スポンサーリンクあり

全25作品。ブルーノ・ガンツが出演した映画ランキング

  1. 永遠と一日
    • S
    • 4.60
    不治の病に冒されたひとりの詩人が過ごす最後の一日。自分の詩は下書きに過ぎなかったと悔やむ今、生前は寂しい思いをさせてしまった妻が幸せそうに輝いていた夏の日の記憶が甦る。死の床にある母を見舞った帰りに思わず助けてしまった難民の少年から、耳慣れない言葉をひとつまたひとつと買い集める詩人。しかしもう時間は残されていなかった。少年と夜の街を走った“運命のバス”を思い出に、詩人は海から聞こえる亡き妻の声に誘われるようにあの砂浜に立つ。アンゲロプロス監督がブルーノ・ガンツを主演に迎えたパルム・ドール受賞作。

    ネット上の声

    • 明日が、たった一日しかなくても…
    • 大切な一日の中にある永遠の美
    • 大事なもの 人生のなかで!
    • 死ぬまでにしたい○のこと
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1998年
    • 製作国ギリシャ,フランス,イタリア
    • 時間134分
    • 監督テオ・アンゲロプロス
    • 主演ブルーノ・ガンツ
  2. ヒトラー 〜最期の12日間〜
    • S
    • 4.44
    独裁者アドルフ・ヒトラーの最期の12日間を克明に描いた実録ドラマ。ヨアヒム・フェストによる同名研究書、およびヒトラーの秘書を務めたトラウドゥル・ユンゲの証言と回想録「私はヒトラーの秘書だった」を基に、「es エス」のオリバー・ヒルシュビーゲル監督がメガホンをとった。1942年、ミュンヘン出身の若い女性トラウドゥルは、ナチス総統ヒトラーの個人秘書として働くことに。1945年4月20日、ベルリン。ヒトラーは迫りくるソ連軍の砲火から逃れるため、側近たちとともにドイツ首相官邸の地下要塞に避難する。その中にはトラウドゥルの姿もあった。誰もがドイツの敗戦を確信していたが、もはやヒトラーは客観的な判断能力を失いつつあった。「ベルリン・天使の詩」の名優ブルーノ・ガンツがヒトラー役を熱演。トラウドゥル役に「トンネル」のアレクサンドラ・マリア・ララ。

    ネット上の声

    • アドルフ・ヒトラーはユダヤ人だった!という仮説は大好きなのですが、それを想像させるシーンもあった・・・
    • 爆発音で母親が心臓発作を起こしました
    • 明日、世界が終わる人々を描いて秀逸
    • 第三帝国の終焉と「おとしまえ」
    戦争、 実話
    • 製作年2004年
    • 製作国ドイツ,イタリア
    • 時間155分
    • 監督オリヴァー・ヒルシュビーゲル
    • 主演ブルーノ・ガンツ
    • 定額
    • 定額
  3. ベルリン・天使の詩
    • A
    • 4.12
    「パリ、テキサス」のビム・ベンダース監督が10年ぶりに祖国ドイツでメガホンをとり、1987年・第40回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した傑作ファンタジー。壁崩壊前のベルリンを舞台に、人間に恋してしまった天使の運命を、美しく詩的な映像でつづる。人間たちの心の声を聞き、彼らの苦悩に寄り添う天使ダミエルは、サーカスの空中ブランコで舞う女性マリオンに出会う。ダミエルは孤独を抱える彼女に強くひかれ、天界から人間界に降りることを決意する。ブルーノ・ガンツが主演を務め、テレビドラマ「刑事コロンボ」のピーター・フォークが本人役で出演。脚本には後にノーベル文学賞を受賞する作家ペーター・ハントケが参加した。1993年には続編「時の翼にのって ファラウェイ・ソー・クロース!」が製作された。

    ネット上の声

    • べんちーのレビューで気になった作品🤗!地上に暮らす人々の様子を観察し続けてる天使
    • モノクロのベルリンの街を見降ろす天使。 人間から天使は見えないけど...
    • 子どもが子どもだったころ,こう思った
    • シティ・オブ・エンジェルより、、
    恋愛、 ファンタジー、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1987年
    • 製作国ドイツ,フランス
    • 時間128分
    • 監督ヴィム・ヴェンダース
    • 主演ブルーノ・ガンツ
    • 定額
  4. ハイジ アルプスの物語
    • A
    • 4.07
    世界中で広く愛され、これまでにもテレビや映画、実写、アニメなどで幾度も映像化されてきた児童文学の名著「アルプスの少女ハイジ」を、原作が生まれた本国スイスで新たに実写映画化。アルプスの山の大自然に囲まれ、頑固だが優しい祖父と暮らす少女ハイジは、ある日、大富豪のお嬢様クララの話し相手として都会のフランクフルトへ連れて行かれる。足が悪く車椅子生活を送っているクララは、明るく元気なハイジに励まされ、次第に元気を取り戻していくが、一方でハイジは祖父のいるアルプスの山が恋しくなり……。祖父役はスイス出身で、「ベルリン・天使の詩」「ヒトラー 最期の12日間」などドイツ映画界で活躍する名優ブルーノ・ガンツ。スイス人監督のアラン・グスポーナーがメガホンをとった。

    ネット上の声

    • 「ロッテンマイヤー」さんが、美しい(笑)
    • 名作物語の素晴しき実写化映画、ここにも
    • 景色が素晴らしく、とても魅力的なハイジ
    • 名作児童文学の心やさしい実写映画化
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国スイス,ドイツ
    • 時間111分
    • 監督アラン・グスポーナー
    • 主演アヌーク・シュテフェン
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  5. 手紙は憶えている
    • A
    • 4.02
    ある1通の手紙をきっかけに、家族を殺したナチスへの復讐の旅に出る男の姿を、アトム・エゴヤン監督が描いたサスペンス作品。最愛の妻の死も覚えていられないほど、もの忘れがひどくなった90歳のゼブ。ある日、ゼブは友人のマックスから1通の手紙を託される。2人はナチスの兵士に大切な家族を殺された、アウシュビッツ収容所の生存者だった。手紙にはナチスの兵士に関する情報が記されていた。兵士の名前はルディ・コランダー。身分を偽り、今も生きているという。容疑者は4人にまで絞り込まれていた。体が不自由なマックスの思いも背負い、ゼブは復讐を決意し、1通の手紙とおぼろげな記憶だけを頼りに単身旅に出る。「人生はビギナーズ」で史上最高齢のアカデミー助演男優賞に輝いたクリストファー・プラマーが主人公ゼブを演じ、マーティン・ランドー、ブルーノ・ガンツらベテラン俳優陣が顔を揃える。

    ネット上の声

    • 全て台無しの結末 ~認知症患者の家族より
    • タイプ別観た方が良い人、観なくて良い人
    • なにがあろうとも「忘れてはならない」
    • 欧米の人々は年配者に親切だなあ~
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国カナダ,ドイツ
    • 時間95分
    • 監督アトム・エゴヤン
    • 主演クリストファー・プラマー
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  6. 僕のピアノコンチェルト
    • A
    • 4.02
    「山の焚火」「最後通告」などで知られるスイスの巨匠フレディ・M・ムーラー監督がモーツァルトのようにピアノを弾き、アインシュタインのように数学の才能を持って生まれてきた孤独な天才少年、ビトスの苦悩と葛藤を描き出した人間ドラマ。ビトスの祖父役で「アメリカの友人」のブルーノ・ガンツが共演。06年度のアカデミー賞外国語映画賞スイス代表にも選ばれた。

    ネット上の声

    • ただの天才ピアニスト少年のお話というだけではない
    • 『山の焚き火』の監督ですが全然違うテイストでした
    • 子供の頃、なりたかった自分になれているか
    • 【特薦】天才の孤独と自分探し、そして、空
    天才、 ピアニスト、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2006年
    • 製作国スイス
    • 時間121分
    • 監督フレディ・M・ムーラー
    • 主演テオ・ゲオルギュー
  7. O侯爵夫人
    • B
    • 3.94
    現代フランス映画の巨匠エリック・ロメールが、38歳で拳銃自殺を遂げたドイツ・ロマン派の作家ハインリヒ・フォン・クライストの小説「O侯爵婦人」の忠実な映画化を試みた文芸作品。製作はロメールとともに製作会社レ・フィルム・デュ・ロサンジュ(菱形映画社)を主宰するバルベ・シュロデール(バーベット・シュローダー)と、ドイツのヤヌス・フィルムのクラウス・ヘルヴィッヒ。自然光を生かしつつ新古典派絵画を参照した審美性あふれる映像を生み出した撮影は巨匠ネストール・アルメンドロス。ロメールとは「パリところどころ」のロメール編「エトワール広場」以来『聖杯伝説』までの全作品および「海辺のポーリーヌ」で組んでいる。音楽は19世紀始めのドイツの軍楽隊の音楽をベースにロジェ・デルモットが作曲。革命後のフランス建築と美術を意識した美術はロカ・フォン・メレンドルフが担当。録音は「愛の昼下がり」のジャン=ピエール・リュー。編集は「愛の昼下がり」のセシル・デキュシス。出演者のエーディット・クレヴァー、ブルーノ・ガンツ。オットー・ザンダーらはいずれもペータ・シュタイン率いるベルリンの名門劇団シャウピーネ・テアターのメンバー。また将校の役でロメールもワン・シーン出演。76年カンヌ国際映画祭審査委員特別賞受賞。

    ネット上の声

    • アデュー ロメール!
    • 最初の愛を見出す
    • 同じ時期に、同じ撮影監督ネストル・アルメンドロスによって撮られた、「時代もの」と
    • 身の覚えのない妊娠をした未亡人の侯爵夫人が、恩人のロシア司令官に求婚されながら、
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1975年
    • 製作国ドイツ,フランス
    • 時間103分
    • 監督エリック・ロメール
    • 主演エディット・クレヴァー
  8. 白い町で
    • B
    • 3.91
    リスボンの港に降りた機関員がそのまま町に居つく姿を描く。製作・脚本はパウロ・ブランコとアラン・タネール、監督・脚本は「光年のかなた」のアラン・タネール、撮影はアカシオ・デ・アルメイダ、音楽はジャン・リュック・バルビエ、編集はローラン・ユレールが担当。出演はブルーノ・ガンツ、テレサ・マドルーガ、ユリア・フォンダリンなど。

    ネット上の声

    • 孤独なのになんかぼやぼやしてるところがあんまりにもそれっぽくて良いな…胸を刺され
    • 船員のポールは白い町リスボンで知り合った女性ローザと恋に落ち、彼女を撮り続ける
    • 旅先での出来事を8mmカメラで撮影して痛々しい詩と共に妻の家に送り付けるのが趣味
    • アラン・タネールの映画はたいてい、いい風が吹いている
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1983年
    • 製作国スイス,ポルトガル
    • 時間108分
    • 監督アラン・タネール
    • 主演ブルーノ・ガンツ
  9. A Hidden Life
    • B
    • 3.87
    「ツリー・オブ・ライフ」「シン・レッド・ライン」の巨匠テレンス・マリックが、第2次世界大戦時のオーストリアで、ヒトラーへの忠誠を拒み信念に殉じた実在の農夫の物語を映画化したヒューマンドラマ。第2次世界大戦下のオーストリア。山と谷に囲まれた美しい村で、妻フランチスカと3人の娘と暮らしていたフランツは、激化する戦争へと狩り出されるが、ヒトラーへの忠誠を拒んだことで収監される。裁判を待つフランツをフランチスカは手紙で励ますが、彼女自身もまた、裏切り者の妻として村人たちから酷い仕打ちを受けていた。ナチスに加担するよりも自らの信念に殉じ、後に列福されたフランツを「イングロリアス・バスターズ」「マルクス・エンゲルス」のアウグスト・ディール、妻フランチスカを「エゴン・シーレ 死と乙女」のバレリー・パフナーが演じた。また、2019年2月に他界した名優ブルーノ・ガンツが判事役を務めている。19年・第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。

    ネット上の声

    • 戦闘シーンなどが全くない戦争映画である。
    • 偏屈で愚か に一票入れたくなる。
    • 宗教的だが誰もが感動できる作品
    • 妻だけが理解する信念を貫いた愛
    戦争
    • 製作年2019年
    • 製作国アメリカ,ドイツ
    • 時間175分
    • 監督テレンス・マリック
    • 主演アウグスト・ディール
    • レンタル
    • レンタル
    • 定額
  10. アメリカの友人
    • B
    • 3.86
    ドイツの名匠ビム・ベンダースが、アメリカの作家パトリシア・ハイスミスによる小説「トム・リプリー」シリーズの第3作「アメリカの友人」を原作に描いたクライムサスペンス。贋作を売りさばいているアメリカ人の画商リプリーは、オークション会場で額縁職人のヨナタンと出会う。ヨナタンが病で余命わずかだと知ったリプリーは、彼に一度きりの殺人の仕事を紹介する。ヨナタンは多額の報酬を妻子に残すため殺人を引き受けるが……。主人公リプリーを「イージー★ライダー」のデニス・ホッパー、額縁職人ヨナタンを「ベルリン・天使の詩」のブルーノ・ガンツが演じ、ニコラス・レイ、サミュエル・フラーらベンダース監督が敬愛する映画監督たちも出演した。

    ネット上の声

    • 【ヴィム・ヴェンダース監督が迷走するなか、世に出した逸品。】
    • 【ロードムービー三部作の次/再び欧州とアメリカの融合】
    • ハンブルクのカーボーイ
    • 引き寄せ合う孤独。
    サスペンス
    • 製作年1977年
    • 製作国ドイツ,フランス
    • 時間126分
    • 監督ヴィム・ヴェンダース
    • 主演デニス・ホッパー
  11. ベニスで恋して
    • B
    • 3.75
    家族のために人生を捧げてきた主婦がベニスでの一人旅でときめく心を取り戻すロマンティック・コメディ。監督・脚本はシルヴィオ・ソルディーニ。撮影はルカ・ビガッツィ。出演はリーチャ・マリェッタ、「永遠の一日」のブルーノ・ガンツほか。2000年ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞9部門、シルヴァー・リボン賞5部門、ゴールデン・グローヴ賞2部門、ゴールデンCIAK賞受賞。

    ネット上の声

    • 私もベニスで恋したい!オバサンになっても恋がしたい!
    • むかーし観て何とも言えず楽しかった記憶だけがあるんだけど、今住んでいるところでは
    • だいぶ前に鑑賞したので、あまり内容を覚えていないけど、主人公の女性が恋してどんど
    • 今の旅行こそ、ツアーに申し込んで大人数で行ってこの時間にバスに戻ってきてとかそん
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2000年
    • 製作国イタリア,スイス
    • 時間115分
    • 監督シルヴィオ・ソルディーニ
    • 主演リーチャ・マリェッタ
  12. ハウス・ジャック・ビルト
    • C
    • 3.59
    「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「ニンフォマニアック」の鬼才ラース・フォン・トリアーが、理性と狂気をあわせ持つシリアルキラーの内なる葛藤と欲望を過激描写の連続で描いたサイコスリラー。1970年代、ワシントン州。建築家を夢見るハンサムな独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように殺人を繰り返すように。そんな彼が「ジャックの家」を建てるまでの12年間の軌跡を、5つのエピソードを通して描き出す。殺人鬼ジャックを「クラッシュ」のマット・ディロン、第1の被害者を「キル・ビル」のユマ・サーマン、謎の男バージを「ベルリン・天使の詩」のブルーノ・ガンツがそれぞれ演じる。カンヌ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門で上映された際はあまりの過激さに賛否両論を巻き起こし、アメリカでは修正版のみ正式上映が許可されるなど物議を醸した。日本では無修正完全ノーカット版をR18+指定で上映。

    ネット上の声

    • 目を背けつつも陶酔する自分をどう捉えていいものやら
    • トリアー自身によるトリアー映画のサンプリング
    • 動物は傷つけていません !と示されるけど
    • どう評価していいか正直分からない映画
    ホラー、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国デンマーク,フランス,スウェーデン
    • 時間152分
    • 監督ラース・フォン・トリアー
    • 主演マット・ディロン
  13. エレニの帰郷
    • C
    • 3.52
    カンヌ映画祭パルムドール受賞作の「永遠と一日」(1998)をはじめ、「旅芸人の記憶」(75)、「アレクサンダー大王」(80)、「シテール島への船出」(83)、「ユリシーズの瞳」(95)など数々の名作を残したギリシャの巨匠テオ・アンゲロプロスの遺作。「エレニの旅」(2004)から始まった20世紀を題材とした3部作の第2部で、男女3人の半世紀にわたる愛の叙事詩。93年、ギリシャにルーツを持つアメリカの映画監督が、母エレニと彼女を思い続けた男ヤコブ、そしてエレニが愛したスピロスの男女3人の映画を制作していた。53年、トシケントで再会したエレニとスピロスはソ連当局に捕らえられ、再び離れ離れになってしまうが、その時エレニはスピロスとの子どもを宿していた。エレニはシベリアの牢獄に抑留されるが、そこへ彼女に思いを寄せるヤコブも送られてくる。監督のアンゲロプロスは3部作の3作目を撮影中の12年に事故で他界。3部作は未完となっている。

    ネット上の声

    • 20世紀3部作の2作目ということだけど「エレニの旅」とのつながりはなく、名前だけ
    • 映像の隙の無さ十分も、十分な解釈は難。
    • 映像で叙事詩を語る作家だったが・・・
    • 歯が立たない ・・・ やっぱり降参。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2008年
    • 製作国ギリシャ,ドイツ,カナダ,ロシア
    • 時間127分
    • 監督テオ・アンゲロプロス
    • 主演ウィレム・デフォー
    • レンタル
  14. ファイティング・ダディ 怒りの除雪車
    • C
    • 3.45
    息子を殺した相手への復讐に燃える父親が犯罪組織同士の抗争に巻き込まれていく姿を、ブラックユーモアを散りばめながら描いた北欧製クライムドラマ。長年にわたって除雪車の運転手を続け、市民栄誉賞を受賞した初老の男ニルス。喜ぶ彼の元に、最愛の息子が急死したとの悲報が届く。息子がドラッグを盗んだ友人のとばっちりを受けて殺されたと知ったニルスは、復讐を決意。そんな彼の行動が、街を牛耳る2つの犯罪組織同士の抗争を招いてしまう。主演は「マイティ・ソー」シリーズのステラン・スカルスガルド。共演に「ヒトラー 最期の12日間」のブルーノ・ガンツ、「コン・ティキ」のポール・スベーレ・ハーゲン。「パーフェクト・センス」のキム・フップス・オーカスンが脚本を手がけた。

    ネット上の声

    • ステランスカルスガルドお父さん、息子を奪われた怒りでギャングを皆殺し
    • 『ディックマン(チン〇男)』では可哀そう
    • ♪ 夢から覚めた 血塗れの天使を
    • 忘れられない一作になりました。
    アクション
    • 製作年2014年
    • 製作国ノルウェー,スウェーデン,デンマーク
    • 時間112分
    • 監督ハンス・ペテル・モランド
    • 主演ステラン・スカルスガルド
  15. ノスフェラトゥ
    • C
    • 3.30
    22年にムルナウが発表したブラム・ストーカー原作の小説の映画化のリメイクで、悪の象徴で災禍をもたらすドラキュラ伯爵の孤独な宿命を描く恐怖映画。製作・脚本・監督は「緑のアリの夢見るところ」のヴェルナー・ヘルツォーク、撮影はヨルク・シュミット・ライトヴァイン、音楽はポポル・ヴー、メイクアップは麗子クルックとドミニク・コラダンが担当。出演はクラウス・キンスキーほか。

    ネット上の声

    • 夥しい数のネズミが這い回るシーンが……
    • イザベル・アジャーニの艶めかしい喉元
    • 哀れを誘うキンスキーのドラキュラ伯爵
    • イザベル・アジャーニが観たかった。
    吸血鬼(ヴァンパイア)、 ホラー、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1978年
    • 製作国ドイツ,フランス
    • 時間107分
    • 監督ヴェルナー・ヘルツォーク
    • 主演イザベル・アジャーニ
  16. バルトの楽園(がくえん)
    • C
    • 3.12
    第1次世界大戦中、徳島県鳴門市の板東俘虜収容所で起きた実話をもとに描いた人間ドラマ。収容所の所長・松江豊寿の人道的な計らいによってドイツ人捕虜と収容所員、地元住民が交流を深めていき、ドイツ人たちが感謝の意をこめて、ベートーベンの「交響曲第九番 歓喜の歌」を日本で初めて演奏するまでを描きだす。松江所長役で松平健が主演。「ベルリン・天使の詩」「ヒトラー 最期の12日間」の名優ブルーノ・ガンツがドイツ人将校で共演する。

    ネット上の声

    • おじいちゃん・おばあちゃん向けな気がする
    • 心の触れ合いが描く素晴らしい映画です
    • アラもありますが、全体的には○
    • 最後の20分だけでいいでしょ
    戦争、 実話
    • 製作年2006年
    • 製作国日本
    • 時間134分
    • 監督出目昌伸
    • 主演松平健
  17. ストラップレス
    • D
    • 3.02
    人生の節目に立った二人の姉妹が、心の危機を経験しつつも愛を取り戻すまでを描く女性ドラマ。製作はリック・マッカラム、監督・脚本は舞台演出家でもあるデイヴィッド・ヘアー、撮影はアンドルー・ダン、音楽はニック・ビカットが担当。出演はブレア・ブラウン、ブルーノ・ガンツほか。

    ネット上の声

    • あらすじ欄、間違ってます。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1989年
    • 製作国イギリス
    • 時間97分
    • 監督デヴィッド・ヘア
    • 主演ブレア・ブラウン
  18. 左利きの女
    • D
    • 2.96
    名匠ビム・ベンダースが製作、「ベルリン・天使の詩」「まわり道」といったベンダース監督作の脚本でも知られるオーストリアの作家ペーター・ハントケが、自身の小説を基に初メガホンをとったヒューマンドラマ。 専業主婦として暮らすマリアンネは、北欧出張から帰ってきたばかりの夫ブルーノに突然別れを告げる。8歳の息子シュテファンをひとりで育てることを決意した彼女は、かつて働いていた出版社を頼って自宅でフランス語翻訳の仕事を始めるが、なかなか思い通りにいかず……。 「O侯爵夫人」「ジャンヌ・モローの思春期」のエディット・クレバーが主人公マリアンネ、「ベルリン・天使の詩」のブルーノ・ガンツが元夫ブルーノを演じ、「ブリキの太鼓」のアンゲラ・ビンクラー、「終電車」のジェラール・ドパルデューが共演。

    ネット上の声

    • 表題の「左利きの女」の意味が最後までわかりませんでした
    • 通過していく電車(騒音)と、その端で生きる私
    • 不思議な面白さ
    • 全体的に大きな動きがあるわけではなく、内容自体は今の時代普通に起こり得ることなの
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1977年
    • 製作国ドイツ
    • 時間115分
    • 監督ペーター・ハントケ
    • 主演エディット・クレヴァー
    • 定額
  19. サリー・ポッターの パーティー
    • D
    • 2.73
    敏腕政治家・ジャネットの大臣就任を祝うべく、友人カップル3組が集まりホームパーティが開かれる。3組はそれぞれ問題を抱えており、室内には不穏な空気が漂っていた。そんななか、ジャネットの夫・ビルの爆弾発言が発端となり、パーティはあらぬ方向へ…。

    ネット上の声

    • 保健大臣に就任したジャネットを祝うためのパーティ
    • イギリスの上流?階級の人達が集うホームパーティー
    • パトリシア・クラークソン目当てで観たら、批評家とインテリが好みそうなイギリスらし
    • 英国を代表する監督サリー・ポッターがスタイリッシュに撮った英国スター俳優競演のブ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2017年
    • 製作国イギリス
    • 時間71分
    • 監督サリー・ポッター
    • 主演パトリシア・クラークソン
    • 定額
  20. 17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン
    • E
    • 2.68
    心理学者ジークムント・フロイト教授と若き青年の友情を描いたローベルト・ゼーターラーのベストセラー小説「キオスク」を、「ベルリン・天使の詩」などで知られ、2019年に他界した名優ブルーノ・ガンツ主演で映画化。1937年、ナチス・ドイツとの併合に揺れる第2次世界大戦前夜のオーストリア。タバコ店の見習いとして働くためウィーンにやってきた17歳の青年フランツは、店の常連であるフロイト教授と懇意になる。フランツは教授から人生を楽しみ、そして誰かに恋をする勧めを受け、ボヘミア出身の女性に一目ぼれする。フロイトは最初の恋の戸惑うフランツから助言を求められ、フロイトとフランツは年齢を超えた友情を深めていく。しかし、時代は国全体を巻き込んだ激動の時を迎えようとしていた。「EUフィルムデーズ2019」(19年5月31日~6月27日=国立映画アーカイブ/6月7~30日=京都府京都文化博物館/7月3~13日=広島市映像文化ライブラリー/7月18~28日=福岡市総合図書館)では「キオスク」のタイトルで上映。

    ネット上の声

    • 魂の成長が夢判断と共に描かれていく
    • ブルーノ・ガンツが渋い
    • 感性の不一致かな
    • ネタはいいんだけど、握り方がまずい寿司
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国オーストリア,ドイツ
    • 時間113分
    • 監督ニコラウス・ライトナー
    • 主演ジーモン・モルツェ
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  21. プラハ
    • E
    • 2.55
    幻想の街、ヨーロッパの真中の街であるプラハを舞台に、ひとりの女性と一本のフィルムをめぐり、2人の男性が奇妙にもつれあいながら官能的に繰り広げるラヴ・ストーリー。監督は「ビーナス・ピーター」のイアン・セラー、製作も「ビーナス・ピーター」のクリストファー・ヤング、撮影は「デリカテッセン」のダリウス・コーンジィ、音楽もやはり前作から組んでいるジョナサン・ダヴが担当。

    ネット上の声

    • 魅惑の古都プラハを訪れ、青年が自分のルーツ探しをする
    • 「プラハ」(1991年)
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1991年
    • 製作国イギリス,フランス
    • 時間89分
    • 監督イアン・セラー
    • 主演アラン・カミング
  22. コッポラの胡蝶の夢
    • E
    • 2.47
    「ゴッドファーザー」「地獄の黙示録」の巨匠フランシス・フォード・コッポラが「レインメーカー」以来10年ぶりにメガホンをとった幻想ドラマ。ルーマニアの作家ミルチャ・エリアーデの幻想小説「若さなき若さ」を原作に、落雷によって驚くべき若さを取り戻した言語学者の奇妙な運命を描き出す。主演はティム・ロス。共演に「コントロール」のアレクサンドラ・マリア・ララ、ブルーノ・ガンツ、マット・デイモンほか。

    ネット上の声

    • ウパニシャッド哲学、カルマ、リインカネーション…このへんのワードをきくとお股を押
    • 所詮は儚き夢か・・でも人は生きていくのだ
    • 商業的失敗が約束された知的な映画。
    • たとえ監督がコッポラだとしても・・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2007年
    • 製作国アメリカ,ドイツ,イタリア,フランス,ルーマニア
    • 時間124分
    • 監督フランシス・F・コッポラ
    • 主演ティム・ロス
  23. バトル・オブ・ライジング コールハースの戦い
    • E
    • 2.35
    ドイツの作家ハインリッヒ・フォン・クライストの小説「ミヒャエル・コールハース」を原作に、16世紀フランスに実在した人物ハンス・コールハースの激動の人生を、「偽りなき者」のマッツ・ミケルセン主演で実写映画化した歴史アクション。馬商人のコールハースは愛する妻子に囲まれて平穏な人生を歩んでいたが、横暴な領主に大事な馬を没収されてしまう。納得いかない彼は裁判所に訴え出るが、怒った領主の差金で妻を殺害されてしまう。復讐を決意した彼は、同じように領主に恨みを抱く仲間たちを集めて反乱を起こす。共演に「愛を読むひと」のデビッド・クロス、「ヒトラー 最期の12日間」のブルーノ・ガンツ、「愛について、ある土曜日の面会室」のデルフィーヌ・シュイヨー。

    ネット上の声

    • マッツ・ミケルセンの立ち居振る舞いだけで
    • 格好良い戦士 マッツ・ミケルセン
    • もやもやした映画
    • この作品は不器用で寡黙なマッツが見れます🥺✨主人公の最初の行動で最悪の結末に向か
    アクション
    • 製作年2013年
    • 製作国フランス,ドイツ
    • 時間122分
    • 監督アルノー・デ・パリエール
    • 主演マッツ・ミケルセン
    • 定額
    • 定額
  24. 星の王子さまを探して
    • E
    • 2.08
    20世紀フランス文学を代表する作家の一人アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ(1900~44)の生涯を、その作品のなかでも最もポピュラーな童話『星の王子さま』(邦訳・岩波書店)をモチーフに、ゆかりの人々のインタヴューと劇的再現で綴るドキュ・ドラマ。監督はBBCのディレクター出身で、これが初の劇場用長編となるアーナンド・タッカー。ポール・ウェブスターのサン=テグジュペリの伝記『星の王子さまを探して』(邦訳・角川文庫)を基に、フランク・コトレル・ボイスが脚本を執筆。出演は「ベルリン・天使の詩」「夜ごとの夢」の名優ブルーノ・ガンツ、「ダメージ」のミランダ・リチャードソンほか。

    ネット上の声

    • 「星の王子さま」裏話に関する映画です
    • 映像が美しい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1995年
    • 製作国イギリス
    • 時間86分
    • 監督アナンド・タッカー
    • 主演ブルーノ・ガンツ
  25. 昼と夜のような黒と白
    • E
    チェスに自分の人生を賭けた男がチャンピオンになり、やがて王座を失うことへの脅迫観念から自らを閉ざしてゆく姿を描く。製作はゲオルク・アルタメール、監督はヴォルフガング・ペーターゼン、脚本はヨッヘン・ヴェーデゲルトナーとカール・ハインツ・ヴィルシュライ、撮影はユエルク・M・バルデニウス、音楽はクラウス・ドルディンガー、編集はヨハンネス・ニケルが各々担当。出演はブルーノ・ガンツ、ギラ・フォン・ヴァインターハウンゼン、タネ・デルトゲンなど。
    • 製作年1978年
    • 製作国ドイツ
    • 時間103分
    • 監督ウォルフガング・ペーターゼン
    • 主演ブルーノ・ガンツ

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。