全3作品。デイミアン・チャゼル監督が制作した映画ランキング

  1. セッション

    セッション
    評価:A4.03
    アカデミー賞(2015年・3部門)サンダンス映画祭でのグランプリと観客賞受賞を筆頭に、さまざまな映画賞で旋風を巻き起こした音楽ドラマ。ジャズドラムを学ぼうと名門音楽学校に入った青年と、彼にすさまじいスパルタ的指導を行う教師の姿を追い掛けていく。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ゴールを追求するために、人はどのくらいの代償を払うのか
    おーい↓の連中マジか?最後の解釈おかしい
    勝利して支配する、愛なき音楽感の到達点
    クライマックスの解釈、間違ってませんか
    製作年:2014
    製作国:アメリカ
    監督:デイミアン・チャゼル
    主演:マイルズ・テラー
    1
  2. ラ・ラ・ランド

    ラ・ラ・ランド
    評価:A4.00
    『セッション』などのデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリー。女優の卵とジャズピアニストの恋のてん末を、華麗な音楽とダンスで表現する。

    ミュージカル、ダンサー、元気が出る

    ネット上の声

    「夢みていたあの頃」を揺さぶられる
    爽快な苦味に溢れた傑作
    内容、音楽ともに最高
    これは。。。
    製作年:2016
    製作国:アメリカ
    監督:デイミアン・チャゼル
    主演:ライアン・ゴズリング
    2
  3. ファースト・マン

    ファースト・マン
    評価:B3.73
    アカデミー賞(2019年・視覚効果賞)『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督とライアン・ゴズリングが再び組んだ伝記ドラマ。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の船長ニール・アームストロングの人生を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    宇宙飛行士の重さが伝わる緊迫感溢れる映画
    国家の威信を背負わされた男達のドラマ
    見上げた先の、あんな遠いところ
    アームストロング船長の視点
    製作年:2018
    製作国:アメリカ
    監督:デイミアン・チャゼル
    主演:ライアン・ゴズリング
    3

スポンサードリンク