スポンサーリンクあり

全49作品。ソフィア・ローレンが出演した映画ランキング

  1. 特別な一日
    • A
    • 4.17
    第二次大戦勃発直前のローマを舞台に、ヒトラーが訪れた歴史的な日に、一人の主婦が体験する特別な一日を描く。製作はカルロ・ポンティ、監督は「パッション・ダモーレ」のエットーレ・スコラ、脚本はエットーレ・スコラ、ルッジェーロ・マッカリ、マウリツィオ・コスタンツォ、撮影はパスカリーノ・デ・サンティス、音楽はアルマンド・トロバヨーリ、編集はライモンド・クロチアーニ、美術はルチアーノ・リッケリ、編集はライモンド・クロチアーニ、衣裳はエンリコ・サバッティーニが担当。出演はソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ、ジョン・ヴァーノン、フランソワーズ・ベールなど。

    ネット上の声

    • 観終わった後、特別な充実感が味わえる逸品
    • 全てにおいての細かい演出が素晴らしい。
    • ソフィアとマルチェロの二人芝居
    • シンプル・イズ・ベスト
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1977年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間106分
    • 監督エットレ・スコーラ
    • 主演マルチェロ・マストロヤンニ
  2. ひまわり
    • B
    • 3.76
    ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニというイタリアの2大スターを主演に迎え、戦争によって引き裂かれた男女の愛を描いたドラマ。 結婚して幸せな日々を送っていたジョバンナとアントニオだったが、第2次世界大戦が勃発し、アントニオはソ連の最前線に送られてしまう。終戦後、帰らない夫を探しにソ連を訪れたジョバンナは、命を救ってくれたロシア人女性との間に家庭を築いていたアントニオと再会する。逃げるようにイタリアに戻ったジョバンナだったが、数年後、もう一度やり直したいとアントニオが訪ねてくる。 「ミラノの奇蹟」(1951)、「悲しみの青春」(71)などで知られ、74年に他界したイタリアの名匠ビットリオ・デ・シーカの晩年の名作。2011年にニュープリントでリバイバル公開。2020年、製作50周年を記念したHDレストア版でリバイバル公開。2023年には新たに修復を加えたデジタルリマスター版を字幕版&日本語吹き替え版で公開。

    ネット上の声

    • いつ鑑賞しても感動の不朽の名作ひまわり
    • スクリーン一面のひまわり畑とテーマ曲
    • 名作とはこの映画のことです。
    • 女の泣くツボ、男の泣くツボ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1970年
    • 製作国イタリア
    • 時間107分
    • 監督ヴィットリオ・デ・シーカ
    • 主演ソフィア・ローレン
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  3. ふたりの女
    • B
    • 3.74
    ヴィットリオ・デ・シーカが六年ぶりに監督した、第二次大戦中のイタリアを舞台にしたドラマ。「狂った情事」の原作者アルベルト・モラヴィアの小説をチェザーレ・ザヴァッティーニが脚色。撮影に当ったのはガボール・ポガニー。音楽はアルマンド・トロバヨーリが担当している。出演するのはソフィア・ローレン、ジャン・ポール・ベルモンド、ラフ・ヴァローネ、新人エレオノーラ・ブラウンなど。製作カルロ・ポンティ。なおこの作品の演技によってソフィア・ローレンは一九六一年度カンヌ映画祭最優秀女優演技賞と、一九六〇年イタリア・銀リボン女優賞を得ている。

    ネット上の声

    • 戦争の悲劇は銃や爆弾だけではないとばかりに、女性が犠牲になる悲劇を描くヴィットリ
    • 『自転車泥棒』『ウンベルトD』のヴィットリオ・デ・シーカ監督の戦争映画
    • こんな展開が待っていようとは・・・。
    • 戦時下のイタリア
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国イタリア
    • 時間102分
    • 監督ヴィットリオ・デ・シーカ
    • 主演ソフィア・ローレン
    • 定額
  4. あゝ結婚
    • B
    • 3.72
    エドアルド・ド・フィリッポの原作を、レナート・カステラーニ、トニノ・グエッラ、レオ・ベンヴェヌッティ、ピエロ・デ・ベルナルディらが共同で脚色、「昨日・今日・明日」のヴィットリオ・デ・シーカが監督したコメディ。撮影は「禁じられた恋の島」のロベルト・ジェラルディ、音楽は「昨日・今日・明日」のアルマンド・トロヴァジョーリが担当した。出演はソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ、アルド・プグリージなど。製作はカルロ・ポンティ。

    ネット上の声

    • デ・シーカ、ソフィア、マルチェロが最高!
    • ショートヘアーのソフィア・ローレンが素敵
    • ソフィアローレンの四つの「顔」
    • 結婚したい女、したくない男 
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1964年
    • 製作国イタリア
    • 時間102分
    • 監督ヴィットリオ・デ・シーカ
    • 主演ソフィア・ローレン
  5. ラ・マンチャの男
    • C
    • 3.32
    一九六五年十一月、ブロードウェイで初演以来、ニューヨーク演劇批評家賞を始めさまざまな賞を獲得し、ブロードウェイ、オブ・ブロードウェイで五年間のロングランを続けた『ラ・マンチャの男』の映画化。製作総指揮はアルベルト・グリマルディ、製作・監督は「ホスピタル」のアーサー・ヒラー、脚本はデイル・ワッサーマン、撮影はジュゼッペ・ロトゥンノ、音楽はミッチ・リイ、作詞はジョー・ダリオン、ミュージカル監督はローレンス・ローゼンタール、衣裳はビットリオ・ガイタ、美術はルチアーノ・ダミアニ、振付はギリアン・リン、編集はフォーマー・ブラングステッドが各々担当。出演はピーター・オトゥール、ソフィア・ローレン、ジェームズ・ココ、ハリー・アンドリュース、ジョン・キャッスル、ブライアン・ブレスド、イアン・リチャードソン、ジュリー・グレッグ、ロザリー・クラッチリー、ジーノ・コンフォルティ、ドロシー・シンクレアなど。日本語版監修は清水俊二。テクニカラー、七〇ミリ。

    ネット上の声

    • 作家セルバンテスは、カトリック教会に背いた罪で地下の牢獄に入れられる
    • ソフィア・ローレンがとっても素敵です!
    • 「 見果てぬ夢 」 の意味を問い続ける。
    • 知らなかったよドン・キホーテ・・・
    刑務所、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1972年
    • 製作国イタリア
    • 時間128分
    • 監督アーサー・ヒラー
    • 主演ピーター・オトゥール
  6. 河の女
    • C
    • 3.26
    イタリアの作家アルベルト・モラヴィア(「ローマの女」の原作者)と、エンニオ・フライアーノの協力による書きおろしストーリーをバジリオ・フランキーナ始め六人が共同脚色し「O・K・ネロ」のマリオ・ソルダーティが監督した。撮影は「われら女性」のオテロ・マルテリ、音楽はアンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノとアルマンド・トロバヨーリが夫々担当している。出演は「ナポリの饗宴」のソフィア・ローレンを始め映画初デビューのリック・バッタリア、ジェラール・ウーリー、リーゼ・ボウルディン、エンリコ・オリヴィエリなど。
    • 製作年1955年
    • 製作国イタリア
    • 時間99分
    • 監督マリオ・ソルダーティ
    • 主演ソフィア・ローレン
  7. 昨日・今日・明日
    • C
    • 3.25
    イタリアの名匠ビットリオ・デ・シーカが、ナポリ、ミラノ、ローマを舞台に男女の関係を描いたオムニバスコメディ。妊娠中の女性は収監されない制度を悪用するため子作りに励む夫婦を描いた「アデリーナ」、退屈な日常にうんざりした富豪の妻が若い作家との浮気に走る姿を描く「アンナ」、コールガールに一目ぼれした神学生が巻き起こす騒動を描いた「マーラ」の3編で構成され、いずれもソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニが共演した。1965年・第37回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞。

    ネット上の声

    • ビットリオ・デ・シーカの庶民的な演出とソフィア・ローレンのこれぞイタリア女
    • 60年前のイタリアの市民生活、ナポリ・ミラノ・ローマの3都市を堪能できる。
    • 下町の女アデリーナ、上流階級の女アンナ、普通の女マーラ
    • ソフィアとマルチェロの三変化。面白い!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1963年
    • 製作国イタリア,アメリカ
    • 時間119分
    • 監督ヴィットリオ・デ・シーカ
    • 主演ソフィア・ローレン
    • 定額
  8. 8

    鍵
    • C
    • 3.13
    「空中ぶらんこ」についでキャロル・リードが自分のプロで監督した第二次大戦に材をとったロマン。オランダ作家ヤン・デ・ハルトグの原作「ステラ」を「真昼の決闘」のカール・フォアマンが脚色し、「武器よさらば」のオズワルド・モリスが撮影を監督した。音楽はマルコム・アーノルド。「戦場にかける橋」のウィリアム・ホールデン、「船の女」のトレヴァー・ハワード、「楡の木陰の欲望」のソフィア・ローレンが顔を合わせるほか、「アンナ・カレニナ」のキーロン・ムーア、「第三の男」のバーナード・リー、「戦争と平和」のオスカー・ホモルカ等が助演する。製作カール・フォアマン。

    ネット上の声

    • ソフィア・ローレンが美しい
    • あ・妖しい・・・
    • 非常な時代のメロドラマ
    戦争、 サスペンス
    • 製作年1958年
    • 製作国イギリス
    • 時間133分
    • 監督キャロル・リード
    • 主演ウィリアム・ホールデン
  9. これからの人生
    • C
    • 3.12
    イタリアを代表する名女優ソフィア・ローレンが主演を務め、高齢のユダヤ人女性と孤児の非行少年の心の交流を描いたヒューマンドラマ。1977年にフランスでも同名タイトルで映画化されたロマン・ギャリーの小説「これからの一生」を原作に、ローレンの息子エドアルド・ポンティ監督がメガホンをとった。イタリアの海辺の街。かつてホロコーストを生き延びたマダム・ローザは、行き場のない子どもたちを預かって自宅アパートで一緒に暮らしている。ある日、市場で見知らぬ少年にバッグを引ったくられた彼女は、ひょんなことからその少年モモを引き取ることに。それぞれ深い孤独を抱える2人は、反発しあいながらも次第に心を通わせ、互いの存在が心の支えとなっていく。共演に「セールスマン」のババク・カリミ、「ナポリの隣人」のレナート・カルペンティエリ。Netflixで2020年11月13日から配信。

    ネット上の声

    • ソフィアローレン
    • 日本だったら、PLAN75があるから、ボケる前に.10万円貰って、葬儀してもらえるから、お特ダネ。
    • モモとおばあさんの絆が生まれるまでのプロセスが大切なのに、そこが上手く描かれてい
    • もうちょいホロコーストの経験を言っても良かったけど、あえて触れてないんかな
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2020年
    • 製作国イタリア
    • 時間94分
    • 監督エドアルド・ポンティ
    • 主演ソフィア・ローレン
    • 定額
  10. ボッカチオ'70
    • D
    • 2.99
    14世紀の作家ボッカチオの短編小説「デカメロン」を、60年代を舞台にユーモアとエロティシズムを交え描いたオムニバス作品。名優たちを主役に迎え、イタリアの巨匠4人がメガホンをとった。第1話「くじ引き」の舞台は、グラマーな美女を商品にした秘密のくじを売る射的場。第2話は、フェデリコ・フェリーニ監督の「誘惑」。社内結婚をひた隠す「レンツォとルチャーチ」(日本公開時は、この3話目はカットされた)。ルキノ・ビスコンティの「前金」は、賭けのためにセックスのノウハウを修得する伯爵夫人を描いた作品。

    ネット上の声

    • イタリア映画のエッセンスを凝縮した作品
    • 凝縮されたイタリア映画最盛期の魅惑
    • 一粒で四度楽しめるお得な作品
    • 豪華監督のオムニバス
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1962年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間165分
    • 監督マリオ・モニチェリ
    • 主演ソフィア・ローレン
  11. ナポリの饗宴
    • D
    • 2.93
    「ヨーロッパ一九五一年」(出演)のエットーレ・ジャンニーニが原作・脚色・監督に当った色彩ミュージカル1954年作品。脚色はジャンニーニとジュゼッペ・マロッタおよびレミジオ・デル・グロッソの三人が協力した。パテカラー(プリントはテクニカラー)の撮影は「肉体の誘惑」のピエロ・ポルタルーピ、音楽はラファエーレ・ジェルヴァジョである。出演者は「ドン・カミロ頑張る」のパオロ・ストッパ、新進女優ソフィア・ローレン、「鷲の谷」のナディア・グレイ、「かすかな希望」のマリア・フィオーレ、「嘆きのテレーズ」のマリア・ピア・カジリオ、「恐怖の報酬」のフォルコ・ルリ、「ホフマン物語」のレオニード・マシーン(本作品の振付も担当)ほか舞踊団や歌手も多く出演している。この作品は1954年カンヌ国際映画祭で国際大賞を受賞した。

    ネット上の声

    • オペラはミュージカルの源流なのですね
    • オペラの国のミュージカル
    • イタリア製ミュージカルということで観るが、どのショットも大人数が入り乱れて豪華絢
    • 2時間ずっと歌って踊って弾いて入り乱れて、どっぷり疲れる 個人的には惚れ薬の話が
    ミュージカル、 コメディ
    • 製作年1954年
    • 製作国イタリア
    • 時間124分
    • 監督エットレ・ジャンニーニ
    • 主演パオロ・ストッパ
  12. レディL
    • D
    • 2.90
    ロマン・ギャリーの原作を、「トプカピ」でアカデミー男優助演賞をとったピーター・ユスチノフが脚色・監督したある女性の回想録。撮影は「トプカピ」のアンリ・アルカン、音楽はジャン・フランセーが担当した。出演は「あゝ結婚」のソフィア・ローレン、「暴行」のポール・ニューマン、「ピンクの豹」のデイヴィッド・ニーヴン、「野性の太陽」のクロード・ドーファン、「素晴らしき恋人たち」のフィリップ・ノワレ、「潜行」のミシェル・ピッコリのほかにピーター・ユスチノフも出演している。製作はカルロ・ポンティ。

    ネット上の声

    • ソフィア・ローレンと二人の男
    • 80歳の誕生祝
    • 年老いたドライーバーの正体は?
    コメディ
    • 製作年1965年
    • 製作国イギリス,フランス,イタリア
    • 時間127分
    • 監督ピーター・ユスティノフ
    • 主演ソフィア・ローレン
  13. 愛の終りに
    • D
    • 2.89
    殺人容疑で逮捕された青年の母親と、それを裁こうとする判事の心理的葛藤を描く法廷ドラマ。製作はカルロ・ポンティ、監督は「愛のために死す」のアンドレ・カイヤット、脚本はカイヤットとアンリ・クポンの共同、翻案はピエール・デュメイエとポール・アンドレオータとカイヤット、撮影はジャン・バダル、編集はポール・カイヤットが各々担当。出演はソフィア・ローレン、ジャン・ギャバン、アンリ・ガルサン、ジュリアン・ベルトー、ミシェル・アルベルティーニなど。

    ネット上の声

    • どうしようもない、救われない話
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間98分
    • 監督アンドレ・カイヤット
    • 主演ソフィア・ローレン
  14. 結婚宣言
    • D
    • 2.84
    喜劇タッチで描きながらも、カトリック世界の古い掟のなかで、激しく燃え上るひたむきな愛の悲しみを深く見つめた作品。製作総指揮はピオ・アンジェレッティとアドリアーノ・デ・ミケーリ、製作はカルロ・ポンティ、監督はディーノ・リージ、脚本はルッジェーロ・マッカリ、ベルナルディーノ・ザッポーニ、撮影は「砂丘」のアルフィオ・コンティーニ、音楽は「昨日・今日・明日」のアルマンド・トロバヨーリが担当。ソフィア・ローレンの衣装はローマのメイヤー特製、スタイリストはジャン・バルテ。出演は「ひまわり」「あゝ結婚」などのソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニ、「恋するガリア」「バリ大混戦」のベナンティノ・ベナンティーニ、他にジャック・スタニー、アウグスト・マストラントーニ、ピッポ・スタルナッツァなど。

    ネット上の声

    • ソフィア・ローレン&マストロヤンニの名コンビがサイコー🧡
    • マストロヤンニ×ローレンのコメディ
    • 是非DVDで見たいです!
    コメディ
    • 製作年1970年
    • 製作国イタリア
    • 時間108分
    • 監督ディノ・リージ
    • 主演ソフィア・ローレン
  15. ソフィア・ローレンだったなら
    • D
    • 2.78

    ネット上の声

    • イタリア系アメリカ人のナンシーおばあさんが、憧れの女優ソフィア・ローレンの生き方
    • イタリア系アメリカ人女性が、女優ソフィア・ローレンに自分を重ねながら自身の人生を
    • ソフィアローレンの作品を見たことないから、一作でも見てから見た方が良かったかも
    • ソフィアローレンに魅せられて、彼女を自分の人生の指針として来た女性
    ドキュメンタリー
    • 製作年2021年
    • 製作国アメリカ
    • 時間32分
    • 監督ロス・カウフマン
    • 主演ナンシー・クーリク
    • 定額
  16. アルトナ
    • D
    • 2.77
    フランスの実存主義者ジャン=ポール・サルトルの舞台劇『アルトナの幽閉者』を「ニュールンベルグ裁判」のアビー・マンが脚色、「自転車泥棒」、「ふたりの女」のヴィットリオ・デ・シーカが監督した極限まで人間性を追求した心理ドラマ。主演は「ふたりの女」のソフィア・ローレン、「ニュールンベルグ裁判」のマクシミリアン・シェル、フレドリック・マーチ、ロバート・ワグナー、フランソワーズ・プレヴォーが脇を固めている。製作はソフィア・ローレンの夫で「ふたりの女」のカルロ・ポンティ。

    ネット上の声

    • 「自転車泥棒」(1948)「ひまわり」(1973)のヴィットリオ・デ・シーカ監督
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1962年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間114分
    • 監督ヴィットリオ・デ・シーカ
    • 主演ソフィア・ローレン
  17. ふたりの女
    • D
    • 2.76
    第二次大戦下のイタリア。一人の青年をめぐって三角関係を繰り広げる母と娘の絆にやがて訪れる悲劇--アルベルト・モラヴィアの原作を60年のヴィットリオ・デ・シーカに続き映画化した文芸ドラマ。製作はカルロ・ポンティ、監督は「ナポリと女と泥棒たち」のディーノ・リージ、脚本はディアナ・グルード、ベルナルディーノ・ザッポーニ、リディア・リヴェラとリージの共同、撮影はルイジ・クヴェイレル、音楽はアルマンド・トロバヨーリが担当。出演はソフィア・ローレン、シドニー・ペニーほか。

    ネット上の声

    • ヴィットリオデシーカのオリジナル借りたつもりがリメイクだった
    • 製作年1989年
    • 製作国イタリア
    • 時間185分
    • 監督ディノ・リージ
    • 主演ソフィア・ローレン
  18. 島の女
    • D
    • 2.76
    ギリシャのエーゲ海に沈んでいたブロンズの彫像“いるかに乗った少年”をめぐる冒険とロマンスを描いたデイヴィッド・ディヴィアンの小説を原作に「ボワニー分岐点」のアイヴァン・モファットと「拾った女」のドワイト・テイラーが脚色、「雨のランチプール」のジーン・ネグレスコが監督したアクション・ドラマ。撮影監督は「バス停留所」のミルトン・クラスナー、音楽は「ならず者部隊」のヒューゴー・フリードホーファー。主演は「サンチャゴ」のアラン・ラッド、「侵略者」のソフィア・ローレン、「愛の泉」のクリフトン・ウェッブ、「リチャード三世」のローレンス・ネイスミスなど。

    ネット上の声

    • 【足ながおじさん】のジーン・ネグレスコ監督に
    • ビバ ソフィア・ローレン(Viva! Sophia Loren)
    • 主題歌は永遠の名曲!
    • エロチシズム
    アドベンチャー(冒険)
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間111分
    • 監督ジーン・ネグレスコ
    • 主演アラン・ラッド
  19. イタリヤ式奇跡
    • D
    • 2.74
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1967年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間105分
    • 監督フランチェスコ・ロージ
    • 主演ソフィア・ローレン
  20. エル・シド
    • D
    • 2.73
    11世紀スペインの救国の闘将エル・シドの生涯を描いた70ミリ映画で、「キング・オブ・キングス(1961)」のサミュエル・ブロンストンが製作。監督は「シマロン(1960)」のアンソニー・マン。脚本は「地上最大のショウ」のフレドリック・M・フランクと「キング・オブ・キングス(1961)」のフィリップ・ヨーダン。撮影は「びっくり大将」のロバート・クラスカーが、音楽は「ベン・ハー(1959)」のミクロス・ローザがそれぞれ担当。出演は、「ベン・ハー(1959)」のチャールトン・ヘストン、「ふたりの女」のソフィア・ローレン、ラフ・ヴァローネ、ジュヌヴィエーヴ・パージュ、ジョン・フレイザーなど。

    ネット上の声

    • ソフィア・ローレンにチャールトン・ヘストン、二人が歴史的大河物語に良く似合っていた
    • 当時1100万ドル程度の制作費が投入された大作史劇だがセットは現存する物を借用す
    • 国外追放されても国を愛する心は変わらない。国が存亡の危機とあらば...
    • 何よりソフィア・ローレンの圧倒的な美貌!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1961年
    • 製作国アメリカ
    • 時間190分
    • 監督アンソニー・マン
    • 主演チャールトン・ヘストン
    • 定額
    • 定額
  21. 戦場を駈ける女
    • E
    • 2.68
     男勝りの妻を持つ貧乏な小市民がいた。彼らはパリの市街戦に巻き込まれて、敵軍に捕まってしまう。

    ネット上の声

    • 破天荒で、男前なヒロイン
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1961年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間97分
    • 監督クリスチャン=ジャック
    • 主演ソフィア・ローレン
  22. ローマ帝国の滅亡
    • E
    • 2.62
    「エル・シド」のベン・バーズマン、バシリオ・フランチナ、フィリップ・ヨーダンのシナリオを「エル・シド」のアンソニー・マンが演出した歴史スペクタクルドラマ。撮影は「エル・シド」のロバート・クラスカー、音楽は「北京の55日」のディミトリ・ティオムキンが担当した。製作は「北京の55日」のサミュエル・ブロンストン。出演は「エル・シド」のソフィア・ローレン、「ジャンボ」のスティーブン・ボイド、「アラビアのロレンス」のアレック・ギネス、「潜水艦ベターソン」のジェームズ・メイスン、「女優志願」のクリストファー・プラマー、「アラビアのロレンス」のアンソニー・クェイル、「北京の55日」のジョン・アイアランド、「史上最大の作戦」のメル・ファーラー、ほかに、オマー・シャリフ、エリック・ポーター、ダグラス・ウィルマーなど。

    ネット上の声

    • ローマは死なん(486年)と覚えさせられたなぁ・・・
    • 映画としては今二つだがローマ好きは観るべき
    • あぁリヴィウスよ・・真の剣闘士ここにあり
    • ハリウッド映画には珍しい反戦大作!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1964年
    • 製作国アメリカ
    • 時間194分
    • 監督アンソニー・マン
    • 主演ソフィア・ローレン
    • 定額
    • 定額
  23. リベンジャー
    • E
    • 2.57
    ニューヨーク、ワシントン、マイアミ、カリブを舞台に、世界的な犯罪組織や、賞金稼ぎの一匹狼、謎の美女などがからむアクション映画。製作・監督は「狼よさらば」のマイケル・ウィナー。ビル・カービーとマイケル・ウィナーの原案をジェラルド・ウィルソンが脚色。撮影はロバート・ペインター、ディック・クラティーナ、リチャード・H・クライン、音楽はガトー・バルビエリが各々担当。出演はソフィア・ローレン、ジェームズ・コバーン、O・J・シンプソン、イーライ・ウォラック、アンソニー・フランシオサ、ジョージ・グリザード、ヴィンセント・ガーディニア、ビクター・マチュアなど。

    ネット上の声

    • C・ブロンソン組のマイケル・ウィナー製作/原案/監督による、
    • ステグナー製薬の薬品にがんの誘発性があると証言していたタスカ博士が暗殺されるとこ
    • NY、ワシントン、カリブ海を舞台に、賞金稼ぎが麻薬組織と対決する壮大なアクション
    • 先の読めないストーリーと、コバーンによる派手なアクションが気分爽快な作品❗️
    アクション
    • 製作年1979年
    • 製作国イギリス
    • 時間104分
    • 監督マイケル・ウィナー
    • 主演ソフィア・ローレン
  24. 月夜の出来事
    • E
    • 2.54
    「エディ・フォイ物語」の製作ジャック・ローズ、監督メルヴィル・シェイヴェルソンのコンビが作ったロマンティック・コメディ。中年男とイタリア人娘をめぐる、ワシントンを背景にしたドラマがくりひろげられる。オリジナル・シナリオをジャック・ローズとメルヴィル・シェイヴェルソン自身が共同で書下ろし、撮影監督は「パリの恋人」のレイ・ジューン。音楽をジョージ・ダニングが編曲し、作詞ジェイ・リヴィングストン、作曲レイ・エヴァンスのチームが“ビン・バン・ボン”“あなたに抱かれて”の2曲を書いている。主演するのは「無分別」につぐケーリー・グラント、「楡の木陰の欲望」のソフィア・ローレンの2人。他に出演するのは「パリの休日」のマーサ・ハイヤー、新人ハリー・ガーディノ、エドワード・チアネーリ等。テクニカラー・ビスタビジョン。1958年作品。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1958年
    • 製作国アメリカ
    • 時間110分
    • 監督メルヴィル・シェイヴルソン
    • 主演ケイリー・グラント
  25. バラ色の森
    • E
    • 2.46
    第1次大戦前のウィーンの王宮を舞台にした喜劇。フェレンク・モルナールの戯曲「オリンピア」をシドニー・ハワードが脚色し、「決断」のマイケル・カーティズが監督した。撮影は「青い大きな海」のマリオ・モントゥーリ、音楽をアレッサンドロ・チコニーニが担当。出演は「ナポリ湾」のソフィア・ローレン、「カンカン」のモーリス・シュヴァリエ、「誰かが狙っている」のジョン・ギャビン、イザベル・ジーンズ、アンジェラ・ランズベリーら。製作カルロ・ポンティ、マルチェロ・ジローシ。

    ネット上の声

    • ロマンティックな雰囲気が不足気味
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国アメリカ
    • 時間98分
    • 監督マイケル・カーティス
    • 主演ソフィア・ローレン
  26. 誇りと情熱
    • E
    • 2.44
    C・S・フォレスターのベストセラー小説「大砲」から材をとり、スペイン独立戦争の暗黒期を描いたスペクタクル篇。製作のスタンリー・クレイマーが「見知らぬ人でなく」に次ぎ自ら監督し、脚色者には前作同様アルハント夫妻を起用した。撮影は同じく「見知らぬ人でなく」のフランツ・プラナー、音楽はジョージ・アンシール。主演は「泥棒成金」のケーリー・グラントが久々に登場するほか、「八十日間世界一周」のフランク・シナトラ、「サンチャゴ」のソフィア・ローレンなど。

    ネット上の声

    • ケイリー・グラント目当てで観た者としては、いまひとつという感じ
    • 半島戦争(1808-1814年、スペイン独立戦争とも
    • ナポレオン時代の戦争映画
    時代劇
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間132分
    • 監督スタンリー・クレイマー
    • 主演ケイリー・グラント
  27. 楡の木蔭の欲望
    • E
    • 2.40
    「果てなき航路」「噫、初恋」(「おお荒野」等がかつて映画化されたことのある、アメリカ最大の劇作家ユージーン・オニールが、1924年に書いた戯曲の映画化。「戦争と平和」のアーウィン・ショウがこれを脚色し、「マーティ」のデルバート・マンが監督した。撮影監督は「地球で一番早い男」のダニエル・L・ファップ、音楽は「十戒(1957)」のエルマー・バーンスタイン。主演は「海の壁」のアンソニー・パーキンス、「失われたものの伝説」のソフィア・ローレン、「エデンの東」のバール・アイヴス、それにF・オバートン、パーネル・ロバーツ、レベッカ・ウェルズ、アン・シーモア等が助演。製作ドン・ハートマン。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1958年
    • 製作国アメリカ
    • 時間114分
    • 監督デルバート・マン
    • 主演ソフィア・ローレン
  28. カサンドラ・クロス
    • E
    • 2.40
    ジュネーブにある国際保健機構に侵入した過激派ゲリラが研究中の伝染性病原菌を浴びたまま逃亡。追跡調査を開始したアメリカ陸軍情報部のマッケンジー大佐はゲリラが大陸横断列車に乗り込んだことを掴む。客を乗せたまま密閉された列車はコース変更し、カサンドラ・クロスと呼ばれる鉄橋へ向かうことに。大佐は細菌の処理と事件の隠蔽をたくらんでいたのだ。チェンバレン博士を始めとする乗客たちは抵抗を試みるが……。オールスター・キャストによるパニック・サスペンス。

    ネット上の声

    • パニック映画と思っていたら、実はホラー?
    • パニック映画の王道と思ったら大間違い!
    • いい映画なのだが、多少の不満点あり。
    • ’85年「ランボー/怒りの脱出」監督作品
    アクション
    • 製作年1976年
    • 製作国イタリア,イギリス
    • 時間128分
    • 監督ジョルジ・パン・コスマトス
    • 主演リチャード・ハリス
  29. アルマーニ
    • E
    • 2.39
    世界的なファッション・デザイナー、ジョルジオ・アルマーニの素顔を追うドキュメンタリー。デザインのみならずショーのプロデュースからショップのレイアウトに至るまでエネルギッシュに世界中を駆け回る姿や、セレブたちとの交流、休暇を楽しむ様子などを1年以上に渡って密着した。

    ネット上の声

    • イタリアファッション界の巨人
    • ヴィトンのマークジェイコブスやディオールのラフ、あるいはヴォーグのアナ、どれも面
    • いわずと知れたファッション界の「帝王」ジョルジョ・アルマーニ大先生のドキュメンタ
    • コレクション近くなったらナイーブなアルマーニの気質まじ私で泣いた、私もたまにあれ
    ドキュメンタリー
    • 製作年2000年
    • 製作国イギリス,イタリア
    • 時間79分
    • 監督ジュリアン・オーザンヌ
    • 主演ジョルジオ・アルマーニ
  30. 私はそんな女
    • E
    • 2.38
    1944年、第2次大戦末期。ニューヨークに向かう列車に乗り込んだアメリカ兵のレッドとその友人ケリーはケイとジェーンに出会う。レッドは黒髪の美しい娘ケイに一目惚れ。しかしケイは自分が実業界の大物に囲われている身だと言い、レッドをかわす。諦めきれないレッドは、その後、再びケイを訪ねる。哀れに思ったケイは思い悩むが……。揺れ動くヒロインをソフィア・ローレンが演ずるラブ・ロマンス。

    ネット上の声

    • ビバ!ソフィア・ローレン
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1959年
    • 製作国アメリカ
    • 時間92分
    • 監督シドニー・ルメット
    • 主演ソフィア・ローレン
  31. ガンモール/おかしなギャングと可愛い女
    • E
    • 2.35
    お人好しの娼婦とギャングの親分の奇妙な愛情を描く。製作はカルロ・ポンティ、監督は「夜は盗みのために」のジョルジョ・カピターニ、脚本はエルネスト・ガスタルディ、原作はコーネル・ウーリッチの『カラー』、撮影はアルベルト・スパノーリ、音楽はピエロ・ウミリアーニ、編集はレナート・チンクイニが各々担当。出演はソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ、アルド・マチオーネ、ピエール・ブリスなど。

    ネット上の声

    • マフィアの女になった娼婦が復讐する全編コメディで珍しいが、シナリオは薄っぺらい
    • あんまり面白くないけど、珍しいという事で鑑賞
    • 抜群テンポで繰り広げられるギャングムービー
    • テンポのいいコメディー☆
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1975年
    • 製作国イタリア
    • 時間98分
    • 監督ジョルジオ・カピターニ
    • 主演ソフィア・ローレン
  32. 殿方ごろし
    • E
    • 2.34
    数年前の「パンと恋と夢」のシリーズ三作目。エットーレ・マリア・マルガドンナ、マルセロ・ジロージ、ディーノ・リージ、ヴィンセンツォ・タラリコの原案から「パンと恋と夢」のエットーレ・マリア・マルガドンナがシナリオを執筆、「ローマの恋」のディーノ・リージが演出、撮影をジュゼッペ・ロトゥンノ、音楽を「パンと恋と夢」のアレッサンドロ・チコニーニがそれぞれ担当した。出演者は、「求むハズ」のヴィットリオ・デ・シーカ、「エル・シド」のソフィア・ローレン「裸のマヤ」のレア・パドヴァーニ、「青い海岸」のアントニオ・チファリエロ、他にジョーカ・ベレッティ、マリオ・カロテヌート等。

    ネット上の声

    • ソフィアローレンの美しさは星5/5
    • ヴィジュアルがとても良い
    コメディ
    • 製作年1955年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間100分
    • 監督ディノ・リージ
    • 主演ヴィットリオ・デ・シーカ
  33. 西部に賭ける女
    • E
    • 2.33
    ソフィア・ローレン始めての西部劇。ルイス・ラムーアの原作を「駅馬車(1939)」で知られる故ダドリー・ニコルズ(「胸に輝く星」)とウォルター・バーンスタインが脚色した。監督は「野性の息吹き」のジョージ・キューカー、撮影は「くたばれヤンキース」のハロルド・リップステイン。出演はローレンのほか、「ガンヒルの決斗」のアンソニー・クイン、「2人の瞳」以来ひさびさのマーガレット・オブライエンのほか、スティーブ・フォレスト、アイリーン・ヘッカート、エドモンド・ロウ。製作カルロ・ポンティおよびマルチェロ・ジローシ。

    ネット上の声

    • 製作は夫のカルロ・ポンティ
    • キューカーの西部劇・・・
    • ピンクタイツの小悪魔の巻
    • 負債と結婚
    西部劇
    • 製作年1960年
    • 製作国アメリカ
    • 時間100分
    • 監督ジョージ・キューカー
    • 主演ソフィア・ローレン
  34. 求むハズ
    • E
    • 2.32
    イギリスの劇作家ジョージ・バーナード・ショウの舞台劇「女百万長者」をリカルド・アラグノが潤色し、「空中ぶらんこ」のウルフ・マンコウィッツが脚色、「暗黒の銃弾」のアンソニー・アスキスが監督した。ロマンチック・コメディ。撮影は「追想」のジャック・ヒルドヤード、音楽はジョルジュ・ヴァン・パリス。出演者は「戦場を駆ける女」のソフィア・ローレン、「ロリータ」のピーター・セラーズ、映画監督のヴィットリオ・デ・シーカ、「桃色株式会社」のデニス・プライス、アラステア・シムなど。

    ネット上の声

    • 面白くて、でも、シリアス
    • ほのぼのしました^^
    • メロドラマへの抵抗
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国イギリス
    • 時間92分
    • 監督アンソニー・アスクィス
    • 主演ソフィア・ローレン
  35. クロスボー作戦
    • E
    • 2.32
    実録にもとずいてリチャード・イムリー、デリー・クイン、「丘」のレイ・リグビーがシナリオを執筆、「あしやからの飛行」のマイケル・アンダーソンが監督した戦争アクション。撮影は「サミー南へ行く」のアーウィン・ヒリアー、音楽は「633爆撃隊」のロン・グッドウィンが担当した。出演は「あゝ結婚」のソフィア・ローレン、「大いなる野望」のジョージ・ペパード、「ドーバーの青い花」のジョン・ミルズ、「たたり」のリチャード・ジョンソン、「長距離ランナーの孤独」のトム・コートネイ、ほかにリリー・パルマー、ポール・ヘンリードなど。製作はカルロ・ポンティ。

    ネット上の声

    • V1・V2ロケット壊滅作戦
    • 狙いを定めろ
    • マイケル・アンダーソン追悼でみたけど、これはつまらない
    • 確か「トプカピ」と二本立てだった様
    アクション
    • 製作年1965年
    • 製作国イタリア
    • 時間119分
    • 監督マイケル・アンダーソン
    • 主演ジョージ・ペパード
  36. 微笑みに出逢う街角
    • E
    • 2.30
    自分の居場所<アイデンティティ>をテーマとした3人の女性の冒険を描く、”幸せへの物語”。女性たちを演じるのはソフィア・ローレンと、「魅惑のアフロディーテ」でアカデミー助演女優賞を受賞したミラ・ソルヴィーノ、「彼女達の恋からわかること」のデボラ・カーラ・アンガー。音楽は「トリコロール」のズビグニエフ・プレイスネルが担当。ソフィア・ローレンにとって記念すべき100作目の作品となる。ソフィア・ローレンとプロデューサーのカルロ・ポンティとの間に生まれた息子エドアルド・ポンティの長編監督デビュー作。

    ネット上の声

    • 女性が自分らしく生きるということ
    • 時々立ち止まり・・・
    • 映画との至福の出逢い
    • 美しい! 深い!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2002年
    • 製作国カナダ,イタリア
    • 時間98分
    • 監督エドアルド・ポンティ
    • 主演ソフィア・ローレン
  37. ナポリ湾
    • E
    • 2.28
    マイケル・パートウィーとジャック・デイヴィスの原作を「5つの銅貨」のメルヴィル・シェイヴェルソンンが監督したコメディ。脚色はシェイブルスン、ジャック・ローズとスーソ・チェッキ・ダミーコの共同。撮影は「ベン・ハー(1959)」のロバート・サーティース、音楽をアレッサンドロ・チコニーニニとカルロ・サビーナが共同で担当。出演は「僕は御免だ」のクラーク・ゲーブル、「西部に賭ける女」のソフィア・ローレン、「ロベレ将軍」のヴィットリオ・デ・シーカ、ほかにマリエット、パオロ・カルリーニら。製作ジャック・ローズ。

    ネット上の声

    • キャスティングのいいラブコメ☆2.5
    • イタリアの太陽
    • 青いナポリ
    • 最高に贅沢なロケーション、ナポリ湾を舞台にしたラブコメ🧡25歳くらいの若きソフィ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国アメリカ
    • 時間100分
    • 監督メルヴィル・シェイヴルソン
    • 主演クラーク・ゲイブル
  38. 失われたものゝ伝説
    • E
    • 2.24
    ジョン・ウェインの主宰するバトジャック・プロの第1回製作になるアフリカを背景とした異色冒険映画。「肉弾鬼中隊(1957)」のロバート・プレスネル・ジュニアと「ロマンス・ライン」のベン・ヘクトの共同シナリオを「脱獄囚」(「瓶の底」改題)のヘンリー・ハサウェイが監督した。撮影監督は「王子と踊子」のジャック・カーディフ、音楽作曲・指揮はアンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ。主演は「ジェット・パイロット」のジョン・ウェイン、「誇りと情熱」のソフィア・ローレン、「光は愛とともに」のロッサノ・ブラッツィ。

    ネット上の声

    • そこらへんは無視した終わり方だったな。
    • ジョン・ウェインとソフィア・ローレン
    • ロマン溢れるクラシックな娯楽作
    • これは……つまらない! ストーリーもアクションもキャラクターも絵作りもすべてがつ
    アドベンチャー(冒険)、 アクション
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ,イタリア
    • 時間109分
    • 監督ヘンリー・ハサウェイ
    • 主演ジョン・ウェイン
  39. アラベスク
    • E
    • 2.24
    ゴードン・コットラーの小説『暗号』を、ジュリアン・ミッチェル、スタンリー・プライス、ピエール・マートンの3人が脚色、「シャレード」のスタンリー・ドーネンが製作・監督したスパイ・アクション。撮影はイギリスのクリストファー・チャリス、音楽は「シャレード」のヘンリー・マンシーニ、ソフィア・ローレンの衣裳をクリスチャン・ディオールが担当した。出演は「蜃気楼」のグレゴリー・ペック、「栄光の丘」のソフィア・ローレンのほかに、舞台俳優のアラン・バデル、「最後のガンファイター」のキーロン・ムーア、「秘密殺人計画書」のジョン・メリベールなど、イギリス出身の俳優が起用されている。

    ネット上の声

    • グレゴリー・ペックとソフィア・ローレンのロマンティックサスペンス。...
    • HDリマスター版の吹き替えで鑑賞🌼
    • セクシー女優もコメディが似合う
    • ソフィア・ローレンが美しい!
    サスペンス
    • 製作年1966年
    • 製作国アメリカ
    • 時間105分
    • 監督スタンリー・ドーネン
    • 主演グレゴリー・ペック
  40. 40

    旅路

    旅路
    • E
    • 2.19
    厳しい封建制度に支配されていた今世紀初頭のシシリー地方を舞台に、古い因習に縛られた男女の愛を描くヴィットリオ・デ・シーカ監督の三十本目の作品。製作は「アラビアンナイト」のカルロ・ポンティ、著名な作家であり劇作家であるルイジ・ピランデルロの原作を、ディエゴ・ファブリ、マッシモ・フランシオーサ、ルイザ・モンタニャーナが共同脚色、撮影はエンニオ・グァルニエリ、音楽はデ・シーカ監督の長男に当たるマヌエル・デ・シーカ、編集はキム・アルカッリが各々担当。出演はソフィア・ローレン、リチャード・バートン、イアン・バネン、バーバラ・ピラビン、アナベラ・インコントレラ、パオロ・レナなど。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国イタリア
    • 時間102分
    • 監督ヴィットリオ・デ・シーカ
    • 主演ソフィア・ローレン
  41. ブラス・ターゲット
    • E
    • 2.13
    第2次大戦終結直後のヨーロッパを舞台に、ナチスが隠匿した巨額の金塊をめぐって展開する国際的陰謀を、パットン将軍の死の真相と重層させて描くサスペンス映画。製作はアーサー・ルイス、監督は「ダーティ・メリー クレイジー・ラリー」のジョン・ハフ。フレデリック・ノーラン原作の『アルゴンキン計画』を基にアルビン・ボレッツが脚色。撮影はトニー・アイミ、音楽はローレンス・ローゼンタール、編集はデイヴィッド・レーン、美術はロルフ・ツェートバウアーが各々担当。出演はソフィア・ローレン、ジョン・カサヴェテス、ジョージ・ケネディ、ロバート・ヴォーン、パトリック・マクグーハン、ブルース・デイヴィソン、エドワード・ハーマン、マックス・フォン・シドー、エド・ビショップ、リー・モンターギュなど。

    ネット上の声

    • これはちょっとしたマックス・フォン・シドー版の『ジャッカルの日』ですね
    • ナチスの金塊強奪事件とパットン将軍暗殺計画を絡めた良作☆
    • パットン将軍の死を独自仮説で描いた力作
    • どうやって止まらない男を止めるか
    戦争、 ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1978年
    • 製作国アメリカ
    • 時間111分
    • 監督ジョン・ハフ
    • 主演ソフィア・ローレン
  42. 伯爵夫人
    • E
    • 2.09
    「ニューヨークの王様」以来、10年ぶりのチャールズ・チャップリン監督作品で、自ら脚本・音楽も担当している。彼にとっては81本目で初のカラー作品である。撮影はアーサー・イベットソン。出演は「シェラマドレの決斗」のマーロン・ブランド、「昨日・今日・明日」のソフィア・ローレン、「マーニー」のティッピー・ヘドレン、シドニー・チャップリン、チャールズ・チャップリンのほかチャップリンの子供たちが顔を見せている。製作はジェローム・エプスタイン。

    ネット上の声

    • チャールズ・チャップリンの遺作コメディ!
    • チャーリーの微力なラブコメ
    • チャップリンの遺作ロマコメ
    • チャップリンのでない遺作
    コメディ
    • 製作年1967年
    • 製作国イギリス,アメリカ
    • 時間120分
    • 監督チャールズ・チャップリン
    • 主演マーロン・ブランド
  43. プレタポルテ
    • E
    • 2.08
    1994年、パリ・コレクション開催にともない、街には関係者と取材陣が詰めかけていた。ファッション業界の大物オリビエの急死で、愛人と本妻は鉢合わせ。不倫、同性愛と様々なスキャンダルも明らかになり、やがてショーは佳境へ……。パリ・コレに集まったデザイナー、マスコミ、バイヤーといった人々が巻き起こす騒動を描き、華やかなファッション業界を皮肉ったロバート・アルトマン監督の群像劇。国際的豪華キャストに加え、スーパーモデルやトップデザイナーが続々登場。

    ネット上の声

    • ファッションデザインの業界も、音楽の世界も、《アイデアの枯渇》が一番の苦しみなんだろう
    • これで爆笑する感覚は全然わかりませんが、ラストのメッセージは良かったと思います
    • 普通を放棄すればとんでもないことが起きる
    • パリコレにようこそ +α大人の恋愛事情
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1994年
    • 製作国アメリカ
    • 時間133分
    • 監督ロバート・アルトマン
    • 主演マルチェロ・マストロヤンニ
    • レンタル
  44. 逢いびき
    • E
    • 2.04
    平凡な家庭の主婦と開業医の悲痛な恋を描いたノエル・カワードの戯曲「静物画」の再映画化作品。製作はセシル・クラーク、監督はTV出身のアラン・ブリッジス、脚本はジョン・ボウエン、撮影はアーサー・イベットソン、音楽はシリル・オーナデンが各々担当。出演はソフィア・ローレン、リチャード・バートン、ジャック・ヘドレー、ローズマリー・リーチ、ジョン・ル・メズリヤーなど。

    ネット上の声

    • 30年以上前、英語系短大の授業の教材としてシナリオを翻訳し、最後に教室で映画を観
    • 町山智浩さんのトラウト恋愛映画入門に載っていたので、観賞した
    • デビッド リーンの作品だけど全く大河ドラマではない
    • ソフィア・ローレン
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国イギリス
    • 時間103分
    • 監督アラン・ブリッジス
    • 主演ソフィア・ローレン
  45. 栄光の丘
    • E
    • 2.04
    作家ローレンス・ダレルが書き下したオリジナル・ストーリーをもとに、ジョン・マイケル・ヘイズがシナリオを執筆、「バターフィールド8」のダニエル・マンが監督した動乱のイスラエルを舞台にした恋物語。撮影はジョン・ウィルコックス、音楽はソル・カプランが担当した。出演は、「あゝ結婚」のソフィア・ローレン、「女が愛情に渇くとき」のピーター・フィンチ、「ズール戦争」のジャック・ホーキンス、ほかにイスラエルの人気スター、シュラガ・フリードマン、ザハリラ・チャリファイなど。製作はカート・アンガー。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1966年
    • 製作国アメリカ
    • 時間109分
    • 監督ダニエル・マン
    • 主演ソフィア・ローレン
  46. 黒い蘭
    • E
    ジョセフ・ステファノがテレビ・ドラマとして書き下ろした原作を、日本初登場のマーティン・リット監督が映画化した作品。アメリカのイタリア人街に住む、子供をもつ後家と、1人のやもめ男の結婚をめぐる小市民ドラマである。脚本はステファノ自身が担当、撮影を「めまい」のロバート・バークスが受けもっている。音楽アレッサンドロ・チコニーニ。出演するのは「ノートルダムのせむし男(1957)」のアンソニー・クイン、「月夜の出来事」のソフィア・ローレン、ブロードウェイ出身のイナ・バリン、マーク・リッチマン、ジミー・ベアード、ヴァージニア・ヴィンセント等。製作カルロ・ポンティとマルチェロ・ジローシ。

    ネット上の声

    • 生き方を学ぶ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1958年
    • 製作国アメリカ
    • 時間96分
    • 監督マーティン・リット
    • 主演ソフィア・ローレン
  47. バストで勝負
    • E
    マリオ・カメリーニ、イーヴォ・ペリッリ、サンドロ・コンティネンツァ、エンニオ・デ・コンチーニらの共同シナリオを「ユリシーズ(1954)」のマリオ・カメリーニが演出したセクシー・コメディ。撮影は「ローマの女」のエンツォ・セラフィン、音楽は「豪快!マルコポーロ」のフランチェスコ・ラヴァニーノが担当した。出演は「昨日・今日・明日」のコンビ、ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニ、演出家ビットリオ・デ・シーカ、「山猫」のパオロ・ストッパ、イボンヌ、サンソンなど。製作はディノ・デ・ラウレンティスとカルロ・ポンティ。

    ネット上の声

    • De Sica、 teatroの役者だった事もあって他の映画俳優と比べても演技が
    • 黄金トリオ共演のお色気コメディ
    • 製作年1955年
    • 製作国イタリア
    • 時間---分
    • 監督マリオ・カメリーニ
    • 主演ヴィットリオ・デ・シーカ
  48. 真夜中へ5哩
    • E
    ピーター・ヴィアテルとヒュー・ウィーラーの脚本を「さよならをもう一度」のアナトール・リトヴァクが監督したサスペンス・スリラー。撮影はアンリ・アルカン、音楽は「死んでもいい」のミキス・テオドラキス。出演者は「戦場を駈ける女」のソフィア・ローレン、「死んでもいい」のアンソニー・パーキンス、「恋のKOパンチ」のギグ・ヤング、ヨランド・ターナー、トミー・ノールデンなど。製作もアナトール・リトバク。
    サスペンス
    • 製作年1962年
    • 製作国アメリカ
    • 時間111分
    • 監督アナトール・リトヴァク
    • 主演アンソニー・パーキンス
  49. 侵略者
    • E
    製作はディノ・デ・ラウレンティス、監督は「第一一九捕虜収容所のクリスマス」のピエトロ・フランシスキ、撮影は「ユリシーズ」のアルド・トンティ、音楽は「ローマの女」のエンツォ・マゼッティ。主演は「河の女」の・ソフィア・ローレン、「ユリシーズ」で活躍したアメリカ俳優アンソニー・クイン、「悪者は地獄へ行け」のアンリ・ヴィダル、「愛の交響楽」のクロード・レーデュなどで、助演はエットレ・マンニ、ギリシャ出身の新進女優イレーネ・パパス。
    • 製作年1954年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間80分
    • 監督ピエトロ・フランチーシ
    • 主演アンソニー・クイン

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。