全3作品。フェルナンド・E・ソラナス監督が制作した映画ランキング

  1. ラテン・アメリカ/光と影の詩

    ラテン・アメリカ/光と影の詩
    評価:S4.44
     高校生のマルティンは父を探すべく、メキシコまで5000キロの旅にでる。彼はその旅を通し、未知なる風景、失われたインカ帝国、マヤ文明の廃墟、秘められた略奪の歴史などに出会ってゆく。

    ヒューマンドラマ、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    ソラナス・イマジネーションの到達点
    アイロニカルな南米のロードムービー
    生きて行こう、僕一人の力で・・・
    人生は終わらない旅
    製作年:1992
    製作国:アルゼンチン/フランス
    監督:フェルナンド・E・ソラナス
    主演:ウォルター・キロス
    1
  2. スール/その先は…愛

    スール/その先は…愛
    評価:E0.00
    ところはブエノスアイレス。五年に渡り留置されていた主人公が、軍事政権の崩壊と共に解放。故郷に戻り、友人の亡霊と共に夜の町をさまよう主人公の姿と妻への愛の日々など、過去の回想を通して、その抑圧された日々を綴る。監督は「タンゴ-ガルデルの亡命-」のソラナスで、彼が八年間の亡命生活から祖国に帰り作った作品。カンヌ映画祭監督賞を受賞。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    魂を揺さぶるピアソラの音楽
    幽霊さん、声でかい
    素晴らしい
    製作年:1988
    製作国:フランス/アルゼンチン
    監督:フェルナンド・E・ソラナス
    主演:ミゲル・アンヘル・ソラ
    2
  3. タンゴ ガルデルの亡命

    タンゴ ガルデルの亡命
    評価:E0.00
    ヴェネチア国際映画祭(1985年・審査員特別賞) アルゼンチンから亡命してきた女優が、伝説的なタンゴ歌手ガルデルをテーマにした“ガルデルの亡命”という演劇を作ろうとする。だが、本国アルゼンチンから届くはずの脚本は、なかなか送られてこない。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    望郷の思慕 or パリ製アルゼンチン映画
    ピアソラの「タンゴオペリータ」
    製作年:1985
    製作国:アルゼンチン/フランス
    監督:フェルナンド・E・ソラナス
    主演:マリー・ラフォレ
    3

スポンサードリンク