全45作品。イザベル・ユペールが出演した映画ランキング

  1. 主婦マリーがしたこと

    主婦マリーがしたこと
    評価:S4.15
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1989年・外国語映画賞) ナチ占領下のフランスで、生活のため、にわか堕胎医となった女(I・ユペール)。彼女が夫の密告により逮捕され、ギロチンにかけられるまでを、巧みなる緊迫感の醸成により、つとめてクールに描いた作品。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    現代の主婦にも通じる展開、ありえない結末
    時代背景は主婦の犯罪を極刑まで高めた
    平凡な主婦のはずが・・・。
    I・ユペールの演技力に脱帽
    製作年:1988
    製作国:フランス
    監督:クロード・シャブロル
    主演:イザベル・ユペール
    1
  2. 愛、アムール

    愛、アムール
    評価:A3.93
    アカデミー賞(2013年・外国語映画賞)第65回カンヌ国際映画祭で、最高賞にあたるパルムドールに輝いたヒューマン・ドラマ。長年にわたって連れ添ってきた老夫婦が、妻の病を発端に次々と押し寄せる試練に向き合い、その果てにある決断をする姿を映し出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    穏やかに老い、安らかに逝くことの有り難さ
    見て見ぬ振りをしても、そこにある現実
    強い絆で結ばれた二人の愛の終焉・・・解放
    きれい事では済まさない苦しい映画 疲れた
    製作年:2012
    製作国:フランス/ドイツ/オーストリア
    監督:ミヒャエル・ハネケ
    主演:ジャン=ルイ・トランティニャン
    2
  3. アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶

    アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶
    評価:A3.90
    93歳になる伝説的写真家のカルティエ=ブレッソンは、ルーブル美術館近くの自宅で、自身の半生と作品について語り始める。助監督も務めたジャン・ルノワールとの出会いや“マグナム”の仲間との思い出、マリリン・モンローやココ・シャネルなど20世紀を代表する人々を撮影したエピソード……。そして、それぞれの写真に秘められた“決定的瞬間”を明かす。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    写真のおもしろさが改めてわかりました
    貴重な映像と思うが・・・
    奇跡の瞬間を捉える才能
    絵画のような写真
    製作年:2003
    製作国:スイス/フランス
    監督:ハインツ・ビュートラー
    主演:アンリ・カルティエ=ブレッソン
    3
  4. 最後の賭け

    最後の賭け
    評価:B3.67
    2010年に他界した仏ヌーベルバーグの巨匠クロード・シャブロルの日本未公開作品を連続公開する「映画の國名作選II クロード・シャブロル未公開傑作選」にて上映。マフィアの金に手をつけた詐欺師コンビのてん末を、スイスの雪山や南国アンティル諸島など多彩なロケ撮影で描く。主人公の詐欺師コンビを「ピアニスト」のイザベル・ユペールと、「クリクリのいた夏」のミシェル・セローが演じる。

    サスペンス

    ネット上の声

    性的な断念の上に成り立つパートナー
    詐欺師の教え子
    シャブロル御大らしからぬ・・・
    展開や人物が面白い!
    製作年:1997
    製作国:フランス
    監督:クロード・シャブロル
    主演:イザベル・ユペール
    4
  5. タイム・オブ・ザ・ウルフ

    タイム・オブ・ザ・ウルフ
    評価:B3.66
    危機的な災害が起き、ヨーロッパ中が水と食料不足になってしまう。ジョルジュとアンナ夫婦は、わずかな貯えを持ち、子供を守るために田舎の別荘へと向かうのだが…。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    クリスマスにハネケをみる
    ちょっと分かりづらい。
    終わり方に不満
    タイムオブザウルフ
    製作年:2003
    製作国:フランス/オーストリア/ドイツ
    監督:ミヒャエル・ハネケ
    主演:イザベル・ユペール
    5
  6. アスファルト

    アスファルト
    評価:C3.54
    フランス郊外の寂れた団地を舞台に6人の孤独な男女の偶然の出会いを、『ピアニスト』などのイザベル・ユペール主演で描くドラマ。落ちぶれた女優と親が留守がちなティーン、車いすの中年男と看護師、NASAの宇宙飛行士と移民の女性による奇妙で感動的な交流を映す。

    コメディ

    ネット上の声

    人の感情を繊細に滑稽に愛おしく描く。
    エレベーターからヘリまで?
    6人全員に親近感が湧く。
    地味だけど面白い
    製作年:2015
    製作国:フランス
    監督:サミュエル・ベンシェトリ
    主演:イザベル・ユペール
    6
  7. 8人の女たち

    8人の女たち
    評価:C3.53
     1950年代のフランス。クリスマスを祝うため、雪に閉ざされた大邸宅に家族が集うこととなった。

    サスペンス、クリスマス

    ネット上の声

    フランソワ・オゾンより愛をこめて
    映画を見てて一番衝撃的な瞬間
    女の魅力と怖さがいっぱい
    エマニュエル・ベアール
    製作年:2002
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・オゾン
    主演:ダニエル・ダリュー
    7
  8. いつか、きっと

    いつか、きっと
    評価:C3.52
    娼婦として生活するシルヴィア(イザベル・ユペール)には14歳の娘ロランス(モード・フォルジェ)がいる。ある日、ロランスは母親に暴力を振るう男を殺害。そのため、ふたりはニースを離れ、行くあてのない旅に出ざるをえなくなる。

    ヒューマンドラマ
    製作年:2002
    製作国:フランス
    監督:オリヴィエ・ダアン
    主演:イザベル・ユペール
    8
  9. ピアニスト

    ピアニスト
    評価:C3.52
    カンヌ国際映画祭(2001年・グランプリ) ウィーン。小さい頃から母親に厳しく育てられたエリカ。

    恋愛、ピアニスト、異常愛、どんでん返し

    ネット上の声

    ちょっとズレてるド変態ツンデレわがままこじらせ女子ライフ
    変と偏。一味も二味も違う恋愛…変態映画。
    ど変態ピアニストのラブロマンス
    あなたは、知っていますか?
    製作年:2001
    製作国:フランス/オーストリア
    監督:ミヒャエル・ハネケ
    主演:イザベル・ユペール
    9
  10. 愛・アマチュア

    愛・アマチュア
    評価:C3.49


    ヒューマンドラマ、恋愛、記憶喪失
    製作年:1994
    製作国:アメリカ/イギリス/フランス
    監督:ハル・ハートリー
    主演:イザベル・ユペール
    10
  11. ボヴァリー夫人

    ボヴァリー夫人
    評価:C3.43
     かつてトーキー初期にジャン・ルノワールが、そして米国ではヴィンセント・ミネリが映画化したフロベールの不朽の名作を、「いとこ同志」「主婦マリーがしたこと」のC・シャブロルがイザベル・ユペール主演で再映画化。若くして町医者シャルル・ボヴァリーと結婚したエマが、無感動な夫との日常の退屈な日々に嫌気がさし、生き生きとした華やかな世界にあこがれて、自分を愛してくれる男たちに身をゆだねていく……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    退屈な人生
    退屈な人生を生き抜くこと
    濃厚な傑作
    製作年:1991
    製作国:フランス
    監督:クロード・シャブロル
    主演:イザベル・ユペール
    11
  12. 眠れる美女

    眠れる美女
    評価:C3.41
    尊厳死をめぐる人間ドラマ昏睡(こんすい)状態の女性エルアーナ・エングラーロの両親による延命装置停止の訴えを認めた最高裁の認定の是非をめぐって揺れる2009年のイタリア。昏睡(こんすい)状態だった妻の延命装置を停止させたことを引きずる議員ベッファルディ(トニ・セルヴィッロ)は、エルアーナの延命延長法案の投票を前に悩む。一方、医師パッリド(ピエール・ジョルジョ・ベロッキオ)は盗んだ薬を服用して昏倒(こんとう)した女性を助けようとする。また、大物女優(イザベル・ユペール)は同じく昏睡(こんすい)状態にあるまな娘の姿をエルアーナに重ねる。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ

    ネット上の声

    その時、あなたならどうする?
    ざらつきの平穏に身を落とす
    巨匠健在
    ツンツン
    製作年:2012
    製作国:イタリア/フランス
    監督:マルコ・ベロッキオ
    主演:イザベル・ユペール
    12
  13. 天国の門

    天国の門
    評価:C3.39
    19世紀末、ワイオミング州はロシアや東欧からの移民が増加し、住民との対立が激化していた。保安官のジム(クリス・クリストファーソン)はビリー(ジョン・ハート)から住民が移民の粛清を計画していることを耳にする。ジムは、町に住むエラ(イザベル・ユペール)に思いを寄せていた。そのエラはジムとガンマンのネイト(クリストファー・ウォーケン)の間で揺れ動いていた。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    アメリカ社会の傲慢さの中に観る人生の移ろい=虚しさ。
    マイケル・チミノ監督 渾身の超大作
    天国の門、監督には出口になった映画
    これ、今2時間20分なんだ・・・
    製作年:1981
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・チミノ
    主演:クリス・クリストファーソン
    13
  14. 沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇

    沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇
    評価:C3.38
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1996年)

    サスペンス
    製作年:1995
    製作国:フランス
    監督:クロード・シャブロル
    主演:イザベル・ユペール
    14
  15. ハッピーエンド

    ハッピーエンド
    評価:C3.28
    『白いリボン』などの鬼才ミヒャエル・ハネケが監督を務めたドラマ。フランス北部の町を舞台に、秘密を抱える家族の姿を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    皮膚がヒリヒリするような作品でした。
    孤独なふたりを惹きつける大きな秘密。
    しあわせな最期の来ないエンディング
    被写体としてならば直視できる現実
    製作年:2017
    製作国:フランス,ドイツ,オーストリア
    監督:ミヒャエル・ハネケ
    主演:イザベル・ユペール
    15
  16. パッション

    パッション
    評価:C3.27
    映画の製作現場を背景にして、監督、製作者、ホテルの女主人、工場従業員らの交流を描く。監督・編集はジャン・リュック・ゴダール。撮影はラウール・クタール、ヴィデオはジャン・ベルナール・メヌーが担当。出演はイザベル・ユペール、ハンナ・シグラ、ミシェル・ピッコリ、イェジー・ラジヴィオヴィッチ、ラズロ・サボなど。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    80年代ゴダール
    絵画を動かす
    アート
    絵の構図に厳密に囚われすぎて人間を見ていない
    製作年:1982
    製作国:スイス/フランス
    監督:ジャン=リュック・ゴダール
    主演:イザベル・ユペール
    16
  17. 母の残像

    母の残像
    評価:C3.27
    鬼才ラース・フォン・トリアーのおいで、『オスロ、8月31日』などのヨアキム・トリアー監督作。第68回カンヌ国際映画祭を筆頭に各国の映画祭に出品された。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    世の中には、いろんな母親がいるけれど…
    叔父さん より “ノーマル” かも。
    もう少し、慎みなさい
    邦題どおりの映画。
    製作年:2015
    製作国:ノルウェー,フランス,デンマーク,アメリカ
    監督:ヨアキム・トリアー
    主演:ガブリエル・バーン
    17
  18. クレアのカメラ

    クレアのカメラ
    評価:C3.26
    韓国の鬼才ホン・サンス監督が『お嬢さん』などのキム・ミニと、『エル ELLE』などのイザベル・ユペールと組んだドラマ。映画祭の裏側で複雑に絡み合う人間関係をユーモラスに映し出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    人との出会いで起きる化学反応
    ☆☆☆★★ 簡単に 《酒と映画と浮気と別れ》毎度お馴染み、ホン・サ...
    イザベル・ユペール!
    ある意味奇跡の映画
    製作年:2017
    製作国:フランス,韓国
    監督:ホン・サンス
    主演:イザベル・ユペール
    18
  19. 甘い罠

    甘い罠
    評価:C3.26
    2010年に他界した仏ヌーベルバーグの巨匠クロード・シャブロルの日本未公開作品を連続公開する「映画の國名作選II クロード・シャブロル未公開傑作選」にて上映。米作家シャーロット・アームストロングによる「見えない蜘蛛の巣」をもとに、人間の心の奥底に潜む善と悪の葛藤(かっとう)を、リストのピアノ曲「葬送」をはじめとしたクラシック音楽の名曲にのせて描きだす心理犯罪ドラマ。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    高評価を頼りに見ましたが、結末にモヤっと
    車の厳密な律儀さ
    同じ女と二度結婚
    得も言われぬ哀しき性(さが)
    製作年:2000
    製作国:フランス
    監督:クロード・シャブロル
    主演:イザベル・ユペール
    19
  20. 未来よ こんにちは

    未来よ こんにちは
    評価:C3.24
    ベルリン国際映画祭(2016年・銀熊賞 最優秀監督賞)第66回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞したヒューマンドラマ。思いも寄らぬ問題に次々と直面することになった女性が、それを機に自身の人生を見つめ直す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    イザベル・ユペール可愛い
    つまんないけど面白かった
    フランスの高校の自由な雰囲気を感じられた。 芝生で寝転んで自由に意...
    生活の中に哲学がある女性の、新しい人生の幕開け
    製作年:2016
    製作国:フランス,ドイツ
    監督:ミア・ハンセン=ラヴ
    主演:イザベル・ユペール
    20
  21. デッドマン・ダウン

    デッドマン・ダウン
    評価:C3.24
    『フライトナイト/恐怖の夜』『トータル・リコール』などのコリン・ファレル主演によるサスペンス。暗殺者の男と彼に復讐(ふくしゅう)を依頼した女が、思わぬ窮地に立たされながら惹(ひ)かれ合う姿を活写していく。

    アクション

    ネット上の声

    辛くて苦しくて悲しいのに、優しい
    テクに走らず正攻法に勝負し成功
    なぜ上映館が少ないのかな
    復讐は倍返しでしょ
    製作年:2013
    製作国:アメリカ
    監督:ニールス・アルデン・オプレヴ
    主演:イザベル・ユペール
    21
  22. 勝手に逃げろ/人生

    勝手に逃げろ/人生
    評価:D3.22
     70年代初頭、政治色を強め商業映画から撤退していたジャン・リュック・ゴダールの新たなスタートとも言うべき野心作。スイスを舞台に『-1=勝手に逃げろ』『0=人生』という短い導入部に続き四章立てで、『1=想像界』では都会を捨て田舎暮らしを始めようとするドゥニーズの覚醒が、『2=不安』では家族とも冷めた関係に陥り、行き場のないポールの焦燥が、『3=商売』では田舎を出て都会で売春をしようというイザベルが描かれ、『4=音楽』で三者が合流し、それぞれ新たなベクトルを指し示す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    いくつもの性、見える音楽
    製作年:1979
    製作国:フランス/スイス
    監督:ジャン=リュック・ゴダール
    主演:ジャック・デュトロン
    22
  23. 囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件

    囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件
    評価:D3.16
    2001年5月、フィリピン・パラワン島の高級リゾートでイスラム武装勢力アブ・サヤフによって観光客21人が誘拐され、NPOのフランス人活動家テレーズ(イザベル・ユペール)も巻き込まれてしまう。救出作戦とは名ばかりのフィリピン国軍による一斉攻撃をかいくぐり、殺害される人質がいる一方、身代金を支払った人質は次々と解放されていった。長期にわたる拘束生活に人質たちは体も心も疲れ切っていて……。

    ヒューマンドラマ
    製作年:2012
    製作国:フランス/フィリピン/ドイツ/イギリス
    監督:ブリランテ・メンドーサ
    主演:イザベル・ユペール
    23
  24. 3人のアンヌ

    3人のアンヌ
    評価:D3.14
    映画監督として著名なアンヌ(イザベル・ユペール)は、監督仲間のジョンス(クォン・ヘヒョ)と身ごもっている妻のクムヒィ(ムン・ソリ)と共に、モハンという海辺のまちを訪れる。ホテルに到着し、アンナがベランダで一服していると、ジョンスが以前交わしたキスのことについて尋ねてくる。その後付近を散策しに外に出たアンナは、途中で雨が降ってきたため、ホテルのオーナーの娘ウォンジュ(チョン・ユミ)から傘を借り……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ユペールが浜辺を歩く姿が可愛らしいです。
    自我を捨てたユペール
    正体がつかめない女
    愛すべき男の性かな
    製作年:2012
    製作国:韓国
    監督:ホン・サンス
    主演:イザベル・ユペール
    24
  25. エル ELLE

    エル ELLE
    評価:D3.08
    ゴールデングローブ賞(2016年・2部門)『ピアニスト』などのフランスの名女優イザベル・ユペールと『氷の微笑』などのポール・ヴァーホーヴェン監督が組んだ官能的なサイコスリラー。『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』の原作者フィリップ・ディジャンの小説を原作に、レイプ被害者の女性が犯人を捜しだそうとする姿を描く。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    Proレビュー含め全て嘘だ
    見終わった感想は、男って馬鹿ね。この一言。主人公の女性は出だしでレ...
    うわぁー、ポール・バーホーベン、しぶとい。ここに来て、息を吹き返し...
     『ロボコップ』、『氷の微笑』、『スターシップ・トゥルーパーズ』、...
    製作年:2016
    製作国:フランス
    監督:ポール・ヴァーホーヴェン
    主演:イザベル・ユペール
    25
  26. 皇帝と公爵

    皇帝と公爵
    評価:D3.06
    『クリムト』などで知られる鬼才、故ラウル・ルイスが抱えていた生前最後の企画を実写化した歴史ドラマ。ナポレオンが率いるフランス軍とウェリントン将軍が指揮を執るイギリス・ポルトガル連合軍の激突と、その裏で繰り広げられるさまざまな人間模様を映し出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    戦争映画であり、戦争映画ではありません
    タイトルからは想像できない反戦映画EU版
    見ているだけで圧倒される俳優陣
    戦いの中に生きる人々の姿
    製作年:2012
    製作国:フランス/ポルトガル
    監督:バレリア・サルミエント
    主演:メルヴィル・プポー
    26
  27. ブロンテ姉妹

    ブロンテ姉妹
    評価:D3.02
    19世紀イギリス文学界を揺るがせたブロンテ三姉妹の生涯を描く。製作はイヴ・ガセール、イヴ・ペイロ、アラン・サルド、監督・脚本は「海辺のホテルにて」のアンドレ・テシネ、共同脚本はパスカル・ボニツェール、ジャン・グリュオー、撮影は「愛と宿命の泉」のブルーノ・ニュイッテン、音楽は「ギャルソン」のフィリップ・サルドが担当。出演は「イシュタール」のイザベル・アジャーニ、「ココ・シャネル」のマリー・フランス・ピジェ、「ピエラ 愛の遍歴」のイザベル・ユペールほか。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    アジャーニの年齢について
    製作年:1979
    製作国:フランス
    監督:アンドレ・テシネ
    主演:マリー=フランス・ピジェ
    27
  28. ラブストーリーズ エリナーの愛情

    ラブストーリーズ エリナーの愛情
    評価:D2.89
    ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャステインら豪華俳優陣が共演を果たしたほろ苦いラブストーリー。お互い求め合いながらも不協和音が生じるカップルの別離と再スタートの過程を、女の視点と男の視点で映し出す2作品の女性版。

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    エレノア…じゃないのかな?
    どちらも見たいなら・・・
    イザベル・ユペール
    女心は難しい。
    製作年:2013
    製作国:アメリカ
    監督:ネッド・ベンソン
    主演:ジェシカ・チャステイン
    28
  29. エヴァ

    エヴァ
    評価:E2.60
    『マリー・アントワネットに別れをつげて』などのブノワ・ジャコーが監督を担当し、ジェームズ・ハドリー・チェイスの「悪女イヴ」を映画化したドラマ。『エル ELLE』などのフランスの女優イザベル・ユペールが謎の娼婦(しょうふ)を演じ、彼女に魅了された作家が破滅に向かう姿を描き出す。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    映画としてのキャラクター設定不足が目立つ
    嘘で塗り固めたお粗末な人生
    いくら娼婦でもババアはババアだよなぁ。
    イザベル・ユペール可愛くて綺麗
    製作年:2018
    製作国:フランス
    監督:ブノワ・ジャコー
    主演:イザベル・ユペール
    29
  30. ジョルジュ・バタイユ ママン

    ジョルジュ・バタイユ ママン
    評価:E2.18
    17歳のピエールは、崇拝する美ぼうの母親(イザベル・ユペール)に会うためにスペインのカナリア諸島を訪れた。彼が到着すると、折り合いの悪い父親(フィリップ・デュクロ)は島を出てしまい、最愛の母と二人だけの生活が始まる。しかし、母から同性の愛人(ジョアンナ・プレイス)を紹介されるなど、母親の本性を知っていくうちに、ピエールの母親に対する思いは変化し始める。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    欲望とはなんだろうか
    製作年:2004
    製作国:フランス
    監督:クリストフ・オノレ
    主演:イザベル・ユペール
    30
  31. ガブリエル

    ガブリエル
    評価:E0.00
    『王妃マルゴ』の巨匠、パトリス・シェロー監督がイザベル・ユペール主演で描いた愛憎ドラマ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    さすがフランス映画
    製作年:2005
    製作国:ドイツ/フランス/イタリア
    監督:パトリス・シェロー
    主演:イザベル・ユペール
    31
  32. 窓・ベッドルームの女

    窓・ベッドルームの女
    評価:E0.00


    サスペンス
    製作年:1986
    製作国:アメリカ
    監督:カーティス・ハンソン
    主演:スティーヴ・グッテンバーグ
    32
  33. 悪霊

    悪霊
    評価:E0.00
    ドストエフスキーの原作を基に、情熱と暴力によってひとつの答えを捜し求める若者たちの幻想と狂気、荒廃を描く。監督は「愛の記録」のアンジェイ・ワイダ、脚本は「蒼い衝動」のジャン・クロード・カリエール、撮影は、ヴィトルド・アダメク、音楽はジグムント・コニエチヌイが担当。出演はイェジー・ラジヴィオヴィッチ、ランベール・ウィルソン、ジャン・フィリップ・エコフェイほか。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1987
    製作国:フランス
    監督:アンジェイ・ワイダ
    主演:イエジー・ラジヴィオヴィッチ
    33
  34. 感傷的な運命

    感傷的な運命
    評価:E0.00
    製作年:2000
    製作国:フランス/スイス
    監督:オリヴィエ・アサイヤス
    主演:シャルル・ベルリング
    34
  35. 愛と死の谷

    愛と死の谷
    評価:E0.00
    「フランス映画祭2016」(16年6月24~27日/有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇)上映作品。
    製作年:2015
    製作国:フランス
    監督:ギョーム・ニクルー
    主演:イザベル・ユペール
    35
  36. マリーナ

    マリーナ
    評価:E0.00
     父親との近親相姦という心傷を持つ女流作家が、やがて落ちていく倒錯した三角関係の模様を描いた恋愛ドラマ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    見ているこちらまで
    製作年:1990
    製作国:ドイツ/オーストラリア
    監督:ヴェルナー・シュレーター
    主演:イザベル・ユペール
    36
  37. ピエラ・愛の遍歴

    ピエラ・愛の遍歴
    評価:E0.00
    女として生きる母と彼女を見つめ続ける娘の触れ合いを描く。製作はアキーレ・マンゾッティ、監督は「未来は女のものである」のマルコ・フェレーリ、脚本・原案はダーチャ・マライーニ、ピエラ・デッリ・エスポスティ、フェレーリ、撮影はエンニオ・グァルニエリ、音楽はフィリップ・サルド、編集はルッジェーロ・マストロヤンニが担当。出演はハンナ・シグラ、イザベル・ユペール、マルチェロ・マストロヤンニほか。

    ヒューマンドラマ、アクション

    ネット上の声

    三カ国代表戦
    家族とは?
    理解できなかったです。
    製作年:1983
    製作国:イタリア/フランス/西ドイツ
    監督:マルコ・フェレーリ
    主演:イザベル・ユペール
    37
  38. 肉体の学校

    肉体の学校
    評価:E0.00
    三島由紀夫の同名小説を、「シングル・ガール」のブノワ・ジャコー監督が舞台を現代フランスに移して映画化。パリのモード界で働く中年女性ドミニクは地位にも金銭的にも恵まれ、気ままな毎日を楽しんでいた。そんなある日、友人と一緒にゲイバーを訪れたドミニクは、そこで出会った美しい青年カンタンに一目ぼれしてしまう。カンタンに水商売をやめさせて自分の家に住まわせることにしたドミニクは、束縛を嫌う彼を自分のもとに引き留めようと躍起になるが……。
    製作年:1998
    製作国:フランス/ルクセンブルク/ベルギー
    監督:ブノワ・ジャコー
    主演:イザベル・ユペール
    38
  39. キュリー夫妻/その愛と情熱

    キュリー夫妻/その愛と情熱
    評価:E0.00
    ラジウム発見で名高い物理学者マリーとピエールのキュリー夫妻の活躍を俗物の校長との駆け引きを交えてコミカルに綴ったドラマ。ジャン=ノエル・ファンウィックの舞台のヒット作『シュッツ氏の勲章』(日本でも黒柳徹子主演で『喜劇キュリー夫人』の題名で舞台化)の映画化。監督は「ラ・ブーム」「スチューデント」のクロード・ピノトー。脚本はファンウィック、ピノトー、リシャール・デンボで、台詞はファンウィックが担当。製作はエマニュエル・シュランベルジュ。撮影は「アンナ・オズ」のピエール・ロム。音楽は「ジャガー」の名匠ウラジミール・コスマ。美術はジャン=ジャック・カシオ。編集はマリー=ジョゼフ・ヨヨット。録音はポール・レネ。出演は「沈黙の女」のイザベル・ユペール、「リディキュール」のシャルル・ベルリング、「イル・ポスティーノ」のフィリップ・ノワレほか。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1996
    製作国:フランス
    監督:クロード・ピノトー
    主演:イザベル・ユペール
    39
  40. 女ともだち

    女ともだち
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1983
    製作国:フランス
    監督:ディアーヌ・キュリス
    主演:ミュウ=ミュウ
    40
  41. 女の復讐

    女の復讐
    評価:E0.00
     一年前に交通事故で死んだ男の妻セシルは、夫に実は愛人がいた事を知り、彼女の元を訪れる。そしておびえる愛人をセシルはどんどん追い込んでいく……。
    製作年:1989
    製作国:フランス
    監督:ジャック・ドワイヨン
    主演:イザベル・ユペール
    41
  42. 愛のあとに

    愛のあとに
    評価:E0.00
     女流監督のディアーヌ・キュリスが、自分の心に正直に生きる現代的な、ある一人の女を描き出したヒューマン・ドラマ。
    製作年:1992
    製作国:フランス
    監督:ディアーヌ・キュリス
    主演:イザベル・ユペール
    42
  43. 鱒
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1982
    製作国:フランス
    監督:ジョセフ・ロージー
    主演:イザベル・ユペール
    43
  44. 判事と殺人者

    判事と殺人者
    評価:E0.00
    製作年:1976
    製作国:フランス
    監督:ベルトラン・タヴェルニエ
    主演:フィリップ・ノワレ
    44
  45. ヴィオレット・ノジエール

    ヴィオレット・ノジエール
    評価:E0.00
    製作年:1978
    製作国:フランス/カナダ
    監督:クロード・シャブロル
    主演:イザベル・ユペール
    45

スポンサードリンク