スポンサーリンクあり

全13作品。カール・テオドール・ドライエル監督が制作した映画ランキング

  1. 1

    奇跡

    奇跡
    • A
    • 4.07
    デンマークの映画作家カール・テオドア・ドライヤーが、劇作家で牧師のカイ・ムンクによる戯曲「御言葉」を原作に家族の葛藤と信仰の真髄を問い、1955年・第16回ベネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いた傑作ドラマ。 ユトランド半島で農場を営むボーオン一家。真面目だが信仰心の薄い長男は、妻インガーをお産で亡くしてしまう。家族が悲嘆に暮れる中、精神的に不安定で自らをキリストと信じる次男ヨハンネスが失踪。しかし突然正気を取り戻し、インガーの葬儀に現れる。 2021年、特集上映「奇跡の映画 カール・テオドア・ドライヤー セレクション」にてデジタルリマスター版で上映。2023年にも「カール・テオドア・ドライヤー セレクション vol.2」(23年12月23日~、シアター・イメージフォーラムほか)で上映。

    ネット上の声

    • 宗教は嫌いだが、“奇跡”は嫌いじゃない
    • 「奇跡」という言葉を考えさせられる
    • クリスチャンの心象風景
    • 神の宿る映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国ベルギー,デンマーク
    • 時間126分
    • 監督カール・テオドール・ドライエル
    • 主演ヘンリク・マルベルイ
  2. ガートルード
    • B
    • 3.89
    デンマークの映画作家カール・テオドア・ドライヤーが、愛を求めて苦悩する女性の姿を完璧な様式美で描き、彼の遺作にして集大成となった作品。 弁護士の妻ゲアトルーズは結婚生活に不満を抱き、若き作曲家エアランと恋愛関係にあった。ある日、ゲアトルーズの元恋人である著名な詩人ガブリエルが帰国し、祝賀会が開かれる。そこで彼女はエアランの伴奏で歌唱するが、途中で卒倒してしまう。 2021年、特集上映「奇跡の映画 カール・テオドア・ドライヤー セレクション」にてデジタルリマスター版で上映。2023年にも「カール・テオドア・ドライヤー セレクション vol.2」(23年12月23日~、シアター・イメージフォーラムほか)で上映。

    ネット上の声

    • イライラがとまらない
    • ゲアトルーズの魅力とは。
    • ドライエルの遺作となった恋愛心理劇
    • ブルジョワ家庭の愛と孤独
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1964年
    • 製作国デンマーク
    • 時間112分
    • 監督カール・T・ドライエル
    • 主演ニーナ・ペンス・ローデ
  3. 怒りの日
    • B
    • 3.88
    デンマークの映画作家カール・テオドア・ドライヤーが、魔女狩りが横行する混沌とした時代を背景に、複雑に絡み合う人間関係を美しいモノクロ映像で描いた作品。 中世ノルウェーの小さな村。牧師アプサロンは若き後妻アンネと平穏な暮らしを送っていた。しかしアプサロンと前妻との息子マーチンが帰郷すると、マーチンとアンネは互いに惹かれ合う。やがてアプサロンが急死し、アンネが魔女として彼を死に至らしめたと告発されてしまう。1947年・第8回ベネチア国際映画祭で審査員特別表彰を受けた。 2021年、特集上映「奇跡の映画 カール・テオドア・ドライヤー セレクション」にてデジタルリマスター版で上映。2023年にも「カール・テオドア・ドライヤー セレクション vol.2」(23年12月23日~、シアター・イメージフォーラムほか)で上映。

    ネット上の声

    • ネタバレとはいえ読んでも影響はないと思う
    • bsのおかげでやっと見れた
    • 共同体規範の圧倒的な力
    • モノクロの映像美を堪能
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1943年
    • 製作国デンマーク
    • 時間93分
    • 監督カール・T・ドライエル
    • 主演トルキル・ロース
  4. 裁かるゝジャンヌ
    • B
    • 3.85
    ジャン=リュック・ゴダール、フランソワ・トリュフォーら多くの巨匠に影響を与えたデンマークの映画作家カール・テオドア・ドライヤーが、“人間”としてのジャンヌ・ダルクを実際の裁判記録を基に描いた無声映画の金字塔的作品。 百年戦争で祖国オルレアンを解放へと導いたジャンヌ・ダルク。しかし敵国イングランドで異端審問にかけられ、過酷な尋問を受ける。心身ともに衰弱し一度は屈しそうになるジャンヌだったが、神への信仰を貫き自ら火刑に処される道を選ぶ。ゴダール監督が「女と男のいる舗道」で本作を引用したことでも知られる。 2021年、特集上映「奇跡の映画 カール・テオドア・ドライヤー セレクション」にてデジタルリマスター版で上映。2023年にも「カール・テオドア・ドライヤー セレクション vol.2」(23年12月23日~、シアター・イメージフォーラムほか)で上映。

    ネット上の声

    • 百年戦争で祖国オルレアンを解放へと導いたジャンヌ・ダルクを実際の裁判記録を基に描
    • 柳下美恵さんの伴奏付きで見られてよかった(何気にナカザと観た時以来2度目✌️前回
    • 不可思議な存在が晒される、映画によって
    • 映像手法を勉強されている方は特に必見!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1928年
    • 製作国フランス
    • 時間80分
    • 監督カール・テオドール・ドライエル
    • 主演ルネ・ファルコネッティ
    • 定額
  5. あるじ
    • B
    • 3.75
    「裁かるゝジャンヌ」「奇跡」などの名作で知られ、ジャン=リュック・ゴダール、フランソワ・トリュフォーら多くの巨匠に影響を与えたデンマークの映画作家カール・テオドア・ドライヤーが1925年に手がけたサイレント映画。コペンハーゲンに暮らす市井の人々の日常をユーモアとリアリズムを交えて描き、フランスをはじめ世界的にヒットを記録した。 フランセン家の主人ビクトルは家の中で暴君のように振る舞い、家事や育児に追われる妻イダに対して不平不満ばかりぶつけていた。そんな彼の態度を見かねた手伝いのマッス婆さんは、イダを実家へ帰らせることに。妻がいなくなったことで、ビクトルの生活は一変し……。 「カール・テオドア・ドライヤー セレクション vol.2」(2023年12月23日~、シアター・イメージフォーラムほか)上映作品。

    ネット上の声

    • 100年前の「アンチ亭主関白」教育映画。結婚する若者♂全てに鑑賞を義務化してはどうか?
    • フランセン家の主人ヴィクトルは、家の中で暴君のように振る舞い、家事や育児で働きづ
    • ドライヤーのサイレント
    • 夫婦の時間の音がする
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1925年
    • 製作国デンマーク
    • 時間107分
    • 監督カール・テオドール・ドライエル
    • 主演ヨハネス・マイヤー
  6. 吸血鬼
    • C
    • 3.62
    「あるじ」「裁かるゝジャンヌ」の製作者として知られるカール・テオドール・ドレイエルが数年ぶりで発表する映画で原作は英国の小説家シェリダン・ル・ファヌーの筆になるストーリーそれをドレイエル自身がクリステン・ジュルと協力して脚本にまとめ、「裁かるゝジャンヌ」と同じくルドルフ・マテが撮影に当たった。出演者の顔ぶれは「ヴェルダン 歴史の幻想」「征服されし人々」のモーリス・シュッツを始め、ジュリアン・ウェスト、レナ・マンデル、シビル・シュミッツ、ジャン・ヒーロニムコ、ヘンリエッタ・ジェラードの面々である。

    ネット上の声

    • 某ゲームのおかげで知名度急上昇なエリザベートバートリーを題材にした吸血鬼映画です
    • 映画史上最も優れた作品のひとつ
    • モノクロじゃないとダメな作品
    • 良い吸血鬼として人間
    吸血鬼(ヴァンパイア)、 ホラー
    • 製作年1932年
    • 製作国ドイツ,フランス
    • 時間82分
    • 監督カール・テオドール・ドライエル
    • 主演ジュリアン・ウェスト
  7. サタンの書の数ページ
    • C
    • 3.25

    ネット上の声

    • 堕天使の解釈
    • 四時代に渡る人間の背信行為とサタンの劫罰を描く内容であるが二作目にして160分も
    • 聖書の厳格な映画化と思ったらそんなことはない
    • マリーアントワネットがかわいくない世界線
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1920年
    • 製作国デンマーク
    • 時間157分
    • 監督カール・Th・ドライヤー
    • 主演ヘリエ・ニッセン
  8. 裁判長
    • D
    • 3.07

    ネット上の声

    • 色々と描写に難解さもあって内容は把握し切れなかったけれど、初長編にして映像美がか
    • 男性社会の自縄自縛とその中で勝手に運命を弄ばれる女性と言う構造に自覚的にある時点
    • 100年以上前に作られたドライヤー監督のデビュー作(当時30歳)
    • 【フラッシュバックによる入れ子構造】
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1918年
    • 製作国デンマーク
    • 時間85分
    • 監督カール・Th・ドライヤー
    • 主演カール・マイヤー
  9. ミカエル
    • D
    • 2.94
    「裁かるゝジャンヌ」「奇跡」などの名作で知られるデンマークの映画作家カール・テオドア・ドライヤーが1924年にドイツで手がけたサイレント映画。デンマークの作家ヘアマン・バングの自伝的小説を原作に、芸術家の愛と孤独と死を耽美的に描き出す。 著名な画家クロード・ゾレは画家志望の青年ミカエルを養子に迎え、豪邸に2人で暮らしていた。ゾレはパーティで知り合ったザミコフ侯爵夫人の肖像画を引き受けるが、彼女はミカエルを誘惑し、ミカエルもその美貌に魅せられてしまう。 「復讐の夜」「魔女」などの監督として知られる巨匠ベンヤミン・クリステンセンが主人公の画家ゾレを演じた。「カール・テオドア・ドライヤー セレクション vol.2」(2023年12月23日~、シアター・イメージフォーラムほか)にて日本劇場初公開。

    ネット上の声

    • 画家クロード・ゾレは画家志望の青年ミカエルを養子に迎え、豪邸に2人で暮らしていた
    • ㊗️カール・テオドア・ドライヤー
    • ヨブ記の再現には…
    • 侯爵婦人と出会ってからのミカエルのダメ男ぶりが、美しさからは程遠い自分勝手な言動
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1924年
    • 製作国デンマーク
    • 時間89分
    • 監督カール・Th・ドライヤー
    • 主演ウォルター・スレザック
  10. むかしむかし
    • E
    • 2.19

    ネット上の声

    • あの髪型は支えが必要なんだ~
    • むかしむかしもここまでむかしだと、ところどころ抜けのあるボロボロの紙芝居をめくっ
    • Hang himが口癖のお姫様がお婿さんを探すお話かと思いきや紆余曲折あるお話
    • ドライヤーぽくもないしよくわかんないままどたばたおわたかんじ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1922年
    • 製作国デンマーク
    • 時間78分
    • 監督カール・Th・ドライヤー
    • 主演クララ・ヴィート
  11. 村の教会
    • E
    • 2.06

    ネット上の声

    • 短編13分
    • カール・テオドア・ドライヤー監督の短編映画で、デンマークの教会を取り上げています
    • 白っぽくて冷たさすら感じられる映像に宗教的テーマ、そしてミニマリズム、これらの要
    • 「教会」の建物…外観や内観や、その「意味」をナレーションでは伝えているのかな…
    ドキュメンタリー
    • 製作年1947年
    • 製作国デンマーク
    • 時間---分
    • 監督カール・テオドール・ドライエル
    • 主演---
  12. トーヴァルセン
    • E
    • 2.01

    ネット上の声

    • カール・テオドア・ドライヤー監督の短編文化映画で、デンマークの彫刻家をテーマにし
    • ずっと彫刻の美しさについて語っている、1949年に製作されたデンマークのシュート
    • デンマークの彫刻家ベアトル・トーヴァルセンを主題として制作した短編作品
    • デンマークが誇る彫刻家トーヴァルセンの作品を紹介する短編の文化映画
    ドキュメンタリー
    • 製作年1949年
    • 製作国デンマーク
    • 時間---分
    • 監督カール・テオドール・ドライエル
    • 主演---
  13. 不運な人々
    • E

    ネット上の声

    • 信じる心は救われるって、どの宗教も同じようなものなのに、キリスト教はユダヤ教を信
    • ドライヤー監督がデンマークを離れて初めてドイツで制作した4作目
    • これも『サタンの書』帝政ロシア版と言えるかもしれない
    • ドライヤーは、怒れる群衆の撮り方が本当に巧い
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1922年
    • 製作国ドイツ
    • 時間---分
    • 監督カール・Th・ドライヤー
    • 主演アデーレ・ロイター=アイヒベルク

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。