全3作品。ティム・ロビンス監督が制作した映画ランキング

  1. デッドマン・ウォーキング

    デッドマン・ウォーキング
    評価:B3.74
    アカデミー賞(1996年・主演女優賞)死刑囚とカトリックの修道女の心の交流を綴ったシリアス・ドラマ。実際に何人もの死刑囚に精神アドヴァイザーとして付き添った、シスター・ヘレン・プレイジョーン本人と、彼女の同名著書(邦訳・徳間文庫)に感銘を受けた、「依頼人」の演技派女優スーザン・サランドンがヒロインをつとめ、彼女の伴侶で「ショーシャンクの空に」などの個性派俳優ティム・ロビンスが「ボブ・ロバーツ」についで監督・脚本を手がけ、夫婦共同で映画化。サランドンは通算5度目のノミネートだった本作で、アカデミー主演女優賞をみごと受賞した。対する死刑囚には「カリートの道」のショーン・ペンが扮した。製作はロビンスと、「クロッカーズ」のジョン・キリク…

    ヒューマンドラマ、刑務所、シスター、死刑囚

    ネット上の声

    死刑制度の是非?結論なんて?ムリ!ムリ!
    演技どうこうではなく、メッセージ性の強い作品。 普段見ることのない...
    死刑・・・デッドマンウォーキングを考える
    割り切れるような「感情のレベル」ではない
    製作年:1995
    製作国:アメリカ
    監督:ティム・ロビンス
    主演:スーザン・サランドン
    1
  2. クレイドル・ウィル・ロック

    クレイドル・ウィル・ロック
    評価:D3.08
     30年代ニューヨークの演劇界の実話を基にした作品で、「デッドマン・ウォーキング」のティム・ロビンス監督第3作目。1936年、大恐慌さなかのニューヨーク。

    ヒューマンドラマ、実話

    ネット上の声

    私には難しかったです。。。
    確かに難しいのですが・・・
    その場に居合わせたかった
    パワフル
    製作年:1999
    製作国:アメリカ
    監督:ティム・ロビンス
    主演:エミリー・ワトソン
    2
  3. ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄

    ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄
    評価:D3.01
     アメリカ上院議員選挙に立候補した人気歌手“ボブ・ロバーツ”の姿を、ドキュメンタリーの形式を借りて描いたユニークな作品。アメリカ上院議員選挙に立候補したボブは、その人気と豊富な資金力をバックに選挙戦の台風の眼となる。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    アメリカの国情に興味ある人はぜひ
    俺はマガジンが一番好き
    トランプみたいな政治家
    製作年:1992
    製作国:アメリカ/イギリス
    監督:ティム・ロビンス
    主演:ティム・ロビンス
    3

スポンサードリンク