全29作品。ジム・キャリーが出演した映画ランキング

  1. マスク

    マスク
    評価:A3.87
    アカデミー賞(1986年・メイク・ヘアスタイリング賞) これ1本でドル箱スターとなったジム・キャリー主演のスーパーSFXコメディ。小心者のスタンリーはひょんなことから不思議なマスクを拾う。

    コメディ

    ネット上の声

    キャメロン・ディアスが最高に素敵!
    我々の願望を満たしてくれる?
    仮面夫婦にならないで。
    これは凄かった!
    製作年:1994
    製作国:アメリカ
    監督:チャールズ・ラッセル
    主演:ジム・キャリー
    1
  2. イエスマン "YES"は人生のパスワード

    イエスマン "YES"は人生のパスワード
    評価:A3.86
    仕事でもプライベートでも「ノー」を連発し、親友の婚約パーティーまですっぽかしてしまう後ろ向き男カール(ジム・キャリー)。生き方を変えようと決心した彼は、いつどんなときも「イエス」と言うルールを自分に課す。その結果、偶然知り合ったアリソン(ゾーイ・デシャネル)から好意を持たれるなど、運気を上げていくカールだったが……。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    娯楽要素をコラージュした遊び心一杯の作品
    お子様連れで鑑賞予定の方は要注意!かも
    元気づけられた
    案外深いかも
    製作年:2008
    製作国:アメリカ
    監督:ペイトン・リード
    主演:ジム・キャリー
    2
  3. マジェスティック

    マジェスティック
    評価:A3.84
    1951年のハリウッド。新進の脚本家ピーターは見事ハリウッドデビューも果たし幸福な時を過ごしていた。しかし、ふとした誤解から当時猛威をふるっていた赤狩りの標的となってしまう。絶望したピーターは、当てのないまま車を走らせ、やがて橋の上で事故を起こして川に転落する。見知らぬ海岸に流れ着いたピーターは、偶然通りかかった老人に助けられ、彼の住む町ローソンへとやって来るが…。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    アメリカ的「自由」はナショナリズムである
    理不尽な現実世界に英雄は名乗り出るか?
    ダラボンマジック!見ていて心地よい。
    爽やかさと味わい深さが描く米社会の陰
    製作年:2001
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・ダラボン
    主演:ジム・キャリー
    3
  4. ライアー ライアー

    ライアー ライアー
    評価:B3.76
    「家族と仕事」どっちを取る?家族愛がテーマの笑える作品。離婚した家族の話。主人公は仕事一筋。弁護士として法廷でウソをつき続け、裁判は連戦連勝。しまいには母に引き取られた息子にまでウソを付いてしまう。それでも彼は仕事ばかり。しかし事態は一変…。ひょんなことから彼はウソが付けない体質に。しかし大事な裁判が…。ここから笑いの渦が巻き起こる。

    ヒューマンドラマ、コメディ、裁判・法廷、子供が生まれてから見たら大泣きする

    ネット上の声

    悪徳セールスマンに気をつけてください。
    嘘つけないのに嘘つこうとする悲しさ
    まだ「マスク」をかぶっているの!?
    取り返しがつかなくなる前に…
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:トム・シャドヤック
    主演:ジム・キャリー
    4
  5. トゥルーマン・ショー

    トゥルーマン・ショー
    評価:B3.74
    ゴールデングローブ賞(1998年・3部門)ある男の生涯が、テレビの人気連続ドラマとして24時間ノンストップ生中継されていた……という異色作。監督は「刑事ジョン・ブック 目撃者」「フィアレス」のピーター・ウィアー。脚本は「ガタカ」(脚本・監督)のアンドリュー・ニコル。製作はニコル、「白い嵐」のスコット・ルーディン、「ジャングル・ブック」のエドワード・S・フェルドマン、「ファースト・ワイフ・クラブ」のアダム・シュローダー。撮影は「ダメージ」のピーター・ビジウ。美術は「バグジー」のデニス・ガスナー。出演は「ライアーライアー」のジム・キャリー、「目撃」のエド・ハリス、「コンゴ」のローラ・リニー、「サバイビング・ピカソ」のナターシャ・マケルホ…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    世界中から愛されるジム・キャリーの演技
    こんにちは こんばんは おやすみなさい!
    コメディーと銘打たれているが・・・
    無責任な傍観者と恐怖のTVショー
    製作年:1998
    製作国:アメリカ
    監督:ピーター・ウィアー
    主演:ジム・キャリー
    5
  6. ジム・キャリーはMr.ダマー

    ジム・キャリーはMr.ダマー
    評価:B3.69
     ひょんな事から、一目惚れしたレディが空港にスーツケースを忘れるのを目撃したロイドは、相棒のハリーと車で彼女のいるアスペンへと向かう。ところが、そのスーツケースの中には誘拐された彼女の夫の身代金が入っていた……。

    コメディ

    ネット上の声

    想像以上に○レベルな笑い
    おバカの中のおバカ
    1分に1つの笑い
    帰ってきたミスターダマーがおもしろかったので
    製作年:1994
    製作国:アメリカ
    監督:ピーター・ファレリー
    主演:ジム・キャリー
    6
  7. フィリップ、きみを愛してる!

    フィリップ、きみを愛してる!
    評価:B3.65
    刑務所内で出会った運命の相手に「愛してる」と伝えるため、詐欺と脱獄を繰り返した男の実話を基にしたドラマチックなラブストーリー。妻子を愛する平凡な男から一転して本当の自分として生きるつもりが、愛のためにうそを重ねてしまう主人公とその恋人を演じるのは、『Disney's クリスマス・キャロル』のジム・キャリーと『スター・ウォーズ』シリーズのユアン・マクレガー。

    コメディ、恋愛、実話、同性愛

    ネット上の声

    Teach me! フィリップ・モリス!
    ここまで愛し、愛されたら、本望でしょう
    ヤバいですよ(笑)、この映画
    テキサスの刑務所で愛を叫ぶ
    製作年:2009
    製作国:フランス
    監督:グレン・フィカーラ
    主演:ジム・キャリー
    7
  8. ブルース・オールマイティ

    ブルース・オールマイティ
    評価:B3.63
    地方局のひょうきんレポーター、ブルース。本番直前、ライバルが次期アンカーマンに決定したことを聞き、ショックのあまり滅茶苦茶なレポートをしてしまい局をクビに。さらには恋人グレースの慰めも聞かず、天に向かって文句を吐く始末。そんなある時、彼のポケベルに謎の電話番号から呼び出しが掛かる。指定の場所へ行くと、なんと待っていたのは神様。神様は「不満があるなら君がやれ」と、ブルースに全能を授けるのだった。

    コメディ

    ネット上の声

    愛は神でもコントロールできない難物
    神様の仕事は簡単じゃないのよ!
    もし全知全能の神だったら?
    あぁ!神様! その1
    製作年:2003
    製作国:アメリカ
    監督:トム・シャドヤック
    主演:ジム・キャリー
    8
  9. ふたりの男とひとりの女

    ふたりの男とひとりの女
    評価:C3.55
     「メリーに首ったけ」の監督、ボビー&ピーター・ファレリー兄弟が、「マスク」「トゥルーマン・ショー」のジム・キャリー主演で描いたラブ・コメディ。ロードアイランドに暮らすチャーリーはまじめで善良な警察官で3人の良き父親。

    コメディ

    ネット上の声

    ファレリー兄弟がまた1人才能を開花させた
    おれがアイツで、アイツがおれで?
    【K推奨作品】抑圧からの解放!?
    エンドロールまでファレリー流!
    製作年:2000
    製作国:アメリカ
    監督:ボビー・ファレリー
    主演:ジム・キャリー
    9
  10. エターナル・サンシャイン

    エターナル・サンシャイン
    評価:C3.54
    アカデミー賞(2005年)ジョエル(ジム・キャリー)は、別れた恋人・クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)が自分との思い出を消すために記憶除去手術を受けたことを知り、自分もその手術を試すが……。

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    ソウルメイト
    わざわざ消さなくても加齢により忘れるよ。
    奇跡なんかなくても。軌跡なんかなくても。
    チャーリー・カウフマンのラブ・ストーリー
    製作年:2004
    製作国:アメリカ
    監督:ミシェル・ゴンドリー
    主演:ジム・キャリー
    10
  11. エース・ベンチュラ

    エース・ベンチュラ
    評価:C3.49
    全米プロ・フットボール最大のイベント、スーパーボウル開催まであと2週間。マイアミ・ドルフィンズのマスコットであるイルカのスノーフレイクが何者かに誘拐された。チームの管理責任者の一人、メリッサはペット専門の探偵エースに事件の調査を依頼。早速、我等がエースが天才的なカンを武器に、捜査に乗り出した…。

    コメディ

    ネット上の声

    寝不足で観れば笑っちゃうんじゃない?
    ギャグもセットもすべてがふる〜い!
    アクションなんてない笑。
    ゴムゴムのーーーー顔!!
    製作年:1994
    製作国:アメリカ
    監督:トム・シャドヤック
    主演:ジム・キャリー
    11
  12. ジム・キャリーのエースにおまかせ

    ジム・キャリーのエースにおまかせ
    評価:C3.48
    J・キャリーの当たり役となった、ペット探偵エース・ベンチュラの活躍を描く第2作。地上4000メートルの山岳地帯に向かったエースは、岩山に取り残されたアライグマの救出に失敗。そのショックでチベットの僧院にこもる。そんなある日、英国大使のフルトンからワチャティ族の守り神である白いコウモリの捜索を依頼され、エースはアフリカへ飛ぶ。ワチャティ族の王子アウダは、対立する部族との和解を図り、その族長の娘と結婚しようとしていた矢先に、コウモリが盗まれたのだ。フルトンやアウダを助手に従えて、エースの調査が始まった。

    コメディ

    ネット上の声

    これはクリスマスとは関係ない。
    エースにもっとまかせたい〜!
    ペット探偵アフリカへ
    前作以上に面白い!
    製作年:1995
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴ・オーデカーク
    主演:ジム・キャリー
    12
  13. バットマン フォーエヴァー

    バットマン フォーエヴァー
    評価:C3.42
    ボブ・ケインが生んだアメコミのダーク・ヒーロー、バットマン(DCコミックス刊)のスタッフ・キャストをリニューアルした映画版シリーズ第3弾。架空の町ゴッサム・シティを舞台にヒーロー、バットマンと邪悪な怪人たちとの闘いをスピーディに描く。監督は前2作のティム・バートンに代わり「依頼人」のジョエル・シューマカーが登板。製作はバートンとピーター・マクレガー・スコット、脚本はリー・バッチラー、ジャネット・スコット・バッチラー、アキヴァ・ゴールドマン、撮影は「ペリカン文書」のスティーブン・ゴールドブラット、美術は「フォーリング・ダウン」のバーバラ・リング、編集は「逃亡者(1993)」のデニス・ヴァークラ…

    アクション、バットマン

    ネット上の声

    【路線を変えた功績と気づかなかった功罪】
    キャンプでテントを張るダークナイト
    敵はインパクトありすぎです
    バットマン・シリーズ3作目
    製作年:1995
    製作国:アメリカ
    監督:ジョエル・シューマカー
    主演:ヴァル・キルマー
    13
  14. 空飛ぶペンギン

    空飛ぶペンギン
    評価:C3.41
    リチャード&フローレンス・アトウォーター原作の児童小説「ポッパーさんとペンギン・ファミリー」を、ジム・キャリー主演で実写映画化したコメディドラマ。ニューヨークで暮らすエリートサラリーマンのトム・ポッパーは、仕事を優先させすぎて家族との関係が悪化してしまう。そんなある日、トムの家に父親の遺産として本物のペンギンが6匹も送られてくる。やりたい放題のペンギンたちに悪戦苦闘するトムだったが……。

    コメディ

    ネット上の声

    飛ばねぇペンギンは、ただのペンギンだ。
    ポッパーさんちのぱぴぷぺペンギン
    ミスターポッパーズ・ペンギン!
    Disney映画かと思った
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:マーク・ウォーターズ
    主演:ジム・キャリー
    14
  15. キック・アス/ジャスティス・フォーエバー

    キック・アス/ジャスティス・フォーエバー
    評価:C3.39
    キック・アスことデイヴ(アーロン・テイラー=ジョンソン)と、ヒット・ガールのミンディ(クロエ・グレース・モレッツ)は普通の日々を送っていた。ところがそんなある日、デイヴは元ギャングで運動家のスターズ・アンド・ストライプス大佐(ジム・キャリー)とスーパーヒーロー軍団“ジャスティス・フォーエバー”を結成。そこへ、レッド・ミスト(クリストファー・ミンツ=プラッセ)が父親を殺害された恨みを晴らそうと、刺客と共に乗り込んできて……。

    アクション

    ネット上の声

    ヒットガールは相変わらず可愛かったですね。
    ただのバイオレンスものになってしまった
    爽快感が消えたのは続編だからじゃない
    おとぎ話の後日談(困)
    製作年:2013
    製作国:イギリス
    監督:ジェフ・ワドロウ
    主演:アーロン・ジョンソン
    15
  16. グリンチ

    グリンチ
    評価:C3.37
    アカデミー賞(2001年・メイク・ヘアスタイリング賞)

    アニメ、クリスマス
    製作年:2000
    製作国:アメリカ
    監督:ロン・ハワード
    主演:ジム・キャリー
    16
  17. マン・オン・ザ・ムーン

    マン・オン・ザ・ムーン
    評価:C3.29
    ゴールデングローブ賞(1999年・主演男優賞) ジム・キャリーが実在のコメディアン、アンディ・カウフマンに扮した人間ドラマ。35歳で他界した伝説のコメディアンを主人公に、その孤独で不可思議な生涯を綴る。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    自分を見失うほどに芸に生涯を捧げた男
    ヒアアイカムトゥセイブザデイ!
    生きてくるのが 早すぎた…
    早すぎたエンターテナー
    製作年:1999
    製作国:アメリカ
    監督:ミロス・フォアマン
    主演:ジム・キャリー
    17
  18. レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

    レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語
    評価:C3.21
    アカデミー賞(2005年・メイク・ヘアスタイリング賞)ボードレール家の三人きょうだい、ヴァイオレット(エミリー・ブラウニング)、クラウス(リアム・エイケン)、サニー(カラ&シェルビー・ホフマン)は、ある日、砂浜で遊んでいると、自宅が全焼し、両親が亡くなった知らせを受ける。

    ファンタジー

    ネット上の声

    豪華キャスト&美術が魅力。ジムは??
    まあまあよかったと思います!
    もう一手間欲しかった
    ストリーも配役も良い
    製作年:2004
    製作国:アメリカ
    監督:ブラッド・シルバーリング
    主演:ジム・キャリー
    18
  19. ディック&ジェーン 復讐は最高!

    ディック&ジェーン 復讐は最高!
    評価:D3.18
    “コメディの帝王”ジム・キャリーが、持ち前のコメディセンスを存分に発揮したブラックユーモアたっぷりの復讐劇。裕福なサラリーマン生活から一転、強盗になることを余儀なくされた夫婦が、不条理な社会に復讐を挑む。

    コメディ

    ネット上の声

    師走の忙しい中頑張る元気をもらいました!
    ベストキスシーン賞(コメディ部門)候補
    ジムキャリーで笑えるか否か
    サラダバー盛りすぎ注意
    製作年:2005
    製作国:アメリカ
    監督:ディーン・パリソット
    主演:ジム・キャリー
    19
  20. 俺たちスーパーマジシャン

    俺たちスーパーマジシャン
    評価:D3.17
     本物のマジシャンの協力を得て製作されたマジックムービー。スティーヴ・カレル、ジム・キャリー、スティーヴ・ブシェミら豪華俳優陣がおくる、笑いあり涙ありのハートフルコメディ。

    コメディ

    ネット上の声

    脅威のマジシャン・コンビ
    不気味なジム・キャリー
    古い手品コメディ
    暇つぶしに最適のほどよいおもしろさ。
    製作年:2013
    製作国:アメリカ
    監督:ドン・スカーディノ
    主演:スティーヴ・カレル
    20
  21. Disney's クリスマス・キャロル

    Disney's クリスマス・キャロル
    評価:D3.16
    金銭欲を満たすために生きる男が、クリスマス・イブの夜の不思議な体験を経て、本当の幸福の意味を悟る奇跡と感動のファンタジー。文豪チャールズ・ディケンズの不朽の名作を、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのロバート・ゼメキス監督が映像化。

    アニメ、クリスマス

    ネット上の声

    今の貴方は、あの頃なりたかった貴方ですか
    「鑑賞」というより「体感」って感じ。
    あなたが幸せでありますように★☄
    アメージング・ストーリー
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ゼメキス
    主演:ジム・キャリー
    21
  22. ホートン ふしぎな世界のダレダーレ

    ホートン ふしぎな世界のダレダーレ
    評価:D3.09
    想像力豊かな象が、ほこりの中の小さな国“ダレダーレ国”の住人たちを守ろうとするファンタジー・アニメ。1954年に出版されて以来、ファミリー文学の金字塔として名高い同名絵本を、『ファインディング・ニモ』などでアニメーターを務めたジミー・ヘイワードが映像化した。

    アニメ

    ネット上の声

    ガンガン寝た。時々目を無理やり開け又寝た
    クーソーしてから寝てください
    「ホートンは私か!?」
    象はやさしいんだ!
    製作年:2008
    製作国:アメリカ
    監督:ジミー・ヘイワード
    主演:ジム・キャリー
    22
  23. 帰ってきたMr.ダマー バカMAX!

    帰ってきたMr.ダマー バカMAX!
    評価:D3.03
    1995年に日本公開されたジム・キャリー主演のヒットコメディー『ジム・キャリーはMr.ダマー』の続編。共におバカながらも強い絆で結ばれたハリーとロイドのコンビが、行く先々で大騒動を巻き起こす。

    コメディ

    ネット上の声

    バカを笑うとバカになる(教訓)
    相変わらずの2人!
    おバカの極み
    下ネタ連発
    製作年:2014
    製作国:アメリカ
    監督:ピーター・ファレリー
    主演:ジム・キャリー
    23
  24. ケーブル・ガイ

    ケーブル・ガイ
    評価:D2.99
    ストーカーまがいのケーブルガイ(ケーブルテレビ設置工)につきまとわれるヤッピー青年の悪夢を描いたブラック・コメディ。なお、ケーブルガイとはケーブルテレビ設置工以外に、仕事ぶりの雑さ(部屋を散らかす、時間を守らないなど)から、“いい加減なヤツ”“迷惑なヤツ”の意味もある。監督は「リアリティ・バイツ」のベン・スティラー。製作は主演のジム・キャリーのスタンダップ・コメディアン時代からの盟友のジャド・アパトウと「ウォーターワールド」のアンドリュー・リクトとジェフリー・ミュラーのコンビ、エグゼクティヴ・プロデューサーはブラッド・グレイ、バーリン・ブリスタイン、マーク・ガーヴィッツ。脚本は新鋭のルー・ホ…

    サスペンス

    ネット上の声

    ジム・キャリー主演の怖〜いコメディ?!
    ←「親友を敵に回すと怖いよ〜>。<」
    末恐ろしくないストーカー映画?
    ベビーシッターはテレビ!?
    製作年:1996
    製作国:アメリカ
    監督:ベン・スティラー
    主演:ジム・キャリー
    24
  25. ナンバー23

    ナンバー23
    評価:E2.66
    偶然にもこれが23本目の監督作となる『オペラ座の怪人』のジョエル・シューマカーがメガホンをとったミステリー。ある1冊の本を手にした男と、その家族が次第に“23”という数字の謎に翻弄(ほんろう)されていく様子をスリリングに映し出す。

    サスペンス

    ネット上の声

    私、自分の誕生日23日だし・・・
    好きなジャンルの映画だったのに…
    消されている記憶はないですか?
    題材はいいのにな!
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:ジョエル・シューマカー
    主演:ジム・キャリー
    25
  26. ダーク・クライム

    ダーク・クライム
    評価:E2.31


    ヒューマンドラマ、サスペンス
    製作年:2016
    製作国:イギリス,ポーランド,アメリカ
    監督:アレクサンドロス・アヴラナス
    主演:ジム・キャリー
    26
  27. ジム・キャリーINハイ・ストラング

    ジム・キャリーINハイ・ストラング
    評価:E2.29
     ガンコ者の絵本作家と悪魔とのやりとりをコミカルに描いたスラップスティック・コメディ。悪魔役として「マスク」で一躍人気を得たジム・キャリーが出演している。

    コメディ

    ネット上の声

    絶対観ないほうがいいと言われて観る映画
    星3.6。 スジは通ってるはず。
    珍しいタイプの映画でした
    ジム・キャリーが出て来る前に
    製作年:1994
    製作国:アメリカ
    監督:ロジャー・ナイガード
    主演:ジム・キャリー
    27
  28. ボクの彼女は地球人/BRAND NEW GIRL

    ボクの彼女は地球人/BRAND NEW GIRL
    評価:E0.00

    ネット上の声

    まあ、ありがち
    はちゃめちゃな感じがいい
    美女に引かれた宇宙人
    製作年:1988
    製作国:イギリス
    監督:ジュリアン・テンプル
    主演:ジーナ・デイヴィス
    28
  29. ワンス・ビトゥン/恋のチューチューバンパイア

    ワンス・ビトゥン/恋のチューチューバンパイア
    評価:E0.00
     チェリー・ボーイの血を吸って美貌を保つ、豊満な熟女バンパイアが繰り広げる恋騒動を描いたコメディ。「美女バンパイア/華麗なる誘惑」のタイトルでビデオ発売されていたが、「マスク」のJ・キャリー人気に乗って95年に劇場公開された。

    コメディ、ホラー

    ネット上の声

    ジム・キャリーのファンなら必見
    製作年:1985
    製作国:アメリカ
    監督:ハワード・ストーム
    主演:ローレン・ハットン
    29

スポンサードリンク