全50作品。カトリーヌ・ドヌーヴが出演した映画ランキング

  1. 夢追い

    夢追い
    評価:S4.12


    恋愛
    製作年:1979
    製作国:フランス/カナダ
    監督:クロード・ルルーシュ
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    1
  2. 幸せはパリで

    幸せはパリで
    評価:A3.89
     うだつの上がらない中年男のハワードは、パーティーで絶世の美女と知り合った。彼は口やかましい妻を捨て、その女性との生活を夢見てパリへ旅立つ……。

    コメディ

    ネット上の声

    シャレた大人のロマンティックコメディです
    20世紀一番のロマンティックコメディ
    未来に向かって走れ、レモン!
    こういう映画少なくなった
    製作年:1969
    製作国:アメリカ
    監督:スチュアート・ローゼンバーグ
    主演:ジャック・レモン
    2
  3. ロシュフォールの恋人たち

    ロシュフォールの恋人たち
    評価:A3.87
    お祭りを2日後に控えたフランス西南部の海辺の街ロシュフォールに、作曲家の卵のソランジュ(フランソワーズ・ドルレアック)とダンサー志望の妹デルフィーヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)という双子姉妹が暮らしていた。お祭の当日、旅芸人のエチエンヌ(ジョージ・チャキリス)たちに頼まれ、彼女たちは歌と踊りを披露する。

    ミュージカル

    ネット上の声

    フレンチ・ミュージカルを召し上がれ
    そうよ ワ タ シ は 双子座のふたご♪
    美しく、楽しく、嬉しくなる!
    仏ミュージカル
    製作年:1966
    製作国:フランス
    監督:ジャック・ドゥミ
    主演:フランソワーズ・ドルレアック
    3
  4. 反撥

    反撥
    評価:B3.69
    ジェラール・ブラッシュの協力を得て「水の中のナイフ」のロマン・ポランスキーがシナリオを執筆、自ら監督した心理ドラマ。撮影は「博士の異常な愛情」のギルバート・テイラー、音楽はチコ・ハミルトンが担当した。出演は、「シェルブールの雨傘」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「女ともだち(1956)」のイヴォンヌ・フルノー、他にイアン・ヘンドリー、ジョン・フレーザー、バトリック・ワイマークほか。

    サスペンス、ホラー、精神障害

    ネット上の声

    美少女カトリーヌ・ドヌーヴ
    腐る肉・むしばまれていく女
    五感に訴えかける恐怖、、、
    日曜の朝からポランスキー
    製作年:1964
    製作国:イギリス
    監督:ロマン・ポランスキー
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    4
  5. 家路

    家路
    評価:B3.69
    老境を生きる舞台俳優が自らの人生について思いを巡らせる人間ドラマ。監督・脚本は「クレーヴの奥方」のマノエル・ド・オリヴェイラ。出演は「ボーマルシェ」のミシェル・ピコリ、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「シャドウ・オブ・ヴァンパイア」のジョン・マルコヴィッチ、「クレーヴの奥方」のアントワーヌ・シャペーほか。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ピッコリの為のピッコリの映画
    How Beautiful Could A Being Be
    ただ人生を理解するだけ、それが映画!
    ちょっと良さが分からなかった・・・
    製作年:2001
    製作国:ポルトガル/フランス
    監督:マノエル・デ・オリヴェイラ
    主演:ミシェル・ピッコリ
    5
  6. 隠された日記 母たち、娘たち

    隠された日記 母たち、娘たち
    評価:B3.63
    『正しい恋愛小説の作り方』のジュリー・ロープ=キュルヴァルが監督を務めた、3世代にわたる女性の生き方を見つめた人間ドラマ。偶然祖母の日記を発見した孫娘とその母親、そして過去に家出した祖母らが織り成す複雑な心模様を大胆に描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    8点:マリ=ジョゼ・クローズ、美しい!!
    鑑賞後から、じわりじわりと効いてきます
    寝てしまうくらいゆっくりな展開
    犬猿の母娘が上手く描けてるね。
    製作年:2009
    製作国:フランス/カナダ
    監督:ジュリー・ロペス=クルヴァル
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    6
  7. シェルブールの雨傘

    シェルブールの雨傘
    評価:B3.61
    カンヌ国際映画祭(1964年・パルム・ドール)互いに愛し合っていた傘屋の少女と修理工の若者が、戦争に引き裂かれ、別々の人生を歩くまでを描くミュージカル。フランスの名匠ジャック・ドゥミ監督は語り調のセリフを排除。

    恋愛、ミュージカル

    ネット上の声

    結果幸せならいいじゃない!! もちろん途中は切ないけど。 若いんだ...
    ストーリーと音楽と映像が素晴らしい名作ミュージカル映画
    当時の女性は相当この映画に支えられたことと思う。
    当時は画期的な演出、でも自分は好きではない
    製作年:1963
    製作国:フランス
    監督:ジャック・ドゥミ
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    7
  8. 哀しみのトリスターナ

    哀しみのトリスターナ
    評価:C3.57
    「昼顔」のルイス・ブニュエル監督が再びカトリーヌ・ドヌーブを主演に迎え、ベニト=ペレス・ガルドスの小説を映画化。両親を亡くした16歳の美少女トリスターナは老貴族ドン・ロペの養女になる。しかしロペはトリスターナに男女の関係を迫るように。はじめのうちはロペの言いなりになるトリスターナだったが、若い画家オラーシオと恋に落ちたことをきっかけに、ロペへの憎しみを募らせていく。愛を知った少女が冷酷な悪女へ豹変していく姿をドヌーブが怪演。2018年、フランス映画界を代表する名優たちの主演作を集めた「華麗なるフランス映画」(18年2月~、東京・角川シネマ有楽町)でリバイバル上映。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    カトリーヌ・ドヌーヴが無垢な女から変身!
    昼顔より格段にいいと思う(^-^)b
    無垢な心は脆く、崩れやすい
    戦慄の中にある美しさ
    製作年:1970
    製作国:イタリア,フランス,スペイン
    監督:ルイス・ブニュエル
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    8
  9. キングス&クイーン

    キングス&クイーン
    評価:C3.56
    再婚を間近に控えた女性と精神病院へ送られた男の人生が、1人の子どもをめぐって交錯する異色の人間ドラマ。カンヌ国際映画祭などで評価の高い異才アルノー・デプレシャンが監督と脚本を手がけ、盟友でもあるエマニュエル・ドゥヴォス、マチュー・アマルリックらフランス映画界の実力派が作品に多彩な表情を与えている。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    マチュー・アマルリックに尽きる
    傑作か駄作か?
    衝撃と感動。
    父親に恐怖!
    製作年:2004
    製作国:フランス
    監督:アルノー・デプレシャン
    主演:エマニュエル・ドゥヴォス
    9
  10. 終電車

    終電車
    評価:C3.54
    セザール賞(1981年・作品賞) ドイツ占領下のパリ。女優マリオンは、南米に逃亡したユダヤ人で、支配人兼演出家の夫の代わりにモンマルトル劇場を切り盛りしていることになってはいたが、その実、夫ルカは劇場の地下に潜んでいた。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    上品でお洒落で格好良くてGoodな作品
    女ざかりのドヌーヴにうっとり。
    抑制された愛が心をうつ☆
    これはルビッチですね
    製作年:1980
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・トリュフォー
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    10
  11. 8人の女たち

    8人の女たち
    評価:C3.52
     1950年代のフランス。クリスマスを祝うため、雪に閉ざされた大邸宅に家族が集うこととなった。

    サスペンス、クリスマス

    ネット上の声

    フランソワ・オゾンより愛をこめて
    映画を見てて一番衝撃的な瞬間
    女の魅力と怖さがいっぱい
    エマニュエル・ベアール
    製作年:2002
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:ダニエル・ダリュー
    11
  12. 輝ける女たち

    輝ける女たち
    評価:C3.52
    大切な人の死によってそれまで疎遠だった“ファミリー”が再び集い、新しいスタートを切る人間讃歌。南仏のキャバレーに集う人々の、複雑に絡み合う人間模様を軽やかにみせる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    傷ついた大人たちが家族に戻るとき・・・
    観た後、おおらかな気分になりました
    フランソワ・オゾンのあとを追え!
    みーんな好きに生きていいんです
    製作年:2006
    製作国:フランス
    監督:ティエリー・クリファ
    主演:ジェラール・ランヴァン
    12
  13. うず潮

    うず潮
    評価:C3.50
     孤独を愛する男の部屋に、一人の女性が飛び込んできた。彼女は結婚式の寸前、相手に嫌気がさして逃げてきたというのだ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    うず潮
    うず潮
    昔からビデオ、DVDが無いのは何故?
    大人の遊びに酔う。
    製作年:1975
    製作国:フランス
    監督:ジャン=ポール・ラプノー
    主演:イヴ・モンタン
    13
  14. ハッスル

    ハッスル
    評価:C3.50


    アクション、サスペンス
    製作年:1975
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・アルドリッチ
    主演:バート・レイノルズ
    14
  15. ペルセポリス

    ペルセポリス
    評価:C3.50
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(2007年)1978年のテヘランに住む9歳の少女マルジ(ガブリエル・ロペス)は、両親や祖母とともに何不自由なく暮らしていた。そんなある日、革命が始まり、新イスラム共和国が誕生。反政府主義者として投獄されていたアヌーシュおじさん(フランソワ・ジェローム)も解放され、マルジは彼からさまざまなことを教えてもらうが、その後アヌーシュは新政府に逮捕されてしまう。

    アニメ

    ネット上の声

    イラン知識、上流階層の恵まれた女性の場合
    イランのフランスのアニメのシネマ。
    胸に咲く花を忘れてはいけない
    イラン人のマルジャンの幼少期から青年期までの自伝的アニメ。
    製作年:2007
    製作国:フランス
    監督:マルジャン・サトラピ
    主演:キアラ・マストロヤンニ
    15
  16. ルージュの手紙

    ルージュの手紙
    評価:C3.49
    フランスを代表する女優のカトリーヌ・ドヌーヴと『偉大なるマルグリット』などのカトリーヌ・フロが共演したドラマ。助産師として働く女性と、30年前に失踪した血のつながらない奔放な母との再会が描かれる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    過去と向き合う勇気から生まれた人生の新しい扉
    死んだ人を生まれたての幼な子の中に見る。
    ふたりの女性の心の機微を充分描いた作品
    ぬくもりは人生の目的を教えてくれる道標
    製作年:2017
    製作国:フランス
    監督:マルタン・プロヴォスト
    主演:カトリーヌ・フロ
    16
  17. 永遠(とわ)の語らい

    永遠(とわ)の語らい
    評価:C3.48
    7歳のマリア=ジョアナ(フィリパ・ド・アルメイダ)は、母のローザ=マリア(レオノール・シルヴェイラ)と、ボンベイにいる父親に会うために地中海を巡る船旅に出る。2人旅の途中でいろいろな人と出会い……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    大巨匠の世界史入門篇と思ったら・・・
    オリヴェイラ監督が語りかけるもの
    "超個人的"世界遺産ベスト10!
    地中海観光案内と思いきや…
    製作年:2003
    製作国:ポルトガル/フランス/イタリア
    監督:マノエル・デ・オリヴェイラ
    主演:レオノール・シルヴェイラ
    17
  18. しあわせの雨傘

    しあわせの雨傘
    評価:C3.42
    スザンヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)は毎朝のジョギングが日課の幸せなブルジョワ妻だったが、ある日、雨傘工場を運営する夫ロバート(ファブリス・ルキーニ)が心臓発作で倒れ、雨傘工場を切り盛りすることに。亭主関白の夫の下で押し黙る日々を送っていた彼女だったが、子ども、昔の恋人、工場の従業員たちの協力を得て予想外の本能が目覚めていく。

    コメディ

    ネット上の声

    アムールの国と貫禄ある俳優ならではの作品
    男は過去に生き、女は未来に生きるもの
    寒さを吹き飛ばす、暖かさがありました
    この判り易さは稀少&貴重かも。
    製作年:2010
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    18
  19. リスボン特急

    リスボン特急
    評価:C3.38
     リスボンへ向かう特急列車が強盗団に襲われる。その動きを察知したパリ警視庁の警部は、強盗団の首領との対決を覚悟する。

    サスペンス

    ネット上の声

    アラン・ドロンとカトリーヌ・ドヌーヴ共演
    面白いと言い切れない私はダメですか?
    アラン・ドロン×カトリーヌ・ドヌーヴ
    冒頭のクールな演出がかっこいい。
    製作年:1972
    製作国:フランス
    監督:ジャン=ピエール・メルヴィル
    主演:アラン・ドロン
    19
  20. インドシナ

    インドシナ
    評価:C3.37
    アカデミー賞(1993年・外国語映画賞)仏領インドシナを深く愛したフランス人女性が母として支配者として悲しい運命を辿っていく姿を描く一大歴史絵巻。監督・脚本は「罪深き天使たち」のレジス・ヴァルニエ、製作はエリック・ウーマンとジャン・ラバディ、共同脚本はルイ・ガルデル、エリック・オルセンナ、カトリーヌ・コーエン、撮影は「夏に抱かれて」のフランソワ・カトンネ、音楽は「ヘンリー五世(1989)」のパトリック・ドイルが担当。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    そんな時代に翻弄された
    カトリーヌ・ドヌーブの美しさは衰えず安定の貫禄。ストーリーにふさわしい。
    まさに大河なメロドラマ。
    インドシナに流るる歴史
    製作年:1992
    製作国:フランス
    監督:レジス・ヴァルニエ
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    20
  21. クリスマス・ストーリー

    クリスマス・ストーリー
    評価:C3.35
    フランス映画界を代表する面々が出演し、2008年のセザール賞で9部門にノミネートされたヒューマン・ドラマ。クリスマスに集ったある家族の物語がドラマチックにつづられていく。

    ヒューマンドラマ、クリスマス、家族、白血病

    ネット上の声

    ヒトの絆を描いた上質な大人のための映画
    独特なスタイルで描く、血は水よりも濃し
    ふてぶてしいホームドラマ。
    起も承も転も結もない物語
    製作年:2008
    製作国:フランス
    監督:アルノー・デプレシャン
    主演:メルヴィル・プポー
    21
  22. ロバと王女

    ロバと王女
    評価:C3.35
    妃を亡くした王(ジャン・マレー)は自分の娘である王女(カトリーヌ・ドヌーヴ)に結婚を迫る。困った王女はロバの皮に身を隠して姿を消すが、何も知らない王子(ジャック・ペラン)に一目惚れされ……。

    ヒューマンドラマ、ミュージカル

    ネット上の声

    カトリーヌ・ドヌーブのコスプレを楽しもう
    美しい絵本をひらくような...
    @おとぎ話のしかけ絵本
    甘いお菓子のような…
    製作年:1970
    製作国:フランス
    監督:ジャック・ドゥミ
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    22
  23. 昼顔

    昼顔
    評価:C3.33
    ヴェネチア国際映画祭(1967年・金獅子賞)昼は娼婦、夜は貞淑な妻の顔を持つ若き人妻の二重生活をカトリーヌ・ドヌーブ主演で描き、1967年・第28回ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した作品。「アンダルシアの犬」のルイス・ブニュエル監督が、ジョセフ・ケッセルの同名小説を映画化した。セブリーヌは裕福な医者の夫と何不自由ない暮らしを送っていたが、その一方でマゾヒスティックな妄想にとらわれていた。そんなある日、パリにある娼館の噂を聞いた彼女は、好奇心から足を運び、「昼顔」という偽名で働くことに。封印してきた性を解放することで夫への愛情も深まり、満ち足りた気分を味わうセブリーヌだったが……。2018年、フランス映画界を代表する名優たちの主演作…

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    サンローランに包まれた美しいドヌーヴ
    何処までも遠のいていく無人の馬車
    YSLイヴ・サンローランを着た悪魔!
    カトリーヌ・ドヌーヴが美しい!
    製作年:1967
    製作国:フランス
    監督:ルイス・ブニュエル
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    23
  24. 危険な関係

    危険な関係
    評価:C3.32
    これまでも数回にわたって映画化されているフランス古典文学を、舞台を1960年代パリに移して名女優カトリーヌ・ドヌーブ主演で描いた愛憎ドラマ。メルトゥイユ夫人は、自分を裏切った愛人ジェルクールが若い娘セシルと婚約したことを知る。復讐を決意した彼女は元愛人バルモンにセシルを誘惑するようそそのかすが、事態は思わぬ方向へと転がりはじめ……。共演は「ベスト・フレンズ・ウェディング」のルパート・エベレット、「パリ、テキサス」のナスターシャ・キンスキー。

    ヒューマンドラマ
    製作年:2003
    製作国:カナダ/フランス/イギリス
    監督:ジョゼ・ダヤン
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    24
  25. 神様メール

    神様メール
    評価:C3.30
    カンヌ国際映画祭やゴールデン・グローブ賞など、世界各国の映画祭、映画賞で称賛を浴びたコメディー。パソコンを駆使して世界を翻弄(ほんろう)する神と、そんな彼に愛想を尽かした娘が巻き起こす騒動を描く。

    コメディ

    ネット上の声

    あり得ない世界観だけど自分はオーケーだ。
    僕の家のドルマルおじさんの変な映画
    エアの親父は最低の神だな
    神様は楽しそう。
    製作年:2015
    製作国:ベルギー,フランス,ルクセンブルク
    監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル
    主演:ブノワ・ポールヴールド
    25
  26. ダンサー・イン・ザ・ダーク

    ダンサー・イン・ザ・ダーク
    評価:C3.28
    日本アカデミー賞(2001年・最優秀外国作品賞)アメリカの片田舎。チェコ移民のセルマは息子ジーンと2人暮らし。つつましい暮らしだが、隣人たちの友情に包まれ、生きがいであるミュージカルを楽しむ幸せな日々。しかし彼女には悲しい秘密があった。セルマは遺伝性の病で視力を失いつつあり、手術を受けない限りジーンも同じ運命を辿ることになるのだ……。

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、不幸な結末のバッドエンド、どんでん返し

    ネット上の声

    鬱映画と言われているけどそうは思わない。観終わったあとすぐは衝撃で...
    観なきゃよかったと思うのに、いつかまた観ると思う
    胸を搔き乱す言い知れぬ不安と悲惨
    もう二度と観たくない
    製作年:2000
    製作国:デンマーク
    監督:ラース・フォン・トリアー
    主演:ビョーク
    26
  27. 太陽のめざめ

    太陽のめざめ
    評価:C3.27
    第68回カンヌ国際映画祭のオープニングで上映された、名優カトリーヌ・ドヌーヴが主演を務めたドラマ。母親に捨てられた過去を持つ少年、補導された彼を担当する女性判事、少年の教育係を任された男性の姿を追う。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    暴力的だが繊細な少年の心の機微が丁寧に表現されている。最後に光が見えた。
    ドヌーヴを鑑賞する作品ではありません
    言いたいことはわかるが説得力がない。
    できることは信じ続けることだけ。
    製作年:2015
    製作国:フランス
    監督:エマニュエル・ベルコ
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    27
  28. ポーラX

    ポーラX
    評価:D3.14
    「ポンヌフの恋人」のレオス・カラックスが、「白鯨」で知られるアメリカ人作家ハーマン・メルビルの「ピエール」を映画化。才能に溢れた小説家ピエールは、豊かなノルマンディの自然に囲まれた城に住み、美しい婚約者を持つ青年。しかし、ある日姉と名乗る長い黒髪のジプシー女に惹かれた彼は、すべてを失っていくのだった。出演は、ギョーム・ドパルデュー、カトリーヌ・ドヌーブ、カテリーナ・ゴルベワほか。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ギョーム・ドパルデュー
    polax
    最初の爆撃音とバンドのジャギジャギざがざが音が好き爆音でみたい
    追い求めた「真実」の価値とは?
    製作年:1999
    製作国:フランス/ドイツ/スイス/日本
    監督:レオス・カラックス
    主演:ギョーム・ドパルデュー
    28
  29. うたかたの恋

    うたかたの恋
    評価:D3.13
    クロード・アネの「マイエルリンク」とミシェル・アーノルドの「親王」を「暗くなるまで待って」のテレンス・ヤングが脚色・監督した悲恋物語。この題材の日本公開は1963年と1956年(題名「晩鐘」)に続いて3度目である。撮影は「トリプルクロス」のアンリ・アルカン、音楽は「明日に賭ける」のフランシス・レイが担当している。出演は「ファニー・ガール」のオマー・シャリフ、「めざめ」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「ジョージー・ガール」のジェームズ・メイスン、エバ・ガードナーなど。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    悲しく響きわたる銃声の音!(〃´o`)=3
    ハンガリー独立運動
    現実をこえた 映像の世界
    歴史物語
    製作年:1969
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:テレンス・ヤング
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    29
  30. 暗くなるまでこの恋を

    暗くなるまでこの恋を
    評価:D3.06
    ウィリアム・アイリッシュ原作の「暗闇へのワルツ」を基に、フランス映画界の巨匠フランソワ・トリュフォーがメガホンを取ったラブサスペンス。フランス領の島にやって来た、美貌の花嫁をめぐる愛憎劇を映し出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    彼女は本当に悪女だったのだろうか
    男は馬鹿だとつくづく思える作品。
    誰もヒッチコックにはなれない。
    ドラマチックだが、辛くなる
    製作年:1969
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・トリュフォー
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    30
  31. ハンガー

    ハンガー
    評価:D3.04
    不死の生命力を持つ吸血鬼のミリアムは生きた時代ごとに愛する者を見つけ、自分の仲間にしていた。ニューヨークに暮らす今の相手は、18世紀のイギリスで見つけたジョン。ミリアムは吸血鬼になることを条件に彼にも生命力を与えていたが、200年以上も若さを維持することは不可能だった。衰えを感じ始めたジョンは老化を研究している女医サラに会うが……。美男・美女の吸血鬼の末路を華麗かつ斬新な映像美で描いた退廃的スリラー。

    ホラー、吸血鬼(ヴァンパイア)

    ネット上の声

    全く、トシはとりたくない
    動画家、トニー・スコット
    歳はとりたくないものね
    つい何度も見てしまった
    製作年:1983
    製作国:イギリス
    監督:トニー・スコット
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    31
  32. 愛のあしあと

    愛のあしあと
    評価:D3.04
    1960年代、かつて靴店の店員で娼婦(しょうふ)でもあったマドレーヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)は、優しく家庭的な夫と再婚した後も娼婦(しょうふ)を続け、さらにはチェコで結婚していた元夫ヤロミル(ミロス・フォアマン)ともあいびきを続けていた。2000年、マドレーヌの娘ヴェラ(キアラ・マストロヤンニ)は、恋人クレモン(ルイ・ガレル)がいながら、ロンドンで出会ったヘンダーソン(ポール・シュナイダー)を愛してしまう。

    恋愛

    ネット上の声

    口ずさむミュージカル仕立の大河恋愛ドラマ
    フランスの魅力が詰まってます
    愛さずにはいられない
    かなわぬ愛の時代
    製作年:2011
    製作国:フランス/イギリス/チェコ
    監督:クリストフ・オノレ
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    32
  33. モン・パリ

    モン・パリ
    評価:D3.03
     自動車教習所を経営する中年男性マルコの腹が、ある日突然ふくらみ始めた。恋人のイレーヌと共に病院で診察を受けると、なんと妊娠していることが判明する。

    コメディ

    ネット上の声

    愛はでっかく 器もでっかく 腹もでっかく
    何回も観たけれど幸せで楽しい映画です。
    楽しいコメディ。ドヌーブがかわいい。
    大物が演じる荒唐無稽作品
    製作年:1973
    製作国:フランス/イタリア
    監督:ジャック・ドゥミ
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    33
  34. 逢いたくて

    逢いたくて
    評価:D2.96
    1957年の名作「めぐり逢い」をモチーフに、カトリーヌ・ドヌーヴとウィリアム・ハート共演で描く大人のラブ・ロマンス。監督は、「エステサロン/ヴィーナス・ビューティ」のトニー・マーシャル。

    恋愛

    ネット上の声

    エンパイア・ステート・ビル
    RAIN/Cafe Boston/When She Falls
    製作年:2002
    製作国:フランス
    監督:トニー・マーシャル
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    34
  35. ひきしお

    ひきしお
    評価:D2.92
     男尊女卑のエーゲ海の孤島を舞台にした愛の寓話。島に一人やってきた美貌の女リザ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    疑問符ばかりの不思議な作品
    製作年:1971
    製作国:イタリア/フランス
    監督:マルコ・フェレーリ
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    35
  36. ヤング・ブラッド

    ヤング・ブラッド
    評価:D2.92
     1625年、フランス。ガスコーニューの村に住むダルタニアンは、14年前両親を殺した男を探し出す決意を胸に、パリへと向かう。

    アクション

    ネット上の声

    5秒間で30撃!重力無視の空中アクション
    まるで香港映画!
    ダルタニアン
    もの足りない
    製作年:2001
    製作国:アメリカ
    監督:ピーター・ハイアムズ
    主演:ジャスティン・チェンバース
    36
  37. 外人部隊フォスター少佐の栄光

    外人部隊フォスター少佐の栄光
    評価:E2.61
     今世紀初頭、モロッコの紛争地帯を舞台に、仏軍に組み込まれた一外人部隊の悲劇的な末路を描いた作品。忠実な時代考証と陰影のあるカメラ・ワークで、絵空事ではない戦場の空気をよく再現した。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ケピ帽姿のジーン=ハックマン氏
    外人部隊なんだから・・・
    なんだかよく分からないな
    機関銃って強いな・・・
    製作年:1977
    製作国:イギリス
    監督:ディック・リチャーズ
    主演:ジーン・ハックマン
    37
  38. ストーン・カウンシル

    ストーン・カウンシル
    評価:E2.06
    “フランスのスティーヴン・キング”と呼ばれ、次々と原作の映画化が決まるジャン=クリストフ・グランジェの同名小説を、フレンチスリラーの新鋭ギョーム・ニクルーが映画化したミステリー。モンゴルで100年に1度生まれる“神の子”のために闘うモニカ・ベルッチがたくましい精神をもった女性を演じ、新たな魅力を発揮。

    サスペンス

    ネット上の声

    ベルッチ&ドヌーヴ競演のホラー映画です。
    こういうニューエイジ的なオカルトテーマは
    ストーリーを理解するのに限界あり
    これって、ホラー?ファンタジー?
    製作年:2005
    製作国:フランス
    監督:ギョーム・ニクルー
    主演:モニカ・ベルッチ
    38
  39. 恋のマノン

    恋のマノン
    評価:E0.00
    世紀の美女カトリーヌ・ドヌーヴが現代的なファムファタールを演じ、『スタンダールの恋愛論』などのジャン・オーレルが監督を務めて放つ異色恋愛作。プレヴォー原作の「マノン・レスコー」に大胆に手を加え、自由気ままに生きる恋多きヒロインの愛の遍歴を描き出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    カトリーヌ・ドヌーヴ東京に現る
    マノン・レスコー
    にこ目
    ドヌーブの魅力がやっとわかった。
    製作年:1967
    製作国:フランス
    監督:ジャン・オーレル
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    39
  40. メフィストの誘い

    メフィストの誘い
    評価:E0.00
     パリに暮らす米人文学研究者のマイケルは、フランス人の妻ヘレンを連れ、シェークスピアはスペイン系ユダヤ人だったという自説を裏付けるため、今は図書館になっているアラビダの古い僧院を訪れた。彼らを迎え入れた管理人は一目でヘレンの美しさにほだされ、まるで不安定な彼らの仲を試すように、夜も仕事に没頭するマイケルの助手に若い女性研究員をあてがう……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    誘惑できないメフィストフェレス
    えぇ、、、っと?
    豊穣なる老い
    製作年:1995
    製作国:フランス/ポルトガル
    監督:マノエル・デ・オリヴェイラ
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    40
  41. 女神よ、銃を撃て

    女神よ、銃を撃て
    評価:E0.00
    フランスを代表する名女優カトリーヌ・ドヌーブと「イングロリアス・バスターズ」のダイアン・クルーガーが母娘役で共演したクライムサスペンス。フランスの港町セート。チンピラ仲間のロドルフ、ベン、カリムは麻薬の密売に手を染めていたが、カリムが組織のボスから麻薬を盗んでいたことが発覚し、3万ユーロを返済するよう脅迫される。困ったロドルフは、自分の客で肉体関係もある脚の不自由な女性ジュリアに金を無心するが断られてしまう。後日、再び姿を現したロドルフと口論になったジュリアは、鈍器で彼を殴殺し、会社を経営する母ルイーズに遺体の始末を手伝ってもらうが……。監督は「輝ける女たち」でもドヌーブと組んだティエリー・…

    サスペンス

    ネット上の声

    邦題がクソ。闘犬シーンあり、ティトが死ぬ
    こんな娘を持つと母は
    女神が見えてくる
    普通のドラマ
    製作年:2017
    製作国:フランス
    監督:ティエリー・クリファ
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    41
  42. パリジェンヌ

    パリジェンヌ
    評価:E0.00
    パリジェンヌの恋と生活を描いたもので、第一から第四話まで新進、ベテランの四人の監督が各一話ずつ担当。監督は一話から順にジャック・ポワトルノー、ミシェル・ボワロン、クロード・バルマ、マルク・アレグレ。撮影は第一、二話がアンリ・アルカン、第三、四話がアルマン・ティラール。音楽はジョルジュ・ガルヴァランツが一貫して担当。なお、衣裳はデザイナー、ルイ・フェローがデザインしたものである。特別主演のショセット・ノワールが主題歌を歌っている。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1961
    製作国:フランス
    監督:ジャック・ポワトルノー
    主演:ダニー・サヴァル
    42
  43. 見出された時-「失われた時を求めて」より-

    見出された時-「失われた時を求めて」より-
    評価:E0.00
     文豪マルセル・プルーストの小説『失われた時を求めて』の最終編をチリ出身のラウル・ルイス監督が映画化した文芸大作。晩年を迎えた作家マルセルは自らの人生を回想する……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    物語がよく分からない
    この映画は理解するのではなくて・・・
    製作年:1999
    製作国:フランス
    監督:ラウル・ルイス
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    43
  44. イースト/ウェスト 遙かなる祖国

    イースト/ウェスト 遙かなる祖国
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    (社会主義の)独裁の歴史を忘れないために
    製作年:2000
    製作国:ブルガリア/フランス/ロシア/スペイン
    監督:レジス・ヴァルニエ
    主演:サンドリーヌ・ボネール
    44
  45. 3つの心 あのときもしも

    3つの心 あのときもしも
    評価:E0.00
    シャルロット・ゲンズブール、キアラ・マストロヤンニ、カトリーヌ・ドヌーヴという豪華顔合わせで描いた大人の恋愛物語。パリで出会った男女のすれ違いが、さらに複雑な別の出会いを招く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    心臓の弱いおじさんが何やってんだか、、
    ツッコミどころが多い
    製作年:2014
    製作国:フランス
    監督:ブノワ・ジャコー
    主演:ブノワ・ポールヴールド
    45
  46. 悪徳の栄え

    悪徳の栄え
    評価:E0.00
    歴史に翻弄される美しき姉妹の運命を巨匠、ヴァディムが捉えた名作
    製作年:1962
    製作国:フランス
    監督:ロジェ・ヴァディム
    主演:アニー・ジラルド
    46
  47. 私の好きな季節

    私の好きな季節
    評価:E0.00
     「海辺のホテルにて」のアンドレ・テシネ監督によるホーム・ドラマ。脳卒中で倒れた年老いた母の問題を軸に、二人の姉弟の心のつながりと姉一家の絆を描く。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    なんともはやです。
    製作年:1993
    製作国:フランス
    監督:アンドレ・テシネ
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    47
  48. 恋のモンマルトル

    恋のモンマルトル
    評価:E0.00
     モンマルトルのナイト・クラブを舞台に、誘拐事件に巻き込まれた女性歌手の騒動をユーモアを交えて描く。C・ドヌーヴ主演作品。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    面白さは普通かな。
    製作年:1975
    製作国:フランス
    監督:ラズロ・サボ
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    48
  49. めざめ

    めざめ
    評価:E0.00
    製作年:1968
    製作国:フランス
    監督:ミシェル・ドヴィル
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    49
  50. 愛しすぎた男 37年の疑惑

    愛しすぎた男 37年の疑惑
    評価:E0.00
    「野性の葦」「夜の子供たち」などの巨匠アンドレ・テシネが、1970年代にフランスで実際に起きた事件をもとに映画化したサスペンスドラマ。76年、南仏ニース。カジノの筆頭株主である女性実業家ルネの娘アニエスが、結婚に失敗して故郷へ戻ってくる。ニースではイタリアのマフィアがカジノ経営権を狙っていたが、ルネは顧問弁護士モーリスの助言によってカジノの新社長の座に就く。一方、母ルネに強い反発心を抱くアニエスは、モーリスと恋に落ちてルネと対立する立場にまわり……。名女優カトリーヌ・ドヌーブが母ルネ役を、「水の中のつぼみ」のアデル・エネルが娘アニエス役を、「よりよき人生」のギョーム・カネが弁護士モーリス役を…

    サスペンス

    ネット上の声

    限りなく黒いのだが
    製作年:2014
    製作国:フランス
    監督:アンドレ・テシネ
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    50

スポンサードリンク