全17作品。ジェニファー・ローレンスが出演した映画ランキング

  1. X-MEN:フューチャー&パスト ローグ・エディション

    X-MEN:フューチャー&パスト ローグ・エディション
    評価:A3.81
     X-MEN誕生秘話を描いた「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」の続編。暗黒の未来を変えるため、未来と過去の2つの時間を股にかけたミュータントたちの壮絶な戦いの行方を、オリジナル三部作のメンバーも再結集したオールスター・キャストで描き出す。

    SF

    ネット上の声

    シリーズの矛盾解消
    結構なシーン
    観るなら断然ローグ・エディション
    こっちが本物
    製作年:2014
    製作国:アメリカ
    監督:ブライアン・シンガー
    主演:ヒュー・ジャックマン
    1
  2. あの日、欲望の大地で

    あの日、欲望の大地で
    評価:B3.70
    『21グラム』や『バベル』などの脚本家として知られるギジェルモ・アリアガが、監督として長編デビューを飾った壮大な愛の物語。愛を渇望する悲しい宿命を背負いながらも、一筋の光に導かれる3世代の女性たちの生き様を真摯(しんし)に描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    娘としての過去、母としての希望
    ビターなドラマと、かすかな希望
    交差する二つの女性の物語
    すごく良くできている映画
    製作年:2008
    製作国:アメリカ
    監督:ギジェルモ・アリアガ
    主演:シャーリーズ・セロン
    2
  3. レッド・スパロー

    レッド・スパロー
    評価:B3.67
    元CIAエージェントの作家、ジェイソン・マシューズの小説が原作のスパイアクション。バレリーナからスパイになった美女が、CIA捜査官への接近を命じられたのを機に思わぬ事態に陥る。

    アクション、サスペンス、スパイ

    ネット上の声

    高度な訓練がいるのは当たり前、との気づき
    今までとは違ったスパイものだったけど…
    騙し騙され二転三転悲しき女スパイ誕生
    国是はミッシングピースに成り得るか?
    製作年:2018
    製作国:アメリカ
    監督:フランシス・ローレンス
    主演:ジェニファー・ローレンス
    3
  4. パッセンジャー

    パッセンジャー
    評価:B3.63
    航行中の宇宙船を舞台に、目的地到着前に目覚めてしまった男女の壮絶な運命を描くSFロマンス。宇宙空間で生き残るすべを模索する男女を、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などのクリス・プラットと『世界にひとつのプレイブック』などのオスカー女優ジェニファー・ローレンスが演じる。

    SF、宇宙

    ネット上の声

    最高のクライマックスと賛否両論の結末
    絶対に笑ってはいけない宇宙移民24時!
    プリンセスに王子様を選ぶ権利はない
    生理的嫌悪感に耐えられるのならば
    製作年:2016
    製作国:アメリカ
    監督:モルテン・ティルドゥム
    主演:ジェニファー・ローレンス
    4
  5. X-MEN:アポカリプス

    X-MEN:アポカリプス
    評価:B3.62
    ヒットシリーズ『X-MEN』の第6弾にして完結編。数千年の眠りから目覚めて人類に新しい秩序をもたらそうとするミュータントのアポカリプスに、プロフェッサーXらX-MENが立ち向かっていく。

    アクション、SF

    ネット上の声

    過去作との時系列がごちゃごちゃになって敵味方の相関もわからなくなっ...
    扱いが軽すぎた神さまは、実に気の毒だった
    シリーズに縛られない大胆な演出は逆にアリ
    世界の命運を懸けた“神”との最終戦争!
    製作年:2016
    製作国:アメリカ
    監督:ブライアン・シンガー
    主演:ジェームズ・マカヴォイ
    5
  6. 世界にひとつのプレイブック

    世界にひとつのプレイブック
    評価:C3.54
    アカデミー賞(2013年・主演女優賞)それぞれに愛する人を失い心に傷を負った男女が再生していく姿を、涙と笑いでつづるヒューマン・コメディー。オスカーで6部門にノミネートされた『ザ・ファイター』のデヴィッド・O・ラッセル監督が、人生の再起に懸ける男女をハートフルに描く。

    ヒューマンドラマ、恋愛、ダンサー

    ネット上の声

    見える障害、見えない障害
    あれはショックだ‼️
    またしても変な邦題
    みんなクレイジー
    製作年:2012
    製作国:アメリカ
    監督:デヴィッド・O・ラッセル
    主演:ブラッドリー・クーパー
    6
  7. ウィンターズ・ボーン

    ウィンターズ・ボーン
    評価:C3.32
    サンダンス映画祭(2010年・グランプリ)残された家族を守るため、失踪(しっそう)父親捜しの旅に出た少女の姿を描く人間ドラマ。薬物中毒や貧困といった社会問題を盛り込み、過酷な境遇を力強く生きる少女の成長物語を紡ぎ、サンダンス映画祭グランプリなど世界各地の映画祭で絶賛された。

    ヒューマンドラマ、どんでん返し

    ネット上の声

    底辺社会で少女が掴む「希望のかけら」とは
    レビュー評価と偏差値の正比例
    負けるな、リー!
    知られざるアメリカにスポットを当てた作品
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:デブラ・グラニック
    主演:ジェニファー・ローレンス
    7
  8. 今日、キミに会えたら

    今日、キミに会えたら
    評価:C3.30
    サンダンス映画祭(2011年・グランプリ)アメリカとイギリスで遠距離恋愛を貫こうとするカップルを「ターミネーター4」のアントン・イェルチン&「わたしの可愛い人 シェリ」のフェリシティ・ジョーンズ共演で描き、サンダンス映画祭で審査員特別賞を受賞したラブストーリー。アメリカで暮らす大学生ジェイコブは、イギリスからの留学生アンナと出会い、瞬く間に恋に落ちる。ところが、ビザの期限が切れてもアメリカに滞在し続けていたアンナがイギリスへ強制送還され、ふたりは離れ離れになってしまう。

    恋愛

    ネット上の声

    恋愛の難しさ、タイミングがいかに大切か
    題目がそのまま映画のストーリー。
    リアルな恋愛映画は、正直きつい
    この問題はなかなかリアル・・・
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:ドレイク・ドレマス
    主演:アントン・イェルチン
    8
  9. X-MEN:ダーク・フェニックス

    X-MEN:ダーク・フェニックス
    評価:C3.27
    マーベルコミック原作の大ヒット作「X-MEN」シリーズの7作目で、原作コミックでも重要な作品として名高い「ダーク・フェニックス サーガ」を映画化。X-MENのリーダーであるプロフェッサーXの右腕として、メンバーからの信頼も厚い優等生のジーン・グレイだったが、ある宇宙ミッションでの事故をきっかけに、抑え込まれていたもうひとつの人格「ダーク・フェニックス」が解放されてしまう。ジーン自身にも制御不能なダーク・フェニックスは暴走をはじめ、地上の生命体が全滅しかねない、かつてない危機が訪れる。大ヒットテレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」で注目され、前作「X-MEN:アポカリプス」でジーン役に抜て…

    SF

    ネット上の声

    感情は論理を支配する根源欲求の表現である
    なぜ感情移入できないのか?
    支離滅裂
    潮時を感じるシリーズの息切れ感がさびしい
    製作年:2019
    製作国:アメリカ
    監督:サイモン・キンバーグ
    主演:ソフィー・ターナー
    9
  10. 早熟のアイオワ

    早熟のアイオワ
    評価:C3.26


    ヒューマンドラマ
    製作年:2008
    製作国:アメリカ
    監督:ロリ・ペティ
    主演:デヴィッド・アラン・グリア
    10
  11. ジョイ

    ジョイ
    評価:C3.22
    ゴールデングローブ賞(2015年・主演女優賞)ジェニファー・ローレンスが迫真の演技を披露した感動の実録サクセス・ストーリー。貧乏で冴えない日々を送っていたシングルマザーが、“触らずに絞れるモップ”を思いついたことから億万長者になるまでを描く。監督はデヴィッド・O.ラッセル。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ジェニファーは最高だけど映画は波あり。
    只管、ジェニファーの演技を愛でる作品
    アメリカンドリーム面白いが構成に難。
    これが実話だと言うのだから、凄い。
    製作年:2015
    製作国:アメリカ
    監督:デヴィッド・O・ラッセル
    主演:ジェニファー・ローレンス
    11
  12. ボディ・ハント

    ボディ・ハント
    評価:D3.04
    高校生のエリッサ(ジェニファー・ローレンス)は、両親の離婚で母親(エリザベス・シュー)と暮らすことになる。二人は住み慣れたシカゴを離れ、森に囲まれた郊外の一軒家に引っ越して来る。破格の家賃は4年前に隣家で猟奇殺人が起きたからだが、その家には事件後一人残されたライアン(マックス・シエリオット)が暮らしており……。

    サスペンス

    ネット上の声

    スリラー初心者ですが、なかなか面白かった
    意表を突き、一捻り二捻りある展開が見事!
    意外な展開の割りにハラハラしない
    危険なプライベート・ライアン?
    製作年:2012
    製作国:アメリカ
    監督:マーク・トンデライ
    主演:ジェニファー・ローレンス
    12
  13. ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション

    ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション
    評価:D3.00
    スーザン・コリンズのベストセラー小説を基にした、ヒットシリーズの最終章後編。独裁国家パネムへのレジスタンスの象徴的存在となったカットニスが、パネムのスノー大統領暗殺に挑んでいく。

    アクション

    ネット上の声

    とりあえず終わりましたね、良くも悪くもこのシリーズらしい最終作でした
    ダラダラと続けて、こんな最後か・・・
    最終章まで低空飛行でした・・
    終わりが…
    製作年:2015
    製作国:アメリカ
    監督:フランシス・ローレンス
    主演:ジェニファー・ローレンス
    13
  14. ハンガー・ゲーム

    ハンガー・ゲーム
    評価:D2.94
    MTVムービー・アワード(2012年・男性演技賞)アメリカで驚異の2,000万部以上のベストセラーとなった、スーザン・コリンズの小説を基に映画化したサバイバル・スリラー。独裁国家となったアメリカで実施される、プレイヤーたちが一人になるまで殺し合うゲームの出場者となった少女が、決死の戦いに臨む姿をスリリングに活写する。

    アクション

    ネット上の声

    諸君の期待する結果になりますように
    カットニスの無表情さがなんかよかった ルーとのシーンはめちゃ感動 ...
    ホフマンばかり目で追っていました。 鑑賞日:2015.3.28
    都会の金持ちが田舎の貧しい人間で遊んでいるゲーム
    製作年:2012
    製作国:アメリカ
    監督:ゲイリー・ロス
    主演:ジェニファー・ローレンス
    14
  15. ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス

    ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス
    評価:D2.80
    プレイヤーが最後の一人になるまで殺し合うサバイバルゲームの出場者となった少女の活躍を描き、全世界でメガヒットを記録した人気シリーズ最終章の前編。独裁国家パネムに対抗する組織に加わったカットニスを待ち受ける壮絶な運命を活写。

    アクション

    ネット上の声

    カットニスは何をしたいのか
    引っ張り感ありあり
    プロパガンダ合戦。
    今一歩のデキだけど、あとちょっとでシリーズも終わりなので見続けよう。
    製作年:2014
    製作国:アメリカ
    監督:フランシス・ローレンス
    主演:ジェニファー・ローレンス
    15
  16. マザー!

    マザー!
    評価:D2.72
    「ブラック・スワン」の鬼才ダーレン・アロノフスキー監督が、「世界にひとつのプレイブック」でアカデミー主演女優賞を受賞した若手実力派のジェニファー・ローレンスを主演に迎えて描くサイコミステリー。郊外の一軒家に暮らす一組の夫婦のもとに、ある夜、不審な訪問者が現れたことから、夫婦の穏やかな生活は一変。翌日以降も次々と謎の訪問者が現れるが、夫は招かれざる客たちを拒む素振りも見せず、受け入れていく。そんな夫の行動に妻は不安と恐怖を募らせていき、やがてエスカレートしていく訪問者たちの行動によって事件が相次ぐ。そんな中でも妊娠し、やがて出産して母親になった妻だったが、そんな彼女を想像もしない出来事が待ち受…

    ヒューマンドラマ、サスペンス、ホラー

    ネット上の声

    うーん惜しい最期の一時間無しにしてくれ!
    ネタを知ったうえで見た方がいい映画
    聖書の物語とクリエイターの身勝手さ
    愛のかたち
    製作年:2017
    製作国:アメリカ
    監督:ダーレン・アロノフスキー
    主演:ジェニファー・ローレンス
    16
  17. セリーナ 炎の女

    セリーナ 炎の女
    評価:E0.00
    『世界にひとつのプレイブック』『アメリカン・ハッスル』などで共演したジェニファー・ローレンスとブラッドリー・クーパーが再び組んだ狂気の愛の物語。瞬く間に恋に落ち結婚した二人の関係があるときから崩れ始め、強く愛を求めるがゆえに壊れていくヒロインの姿を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    見せ場なし。
    全部の蛇の退治を期待されても…(by鷹)
    ジェニファー好きには貴重な秀作
    主人公セレーナが微妙
    製作年:2014
    製作国:チェコ,フランス
    監督:スサンネ・ビア
    主演:ブラッドリー・クーパー
    17