スポンサーリンクあり

全21作品。永作博美が出演した映画ランキング

  1. ゲキ×シネ「シレンとラギ」
    • A
    • 4.32
    「劇団☆新感線」の人気舞台を映画館で上映する「ゲキ×シネ」シリーズ第11弾で、2012年に大阪と東京で行われた藤原竜也&永作博美主演の舞台「シレンとラギ」を映像化。南北朝時代をベースに、暗殺者の一族に生まれた伝説の女シレンと、若き剣士ラギが織りなす、国家間の争いに巻き込まれた男女の悲恋を描く。かつてシレンが殺したはずの南の王ゴダイが復活したとの報せが届き、北の重臣キョウゴクはシレンに再びゴダイ暗殺の命を下す。動揺するシレンの心中を察したラギは自ら同行を申し出、2人はゴダイ暗殺に向かうが……。

    ネット上の声

    • 「薔薇」や「髑髏」に比べると、やや落ちる
    • クオリティの高さは期待通り、キャストも◎
    • かなりシネマ寄りの「ゲキ×シネ」でした。
    • ゲキ×シネを超えるのはゲキ×シネ
    ゲキ×シネ
    • 製作年2013年
    • 製作国日本
    • 時間171分
    • 監督---
    • 主演藤原竜也
  2. 朝が来る
    • A
    • 4.07
    直木賞、本屋大賞受賞作家・辻村深月のヒューマンミステリー小説で、テレビドラマ化もされた「朝が来る」を、「あん」「光」の河瀬直美監督のメガホンで映画化。栗原清和と佐都子の夫婦は一度は子どもを持つことを諦めるが、特別養子縁組により男の子を迎え入れる。朝斗と名付けられた男の子との幸せな生活がスタートしてから6年後、朝斗の産みの母親「片倉ひかり」を名乗る女性から「子どもを返してほしいんです。それが駄目ならお金をください」という電話が突然かかってくる。当時14歳で出産した子を、清和と佐都子のもとへ養子に出すことになったひかりは、生まれた子どもへの手紙を佐都子に託す、心やさしい少女だった。しかし、訪ねて来たその若い女からは、6年前のひかりの面影をまったく感じることができず……。栗原佐都子役を永作博美、栗原清和役を井浦新、片倉ひかり役を蒔田彩珠、栗原夫婦とひかりを引き合わせる浅見静恵役を浅田美代子がそれぞれ演じる。新型コロナウイルスの影響で通常開催が見送られた、2020年・第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション「カンヌレーベル」に選出。

    ネット上の声

    • 河瀬直美監督最高傑作、しかも解りやすい!
    • ちょっと気持ち悪いが見応えあり永作良い。
    • 素晴らしい作品。もう演出・演技が神の領域
    • 新聞が数行で語ること その裏側に思いを
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2020年
    • 製作国日本
    • 時間139分
    • 監督河瀬直美
    • 主演永作博美
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  3. ディア・フレンド
    • A
    • 4.02
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1999年
    • 製作国日本
    • 時間95分
    • 監督---
    • 主演緒形拳
  4. 八日目の蝉
    • B
    • 3.64
    直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化したヒューマンサスペンス。監督は「孤高のメス」の成島出。1985年、自らが母親になれない絶望から、希和子(永作)は不倫相手の子を誘拐してわが子として育てる。4歳になり初めて実の両親の元に戻った恵理菜(井上)は、育ての母が誘拐犯であったと知り、心を閉ざしたまま成長する。やがて21歳になった恵理菜は妊娠するが、その相手もまた家庭を持つ男だった……。

    ネット上の声

    • 名演光る秀作。母親としての最後の言葉とは
    • この美しい世界を…あなたに見せてあげたい
    • 「貴女は少しも悪くない、少しも悪くない」
    • 繋いだ その小さな手の 悲しいあたたかさ
    誘拐、 サスペンス
    • 製作年2011年
    • 製作国日本
    • 時間147分
    • 監督成島出
    • 主演井上真央
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  5. ブラック・ジャック
    • D
    • 3.04
    医師免許を持たない名医ブラック・ジャックが、新種の病原菌に挑むメディカル・サスペンス・アニメーション。監督は同作品のOVAも手掛けている出崎統。手塚治虫の同名コミックを原作に、「原由子☆眠れぬ夜の小さなお話」の森絵都と出崎が共同で脚本を執筆した。声の出演に「土俵の鬼たち」の大塚明夫や、宝塚出身で、女優のほかにテレビ・アニメ『るろうに剣心』などで声優としても活躍している涼風真世らがあたっている。

    ネット上の声

    • 手塚作品を敬愛している姿勢がわかる。
    • 本木のブラックジャックは合ってますね
    • (鑑賞日不明)大人向けの雰囲気の作品でした。
    • エンドルフアー
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2000年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督堤幸彦
    • 主演本木雅弘
  6. 石井のおとうさんありがとう
    • D
    • 2.96
    福祉という概念がなかった明治時代、一人の子どもを預かったのをきっかけに3000人もの孤児を救い、岡山県に日本初の孤児院を作った福祉の元祖、石井十次の波乱に富んだ生涯を豪華キャストで描く。主演の石井十次を松平健が演じ、その十次を陰で支え続けた最愛の妻を永作博美が演じる。そして辰巳琢郎や竹下景子といった実力派俳優が脇を固めている。

    ネット上の声

    • 1900年代の日本の描写が素晴らしい
    • 石井さんの心の広さに驚いてたら、いつの間にか映画終わってた
    • 永作博美全然変わらないなマジで可愛い
    • 多くの孤児を助けた実在する人物の話
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2004年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督山田火砂子
    • 主演松平健
  7. 四十九日のレシピ
    • D
    • 2.88
    NHKでドラマ化もされた伊吹有喜の人気小説を、「百万円と苦虫女」「ふがいない僕は空を見た」のタナダユキ監督が映画化。母が残したあるレシピによって、離れ離れになっていた家族が再び集い、それぞれが抱えた心の傷と向き合いながら再生していく姿を描く。妻の乙美を亡くして生きる気力を失っていた良平のもとに、夫の不倫で結婚生活が破たんし、離婚を決意した娘の百合子が戻ってくる。そして、そんな2人の前に、派手な服を着た不思議な少女イモが現れる。イモは、乙美から頼まれていた四十九日までの家事を引き受けにやってきたと言い、乙美が残したというレシピの存在を伝える。百合子役で永作博美が主演。父・良平役の石橋蓮司、イモ役の二階堂ふみらが共演。

    ネット上の声

    • お母さんが残してくれたレシピで、思い出をたどって行くロードムービーかと思ったら、
    • マイブロークンマリコをみてタナダ監督作品を!!💕49日を"大宴会"で送り出すって
    • ラストまで“空白“は埋まってイイ49日☆
    • 四十九日のレシピは、人生の生き方のレシピ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2013年
    • 製作国日本
    • 時間129分
    • 監督タナダユキ
    • 主演永作博美
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  8. 11文字の殺人
    • E
    • 2.72

    ネット上の声

    • ちょっと悲しいですね~☆
    サスペンス
    • 製作年2011年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演永作博美
  9. その日のまえに
    • E
    • 2.67
    重松清の同名原作を、「転校生」「時をかける少女」の大林宣彦が映画化。脚本は「異人たちとの夏」で大林とタッグを組んだ市川森一。「七人のおたく」の南原清隆と「人のセックスを笑うな」永作博美が夫婦役で共演し、筧利夫や柴田理恵ら豪華俳優陣が脇を固める。育ち盛りの2人の息子を抱えるとし子は病に倒れ、余命を宣告される。夫の健大ととし子は、子供の将来を相談したりしながら、“その日”が来るまでを一生懸命生きる。

    ネット上の声

    • お盆の花火、それは大きな迎え火です
    • 2008年2度目のパンフレット購入!!
    • 原作が生かせてない!!ガッカリ
    • 大林ファンタジーワールドの・・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2008年
    • 製作国日本
    • 時間139分
    • 監督大林宣彦
    • 主演南原清隆
    • 定額
    • 定額
  10. ドッペルゲンガー
    • E
    • 2.60
    「見たら死ぬ」筈の自分の分身と遭遇してしまった男が、皮肉にも生きることに逞しくなっていく姿を描いた喜劇。監督は「アカルイミライ」の黒沢清。脚本は、黒沢監督と「怯える」の古澤健の共同。撮影を水口智之が担当している。主演は「突入せよ! 「あさま山荘」事件」の役所広司。第77回本誌日本映画ベスト・テン第9位、第58回毎日映画コンクール日本映画優秀賞受賞、男優助演賞(柄本明)受賞、第47回三浦賞(水口智之)受賞作品。HD24pでの撮影。

    ネット上の声

    • 【自らのドッペルゲンガーにより、"本来の自分自身"を見いだした人々の"荒唐無稽"だが、面白き物語。あのラストをどう観るかは貴方次第である。】
    • 意識的に悪辣なレビューが多いが、実は秀逸
    • うん、面白かったけど、頭が混乱した
    • 最後まで紐解きを忘れていませんか?
    ホラー
    • 製作年2002年
    • 製作国日本
    • 時間107分
    • 監督黒沢清
    • 主演役所広司
  11. さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~
    • E
    • 2.58
    永作博美と佐々木希の共演で、日本で初めて世界農業遺産にも認定された石川県能登半島の珠洲市を舞台に、支えあって生きる2人の女性の姿を描いたヒューマンドラマ。ホウ・シャオシェンやエドワード・ヤンに師事した台湾の女性監督チアン・ショウチョンがメガホンをとった。奥能登の日本海に面する海辺に、喫茶店「ヨダカ珈琲店」を開業した岬。店の向かいの民宿には、シングルマザーの絵里子が幼い姉弟とともに暮らしていたが、絵里子は生活のため金沢で働いてることから、2人の子どもを置いて留守にしがちだった。岬はそんな姉弟に手を差し伸べ、2人も次第に岬に心を開いていく。絵里子は、価値観も生き方も異なる岬に対して当初は嫌悪感を抱いていたが、ある出来事をきっかけに岬との友情を育んでいく。

    ネット上の声

    • ありさちゃん役の子役の子、演技がとっても良くて引き込まれて誰かと調べてみたら
    • 細かいところは気にせず雰囲気を楽しむ映画
    • 私は店の収支を試算する哀しき仕事人です。
    • タイトルがピッタリとくる映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2014年
    • 製作国日本
    • 時間118分
    • 監督チアン・ショウチョン
    • 主演永作博美
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  12. 蛇のひと
    • E
    • 2.55
    第2回WOWOWシナリオ大賞に輝いた脚本を、永作博美&西島秀俊主演で映像化したヒューマン・サスペンス。部長の自殺と時を同じくして姿をくらませた課長・今西の行方を探すことになったOLの陽子。調査を続けるうち、彼女はよく知っていたはずの今西の人物像に疑問を抱きはじめる。「Laundry」「重力ピエロ」の森淳一監督がメガホンを取り、美しくも悲しい人間の“業”をみずみずしい映像美で描き出していく。

    ネット上の声

    • 原作◎物語を面白く際立てる配役も逸品☆
    • その口車は本当に計算づくだったのか?
    • あの人達が頑張らなかったんだよ
    • 『その人』を作りあげてきたもの
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年2010年
    • 製作国日本
    • 時間101分
    • 監督森淳一
    • 主演永作博美
    • レンタル
    • 定額
  13. 同窓会
    • E
    • 2.54
    映画プロデューサーの克之は、初恋を成就させて結婚した妻・雪の存在がありながら、新進女優との不倫の恋を楽しんでいた。雪との離婚はあっさりと成立するが、かつて雪に想いを寄せていた克之の親友・文太はそれを聞いて大激怒。そんな中、雪の体に異変が起こり……。「花より男子」シリーズの脚本家として注目を集めるサタケミキオの初監督作。サタケ自身が俳優名・宅間孝行で主演も務め、妻を「人のセックスを笑うな」の永作博美が演じる。

    ネット上の声

    • こんな同窓会なら、出席してみたいなぁ☆彡
    • 【良作】誠実さと愚直なまでの真っ直ぐさ
    • 北京なら暴動が起きるでしょう(笑)
    • 俺たちの永作を泣かせる奴は許さねぇ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2008年
    • 製作国日本
    • 時間105分
    • 監督サタケミキオ
    • 主演宅間孝行
  14. 人のセックスを笑うな
    • E
    • 2.42
    第41回文藝賞に輝いた山崎ナオコーラの同名小説を、松山ケンイチ、永作博美、蒼井優ら豪華キャストで映画化した恋愛ドラマ。「犬猫」で高い評価を受けた井口奈己監督が、年の差カップルの切なくも可笑しい恋模様をリアルに描き出す。美術学校に通う19歳の青年みるめは、20歳年上の講師ユリに絵のモデルを頼まれ、彼女のアトリエでそのまま関係を持ってしまう。初めて経験する恋に舞い上がるみるめだったが、実はユリには夫がおり……。

    ネット上の声

    • 19歳の私より39歳の私が観た方が確実に得をする映画でした😌
    • 最近の邦画の中でも最も下らない作品の一つ
    • 【18禁レビュー】僕のセックスも笑うな
    • 「人の撮りかたを笑うな」ですね。
    青春、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2007年
    • 製作国日本
    • 時間137分
    • 監督井口奈己
    • 主演永作博美
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  15. クローンは故郷をめざす
    • E
    • 2.40
    近未来。宇宙ステーション建設作業中に事故死した耕平は、クローン技術によって蘇る。しかし、双子の弟を亡くした幼少期の記憶しか持たずに再生し、オリジナルの自分の遺体を弟と思い込んだ耕平は、遺体を担いで故郷を目指して歩きはじめる。自主映画で高評価を受けてきた中嶋莞爾監督が、06年サンダンス・NHK国際映像作家賞を受賞した自身の脚本を、及川光博主演で映画化。同賞の審査員だったビム・ベンダースがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

    ネット上の声

    • 「世にも奇妙な物語ザ・ムービー」って感じ
    • 心の奥深くを浄める 精神性の高い作品
    • こわいような、ここちいいような不思議
    • SFを超えたヒューマンストーリー
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2008年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督中嶋莞爾
    • 主演及川光博
    • 定額
  16. 酔いがさめたら、うちに帰ろう。
    • E
    • 2.39
    人気漫画家の西原理恵子の元夫で、2007年に死去した戦場カメラマン・鴨志田穣さんの自伝的小説を、浅野忠信&永作博美主演で映画化。重度のアルコール依存症で入院することになった主人公が、個性的な患者たちと触れ合いながら、家族の深い愛情に支えられて心身ともに再生していく姿を描く。監督は「サード」「絵の中のぼくの村」の東陽一。共演に香山美子、市川実日子、利重剛ほか。

    ネット上の声

    • 【今観ると信じられないくらい豪華キャスト】
    • ただ、ただ、カレーライスが食べたかった男
    • 毎日かあさん秘話。浅野忠信、渾身の名演!
    • みっともなくても生きてればいいことがある
    依存症、 実話、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2010年
    • 製作国日本
    • 時間118分
    • 監督東陽一
    • 主演浅野忠信
  17. 好きだ、
    • E
    • 2.18
    17年の時を経て、漸く愛を伝え合うことの出来た男女の姿を描いたラブストーリー。監督・脚本は「tokyo.sora」の石川寛。撮影を石川監督と尾道幸治が共同で担当している。主演は、「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」の宮崎あおいと「三年身籠る」の西島秀俊、「天使 ANGEL」の永作博美、「空中庭園」の瑛太。2005年ニュー・モントリオール国際映画祭最優秀監督賞受賞作品。

    ネット上の声

    • 大好きだったことを、ある瞬間から、あるいは始めから黒歴史であったかのように拒み、
    • これが本当の批評 やらせはもうこりごり!
    • リアルの極地!芸術的な映画かな?
    • ある究極点に達した恋愛映画の傑作
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2005年
    • 製作国日本
    • 時間104分
    • 監督石川寛
    • 主演宮崎あおい
    • レンタル
    • 定額
  18. 脇役物語
    • E
    • 2.16
    いつも脇役ばかりの冴えない中年俳優の奮闘を描いたヒューマン・コメディ。職場でも私生活でもうだつの上がらない俳優ヒロシに、新進女優アヤとの恋、そして映画主演の話という思いがけないチャンスが訪れるが……。主人公ヒロシをベテラン俳優の益岡徹が、アヤを永作博美がそれぞれ好演。メガホンをとるのは、短編映画「不老長寿」が世界各国で高く評価され、今作が長編デビューとなる緒方篤監督。

    ネット上の声

    • 大愚作!!お友達内輪の上映会だけで流せ!
    • ウディ・アレンでもないし映画でもない
    • オーソドックスな出来の映画。
    • 得にも毒にもならない映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2010年
    • 製作国日本
    • 時間97分
    • 監督緒方篤
    • 主演益岡徹
  19. 夫婦フーフー日記
    • E
    • 2.13
    佐々木蔵之介、永作博美主演により、実話ブログから生まれた同名原作を映画化。出会って17年目にしてようやく結婚したコウタ(ダンナ)とユーコ(ヨメ)。入籍直後に妊娠が発覚し、幸せの絶頂のさなか、ヨメの直腸に悪性腫瘍が見つかる。夫婦の一大事を、自分のブログで報告するダンナ。やがてそのブログは、夫婦の闘病記としてつづられていく。夫婦待望の赤ん坊が誕生し、家族の未来に希望をもち始めた矢先、ヨメは病状が悪化し他界してしまう。そんな折り、ブログに書籍化の話が持ち上がり、ダンナは原稿に向き合うことで現実逃避をする。そんな彼の前に、死んだはずのヨメが現れる。原稿をまとめたいのに、ちゃちゃを入れるヨメ。次第にふたりは夫婦として過ごしてきた日々を振り返り、伝えられなかったそれぞれの思いを見つけることになる。「婚前特急」「わたしのハワイの歩きかた」の前田弘二が監督・脚本。

    ネット上の声

    • 本作は妻を亡くした夫の心の折り合いの物語
    • ユーモアに溢れすぎて焦点がズレたかな
    • 芯のないふにゃふにゃした映画だなぁ
    • 幽霊設定がお寒くて、眠くなったzzz
    癌(がん)、 夫婦、 ネットから映画化、 コメディ
    • 製作年2014年
    • 製作国日本
    • 時間95分
    • 監督前田弘二
    • 主演佐々木蔵之介
    • 定額
  20. 20

    天使

    天使
    • E
    • 2.12
    とある町に舞い降りた物言わぬ天使が、人生に迷う人々に勇気を授ける群像ファンタジー。監督は、本作が初の劇場用作品となる『優香座シネマ』の宮坂まゆみ。桜沢エリカの2編のコミック『天使』『天使の巣』を基に、「ZOO/SEVEN ROOMS」の奥寺佐渡子が脚色。撮影を「ガラスの使徒」の猪本雅三が担当している。主な出演者に、「下妻物語」の深田恭子、「深紅」の内田朝陽、「GENA K」の永瀬正敏、「空中庭園」の永作博美、「恋する日曜日/恋の唄」の小出早織。文化庁支援作品。

    ネット上の声

    • 本当は見えていないだけかもしれないね。
    • やはり「下妻物語」はまぐれだったか!
    • 必要としている人にだけ見えるもの
    • おかげ様って、どちらさま??
    漫画を実写化、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2005年
    • 製作国日本
    • 時間117分
    • 監督宮坂まゆみ
    • 主演深田恭子
  21. 週末婚スペシャル
    • E
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1999年
    • 製作国日本
    • 時間93分
    • 監督---
    • 主演永作博美

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。