全17作品。ルネ・クレール監督が制作した映画ランキング

  1. 悪魔の美しさ

    悪魔の美しさ
    評価:B3.67
    「沈黙は金」につぐルネ・クレール監督作で、イタリアにおいて撮影が行われた。「ファウスト」の物語であるが、ゲーテの戯曲によらず、ファウスト伝説よりの独自の構想で映画化されている。脚本はクレールと、劇作家アルマン・サラクツウの協力になるもの。撮影は「恐るべき親達」のミシェル・ケルベ、音楽はロマン・ヴラドの担当。主演は「リゴレット」のミシェル・シモンに「パルムの僧院」のジェラール・フィリップで、「バラ色の人生」のシモーヌ・ヴァレール、コソセルバトワアル出身の新人ニコール・ベナール、クレエル映画の定連レイモン・コルディらが共演、カルロ・ニンキ、パオロ・ストッパらのイタリア俳優が助演する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    運命に抗う人間。悪魔より残酷な人間。
    “ファウスト伝説”の映画化
    ジェラールは本当に美しい。この時代を思うととても良く出来ていると感...
    まさか!ファウストネタでこう来るとは・・
    製作年:1949
    製作国:フランス/イタリア
    監督:ルネ・クレール
    主演:ジェラール・フィリップ
    1
  2. 巴里祭

    巴里祭
    評価:B3.65
     名匠ルネ・クレールが、7月14日の革命記念日を控えたパリの下町を舞台に、花売り娘アンナとタクシーの運転手ジャンの交流を軽やかに描いた人情喜劇の名編。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    クレールの描く巴里の下町・・・
    心の底から待たれる再評価
    歌が進行役
    ルネ・クレールの演出センスに脱帽です
    製作年:1932
    製作国:フランス
    監督:ルネ・クレール
    主演:アナベラ
    2
  3. 夜ごとの美女

    夜ごとの美女
    評価:B3.65
     貧しい音楽教師のクロードはピアノを弾けば、アパート前のガレージの親父に怒鳴られ、学校に行くと生徒たちにバカにされ、作曲コンクールの作品も進まず、面白くない。安らぎを得られるのは夢の中でだけ。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    伝説の2枚目のコメディーです
    夜ごとのクレール
    観逃したままだったら大損失だった!
    美女はすぐそばにいた
    製作年:1952
    製作国:フランス
    監督:ルネ・クレール
    主演:ジェラール・フィリップ
    3
  4. リラの門

    リラの門
    評価:C3.51
     善良だが怠け者の男とその友人が、負傷した強盗をかくまうハメに陥った。生きる張り合いを得た男は、かいがいしく強盗の世話をする。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    無為の室内よりは悲しい街路で
    “いい人”であるがゆえ・・・
    コメディなのに、このラスト!
    ラストが中途半端だね
    製作年:1957
    製作国:フランス
    監督:ルネ・クレール
    主演:ジョルジュ・ブラッサンス
    4
  5. 自由を我等に

    自由を我等に
    評価:C3.46
    ルネ・クレールがトーキー初期に手掛けたオペレッタ的コメディの快作。自由を求めて脱獄したふたりの囚人。仕事で成功を収めるも、女に振られ、妻に裏切られ、昔の仲間にゆすられた挙句ルンペンにまで落ちぶれるが、再び自由を求めて歩き出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    無限の選択、無限の可能性
    くらい時代に射す光
    立派な文化遺産
    古典です。
    製作年:1931
    製作国:フランス
    監督:ルネ・クレール
    主演:アンリ・マルシャン
    5
  6. 奥様は魔女

    奥様は魔女
    評価:C3.31
    フランスの映画監督クレールがハリウッド時代に残した作品の一つで、とぼけた可笑しさと、魔女に扮するV・レイクのクールな美貌が見もの。独立以前の17世紀のアメリカで、火刑にされ死んだ筈の魔法使いの父娘が、自分達を捕らえた男の一族に呪いを掛けようとする。やっと今世紀(製作年度1942のクレジットが出る)になって、丁度知事選に打って出ようというその子孫(F・マーチ)を破滅に追い込もうと企む…。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    世代を超えて愛され続けているTVドラマ
    これがホントの美魔女ですヨ!
    V・レイクが可愛い・・・
    美しくて可愛い奥様♡
    製作年:1942
    製作国:アメリカ
    監督:ルネ・クレール
    主演:フレデリック・マーチ
    6
  7. そして誰もいなくなった

    そして誰もいなくなった
    評価:C3.30
    A・クリスティの同名小説の映画化第1作。孤島にある館に招待された見ず知らずの男女8人が集まってくる。だが、そこに主人の姿はなく、1週間前に雇われたばかりの召使いの夫婦がいるだけだった。やがて、彼らの罪を告発する声が聞こえ、一人また一人と不審な死を遂げてく……。仏の名匠R・クレールが米国時代にオールスター・キャストで撮り上げた上質のミステリー。

    サスペンス

    ネット上の声

    クレールらしくない作品・・・
    GEO宅配レンタルにて鑑賞。NO.2
    そういうことね
    インディアン童謡殺人事件?
    製作年:1945
    製作国:アメリカ
    監督:ルネ・クレール
    主演:バリー・フィッツジェラルド
    7
  8. 巴里の屋根の下

    巴里の屋根の下
    評価:D3.09
    フランス映画界を代表する監督のひとりであるルネ・クレールの初めてのトーキー作品。巴里の裏町に住む二人の若者の恋と友情を、パリを舞台に描いたラブ・ロマンス映画。アルベール・プレジャン、ポーラ・イルリほか出演。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    そうですね。気楽に行きたいですね
    巴里の下町の憎めない人たち・・・
    シンプルストーリーでおくる芸術
    ルネ・クレールの代表作のひとつ
    製作年:1930
    製作国:フランス
    監督:ルネ・クレール
    主演:アルベール・プレジャン
    8
  9. 沈黙は金

    沈黙は金
    評価:E0.00
    パリの幸福撮影所長兼監督のエミールが自宅に戻ると、友人の芸人セレスタンの娘マドレーヌが立ち尽くしていた。かつての片思いの相手の忘れ形見である彼女は、彼を頼ってパリに出てきたのだった。助監督ジャックは恋に不器用な男。悩む彼にエミールはナンパの秘訣を教える。早速、乗合馬車の隣に座ったマドレーヌをデートに誘う。彼女は自分に親切心以上の感情で接してくれる年上の男性がいる――と告白したが、それが何を隠そうエミールだった。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    口説き文句の参考書、かな。
    映画製作映画
    円熟のルネ・クレール作品
    サイレント映画の撮影風景
    製作年:1946
    製作国:フランス
    監督:ルネ・クレール
    主演:モーリス・シュヴァリエ
    9
  10. 幕間

    幕間
    評価:E0.00
    当時シャンゼリゼ劇場で上演されていたスウェーデン・バレエの“本日休演“の幕間で上映するために製作された、クレールの第2作。クレールと親交のあるダダイズム周辺の名士たち、ピカビア、サティ、マン・レイ、マルセル・デュシャンらが出演しているのも魅力。ビデオには「眠るパリ」が併録されている。

    ネット上の声

    天才ですね
    ルネ・クレールの短編
    製作年:1924
    製作国:フランス
    監督:ルネ・クレール
    主演:ジャン・ボルラン
    10
  11. 夜の騎士道

    夜の騎士道
    評価:E0.00
     田舎町に駐屯中の騎兵連隊中尉ラ・ベルヌは、フランス軍きってのプレイボーイ。大演習までの約一ヶ月の間に、次に出会った女性を必ずものにすると仲間たちと賭けをし、パリ帰りの帽子店のオーナー、リピエール夫人に目をつける。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    遊びから本気の恋
    扉が開かない
    名作の味わい
    製作年:1955
    製作国:フランス
    監督:ルネ・クレール
    主演:ジェラール・フィリップ
    11
  12. ル・ミリオン

    ル・ミリオン
    評価:E0.00
    1930年代フランスを代表する映画作家ルネ・クレールの、最大のヒット作となったトーキー第2作。借金に追われる貧乏画家ミシェルが、富くじ当たり券の入ったボロ上着を追って、ドタバタ騒動に巻き込まれていく。

    ヒューマンドラマ、ミュージカル

    ネット上の声

    お金だって大切なのさ!
    パリと音楽への信頼
    宝くじ騒動
    製作年:1931
    製作国:フランス
    監督:ルネ・クレール
    主演:アナベラ
    12
  13. 最後の億萬長者

    最後の億萬長者
    評価:E0.00
    ルネ・クレールの5作目となるトーキー映画。不況を題材にヨーロッパの小国と大富豪の運命を描く。チャップリンも影響を受けたと言われる傑作風刺コメディで、モンティ・パイソンにも通じる独特のナンセンスさを持つ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    昔の人もアホになりたかったんだ!
    ユーモアたっぷり
    ワンワンワンッ!
    うちもこれで行こうよ
    製作年:1934
    製作国:フランス
    監督:ルネ・クレール
    主演:マックス・デアリー
    13
  14. イタリア麦の帽子

    イタリア麦の帽子
    評価:E0.00
    トーキー初期に「ル・ミリオン」「自由を我等に」などの傑作を連打、フランス映画の充実ぶりを世界に知らしめたR・クレールのサイレント喜劇。結婚式当日、花嫁や参列者そっちのけで風に飛ばされた帽子を追う、花婿の奇想天外な騒動を描いている。メカニカルに動きの連鎖を捉えた微笑ましい小品。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1927
    製作国:フランス
    監督:ルネ・クレール
    主演:アルベール・プレジャン
    14
  15. 眠るパリ

    眠るパリ
    評価:E0.00
    夜のパリの姿を、静かに描いた一編。ある科学者が発明した光線によって深い眠りに落ちたパリ。たった数人の人間だけがこの夜、眠らないでいた……。R・クレールが、サイレント映画にSFという要素を初めて持ち込んだ作品。ダダイズム運動最盛期における、前衛的な映像も魅力。なおビデオには「幕間」が併録されている。

    ファンタジー、ヒューマンドラマ、SF

    ネット上の声

    未評価
    フランス映画の父
    巴里が静止する日
    製作年:1923
    製作国:フランス
    監督:ルネ・クレール
    主演:アンリ・ロラン
    15
  16. 幽霊西へ行く

    幽霊西へ行く
    評価:E0.00
    「巴里祭」「最後の億万長者」に次いでルネ・クレールが渡英しアレクサンダー・コルダの下で作った映画で、クレールが本国を離れてからの第一回作品である。原作はパンチに掲載されたエリック・コウンの短篇小説で、それに基づいて劇作家のジョフリー・カーが改作、「ウォタルー街」「ウィーンの再会」の作者ロバート・シャーウッドが脚本を書いた。主演者は「巌窟王」「三十九夜」のロバート・ドーナットで、「シーコウヤ」「キャラバン」のジーン・パーカーと「キャラバン」のユージン・ポーレットの二アメリカ俳優が相手役として出演する外、ラルフ・バンカー、モートン・セルテン、ヘイ・ピートリー、「ドン・ファン」のパトリシア・ヒリヤ…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    鑑賞後、ちょっと幸せな気持ちになる
    クレールの幽霊は底抜けの明るさ!
    ハイランダーは意地っ張り!
    久しぶりの鑑賞
    製作年:1935
    製作国:イギリス
    監督:ルネ・クレール
    主演:ロバート・ドーナット
    16
  17. 焔の女

    焔の女
    評価:E0.00

    ネット上の声

    ディートリッヒの魅力が詰まった一作
    製作年:1941
    製作国:アメリカ
    監督:ルネ・クレール
    主演:マレーネ・ディートリッヒ
    17

スポンサードリンク