全5作品。ディック・リチャーズ監督が制作した映画ランキング

  1. ブルージーンズ・ジャーニー

    ブルージーンズ・ジャーニー
    評価:S4.28
     A・アーキンがうだつの上がらない自動車検査官に扮し、ヒッチハイクの二人組の少女に銃を突きつけられてLAからNYの大陸横断の旅をするロード・ムービー。70年代半ばの“祭のあと”的雰囲気を体現する、自由気ままで、その上手癖の悪い娘たちに呑まれるように、共生感を得ていく男ラファティをアーキンが自然体で演じる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    名作です
    最高のロードムービー。
    製作年:1974
    製作国:アメリカ
    監督:ディック・リチャーズ
    主演:アラン・アーキン
    1
  2. さらば愛しき女よ

    さらば愛しき女よ
    評価:D3.02
     R・ミッチャムのマーロウが、ラジオから流れるディマジオの連続安打記録をやたら気にしていて、それが巧い開幕と終幕をつくっており、さらに時代色をも出している。実際、撮影にしろ美術にしろ、40年代初頭のLAの雰囲気を心憎いほど掴んでいる。

    ヒューマンドラマ、アクション、サスペンス

    ネット上の声

    このハードボイルド感はゾクゾクもの。
    フィリップ・マーロウ以外は合ってるね
    清々しいほどの悪女
    R・ミッチャム、眠たいけど頑張る!
    製作年:1975
    製作国:アメリカ
    監督:ディック・リチャーズ
    主演:ロバート・ミッチャム
    2
  3. 外人部隊フォスター少佐の栄光

    外人部隊フォスター少佐の栄光
    評価:E2.61
     今世紀初頭、モロッコの紛争地帯を舞台に、仏軍に組み込まれた一外人部隊の悲劇的な末路を描いた作品。忠実な時代考証と陰影のあるカメラ・ワークで、絵空事ではない戦場の空気をよく再現した。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ケピ帽姿のジーン=ハックマン氏
    外人部隊なんだから・・・
    なんだかよく分からないな
    機関銃って強いな・・・
    製作年:1977
    製作国:イギリス
    監督:ディック・リチャーズ
    主演:ジーン・ハックマン
    3
  4. 愛の7日間

    愛の7日間
    評価:E0.00
     ボードレールの詩を研究する大学教授のもとにある日突然隠し子がやって来る。それは十年前に旅先で知り合い、一夜を共にした女医との子だった。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ハンカチの必要なし
    製作年:1983
    製作国:アメリカ
    監督:ディック・リチャーズ
    主演:マーティン・シーン
    4
  5. 男の出発(たびだち)

    男の出発(たびだち)
    評価:E0.00
    「おもいでの夏」のG・グライムズを主役に、ファッション・フォト出身のD・リチャーズが、西部劇の世界にチャレンジした初監督作。カウボーイに憧れる16歳のベンが、コックの助手として大規模なキャトル・ドライブに参加する。様々な体験を重ね、大人になっていくという教養小説的なお話を、終幕をセピアに染めたりしてノスタルジックに描く。

    西部劇

    ネット上の声

    過酷なキャトルドライブ。
    ハゲタカも飛ばない暑さ
    地味だけど名作です
    やられる前にやれ!
    製作年:1972
    製作国:アメリカ
    監督:ディック・リチャーズ
    主演:ゲイリー・グライムズ
    5