や人間関係をテーマにした作品で、なかなか緊張感を孕んだ内容だったけど、美しい
    • 一人暮らしの自宅で倒れた老いていく母親の世話を通じて、二人の姉弟の深い絆や愛情を
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1993年
    • 製作国フランス
    • 時間125分
    • 監督アンドレ・テシネ
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  30. 犯罪の系譜
    • D
    • 2.96

    ネット上の声

    • C・ドヌーヴ、M・プポー、M・ピコリ、M・アマルリックという豪華出演陣+犯罪映画
    • こんな豪華キャストでお金かけた美術で、とてもつまらない…
    • ナレーションが悪印象を残す映画
    • 追悼ミシェルピコリ特集
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1996年
    • 製作国フランス
    • 時間112分
    • 監督ラウル・ルイス
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  31. 幸せはパリで
    • D
    • 2.93
    4等亭主のサラリーマンと美しい社長夫人がひきおこすロマンティック・コメディ。製作は「暴力脱獄」のゴードン・キャロルで、彼はジャック・レモンのジャレム・プロの副社長。監督は「暴力脱獄」のスチュアート・ローゼンバーグ、原案・脚本は「暴力脱獄」のハル・ドレスナー。撮影はミシェル・ユーゴー、音楽は「明日に向って撃て!」のバート・バカラック、美術はロバート・ルトハート、編集はボブ・ワイマンがそれぞれ担当。出演は「おかしな二人」のジャック・レモン、「暗くなるまでこの恋を」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「想い出よ今晩は」のピーター・ローフォード、「華麗なる賭け」のジャック・ウェストン、「誰かが狙っている」のマーナ・ローイ、「裸足で散歩」のシャルル・ボワイエ、「M★A★S★H(マッシュ)」のサリー・ケラーマンなど。テクニカラー、パナビジョン。1969年作品。

    ネット上の声

    • シャレた大人のロマンティックコメディです
    • 20世紀一番のロマンティックコメディ
    • 未来に向かって走れ、レモン!
    • こういう映画少なくなった
    恋愛、 コメディ
    • 製作年1969年
    • 製作国アメリカ
    • 時間95分
    • 監督スチュアート・ローゼンバーグ
    • 主演ジャック・レモン
  32. ヘルバスター
    • D
    • 2.92

    ネット上の声

    • 東映映画の ”ノリ” だね!
    アクション
    • 製作年1975年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間96分
    • 監督ジェラール・ピレス
    • 主演ジャン=ルイ・トランティニャン
  33. クリスマス・ストーリー
    • D
    • 2.91
    カトリーヌ・ドヌーブ、マチュー・アマルリック、エマニュエル・ドゥボス共演の家族ドラマ。クリスマスを祝うため、フランス・ルーベにあるビュイヤール家に家族が集まってくる。母ジュノンの病気をきっかけに、疎遠になっていた子供たちも遠方から駆けつけるが、“役立たずのアンリ”の登場で一家のクリスマスが台無しになってしまう。監督は「そして、僕は恋をする」「キングス&クイーン」のアルノー・デプレシャン。

    ネット上の声

    • ヒトの絆を描いた上質な大人のための映画
    • 独特なスタイルで描く、血は水よりも濃し
    • 美しきホームドラマの見せる奇跡
    • ふてぶてしいホームドラマ。
    白血病、 家族、 クリスマス、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2008年
    • 製作国フランス
    • 時間150分
    • 監督アルノー・デプレシャン
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  34. 見えない太陽
    • D
    • 2.90
    「野性の葦」などで知られるフランスの名匠アンドレ・テシネ監督が、カトリーヌ・ドヌーブを主演に迎えた社会派ドラマ。フランス南部で牧場を営むミュリエルのもとに、孫息子アレックスが久々に訪ねてくる。ミュリエルは、カナダへ移住するというアレックスの様子がどこかおかしいことに気づく。実はアレックスは数カ月前にイスラム教に入信しており、シリアの過激派イスラム組織とつながっていた。愛する孫がテロリストを目指していることを知ったミュリエルは、ある行動に出る。

    ネット上の声

    • 孫がテロリストになるのを祖母が必死になって阻止する話
    • お母さんじゃなくてお祖母ちゃんなの!?
    • 「太陽」に気づかない愚か者
    • イスラム教過激派
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2019年
    • 製作国フランス
    • 時間102分
    • 監督アンドレ・テシネ
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  35. 夜風の匂い
    • D
    • 2.87
    若い恋人と逢瀬を重ねる人妻の、愛の誕生と喪失を描いたラブストーリー。監督・脚本に「愛の誕生」のフィリップ・ガレル。脚本は、「愛の誕生」のマルク・ショロデンコと、「ジェルミナル」のアルレット・ラングマン。撮影は、「溺れゆく女」のカロリーヌ・シャンプティエ。音楽は、「バスキア」のジョン・ケイル。出演は、「ヴァンドーム広場」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「クリスマスに雪は降るの?」のダニエル・デュヴァル、「ポネット」のグザヴィエ・ボヴォワほか。

    ネット上の声

    • この作品が分かるような大人になりたい
    • ドヌーヴが年増になってあんな風に若者や旦那に翻弄されるのは今わたしは若者だから分
    • カトリーヌ・ドヌーヴはこのくらいの年齢になった方が魅力的だと思う
    • 全体に立ちこめる雰囲気がたまらなく良い
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1999年
    • 製作国フランス
    • 時間95分
    • 監督フィリップ・ガレル
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  36. 36

    恋路

    恋路
    • D
    • 2.87
    昔の恋人の出現に揺れるヒロインの姿を描く女性映画。監督・脚本は「フランスの友だち」のジャン・ルー・ユベール。エグゼクティヴ・プロデューサーはジャン・クロード・フリューリー。製作は「フランスの思い出」のアラン・ドパルデュー。撮影は「フランスの思い出」のクロード・ルコント。音楽は「プラトーン」のジョルジュ・ドルリュー。編集はレイモンド・ギュヨ。衣装はアニック・フランソワが担当。

    ネット上の声

    • 「フランスの思い出」のジャン・ルー・ユベール監督が、フランスの小さな港町を舞台に
    • ちょうどバブルの頃のフランス産メロドラマ
    • 1991年のジャン=ルー・ユベール監督作品
    • 製作年1991年
    • 製作国フランス
    • 時間119分
    • 監督ジャン=ルー・ユベール
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  37. 37

    銀行

    銀行
    • D
    • 2.86
    スキャンダルに巻き込まれた一銀行員が、巨悪に立ち向かう姿を描いたサスペンスに満ちた社会派映画。監督は「怪人プチオの密かな愉しみ」のクリスチャン・ド・シャロンジュ。製作はミシェル・ド・ブロカとアドルフ・ヴィエッツィ、原作はナンシー・マークハムで、彼女自身に実際に降りかかった事件を書いたもの。脚本は「愛の終りに」のピエール・デュメイエとシャロンジュ、撮影はジャン・ルイ・ピカヴェ、音楽はパトリス・メストラルが担当。出演は「トリコロール 赤の愛」のジャン・ルイ・トランティニャン、「インドシナ」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「地獄に堕ちて」のクロード・ブラッスール、「海を渡るジャンヌ」のミシェル・セローほか。

    ネット上の声

    • 実話の映画化
    • マジックミラー越しに行なわれる冒頭の再就職面接会社のセットとシステムが近未来ホラ
    • 前半のシュールかつ不穏な演出/舞台美術はヌーベルヴァーグっぽいが、脚本は基本的に
    • 水野晴郎推薦って表記でレンタルビデオで借りて観た記憶がある
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1978年
    • 製作国フランス
    • 時間105分
    • 監督クリスチャン・ド・シャロンジェ
    • 主演ジャン=ルイ・トランティニャン
  38. 危険な関係
    • D
    • 2.86
    これまでも数回にわたって映画化されているフランス古典文学を、舞台を1960年代パリに移して名女優カトリーヌ・ドヌーブ主演で描いた愛憎ドラマ。メルトゥイユ夫人は、自分を裏切った愛人ジェルクールが若い娘セシルと婚約したことを知る。復讐を決意した彼女は元愛人バルモンにセシルを誘惑するようそそのかすが、事態は思わぬ方向へと転がりはじめ……。共演は「ベスト・フレンズ・ウェディング」のルパート・エベレット、「パリ、テキサス」のナスターシャ・キンスキー。

    ネット上の声

    • 屈折した貴族の退廃の極地
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2003年
    • 製作国カナダ,フランス,イギリス
    • 時間204分
    • 監督ジョゼ・ダヤン
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  39. 見出された時-「失われた時を求めて」より-
    • D
    • 2.85
    文豪マルセル・プルーストの小説『失われた時を求めて』の最終編を、チリ出身のラウル・ルイス監督が映画化した文芸大作。カトリーヌ・ドヌーヴ、エマニュエル・ベアール、ヴァンサン・ペレーズら、フランス映画界の大物俳優が大勢出演している。

    ネット上の声

    • この映画は理解するのではなくて・・・
    • 物語がよく分からない
    • 映像で確認して、アルベルチーヌのほくろの位置が永遠に動かなくなった
    • 3時間半近い文芸大作(もとはマルセル・プルーストで当然読んでません)
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1999年
    • 製作国フランス
    • 時間163分
    • 監督ラウル・ルイス
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  40. インドシナ
    • D
    • 2.84
    仏領インドシナを深く愛したフランス人女性が母として支配者として悲しい運命を辿っていく姿を描く一大歴史絵巻。監督・脚本は「罪深き天使たち」のレジス・ヴァルニエ、製作はエリック・ウーマンとジャン・ラバディ、共同脚本はルイ・ガルデル、エリック・オルセンナ、カトリーヌ・コーエン、撮影は「夏に抱かれて」のフランソワ・カトンネ、音楽は「ヘンリー五世(1989)」のパトリック・ドイルが担当。

    ネット上の声

    • 美しい映像とともに描く歴史に翻弄される家族と社会
    • カトリーヌ・ドヌーブは美しけれど・・・
    • 谷間の島々はまるで水墨画のよう
    • 映像とドヌーブは綺麗だけど
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1992年
    • 製作国フランス
    • 時間159分
    • 監督レジス・ヴァルニエ
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
    • 定額
  41. 夜の子供たち
    • D
    • 2.84
    泥棒一族に生まれ、反発から刑事になった男と彼の愛人の不良娘、その同性愛の恋人である哲学教授をめぐり、人間たちの愛憎をみつめる群像劇。監督は「野性の葦」のアンドレ・テシネ。製作はテシネの全作品を手掛ける「とまどい」のアラン・サルド。脚本はテシネと、「海辺のホテルにて」「野性の葦に」に続き三度目のコンビとなるジル・トーラン、脚本協力に刑事出身で実体験から犯罪に詳しいミシェル・アレクサンドル、「パリでかくれんぼ」のパスカル・ボニツェール。陰影を生かした渋い撮影は「野性の葦」に続きジャンヌ・ラポワリー。音楽はアラン・サルドの弟で兄の製作した作品のほとんどを手掛けている「とまどい」のフィリップ・サルド。衣裳はポルトガル出身の名プロデューサー、パオロ・ブランコの妹である「メフィストの誘い」のゼ・ブランコ。衣裳は「仕立屋の恋」のエリザベート・タヴェルニエ。出演はテシネの前々作「私の好きな季節」の主演コンビ、「メフィストの誘い」のカトリーヌ・ドヌーヴと、「八日目」のダニエル・オートゥイユ、「パリでかくれんぼ」のロランス・コートほか。

    ネット上の声

    • だれもいまだ投稿なし?
    • 泥棒一家に生まれながら家族への反発から警察官になった主人公の男性を、窃盗団を率い
    • まずはダニエル・オートゥイユの劇中の生き様からして銭形みたいで、劇中の人間が誰か
    • ほとんどジェームズ・グレイじゃん!兄弟の立場が、警官と犯罪組織の一員とで対立して
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1996年
    • 製作国フランス
    • 時間117分
    • 監督アンドレ・テシネ
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  42. 神様メール
    • D
    • 2.84
    「トト・ザ・ヒーロー」「八日目」などで知られるベルギーの異才ジャコ・バン・ドルマル監督が、前作「ミスター・ノーバディ」以来6年ぶりに手がけた監督第4作で、ベルギー・ブリュッセルの街に暮らす神様と、その娘が引き起こす騒動を描いたファンタジックコメディ。ブリュッセルの街に家族と一緒に暮らしている神様は、自分の部屋のパソコンで世界を管理し、面白半分で事故や災害を引き起こしている。そんな父に憤慨した10歳の娘エアは、それまで一歩も出たことがなかった街に出ることを決意。しかし、家出の前に立ち入りを禁じられている父の部屋に忍び込んでパソコンを触った彼女は、間違えて世界中の人々に死期を知らせるメールを送信してしまう。エアは人間たちを救済しようと街に繰り出し、そんな娘を追って神様も街に出るが……。

    ネット上の声

    • あり得ない世界観だけど自分はオーケーだ。
    • 聖書の疑問解決? 芸術と爆笑の人生訓
    • 経穴 ( けいけつ = ツボ ) を突かれる。
    • 聖書の神ってほんとDV親父だよね~
    ファンタジー
    • 製作年2015年
    • 製作国ベルギー,フランス,ルクセンブルク
    • 時間115分
    • 監督ジャコ・ヴァン・ドルマル
    • 主演ブノワ・ポールヴールド
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  43. ルージュの手紙
    • D
    • 2.84
    フランスを代表する2大女優カトリーヌ・ドヌーブとカトリーヌ・フロ、初の共演作。パリ郊外に住むクレールのもとに、30年間姿を消していた血のつながらない母・ベアトリスから「重要で急を要する知らせがあるので会いたい」との電話が入る。ベアトリスに捨てられたことで、父は自殺をしてしまった。今でもクレールはベアトリスを許してはいなかった。真面目すぎるクレールと人生を謳歌するベアトリス。性格が正反対の2人が、互いを受け入れ、ベアトリスの過去の秘密が明らかになることにより、失われた30年という長い年月が埋まっていく。ベアトリス役をドヌーブ、クレール役をフロがそれぞれ演じる。監督は「ヴィオレット ある作家の肖像」「セラフィーヌの庭」のマルタン・プロボ。

    ネット上の声

    • フランスの名女優カトリーヌ・ドヌーブとカトリーヌ・フロが共演
    • 過去と向き合う勇気から生まれた人生の新しい扉
    • 死んだ人を生まれたての幼な子の中に見る。
    • ふたりの女性の心の機微を充分描いた作品
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2017年
    • 製作国フランス
    • 時間117分
    • 監督マルタン・プロヴォ
    • 主演カトリーヌ・フロ
    • レンタル
    • 定額
  44. ハッスル
    • E
    • 2.71
    ロサンゼルス警察の刑事フィルは海岸で発見された若い女性グロリアの遺体を調査し、彼女が風俗の仕事をしていたことを突き止める。一方、グロリアの父親マーティは他殺であると主張し、独自に調査を始める。その後、グロリアが大物弁護士レオと関わっていたことを知るフィル。やがてマーティの過去も明るみになるが……。「ロンゲスト・ヤード」の監督・主演コンビによる刑事ドラマ。事件の捜査とともに、フィルと恋人である高級コールガール、ニコルとの愛が描かれる。

    ネット上の声

    • ドヌーヴの後ろ姿がなんとも物悲しい結末
    • ドヌーブの美しさ
    • 浜辺の死体が出てくるまでめちゃ良いけど以降は立て篭り現場とかストリップ小屋とか面
    • プロットがいいし随所でアルドリッチの醍醐味が見えて面白いのに何を主眼に置くかの選
    サスペンス
    • 製作年1975年
    • 製作国アメリカ
    • 時間120分
    • 監督ロバート・アルドリッチ
    • 主演バート・レイノルズ
  45. 隠された日記 母たち、娘たち
    • E
    • 2.64
    「海のほとり」でカンヌ映画祭カメラドール(新人監督賞)を受賞したフランスの若手女性監督ジュリー・ロペス=クルバルが、カトリーヌ・ドヌーブら豪華女優陣を迎えて描く家族のドラマ。恋人ではない男性の子供を妊娠したキャリアウーマンのオドレイは、母親になることに不安を抱き、産むべきか否か迷っていた。そんなある日、久々に帰省したオドレイは、亡き祖父が暮らしていた海辺の家で1冊の日記を見つける。それは、50年前に家族を残して家出した祖母のものだった。

    ネット上の声

    • 人生、いつになっても悩みは尽きぬ。だからこそ・・・
    • 8点:マリ=ジョゼ・クローズ、美しい!!
    • 鑑賞後から、じわりじわりと効いてきます
    • 寝てしまうくらいゆっくりな展開
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2009年
    • 製作国フランス,カナダ
    • 時間104分
    • 監督ジュリー・ロペス=クルヴァル
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  46. ヤング・ブラッド
    • E
    • 2.63
    1625年、フランス。銃士だった父と母を殺されてしまった青年ダルタニアンはその敵討ちを胸に秘め、パリへ向かう。しかし国王の近衛銃士隊長は王権を狙う枢機卿らの陰謀によって投獄され、銃士たちもその任務を解かれていた。そんな中、ダルタニアンはひとりで悪と戦おうとするが……。デュマの古典「三銃士」を再映画化。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズのシャン・シンシンをアクション監督に迎え、ワイヤー・アクションと西洋剣劇を見事に融合させた。

    ネット上の声

    • 5秒間で30撃!重力無視の空中アクション
    • ピーター・ハイアムズがコスチューム劇に
    • まるで香港映画!
    • 最悪の三銃士
    アクション
    • 製作年2001年
    • 製作国アメリカ
    • 時間105分
    • 監督ピーター・ハイアムズ
    • 主演ジャスティン・チェンバース
  47. 暗くなるまでこの恋を
    • E
    • 2.61
    アメリカのミステリー作家ウィリアム・アイリッシュの小説「暗闇へのワルツ」を、フランソワ・トリュフォー監督がヒッチコック風の映像技巧で映画化したミステリアスなラブストーリー。フランス領レユニオン島でタバコ工場を営むルイは、写真でお見合いした女性と結婚することに。島を訪れた彼女を迎えに行くが、そこに現われたのは写真とはまるで別人の美女だった。2人はすぐに結婚するが、やがて彼女はルイの財産を持ち出して行方をくらましてしまう。カトリーヌ・ドヌーブが妖艶な悪女を熱演。 1970年に日本初公開。2013年、特別企画「スクリーン・ビューティーズ Vol.2 カトリーヌ・ドヌーブ」でデジタルリマスター版を上映。

    ネット上の声

    • 1969年…インド洋に浮かぶフランス領の島レユニオン島…そこでタバコ工場を経営す
    • トリュフォー作品、続けて凹むのに当たってしまった😧
    • 彼女は本当に悪女だったのだろうか
    • 男は馬鹿だとつくづく思える作品。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1969年
    • 製作国フランス
    • 時間123分
    • 監督フランソワ・トリュフォー
    • 主演ジャン=ポール・ベルモンド
  48. 愛のあしあと
    • E
    • 2.59
    カトリーヌ・ドヌーブとキアラ・マストロヤンニが母娘役で親子共演を果たしたドラマ。フランス人の母と娘が2代にわたって繰り広げる愛やセックスにまつわる人間模様を、ミュージカル場面も交えて描く。1960年代のパリ。靴屋で働きながら売春婦のアルバイトをしていたマドレーヌは、チェコ出身の医師ヤロミルと恋に落ちる。2人はプラハへ行き、やがて娘のヴェラが生まれる。時は流れ、ヴェラは美しい女性へと成長。クレモンという優しい恋人のいるヴェラだったが、ロンドンで知り合ったヘンダーソンと激しい恋に落ちてしまい……。共演にリュディビーヌ・サニエ、ルイ・ガレルほか、「アマデウス」「カッコーの巣の上で」の監督として知られるミロス・フォアマンも出演。

    ネット上の声

    • 口ずさむミュージカル仕立の大河恋愛ドラマ
    • フランスの魅力が詰まってます
    • 歌は聴かせるんだけれど…
    • 愛さずにはいられない
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2011年
    • 製作国フランス,イギリス,チェコ
    • 時間139分
    • 監督クリストフ・オノレ
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
  49. しあわせの雨傘
    • E
    • 2.53
    「8人の女たち」のフランソワ・オゾン監督とカトリーヌ・ドヌーブが再びタッグを組んだコメディ。ブルジョワ主婦のスザンヌは、雨傘工場を経営する亭主関白な夫ロベールと優雅で退屈な毎日をおくっていた。ある日、心臓発作で倒れたロベールに代わり、スザンヌが工場の運営を任されてしまう。彼女は主婦ならではの感性で、傾きかけていた工場を見事に立て直すが……。

    ネット上の声

    • フランソワ・オゾンのコメディ!カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェラール・ドパルデュー主演
    • クスクス、ジワジワ…これぞオトナの映画!
    • アムールの国と貫禄ある俳優ならではの作品
    • お茶目なカトリーヌ・ドヌーブ♪をどうぞ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2010年
    • 製作国フランス
    • 時間103分
    • 監督フランソワ・オゾン
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
    • レンタル
    • 定額
  50. 逢いたくて
    • E
    • 2.52
    1957年の名作「めぐり逢い」をモチーフに、カトリーヌ・ドヌーヴとウィリアム・ハート共演で描く大人のラブ・ロマンス。監督は、「エステサロン/ヴィーナス・ビューティ」のトニー・マーシャル。

    ネット上の声

    • カトリーヌに逢いたくて
    • おばさんの恋愛ごっこ
    • 大人のラブストーリー
    • たいくつでした
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2002年
    • 製作国フランス
    • 時間100分
    • 監督トニー・マーシャル
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。