全32作品。チャールズ・ロートンが出演した映画ランキング

  1. 情婦

    情婦
    評価:S4.10
    ゴールデン・グローブ賞(1957年) アガサ・クリスティが自身の短編小説を基に戯曲化した『検察側の証人』の映画化。金持ちの未亡人を殺した容疑をかけられたレナード(パワー)は、老齢ながらロンドンきっての敏腕弁護士ロバーツ(ロートン)に弁護を依頼。

    サスペンス、裁判・法廷、どんでん返し

    ネット上の声

    どんでん返しに本当にひっくり返った(笑)
    白黒作品=「古い」作品だと思っている人へ
    ドンデン返し映画☆マイナンバーワンの傑作
    面白い!どんでん返しをさらにひっくり返す
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・ワイルダー
    主演:タイロン・パワー
    1
  2. 野望の系列

    野望の系列
    評価:B3.78
    アレン・ドルーリーの原作を、ウェンデル・メイスが脚色し、「栄光への脱出」のオットー・プレミンジャーが製作・監督した上院を舞台にした政界ドラマ。撮影は「栄光への脱出」のサム・リーヴィット、音楽はジェリー・フィールディングが担当した。出演は「西部開拓史」のヘンリー・フォンダ、「スパルタカス」の故チャールズ・ロートンのほかに、ドン・マレイ、ウォルター・ピジョン、ピーター・ローフォード、ジーン・ティアニーなど。

    アクション

    ネット上の声

    1961残念作。いや、リメイクの価値あり
    予想に反して面白い映画
    国務長官に指名
    見応え満点! 重厚な政界ドラマに感嘆!
    製作年:1961
    製作国:アメリカ
    監督:オットー・プレミンジャー
    主演:ヘンリー・フォンダ
    2
  3. スパルタカス

    スパルタカス
    評価:C3.51
    アカデミー賞(1961年) スタンリー・キューブリック初の長編カラー作品で、ローマ帝国を舞台にした一大叙述詩。自由を手に入れるため、奴隷スパルタカスは剣闘士や奴隷で組織した軍を扇動し、ローマ貴族クラサスに大規模な反乱を起こす。前作「突撃」に続きカーク・ダグラスが主役に起用され、アカデミー賞俳優ローレンス・オリビエが敵役のクラサスを演じる。ピーター・ユスティノフの助演男優賞をはじめ、第33回アカデミー賞4部門を獲得。

    アクション

    ネット上の声

    冒頭結末が暗示されてしまう(涙)せっかく世界史おバカの私が楽しめる...
    監督は自分の子供ではないと言ってますが…
    マイケルよりハンサムなカーク・ダグラス
    現代とは違う古代の英雄が新鮮でした!!
    製作年:1960
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:カーク・ダグラス
    3
  4. 凱旋門

    凱旋門
    評価:C3.33
    「西部戦線異常なし」を書いたエリッヒ・マリア・レマルクのベスト・セラー小説の映画化で、第二次大戦前のパリ、リヴィエラを背景としたメロドラマ。脚色は「勇者のみ」のハリー・ブラウンが、監督のルイス・マイルストーン(「ラッキー・パートナー」)と協同した。撮影は「鉄路の弾痕」のラッセル・メティ、音楽はルイス・グリュンバークが担当。「白い恐怖」のイングリッド・バーグマンと「モナリザの微笑」のシャルル・ボワイエが主演し、以下「大時計」のチャール ズ・ロートン、「アニーよ銃をとれ」のルイス・カルハーンに、スティーブン・ベカッシー、カート・ボイス、リア・クマーラらが助演。

    アクション

    ネット上の声

    このシャルル・ボワイエは誰も超えられない
    愛いろいろ
    バーグマン
    古いな
    製作年:1948
    製作国:アメリカ
    監督:ルイス・マイルストン
    主演:イングリッド・バーグマン
    4
  5. 戦艦バウンティ号の叛乱

    戦艦バウンティ号の叛乱
    評価:D3.13
    アカデミー賞(1936年)現実に起こった叛乱をなぞった作品。第8回アカデミー賞作品賞受賞。イギリスの港を発ちタヒチに向かった戦艦バウンティ号。艦長による過酷な重労働を強いられた船員たちの怒りはつのり、帰路とうとう艦長らを小船に置き去りにしてしまう…。

    ヒューマンドラマ、実話、海で遭難する絶望的な

    ネット上の声

    史実バウンティ号の反乱をもとに米が映画化
    昭和10年に製作された娯楽映画☆3.0
    後半ちょっと冗長・・・
    実はアカデミー作品賞
    製作年:1935
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・ロイド
    主演:チャールズ・ロートン
    5
  6. 巌窟の野獣

    巌窟の野獣
    評価:E0.00
     ヒッチコックがたびたび原作に起用している女流作家ダフネ・デュ・モーリア作の「埋もれた青春」を、エンターテイメント性たっぷりの冒険活劇に仕上げた。母を亡くしたメアリーは、叔母を頼りに宿屋ジャマイカ亭にやってくる。しかしそこは、略奪品に満ちた海賊たちのアジトだった。オスカー俳優チャールズ・ロートンが主演とプロデューサーを兼ね、「静かなる男」などでのちにハリウッドで成功をおさめたモーリン・オハラがメアリーを演じている。

    サスペンス

    ネット上の声

    ディッケンズかと思っちゃいました。
    チャールズ・ロートン怪演
    モーリンオハラの魅力
    がんくつの野獣
    製作年:1939
    製作国:イギリス
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:チャールズ・ロートン
    6
  7. 人生模様

    人生模様
    評価:E0.00
    O・ヘンリーの短篇5つを、それぞれ異ったスタッフ、キャストにより映画化したオムニバス1953年作品で、5篇を通じて製作はアンドレ・ハキム、音楽は「栄光何するものぞ」のアルフレッド・ニューマン担当。なお小説家ジョン・スタインベック(「革命児サパタ」の脚本)が解説を入れている。 <第1話 警官と聖歌> 監督は「ハーヴェイ」のヘンリー・コスター、脚色は「征服への道」のラマー・トロッティ、撮影はロイド・エイハーンの担当。主演は「パラダイン夫人の恋」のチャールズ・ロートン、「ナイアガラ」のマリリン・モンロー、「アダム氏とマダム」のデイヴィッド・ウェインで、トーマス・ブ…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    GEO宅配レンタルにて鑑賞。NO.6
    良く知っているお話も..。
    底辺で生きるモンロー
    製作年:1952
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・コスター
    主演:チャールズ・ロートン
    7
  8. 人生は四十二から

    人生は四十二から
    評価:E0.00
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1935年)英国生まれの執事ラグルスが、ポーカーの賭けの代償として新しい主人に召し抱えられる。が、新しい主人は、やることなすこと西部気質まる出しのヤンキー男。彼は執事を“友人“扱いして故郷へ連れ帰るが……。名優として名高いC・ロートン演じる執事が、次第に改心していく様が面白い人間喜劇。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    名優ロートンの独壇場
    上品でお洒落!GOOD!
    いつでもやり直せる
    製作年:1935
    製作国:アメリカ
    監督:レオ・マッケリー
    主演:チャールズ・ロートン
    8
  9. 自由への闘い

    自由への闘い
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1944年・音響賞)

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    戦時下における心の在り方とは...
    監督もキャストも素晴らしい
    猫、本気で懐いています!
    甘い・・・けど傑作!
    製作年:1943
    製作国:アメリカ
    監督:ジャン・ルノワール
    主演:チャールズ・ロートン
    9
  10. 情炎の女サロメ

    情炎の女サロメ
    評価:E0.00
    サイレンと時代に二度映画化されたことのある『サロメ』三度目の映画化で、主演のリタ・ヘイワースが主宰するベッグワース・プロの1953年作品。バディ・アドラーが製作し、「噴火山の女」のウィエアム・ディターレが監督したテクニカラー映画。「情無用の街」のハリー・クライナーと「激情の断崖」のジエッシ・L・ラスキイ・ジュニアが共同で書き下ろしたストーリーをハリー・クライナーが脚色した。撮影は「旅愁」のチャールズ・ラング、作曲は「廃墟の守備隊」のジョージ・ダニングの担当。なおヘイワースの女流舞踊家ヴァレリイ・ベティスの振付。「ゼンダ城の虜(1952)」のスチュワート・グレンジャーと「パラダイン夫人の恋」のチャールズ・ロートンがヘイワースと共演し、ジュディス・シンダースン「タイクーン」、サー・セドリック・ハードウィック「砂漠の鬼将軍」、アラン・バデル、ベイジン・シドニイ「黒騎士」、モーリス・シュワルツらが助演。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1953
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・ディターレ
    主演:リタ・ヘイワース
    10
  11. ホブスンの婿選び

    ホブスンの婿選び
    評価:E0.00
    ベルリン国際映画祭(1954年・金熊賞)「超音ジェット機」のデイヴィッド・リーンが一九五四年に製作監督した喜劇。ハロルド・ブリグハウスが一九一六年に発表した戯曲から、リーン、協同製作者のノーマン・スペンサー、ウィンヤード・ブラウンの三人が共同で脚色した。撮影は「超音ジェット機」のジャック・ヒルドヤード、音楽は「地中海夫人」のマルコム・アーノルドである。出演者は「悲恋の王女エリザベス」のチャールズ・ロートン、「大いなる遺産」のジョン・ミルズ、「紫の平原」のブレンダ・デ・バンジー、「三文オペラ」のダフニ・アンダーソン、プリュネラ・スケイルズ、「浮気は巴里で」のリチャード・ワッティス、デレク・ブロムフィールドなど。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ユーモアある作品
    製作年:1954
    製作国:イギリス
    監督:デヴィッド・リーン
    主演:チャールズ・ロートン
    11
  12. ヘンリー八世の私生活

    ヘンリー八世の私生活
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1934年・主演男優賞)

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ブラック喜劇の秀作!!
    一番良かった妻は…。
    名演
    製作年:1933
    製作国:イギリス
    監督:アレクサンダー・コルダ
    主演:チャールズ・ロートン
    12
  13. ノートルダムの傴僂男

    ノートルダムの傴僂男
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、ホラー

    ネット上の声

    まさに美女と野獣☆3つ
    平坦
    製作年:1939
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・ディターレ
    主演:チャールズ・ロートン
    13
  14. 描かれた人生

    描かれた人生
    評価:E0.00
    「人生は四十二から」「白い蘭」のチャールズ・ロートンの主演する映画で、ロンドン・フィルムのアレクサンダー・コルダが「ドン・ファン」と同じく製作、監督した。脚本は「逃げちゃ嫌よ」のカール・ツックマイヤーが書卸し、ジューン・ヒードが脚色、「逃げちゃ嫌よ」「ドン・ファン」のジョルジュ・ペリナールが撮影に当たった。助演者はかつて「春宵巴里合戦」に出演した舞台の人気女優ガートルード・ローレンス、「フランケンシュタインの花嫁」「幽霊西へ行く」のエルザ・ランチェスターを始めとして「奇蹟人間」のエドワード・チャップマン、ジョン・ブライニング、アラン・ジーエス、ジョン・クレメンツ、その他である。映画中、レンブ…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    主演は高木ブーではない名優ロートン!!
    初めて出会った、普通の人・絵描きさん
    製作年:1936
    製作国:イギリス
    監督:アレクサンダー・コルダ
    主演:チャールズ・ロートン
    14
  15. 大時計

    大時計
    評価:E0.00
    「戦乱の花嫁」のリチャード・メイボウムが製作、「密輸空路」のジョン・フアロウが監督に当たった1948年度作品。詩人ケネス・フィアリングの小説を、探偵作家のジョナサン・ラティマーが脚色したスリラーで、撮影は「失われた週末」のジョン・サイツ、音楽は「火の海」のヴィクター・ヤング。出演者は「春の珍事」のレイ・ミランド、「海賊キッド」のチャールズ・ロートン、「星は輝く」のエルザ・ランチェスター、「ターザン紐育へ行く」のモーリン・オサリヴァン、ジョージ・マクレディ、リタ・ジョンソン、ハロルド・ヴァーミリア等である。

    サスペンス

    ネット上の声

    魅力あるサスペンス映画
    製作年:1948
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・ファロー
    主演:レイ・ミランド
    15
  16. 獣人島

    獣人島
    評価:E0.00
    英国文壇の泰斗、H・G・ウェルズの小説「モロー博士の島」を映画化したもので、「暴君ネロ(1932)」「今晩愛して頂戴ナ」のウォルデマー・ヤングがフィリップ・ワイリーと共同して脚色し、「謎の真空管」「ラスト・パレイド」のアール・C・ケントンが監督に当たり、「暴君ネロ(1932)」「謎の真空管」のカール・ストラッスが撮影したもの。主なる出演俳優は「暴君ネロ(1932)」「悪魔と深海」のチャールズ・ロートン、「空の花嫁」「謎の真空管」のリチャード・アーレン、「ラジオは笑う」「メリケン押切帳」のリーラ・ハイアムス、「魔人ドラキュラ」のベラ・ルゴシ及び数多の候補者中から選ばれた「豹女」役を勤めるキャス…

    ホラー

    ネット上の声

    マッドサイエンティスト・ドクター
    製作年:1932
    製作国:アメリカ
    監督:アール・C・ケントン
    主演:チャールズ・ロートン
    16
  17. 容疑者

    容疑者
    評価:E0.00
    「ガダルカナル日記」のイスリン・オースターが製作し、「らせん階段(1946)」のロバート・シオドマクが監督した1944年度作品で、「コスモポリタン」掲載のジェームズ・ロナルドの小説より、「ルパン登場」のバートラム・ミルハウザーが脚色、アーサー・T・ホーマンが潤色し、「逃亡者(1944)」のポール・イヴァノが撮影、フランク・スキナーが音楽を担当した。主演は、「大時計」のチャールズ・ロートンと「拳銃の町」のエラ・レインズで、ディーン・ハーレン、ヘンリー・ダニエル、ロザリンド・イヴァン、モリー・ラモント、スタンリー・リッジス等が助演している。

    サスペンス
    製作年:1944
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・シオドマク
    主演:チャールズ・ロートン
    17
  18. 全艦船を撃沈せよ

    全艦船を撃沈せよ
    評価:E0.00
    第二次大戦の海戦秘話の映画化。ドイツ海軍のベルンハルト・ロッジ堤督の原作を、ドゥイリオ・コレッティ、ヴィットリアノ・ペルトリとウールリッチ・モーが共同で脚色した。監督は「空挺部隊」の、ドゥイリオ・コレッティ。撮影は「人間魚雷」のアルド・トンティ、音楽を「甘い生活」のニーノ・ロータが担当。出演は「五人の札つき娘」のヴァン・ヘフリン、「情婦」のチャールズ・ロートン、「マラソンの戦い」のミレーヌ・ドモンジョ、ほかにセシル・パーカー、エレオノラ・ロッシ・ドラゴ、フォルコ・ルリら。
    製作年:1960
    製作国:アメリカ/イタリア
    監督:ドゥイリオ・コレッティ
    主演:チャールズ・ロートン
    18
  19. 幽霊は臆病者

    幽霊は臆病者
    評価:E0.00
    オスカー・ワイルドの短篇「カンタヴィルの幽霊」をエドウィン・ブラムが現代風に脚色、「裸の町」のジュールス・ダッシンが監督した1944年度作品で、製作は「若草の頃」のアーサー・フリード。「下町天国」のロバート・プランクが撮影、ジョージ・バスマンが音楽を担当する。「大時計」のチャールズ・ロートン、「若草の頃」のマーガレット・オブライエン、「北西への道」のロバート・ヤングを中心にウィリアム・ガーガン、ラグ・ラグランド、ユーナ・オコナー、ピーター・ローフォードらが助演する。

    ヒューマンドラマ、コメディ
    製作年:1944
    製作国:アメリカ
    監督:ジュールス・ダッシン
    主演:マーガレット・オブライエン
    19
  20. 凸凹海賊船

    凸凹海賊船
    評価:E0.00
    「真夏の曲線美」のアレックス・ゴットリーブが製作し、「凸凹火星探検」のチャールズ・ラモントが監督した色彩(スーパー・シネカラー)の凸凹喜劇1952年作品。脚本はハワード・ディムスデイルと凸凹喜劇専門のジョン・グラント、撮影は「君去りし後」のスタンリー・コルテス、音楽はラオール・クロウシャーの担当。バッド・アボット、ルー・コステロ(「凸凹火星探検」)をめぐって、チャールズ・ロートン(「人生模様」)、歌手のフラン・ウォレンとビル・シャーリイ、ヒラリー・ブルックが助演する。

    コメディ
    製作年:1952
    製作国:アメリカ
    監督:チャールズ・ラモント
    主演:バッド・アボット
    20
  21. 噫無情

    噫無情
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1936年)ヴィクトル・ユーゴーの名作小説を映画化したもので、「復活(1934)」「白い蘭」のフレドリック・マーチと「白い蘭」「白い肉体」のチャールズ・ロートンが、それぞれジャン・ヴァルジャンとジャヴェールを演じる。脚色は「戦う巨象」のW・P・リプスコームが当たり、「白衣の騎士」「戦う巨象」のリチャード・ボレスラウスキーが監督し、「復活(1934)」「女優ナナ」のグレッグ・トーランドが撮影した。助演者は「虚栄の市(1935)」「月光石」のセドリック・ハードウィックを始め、「曲芸団」「模倣の人生」のロチェル・ハドソン、「ボレロ」「ラッパは響く」のフランセス・ドレイク、「小牧師(1934)」「舗道の雨」のジョン・ビール、「暴風の処女」のフローレンス・エルドリッヂ、子役マリリン・ノールデン、ジェシー・ラルフ等である。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1935
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・ボレスラウスキー
    主演:フレデリック・マーチ
    21
  22. 悲恋の王女エリザベス

    悲恋の王女エリザベス
    評価:E0.00
    英国女王エリザベス一世(1533―1603)の若い日の悲恋を描くマーガレット・アーウィン作の小説を映画化した1953年作品。「三つの恋の物語」のシドニー・A・フランクリンが製作し、「血闘」のジョージ・シドニーが監督に当たった。「フォーサイト家の女」のジャン・ラスティグとアーサー・ウインペリスが脚色し、撮影は「三つの恋の物語」のチャールズ・ロシャー、音楽は「クオ・ヴァディス」のミクロス・ローザの担当。主演は「黒水仙」「聖衣」のジーン・シモンズ、「ゼンダ城の虜(1952)」のスチュワート・グレンジャー、「地上より永遠に」のデボラ・カー、「情炎の女サロメ」のチャールズ・ロートンで、ケイ・ウォルシュ…

    ネット上の声

    全体的にあっさりとまとめた感じ
    製作年:1953
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・シドニー
    主演:チャールズ・ロートン
    22
  23. 悪魔と深海

    悪魔と深海
    評価:E0.00
    「心を汚されし女」「私の罪」のタルラー・バクヘッドが「失われた抱擁」のゲリー・クーパーと共演する映画。原作は「上海特急」と同じくハリー・ハーヴェイの筆になるストーリーでそれを「ウォタルウ橋」のベン・W・レヴィーが脚色し、「鉄窓と花束」「二十四時間」のマリオン・ガーリングが監督し、「素晴らしき嘘」「激流を横切る女」のチャールズ・ラングが撮影にあたったもの。共演者は「その夜」のケーリー・グラント、イギリス劇壇で知られたチャールズ・ロートン、ポール・ポルカシ、「恋を食べる女」のジュリエット・コンプトン等々。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1932
    製作国:アメリカ
    監督:マリオン・ゲーリング
    主演:ゲイリー・クーパー
    23
  24. ピカデリィ

    ピカデリィ
    評価:E0.00
    「ヴァリエテ(1925)」「ムーラン・ルージュ」と同じくE・A・デュポン氏が監督したものでイギリスの著名な小説家アーノルド・ベネット氏がデュポン氏のために特にストーリーを書き下ろし特別に字幕まで執筆している。主演者は「南海のアロマ」「悪魔の踊り子」のギルタ・グレイ嬢、「追放の女」「スエズの東」のアンナ・メイ・ウォン嬢及びイギリス映画界の名優ジェームソン・トーマス氏の三人で、他にハンナ・ジョーンズ嬢、シリル・リチャード氏、キン・ホー・チャン氏等が助演している。キャメラは「ムーラン・ルージュ」と同じくウェルナー・ブランデス氏が担任。ドイツ人の監督が、英、米、中の俳優を駆使して製作した国際的映画。(無声)
    製作年:1929
    製作国:イギリス
    監督:E・A・デュポン
    主演:アンナ・メイ・ウォング
    24
  25. 白い蘭

    白い蘭
    評価:E0.00
    「永遠に微笑む」と同じくノーマ・シアラーがフレドリック・マーチと共に主演する映画で、ルドルフ・ベジア作の戯曲に基づき「永遠に微笑む」「ウィーンの狂乱」のシドニー・A・フランクリンが監督したもの。脚色も右の映画と同じくエルネスト・ヴァイダとくろーでぃん・ウェストが共同し、更に「虹の都へ」のドナルド・オグデン・チュアートが協力している。撮影は「クリスチナ女王」「かたみの傑作」のウィリアム・ダニエルスの担当。主役2人を助けて「白い肉体」「暴君ネロ(1932)」のチャールズ・ロートンを筆頭に、「ターザンの復讐」のモリーン・オサリヴァン、「砲煙と薔薇」のキャサリン・アレクサンダー、「透明人間」のユーナ・オコナー、「明日の太陽」のマリオン・クレイトン、舞台俳優たりしアイアン・ウルフ、「永遠に微笑む」のラルフ・フォーブス等が出演。
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・A・フランクリン
    主演:ノーマ・シアラー
    25
  26. 青いヴェール

    青いヴェール
    評価:E0.00
    ゴールデングローブ賞(1951年・主演女優賞)ジェリー・ウォルド「破局」とノーマン・クラスナ「恋の乱戦」が協力して設立した独立プロの第1回作で、女性の献身と愛を描くメロドラマ1951年作品。フランソワ・カンポーのストーリーをノーマン・コーウィン(ラジオドラマの作者として有名)が脚色し、「傷心の愛」のカーティス・バーンハートが監督した。撮影はフランク・プラナー(「シラノ・ド・ベルジュラック」)、音楽はフランツ・ワックスマンの担当。なお、ミュージカルの振り付けはバスビー・バークレー。主演は「ガラスの動物園(1950)」のジェーン・ワイマンをめぐってチャールズ・ロートン「幽霊は臆病者」、ジョーン・ブロンデル「冒険」、リチャード・カールソン「ヴァレンチノ」、アグネス・ムーアヘッド「ショウ・ボート(1951)」、ドン・テイラー「東は東」、オードリー・トッター「罠(1949)」、シリル・キューザック「邪魔者は殺せ」、エヴェレット・スローン「南海の劫火(1951)」、ナタリー・ウッド「われら自身のもの」、アラン・ネイピア「永遠のアンバー」、ダン・オハーリイ、ヘンリー・モーガンらが助演する。
    製作年:1951
    製作国:アメリカ
    監督:カーティス・バーンハート
    主演:ジェーン・ワイマン
    26
  27. 海賊キッド

    海賊キッド
    評価:E0.00
    「運命の饗宴」「人生は四十二から」のチャールズ・ロートン、「薔薇はなぜ紅い」「スポイラース(1942)」のランドルフ・スコットが主演する映画で、ベネディクト・ボジョース・プロの1945年作品。ロバート・N・リーが書卸したストーリーを「エミール・ゾラの生涯」のノーマン・ライリー・レインが脚色し「ある雨の午後」「三銃士(1935)」のローランド・V・リーが監督した。助演は新顔のバーバラ・プリトン「心の旅路」のレジナルド・オーウェン「駅馬車(1939)」のジョン・キャラディン「シー・ホーク(1940)」のギルバート・ローランド「脱出(1944)」のシェルドン・レオナード「冒険」のジョン・クェーレンらで、撮影はアーチー・スタウト。
    製作年:1945
    製作国:アメリカ
    監督:ローランド・V・リー
    主演:チャールズ・ロートン
    27
  28. 魔の家

    魔の家
    評価:E0.00
    J・B・ブライストリーの小説をベン・レヴェイーが脚色、「ウォタルウ橋」のジェームズ・ホエールガ監督した映画で「フランケンシュタイン(1931)」のボリス・カーノフ、メルヴィン・ッポンド、チャールズ・ロートン等が主演。カメラを「フランケンシュタイン(1931)」同様アーサー・エディソンがクランクしている。

    ホラー

    ネット上の声

    豪快な卓袱台返しだなあ~
    製作年:1932
    製作国:アメリカ
    監督:ジェームズ・ホエール
    主演:ボリス・カーロフ
    28
  29. 暴君ネロ

    暴君ネロ
    評価:E0.00
    製作年:1932
    製作国:アメリカ
    監督:セシル・B・デミル
    主演:フレデリック・マーチ
    29
  30. 奇妙な扉

    奇妙な扉
    評価:E0.00


    ホラー
    製作年:1951
    製作国:アメリカ
    監督:ジョセフ・ペヴニー
    主演:チャールズ・ロートン
    30
  31. 百萬圓貰ったら

    百萬圓貰ったら
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    やはり最後は猫天国!
    製作年:1932
    製作国:アメリカ
    監督:H・ブルース・ハンバーストン
    主演:ゲイリー・クーパー
    31
  32. 賄賂

    賄賂
    評価:E0.00
    「円卓の騎士」のパンドロ・S・バーマンが1949年に製作した刑 事と犯罪者の妻との恋愛を扱った映画で、フレデリック・ネーベルの原作を「無法街」のマーゲリット・ロバーツが脚色、「秘めたる心」のロバート・Z・レオナードが監督した。撮影は「雨の朝巴里に死す」のジョゼフ・ルッテンバーグ、音楽は「王家の谷」のミクロス・ロジャ。出演者は「王家の谷」のロバート・テイラー、「裸足の伯爵夫人」のエイヴァ・ガードナー、「ホブスンの婿選び」のチャールズ・ロートン、「雪原の追跡」のヴィンセント・プライス、「トマホーク渓谷の待伏せ」のジョン・ホディアク、「素晴らしき哉、人生!」のサミュエル・S・ハインズ、ジョン・ホイト、ティト・レナルドなど。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・Z・レオナード
    主演:ロバート・テイラー[俳優]
    32

スポンサードリンク